タグ別アーカイブ: 教祖

マザー·テレサやその他の精神的指導のフィランソロピー

慈善活動は、2つの種類があります. あなたはそれがあなたが行うことは何でもやってたくさんのお金を作る場所の一つです, した後、直接、他の人を助けることでそれの大部分を過ごす. ビル·ゲイツは、この種の慈善家である. 第二種では、多くの人からお金を集めて、うまく利用してそれを置く場所です. 組織の慈善団体は、この種の慈善活動を行う. だから精神的な指導者を行う, ような インドの神の男性.

続きを読む

Giving What We Can

I found this charity initiative that I believe will make a real difference. It is called “Giving What We Can.” 実際には, it is not a charity website, but a portal with a few recommended organizations listed — those that are efficient and focus on the extremely poor. 確か, it tries to lay a guilt trip on you, but it really does give you hard-to-find information.

While going through it, I suddenly realized what was bothering me about the “通常の” charity activities. Most of these activities operate locally, not globally, and therefore end up helping the slightly worse-off. In a world where the richest 20% command 80% of all the income, local charity only means the top 5% giving to the next 10% — the extremely wealthy helping out the very wealthy. This kind of charity never reaches the really poor, who desperately need help.

Living in this highly skewed world, it is hard to see how rich we really are, because we always benchmark ourselves against our friends and neighbors. 例えば, as a “poor” graduate student in the early nineties, I used to make about $12,000 a year. It turns out that I was still better off than 90% of the world’s population. It is not surprising — my stipend was more than the official salary of the President of India (Rs.10,000 a month) at that time!

Coming from a rather poor place in India, I know what real poverty is. It has always been too close to home. I have seen a primary school classmate of mine drop out to become a child laborer carrying mud. And heard stories of starving cousins. 私には, poverty is not a hypothetical condition allegedly taking place in some dim distant land, しかし a grim reality that I happened to escape thanks to a few lucky breaks.

So the local charity drives bother me a bit. When I see those school children with their tin cans and round stickers, I feel uncomfortable, not because I cannot spare a dollar or two, but because I know it doesn’t really help anything — except perhaps the teacher’s KPIs. And the twenty-year-olds with their laminated name badges and certificates of authenticity also make me uncomfortable because, certifiable bean-counter that I am, I wonder how much it costs to hire and outfit them. And who benefits?

Similar bean-counting questions haunted me the last time I sponsored a table at a local charity dinner at $200 a plate — $100 to the hotel, $50 to the entertainers, 等々. Who is the real beneficiary? Some of us turn to local churches and spiritual organizations to share and help others. But I cannot but suspect that it only helps the middlemen, not the extremely poor we mean to direct our aid to.

These nagging doubts made me limit my charity activities to my own meager personal drives — two dollars to the hawker center cleaning aunties and uncles, gas pump attendants, those old folks selling three tissue packs a dollar, and the Susannah singer. And handsome tips after the rare taxi rides. And generous donations to that old gentleman who prowls CBD and strikes up a conversation with, “Excuse me sir, but do you speak English?” あなたが知っている, the next time he asks me that, I’m going to say, “しないでください, I don’t. But here’s your five bucks anyway!”

しかし、真剣に. Take a look at this website. I think you will find it worth your time.

不穏種類の達人

多分それは私の共産党員のルーツとは何かを持っている, しかし、私は懐疑的だ, それがに来る場合は特に “godmen” インド. 私は、彼らがそのような盲目の信念を鼓舞する方法を理解することはできません. 信者が奇跡を参照してくださいどこに, 私は手品を参照してください. 彼らは知恵の真珠を聞くと, 私はちんぷんかんぷんを聞くことができます. また、新しい時代の巨匠は、深い瞑想にあると主張するとき, 私は助けるが、彼らはちょうど居眠りしていることを疑うことはできない.

私の懐疑は、これらの現代の聖人の暗い側面を見に私が影響を受けやすいレンダリングが、, 私は、私たちの遺産と文化のためのカウンターバランス敬意を持っています, および関連知恵と知識. それは私がスワミ·ヴィヴェーカーナンダの世紀の歴史シカゴの演説に耳を傾け畏敬と誇りのスリルといつも一緒です, 例えば.

現代のヨギーのスピーチ, 他方では, 当惑と面白がっ混乱で私を埋める. そして、私は彼らの十億ドル規模のスタッシュを聞くとき, ロールスロイスRoycesのbevies, と神性の主張, 私はためらう. 私は薄く偽装した慈善団体の名前で抽出されたお金でエキゾチックな休暇の目的地への最初のクラスのヨギーとその側近のジェット設定が表示されたら, 私は少し憤慨を感じる. まだ, 私は、ライブ·アンド·レットのライブのためにすべてをしてい. その生地を手放すとその教祖のライフスタイルを後援するために熱心喜ん吸盤がある場合, それは彼らの目を光らせている. 結局, 私たちが住んで貪欲時代のMadoffsとStanfordsに融資した者がある, 詐欺が発見された場合にのみ、罪である.

今、私はそれが私たちの間で懐疑が出て話して開始した時刻であるかどうか疑問. 私は精神的な詐欺は、特に不穏な種類のものであることを感じて. 私たちはそのように参照するか、しないかどうか, 私たちはすべて私たちのさまざまな追求を通じて、この地球上で私たちの存在に目的と意味を見つけようとしている. 私達は名声でのとらえどころのない目的を見つけることができます, 栄光, マネー, チャリティー, 慈善活動, 知識, 知恵とパスの数百のいずれかに. これらのすべての追求は、過剰のそれらに関連する危険を持っている. あなたが貪欲取得する場合, 例えば, あなたをはぎ取るためにマドフ翼で待っている常にある. あなたも慈善なった場合, あなたのお金からあなたを分離するために熱心他の文字があります, 私のシンガポール人の読者が理解できるであろう.

これらすべての追求の中で, 精神性は、特別な種類のもので; それはショートカットです. それはあなたの所属感への直接パスを提供します, すぐに、より高い目的. 精神性のため慎重に栽培を必要としている血液を嗅ぐ (どんな精神手段), 私たちの時代のヨギーとmaharishisはあなたのスケジュールに合わせてきちんとした3または5日間のコースで、包装、販売インスタント涅槃を開始しました, の巨額を要求しながら、 “非営利の” マネー. でも、この二枚舌は私が大丈夫だと思う. 私は彼らの内面のニーズにお金を投げる人の判断に座って誰だ, そして教祖はそれを拾う? しかし, 後期, 私は私の周り合理性を少し広げてみてくださいと感じ始めています.

私は2つの理由のために私のパッシブモードからの来ることにしました. 一つは、達人が彼らの微妙なマルチレベルマーケティングスキームで彼らの犠牲者を従事することである, より多くの犠牲者をensnaring. 瞳は本日、明日先生です, 利己的な団体の爆発的な成長に拍車をかけ. 第二の理由は、教祖が信者は自分の時間を寄付することを要求することである. 私は、被害者がこの不公平な需要の巨大さを理解していないと思う. あなたが参照してください。, あなたが生きるための唯一の限られた時間を持っている, それはあなたが成就につながると思うことは何でも行う. あなたがプロセスで犠牲にされている何かが常にあるので、間違った追求でそれを費やすことはありません, それはあなたの愛する人とあなたの充実した時間であること, 学ぶ機会または旅行, または人生を楽しむか、どのような. 時間が希少資源である, あなたが賢明にそれを費やす必要が, またはあなたが生活の中で何よりもそれを後悔する.

だから、盲目であることはありません. 救いのために集団力学を間違えないようにしてください. 整合性のためか、カリスマ. 知恵または不分明. もしあなたが, 後者の一日の達人, 彼らがあることを操作の達人, 乗車のために行くことができます. 長い不快1.

写真: jeffreyw cc