タグ別アーカイブ: Eメール

English as the Official Language of Europe

The European Union commissioners have announced that agreement has been reached to adopt English as the preferred language for European communications, rather than German, which was the other possibility.

As part of the negotiations, the British government conceded that English spelling had some room for improvement and has been accepted a five year phased plan for what will be known as EuroEnglish (Euro for short).

In the first year, “sの” will be used instead of the soft “C言語”. Sertainly, sivil servants will reseive this news with joy. また, the hard “C言語” will be replaced with “へ”. Not only will this klear up konfusion, but typewriters kan have one less letter.

There will be growing publik enthusiasm in the sekond year, when the troublesome “ph” will be replased by “F”. This will make words like “fotograf” 20 persent shorter. In the third year, publik akseptanse of the new spelling kan be expected to reach the stage where more komplikated changes are possible.

Governments will enkorage the removal of double letters, which have always ben a deterent to akurate speling. また, al wil agre that the horible mes of silent “と”s in the language is disgrasful, and they would go.

By the fourth year, peopl wil be reseptiv to steps such as replasing “th” バイ “z” そして “w” バイ “v”. During ze fifz year, ze unesesary “0” kan be dropd from vords kontaining “ou”, and similar changes vud, of kors, be aplid to ozer kombinations of leters.

Und efter ze fifz yer, ve vil al be speking German lik zey vunted in ze forst plas…

A Crazy Language

This crazy language, 英語, is the most widely used language in the history of our planet. One in every seven humans can speak it. More than half of the world’s books and three quarters of international mail is in English. Of all the languages, it has the largest vocabulary perhaps as many as two MILLION words. Nonetheless, それに直面しましょう, English is a crazy language. There is no egg in eggplant nor ham in hamburger; neither apple nor pine in pineapple. English muffins weren’t invented in England or French fries in France. Sweetmeats are candies while sweetbreads, which aren’t sweet, are meat.

We take English for granted. But if we explore its paradoxes, we find that quicksand can work slowly, boxing rings are square and a guinea pig is neither from Guinea nor is it a pig.

And why is it that writers write but fingers don’t fing, grocers don’t groce and hammers don’t ham? If the plural of tooth is teeth, why isn’t the plural of booth beeth? One goose, two geese. So one moose, two meese?

Doesn’t it seem crazy that you can make amends but not one amend, that you comb thru annals of history but not a single annal? If you have a bunch of odds and ends and get rid of all but one of them, what do you call it? If teachers taught, why didn’t preacher praught? If a vegetarian eats vegetables, what does a humanitarian eat? If you wrote a letter, perhaps you bote your tongue?

Sometimes I think all the English speakers should be committed to an asylum for the verbally insane. In what language do people recite at a play and play at a recital? Ship by truck and send cargo by ship? Have noses that run and feet that smell?

How can a slim chance and a fat chance be the same, while a wise man and wise guy are opposites? How can overlook and oversee be opposites, while quite a lot and quite a few are alike? How can the weather be hot as hell one day and cold as hell another?

Have you noticed that we talk about certain things only when they are absent? Have you ever seen a horseful carriage or a strapful gown? Met a sung hero or experienced requited love? Have you ever run into someone who was combobulated, gruntled, ruly or peccable? And where are all those people who are spring chickens or who would actually hurt a fly?

You have to marvel at the unique lunacy of a language in which your house can burn up as it burns down, in which you fill in a form by filling it out and in which an alarm clock goes off by going on.

English was invented by people, not computers, and it reflects the creativity of the human race (これ, もちろん, isn’t a race at all). That is why, when the stars are out, they are visible, but when the lights are out, they are invisible. And why, when I wind up my watch, I start it, but when I wind up this essay, I end it.

[Unknown source]

駄作の電子メール — 例A

メール、過去10年間で企業のコミュニケーションに革命をもたらしました. その影響のほとんどは、ポジティブされている. すべての@ yourcompanyに大きな上司からのメール, 例えば, 一般的な通信会議の公正な代用品である. 小さいチームで, 電子メールは頻繁に会合を節約し、生産性を向上させます.

通信の他のモードと比較した場合 (電話, ボイスメールなど), 電子メールは、企業のコミュニケーションのために特に適したものにする多くの特性を持ってい. これは、キーボードの後ろに安全に感じるように、受信者から送信者の距離の適切な量を提供します. 送信者は、言語やプレゼンテーションを磨くための十分な時間を取得します. 彼は一度に複数の受信者のメールを送信するオプションを有している. これらの特性の正味の効果は、通常、臆病な魂は手ごわい電子メールのペルソナになる可能性があることである.

普通に攻撃的な魂, 他方では, stinkersとして知られているものの不愉快な送信者になることがあり. Stinkersは屈辱を与えることを意図している電子メールである.

電子メール通信の重要性を考えると、これらの日, あなた自身がstinkersの暗い魅力に誘惑見つけること. もしあなたが, ここに駄作を作り上げるの芸術をマスターするの最初のステップです. トリックは聖人-より-あなたの態度を開発し、モラルの高い地面を仮定することです. 例えば, あなたが彼らの手抜き作業のためのチームと怒っているとします, それらに事実を強調したい (と、組織内のいくつかのキーパーソンへ, もちろん). 初心者は次のように書くように誘惑される, “あなたとあなたのチームはスクワットを知らない。” その誘惑に抵抗する, その新人の電子メールを保持する. はるかに満足のいくように、それを構成することです, “私はあなたとあなたのチームと座って、私たちの専門知識を共有させていただきます。” このずる組成物はまた、微妙にあなたの優れた知識を披露.

電子メールは、より微妙なことができます. 例えば, あなたはいくつかの問題としてに関する助言をあなたの上司を甘くすることができます, “天使が踏むために恐怖の中で急いにはポイントません,” そしてあなたは彼の顔にばか彼に電話するために管理秘密の喜びを持っている!

カウンターstinkersは二重に甘いです. 電子メールの決闘に従事しながら、, あなたの最善の希望は駄作で事実上の不正確さを発見することです. あなたが名誉バウンド駄作に対応するためのですが、, 沈黙がまた効果的な対応可能. それはあなたがどちらかに対応するにはあまりにも重要でない駄作を発見した信号を送り、, または, もっと悪い, あなたが誤ってそれを読まずに、それを削除した.

駄作トラップの用心. あなたが助けるために寛大な申し出で問題に取り組むためにあなたを招待メールを得ることができます. あなたが餌を取るとヘルプを要求セイ. 次の電子メール (地球上の事実上皆にコピー) のようなものを読み取ることができる, “あなたは前のメッセージを読むためにわざわざ場合,” (電子メールを参照するに10日前に送信された 17 他の人と2つの電子メールのグループ) “あなたはそれを知っているだろう…” それはあなたがあなたがすることになっているかわからないことを意味することがいかに簡単であるかに注意してください, あなたが重要なメッセージを無視するのが習慣になっていること.

私たちは、送信者を知っている以外の駄作トラップに対して何を確認してください防衛を持っていない. 送信者は、彼の駄作-幸せな処分のために知られている場合, 疑いの目ですべての彼の甘い申し入れを扱う. それは彼が心の変化を持っていたし、礼儀正しくあなたを扱うことを決定したことはほとんどありません. 多くの可能性が高いが、彼はあなたではなく、より多くのをお楽しみいただけます何かのためにあなたを設定していることである!

一日の終わりに, あなたが受信側で自分を見つけられた場合にstinkersについてはあまり心配しないでください. あなたの顔に笑顔を保ち、彼らが何であるかのためにstinkersを認識 — 自我旅行.

あなたは、この投稿を楽しんでいる場合, 私はあなたにも好きになると確信している:

  1. オフィスサバイバルガイド
  2. ラ·高度化

Trick Question

Here’s an IQ question to help you decide how you should spend the rest of your day…

A person who can’t speak wants to buy a toothbrush. By imitating the action of brushing one’s teeth, he successfully expresses himself to the shopkeeper, and the purchase is done.

Now if there is a blind man who wishes to buy a pair of sunglasses, how should he express himself?

Think about it first. Don’t give up too soon, or you will regret it!

Want to see the answer?