要約

彼の人生の終わりに向けて, サマセット·モームは彼を総括 “遠かったを取る” 適切にタイトルの本の中で “サミングアップ。” 私はまた、合計する衝動を感じる, 私が達成したものの株式を取得し、達成しようとしたために. この衝動は、, もちろん, 私の場合は少し愚かな. 一例を挙げると, 私ははっきりモームと比べて何も達成されない; 彼は彼のものを総括し、より多くの時間が物事を達成持っていた場合であっても、彼はたくさんの年上だったことを考えると. 第二に, モームは人生で彼のテイクを表現できる, 宇宙と私が今までのことができるようになりますよりもはるかに良いすべてのもの. これらの欠点はかかわらず, 私は到着の近さを感じ始めているので、私はそれを自分で刺しを取る — 種類のあなたは長距離飛行の最後の時間に感じるもののように. 私は私がやろうと設定している何でもあるかのように感じる, 私はそれを達成しているかどうか, 私の後ろに既にある. 今、おそらく自分自身を依頼するいずれかのような時間に良好である — それは私がやろうと設定することを何?

私は生活の中で私の主な目標は、物事を知ることだったと思う. 初めに, それがラジオやテレビのような物理的なものだった. 私はまだ最初の6巻を見つけることのスリルを覚えている “基本ラジオ” 私の父の本のコレクション内, 私は、彼らがその時点で言ったことを理解するの機会がなかったものの、. それは私の学部年間を通してかかったスリルだった. あとで, 私の焦点は、問題のようなもっと根本的なものに移っ, 原子, 光, 粒子, 物理学など. そして、心と脳に上, 空間と時間, 知覚と現実, 生死 — 最も深遠かつ最も重要な問題, しかし逆説的に, 最下位. 私の人生のこの時点で, 私がやっていることの株式を取っている場合、, 私は自分自身を依頼する必要が, それは価値があった? 私はよくやった, または私は不十分しましたか?

これまでのところすぐに戻って私の人生を振り返ってみる, 私は約幸せになるために多くのものを持っている, と私はとても誇りじゃない他の人かもしれ. 最初の良いニュース — 私は私が始まった場所から長い道のりを歩んでいる. 私はインドで70年代に中産階級の家庭で育った. 70年代のインドの中産階級は、任意の賢明な世界標準によって貧弱になる. そして、貧困はすべて私の周りにいた, 学校を中退クラスメートと一日1平方食事を余裕がなかった泥やいとこを運ぶような卑しい児童労働に従事する. 貧困は遠い国で未知の魂を苦しめる仮定の条件ではありませんでした, それはすべて私の周りに痛みと触知現実だった, 私は盲目の運でエスケープ現実. そこから, 私はシンガポールで上位中流階級の存在に自分の道を爪に管理, ほとんどのグローバルスタンダードによる豊かである. この旅, そのほとんどは、遺伝子の事故の点でブラインド運に帰することができる (学術インテリジェンスなど) または他のラッキーブレイク, それ自体で興味深いものです。. 私はそれでユーモラスなスピンを入れて、いつの日かそれをブログすることができるはずだと思う. それは愚かですが、この種の偶発的な栄光のための信用を取る, 私はそれを誇りに思っていないと言った場合、私は正直より小さくなります.

コメント