タグ別アーカイブ: 相対性

Debates and Discussions on http://www.anti-relativity.com/forum.
(My writings only.)

What Does it Feel Like to be a Bat?

It is a sensible question: What does it feel like to be a bat? Although we can never really know the answer (because we can never be bats), we know that there is an answer. It feels like something to be a bat. よく, at least we think it does. We think bats have 意識 and conscious feelings. 一方, it is not a sensible question to ask what it feels like to be brick or a table. It doesn’t feel like anything to be an inanimate object.

続きを読む

バイバイアインシュタイン

彼の奇跡的な年から開始 1905, アインシュタインは、空間と時間の彼の驚異的な洞察力と物理学を支配してきた, と質量と重力で. 真の, 他の物理学者があった人, 自分自身の輝きと, 形とさえアインシュタインが予見できなかった方向に現代物理学を移動した; と私は彼らの知的成果や物理学と技術における当社の巨大な飛躍もない矮小するわけではありません. しかし、現代物理学のすべて, 量子力学のさえ奇妙な現実, アインシュタイン自身は全くとの用語に来ていない可能性がある, 彼の洞察に基づいて構築されている. それは彼の後に来た人たちが、今一世紀以上にわたって立っていたことを彼の肩の上にある.

アインシュタインが巨匠の無謬性に私達の盲目の信仰を防ぐために私たちに警告した後に来たものの中に明るいものの一つ. その洞察力からの私のヒントを得て, 私は, 1のために, アインシュタインの世紀は、今、私たちの背後にあると思います. 私は知っている, 非練習物理学者から来る, 誰が金融業界に魂を売った, この宣言はクレイジーに聞こえる. 妄想さえ. しかし、私はアインシュタインのアイデアが行く参照するには私の理由がありますか.

[animation]それでは直線に沿って飛行するドットのこの絵を見てみましょう (天井に, いわば). あなたは、一番下のラインの中心に立っている (床に, すなわち). ドットは光より速く移動していた場合, どのようにそれを見ることが? よく, ドットからの光の最初の光線はあなたに到達するまで、あなたはまったく何も見えないだろう. アニメーションが示すように, ドットがあなたの上にほとんど直接どこかにあるときに最初の光線はあなたに到達します. あなたが実際にドットの飛行線に2つの異なる視点から来るのを見るでしょう、次の光線 — 最初のポイントの前に1, と1の後に. このようにして, あなたがそれを見るだろう方法です, それは最初にあなたに見えるかもしれませんように信じられない, 1ドットがどこからともなく現れ、その後分割し、むしろ対称的に離れて、その時点からの移動など. (これは、ドットは時間によって、あなたがそれを見ることを得ることを非常に速く飛んでいるだけのことである, それはすでに過ぎてしまっている, そして背後に先駆け両方からの光線は、その文は、それが明確になりtime.Hopeに同じ瞬間にあなたに達する, のではなく、多くの混乱を招く。).

[animation]なぜ私は、対称オブジェクトの錯覚が起こる可能性がどのようにこのアニメーションで始まりました? よく, 私たちは宇宙でアクティブな対称構造の多くを見る. 例えば, シグナスAのこの絵を見て. がある “コア” そこから発するように見える “フィーチャー” そのフロート離れへ “ローブ。” それは我々が上記のアニメーションをもとに見るものと非常に似ていません? いくつかの特徴点または結び目は、彼らが最初に表示され、コアから離れるように思われる他の例が存在する. 私たちは、superluminalityに基づいて巧妙なモデルを思い付くことができ、それが天に幻想対称のオブジェクトを作成する方法. 我々は出来た, しかし、誰も私たちを信じていないだろう — なぜならアインシュタインの. 私はこれを知っている — 私は、このモデルを検討する私の古い物理学者の友人を取得しようとしました. 応答は常にこのいくつかの変形である, “興味深い, それが動作しないことができる. それはローレンツ不変性に違反, そうではありません?” LVは何も光より速く行くべきではないことをアインシュタインの主張のためのもの物理学の話. 今、ニュートリノがLVに違反する可能性があること, なぜ私に?

もちろん, それは、対称形状と超光速の天体間の唯一の定性的に一致した場合には, 私の物理学の友人が私を無視しての右です. ずっとあり. シグナスAでのローブ, 例えば, 無線周波数範囲の放射を放出. 実際には, 電波望遠鏡から見た空は、我々は光学望遠鏡から見たものと大きく異なって見える. 私はこの超光速物体から放射のスペクトル進化はAGNのと天体物理現象の別のクラスとうまく装着していることを示すことができた, これまで無関係と考えられ, と呼ばれるガンマ線バースト. 実際には, 私はタイトルの下にしばらく前にこのモデルを発行するために管理, “電波源とガンマ線バースト管腔ブームですか?“.

あなたが参照してください。, 私はsuperluminalityが必要です. アインシュタインは間違っている私の幸福権の前提条件である. だから、今までにVS最も尊敬科学者である. 敬具, 非現実的な種類のブロガー. あなたは数学を行う. 🙂

このような長いオッズ, しかしながら, 私をがっかりしたことがない, と私はいつも賢明天使が踏むを恐れるところに突入. だから私は、SRの矛盾のカップルを指摘してみましょう. 理論の導出は時間測定における光の移動時間の影響を指摘でオフを開始し. そして、後に理論的には, 光の移動時間に起因する歪みは、効果は空間と時間の性質の一部になる. (実際には, 光の移動時間の影響は、それが不可能天井に超光速ドットを持っているようになります, 上記の私のアニメーションのように、 — なくても、仮想1, あなたは、レーザーポインターを取り、天井にレーザードットが光より速く移動することを十分に速くそれを回す場所. それはしません。) しかし, 理論は理解され、現在実施されているように, 光の走行時間の影響は、空間と時間の歪みの上に適用される (そもそも光走行時間効果によるそのうち)! 物理学者はSRのでこの明白な心変わりに目をつぶる “工場” — 私はこのシリーズで私の以前の記事で非常に明らかにしたように.

理論のもう一つの哲学的問題は、それがテスト可能ではないということです. 私は知っている, 私は、その支持して証拠の大きな体に言及した, しかし根本的に, 特殊相対性理論は、重力がない場合の参照の一様に移動枠についての予測を行う. 全くそのようなことはありません. があったとしても、, 予測を検証するために (移動クロックは双子のパラドックスのように遅い実行されること, 例えば), どこか検証処理の加速度を持っている必要が. 2つのクロックは時間を比較するために、同じポイントに戻ってくる必要があります. あなたはそれを行う瞬間, クロックの少なくとも一方が加速している, と理論の支持者は言うだろう, “ああ, ここで問題はない, クロック間の対称性があるため、加速度の壊れています。” 人々は全体の世紀前後にそのような思考実験について論じている, ので、私はそれに取得する必要はありません. 私はちょうどそれだけで理論がテスト不能であることを指摘しておきたい, また、unprovableであることを意味するべきである. 今、理論に対する直接の実験的証拠があることを, 人々はこれらの不整合を詳しく見て、それがアインシュタインにバイバイを言う時間であることを決定するかもしれ.

特殊相対性理論を破棄しないのはなぜ?

Nothing would satisfy my anarchical mind more than to see the Special Theory of Relativity (SR) come tumbling down. 実際には, I believe that there are compelling reasons to consider SR inaccurate, if not actually wrong, although the physics community would have none of that. I will list my misgivings vis-a-vis SR and present my case against it as the last post in this series, but in this one, I would like to explore why it is so difficult to toss SR out the window.

The special theory of relativity is an extremely well-tested theory. Despite my personal reservations about it, the body of proof for the validity of SR is really enormous and the theory has stood the test of time — at least so far. But it is the integration of SR into the rest of modern physics that makes it all but impossible to write it off as a failed theory. In experimental high energy physics, 例えば, we compute the rest mass of a particle as its identifying statistical signature. The way it works is this: in order to discover a heavy particle, you first detect its daughter particles (decay products, すなわち), measure their energies and momenta, add them up (ように “4-vectors”), and compute the invariant mass of the system as the modulus of the aggregate energy-momentum vector. In accordance with SR, the invariant mass is the rest mass of the parent particle. You do this for many thousands of times and make a distribution (A “histogram”) and detect any statistically significant excess at any mass. Such an excess is the signature of the parent particle at that mass.

Almost every one of the particles in the particle data book that we know and love is detected using some variant of this method. So the whole Standard Model of particle physics is built on SR. 実際には, almost all of modern physics (physics of the 20th century) is built on it. On the theory side, in the thirties, Dirac derived a framework to describe electrons. It combined SR and quantum mechanics in an elegant framework and predicted the existence of positrons, which bore out later on. Although considered incomplete because of its lack of sound physical backdrop, この “second quantization” and its subsequent experimental verification can be rightly seen as evidence for the rightness of SR.

Feynman took it further and completed the quantum electrodynamics (QED), which has been the most rigorously tested theory ever. To digress a bit, Feynman was once being shown around at CERN, and the guide (probably a prominent physicist himself) was explaining the experiments, their objectives etc. Then the guide suddenly remembered who he was talking to; 結局, most of the CERN experiments were based on Feynman’s QED. Embarrassed, 彼は言った, “もちろん, Dr. Feynman, you know all this. These are all to verify your predictions.” Feynman quipped, “なぜ, you don’t trust me?!” To get back to my point and reiterate it, the whole edifice of the standard model of particle physics is built on top of SR. Its success alone is enough to make it impossible for modern physics to discard SR.

そう, if you take away SR, you don’t have the Standard Model and QED, and you don’t know how accelerator experiments and nuclear bombs work. The fact that they do is proof enough for the validity of SR, because the alternative (that we managed to build all these things without really knowing how they work) is just too weird. It’s not just the exotic (nuclear weaponry and CERN experiments), but the mundane that should convince us. Fluorescent lighting, laser pointers, LED, コンピューター, mobile phones, GPS navigators, iPads — in short, all of modern technology is, in some way, a confirmation of SR.

So the OPERA result on observed superluminalily has to be wrong. But I would like it to be right. And I will explain why in my next post. Why everything we accept as a verification of SR could be a case of mass delusion — almost literally. Stay tuned!

What is Unreal Blog?

Tell us a little about why you started your blog, and what keeps you motivated about it.

As my writings started appearing in different magazines and newspapers as regular columns, I wanted to collect them in one place — as an anthology of the internet kind, 言ってみれば. That’s how my blog was born. The motivation to continue blogging comes from the memory of how my first book, アンリアル·ユニバース, took shape out of the random notes I started writing on scrap books. I believe the ideas that cross anybody’s mind often get forgotten and lost unless they are written down. A blog is a convenient platform to put them down. そして, since the blog is rather public, you take some care and effort to express yourself well.

Do you have any plans for the blog in the future?

I will keep blogging, roughly at the rate of one post a week or so. I don’t have any big plans for the blog per se, but I do have some other Internet ideas that may spring from my blog.

Philosophy is usually seen as a very high concept, intellectual subject. Do you think that it can have a greater impact in the world at large?

This is a question that troubled me for a while. And I wrote a post on it, which may answer it to the best of my ability. To repeat myself a bit, philosophy is merely a description of whatever intellectual pursuits that we indulge in. It is just that we don’t often see it that way. 例えば, if you are doing physics, you think that you are quite far removed from philosophy. The philosophical spins that you put on a theory in physics is mostly an afterthought, it is believed. But there are instances where you can actually apply philosophy to solve problems in physics, and come up with new theories. This indeed is the theme of my book, アンリアル·ユニバース. It asks the question, if some object flew by faster than the speed of light, what would it look like? With the recent discovery that solid matter does travel faster than light, I feel vindicated and look forward to further developments in physics.

Do you think many college students are attracted to philosophy? What would make them choose to major in it?

今日の世界では, I am afraid philosophy is supremely irrelevant. So it may be difficult to get our youngsters interested in philosophy. I feel that one can hope to improve its relevance by pointing out the interconnections between whatever it is that we do and the intellectual aspects behind it. Would that make them choose to major in it? In a world driven by excesses, it may not be enough. その後、再び, it is world where articulation is often mistaken for accomplishments. Perhaps philosophy can help you articulate better, sound really cool and impress that girl you have been after — to put it crudely.

More seriously, しかし, what I said about the irrelevance of philosophy can be said about, 言う, physics as well, despite the fact that it gives you computers and iPads. 例えば, when Copernicus came up with the notion that the earth is revolving around the sun rather than the other way round, profound though this revelation was, in what way did it change our daily life? Do you really have to know this piece of information to live your life? This irrelevance of such profound facts and theories bothered scientists like Richard Feynman.

What kind of advice or recommendations would you give to someone who is interested in philosophy, and who would like to start learning more about it?

I started my path toward philosophy via physics. I think philosophy by itself is too detached from anything else that you cannot really start with it. You have to find your way toward it from whatever your work entails, and then expand from there. 少なくとも, that’s how I did it, and that way made it very real. When you ask yourself a question like what is space (so that you can understand what it means to say that space contracts, 例えば), the answers you get are very relevant. They are not some philosophical gibberish. I think similar paths to relevance exist in all fields. See for example how Pirsig brought out the notion of quality in his work, not as an abstract definition, but as an all-consuming (and eventually dangerous) obsession.

私の見解では、, philosophy is a wrapper around multiple silos of human endeavor. It helps you see the links among seemingly unrelated fields, such as cognitive neuroscience and special relativity. Of what practical use is this knowledge, I cannot tell you. その後、再び, of what practical use is life itself?

アンリアル·ユニバース

私たちは、私たちの宇宙は少し非現実的であることを知っている. 私たちは夜空で見つ星, 例えば, 実際に存在しない. 彼らは、私たちがそれらを見ることを得る時間で移動、あるいは死亡した可能性があり. それは私たちに到達するために遠くの星や銀河から移動する光時間がかかります. 私たちは、この遅延を知っている. 私達が今見る太陽は私たちがそれを見るまでにすでに8分古いです, これは大したことではありません. 我々は今日で何が起こっているか知りたい場合, 私たちがしなければならないすべては8分間待つことです. Nonetheless, 我々しなければなりませんか “正しい” 光の有限速度のために私たちの知覚の遅れのために私たちが見るものを信頼することができます前に、.

今, この効果は興味深い問題を提起 — 何か “リアル” 私達が見るもの? もし 百聞は一見に如かず, 私達が見るものは本物でなければなりません. その後、再び, 私たちは光の進行時間効果を知っている. だから私たちは私たちがそれを信じて前に見たもの修正する必要があります. 何が次に行う “見ること” 意味する? 私たちが何かを見ると言うとき, 私たちは本当に何を意味するのですか?

見ることは、光を必要とする, 明らかに. それは有限である (非常に高いとはいえ) 光の影響の速度と、私たちは物事を見る方法を歪め, 星のようにオブジェクトを見るの遅れなど. 何驚くべきことである (そしてめったに強調表示しない) それがに来るときということです 移動物体を見て, 私たちは逆算することはできません私たちは太陽を見ての遅れを取ると同じように. 私たちは本当とは思えないほど高速で移動する天体が表示された場合, 私たちはそれがどのように迅速かつどのような方向に把握することはできません “本当に” さらに仮定をせずに移動する. この困難を処理する一つの方法は、物理学のアリーナの基本的な特性のために私たちの知覚の歪みを帰することです — 空間と時間. アクションのもう一つのコースは、私たちの知覚と下層の間の切断を受け入れることです “現実のもの” そして、何らかの形でそれに対処.

私たちが見て、何をそこにあることは思考の多くの哲学の学校には未知でないものとの間のこの切断. 現象論, 例えば, 空間と時間は客観的な現実ではないという見解を保持している. 彼らは単に、私たちの知覚の広さ. 空間と時間で起こるすべての現象は、単に私たちの知覚のバンドルです. 言い換えると, 空間と時間知覚から生じる認知構築物である. このようにして, 私たちは、空間と時間に帰する全ての物理的特性は、驚異的な現実に適用することができます (現実私達がそれを感知するように). 実体の現実 (その私たちの知覚の物理的な原因を保持している), 一方, 私たちの認知届かないまま.

One, ほとんど偶然の, 空間と時間の特性のような光の有限速度の影響を再定義の難しさは、私たちが理解しても効果は即座に錯視の領域に追いやられますということです. 例えば, 太陽を見ることに8分間の遅延, 私たちは容易にそれを理解し、簡単な演算を使用して、私たちの感覚から関連付けを解除することができますので、, 単なる目の錯覚と考えられている. しかしながら, 高速移動オブジェクトの私たちの知覚の歪み, 同じソースから発生するものの、彼らはより複雑であるため、空間と時間の財産と考えられている. ある時点で, 私たちは、それが宇宙を見に来るという事実と折り合いをつけるために持っている, 目の錯覚のようなものは存在しない, 彼が言ったときゲーテの指摘おそらく何である, “目の錯覚は、光学真実です。”

More about The Unreal Universe区別 (またはその欠如) 目の錯覚と真実の間に哲学の最も古い論争の一つである. 結局, それは知識と現実の区別についてです. 知識は何かについて私たちの見解であると考えられていること, 実際には, です “実際にケース。” 言い換えると, 知識は反映しています, または外部何かの精神的なイメージ. この図で, 外部現実は私たちの知識になる過程を経る, その認識を含み, 認知活動, そして純粋理性の行使. これは物理学が受け入れるようになってきた写真です. 私たちの知覚は不完全であり得ることを認めつつ, 物理学は、私たちがますます微細化実験を通して外部の現実に近づく得ることができることを前提としてい, そして, さらに重要なことには, より良い理論化を通じて. 相対性理論の特殊および一般理論は、単純な物理的原理は執拗に彼らの論理的必然的な結論を純粋理性の恐るべき機械を用いて追求している現実を、このビューの華麗なアプリケーションの例です.

しかし、もう一つあります, 長い間の周りされている知識と現実の競合ビュー. これは私たちの感覚入力の内部認知表現と知覚の現実に関してである. このビューでは、, 知識と知覚の現実は、内部認知構築物である, 私達は独立したと考えることになってきているものの、. 私たちはそれを知覚としては何の外部にあることは現実ではない, しかし不可知エンティティは、感覚入力の背後にある物理的な原因を生じさせる. 思考のこの学校では、, 私たちは二つに私達の現実を構築する, 多くの場合、重複する, ステップ. 最初のステップは、検出の工程から成り, そしてもう一つは、認知と論理的な推論のそれである. 私たちは、科学へのこの現実の見解や知識を適用することができます, が、そう順序で, 私たちは絶対的な現実の性質を推測する必要が, そのまま不可知.

上記のこれらの二つの異なる哲学的立場の波及効果は、途方もないです. 現代物理学は、空間と時間の非現象論ビューを採用しているので, それは哲学のその枝と対立して自分自身を見つける. 哲学と物理学の間のこの隔たりは、ノーベル賞は物理学者を受賞程度に成長しています, スティーブン·ワインバーグ, 疑問に思いました (彼の本の中で “ファイナル理論の夢”) 物理学の哲学からの寄与はそう驚くほど小さかった理由. それはまたのような文を作るために哲学者に促す, “「実体の現実は驚異的な現実を引き起こすかどうか’ または「実体の現実は私たちがそれを感知するとは独立しているかどうか’ または私達は実体の現実を感じる」かどうか,’ 問題は、実体の現実の概念は科学の分析のための完全に冗長な概念であることに変わりはない。”

認知神経科学の観点から, 私たちが見るすべてのもの, 感覚, 感じ、考えることは私たちの脳におけるニューロンの相互接続し、それらの小さな電気信号の結果である. このビューは、右でなければならない. 他に何がいる? すべての私たちの考えや悩み, 知識と信念, 自我と現実, 生死 — すべてがねばねばの1.5キログラムで、単にニューロンの発火である, 私たちは私たちの脳を呼び出すグレー素材. 他には何もありません. 無!

実際には, 神経科学の現実のこのビューは、現象論の正確なエコーです, これは、すべての感覚や精神的な構造物の束を考慮し. 空間と時間は私たちの脳の認知構築物である, 他のすべてのような. 彼らは私たちの脳は私たちの感覚が受け取る感覚入力からでっち上げる精神的写真です. 私たちの知覚から生成され、私たちの認知プロセスで製造, 時空連続体は、物理学のアリーナである. すべての私たちの感覚の中で, 光景は圧倒的に支配的である. 視力への感覚入力は光であり、. 私たちの網膜に当たる光のうち、脳によって作成された空間には (あるいはハッブル望遠鏡の光センサ上), それは何も、光よりも速く移動することができないことは驚きである?

この哲学的スタンスは私の本の基礎である, アンリアル·ユニバース, その物理学と哲学を結合共通スレッドを探る. このような哲学的な黙想は通常、私たち物理学者からのいわれのない非難を取得. 物理学者へ, 哲学は全く異なる分野である, 知識の別のサイロ, これは彼らの努力への関連性を保持していない. 私たちは、この信念を変更する必要があり、さまざまな知識サイロ間での重複を認める. それは私達が人間の思考に大きなブレークスルーを見つけることを期待することができ、この重複している.

光と現実のこの物語のねじれは私たちが長い間、このすべてを知っているように見えるということです. 古典哲学の学校はアインシュタインの理由づけに非常に類似して線に沿って考えているようだ. 私たちの現実や宇宙を作成する際の光の役割は、西洋の宗教思考の中心にあります. 光のない宇宙は、単にあなたがライトをオフにしている世界ではありません. それは確かにそれ自体を欠い宇宙である, 存在しない宇宙. 私たちは声明の背後に知恵を理解する必要がこのコンテキストにあるもの “地は形がなかった, ボイド” 神は光があることが原因とされるまで, 言って “光あれ。”

コー​​ランにも述べてい, “アッラーは天と地の光であり、,” 古代ヒンズー教の著作の一つにミラー化されている: “光に闇から私を導く, 実物に非現実から私を導く。” 非現実的な空洞から私たちを取るの光の役割 (無) 確かに長い間理解されていた現実に, 長い時間. それは古代の聖人や預言者たちは、今だけの知識のすべての私たちの想定進歩と発見し始めている事を知っていた可能性がある?

私は天使が踏むを恐れるところに急いですることができる知っている, 経典を再解釈するために危険なゲームである. このような外国人の解釈は、神学界ではめったに歓迎されていません. しかし、私は精神的な哲学の形而上学的見解に同意を探していますという事実に避難を求める, 彼らの神秘的な神学的価値を損なうことなく、.

現象論と中実体の、驚異的な区別の間に類似点 ブラフマン、マヤ における区別 アドヴァイタ 無視するのは難しいです. 精神性のレパートリーから現実の性質上、この時の試練を経た知恵は今現代の神経科学に再発明されています, これは、脳が作成した認知表現として現実を扱います. 脳が感覚入力を使用しています, メモリ, 意識, 現実の私達の感覚を紡ぎ上げ中の成分として、さらには言語. 現実のこの見解, しかしながら, 何かの物理学はとの折り合いをつけるためにまだある. しかし、ある程度のこと、そのアリーナ (空間と時間) 現実の一部である, 物理学は哲学の影響を受けていない.

私たちは遠く私たちの知識の限界を広げたように, 私たちは人間の努力の異なるブランチ間で、これまで疑われていないと、多くの場合、意外な相互接続を発見し始めている. 最終的な分析で, すべての私たちの知識は私たちの脳に存在する場合どのように私たちの知識の多様なドメインは、互いに独立してでき? 知識は、私たちの経験の認知表現です. しかし、その後、, そう現実はある; それは私たちの感覚入力の認知表現です. それは、知識は、外部の現実の私達の内部表現であることを考えるの誤謬である, それから、したがって、明確な. 知識と現実は、内部認知構築物である, 私達は独立したと考えることになってきているものの、.

認識し、人間の努力の異なるドメイン間での相互接続を利用して、私たちが待っていた私たちの集団の知恵の次のブレークスルーのための触媒であってもよい.

水の半分バケツ

私たちは皆、宇宙を見て、感じて, それは本当に何ですか? スペースが哲学者が考慮してもよいものと基本的なものの一つです “直感。” 哲学者は何を見てみると, 彼らは少し技術的な取得. 宇宙関係はありますか, のように、, オブジェクト間の関係の観点から定義? リレーショナルエンティティは、あなたの家族のようなものです — あなたの親を持つ, 同胞種, 配偶者, 子供など. あなたの家族を考えるものを形成する. しかし、あなたの家族自体が物理的実体ではありません, しかし関係の唯一のコレクション. スペースもそのようなことはありますか? 以上のオブジェクトが存在し、そのことを行う物理的なコンテナのようにそれをである?

あなたはこれらの哲学的hairsplittingsの2ちょうど別の1との間の区別を考慮してもよい, それは本当にありません. 何スペースです, エンティティ空間の一種であっても何, 物理学の巨大な意味を持っている. 例えば, それは本質的にリレーショナルである場合, その後物質の不在下で, スペースはありません. 多くの家族用の非存在下では様, あなたは家族を持っていない. 一方, それは、コンテナのようなエンティティがある場合, スペースは、すべての事項奪う場合であっても存在する, いくつかの問題が表示されるのを待っている.

だから何, あなたが求める? よく, の水の半分バケツてみましょうし、それを周りにスピン. 漁獲内の水を一度, その表面は放物線形状を形成する — あなたが知っている, 遠心力, 重力, 表面張力、すべてのこと. 今, バケツを停止, その代わりに、その周りに宇宙全体を回転. 私は知っている, それはより困難である. しかし、あなたはそれをやっていると想像. 水面は放物線になります? 私はそれがなると思います, バケツの電源を入れるか、その周りに回転して全宇宙の間に大きな違いはありませんので、.

今, それでは私たちは宇宙を空にすると想像してみましょう. このハーフフルバケットが、何もありません. 今では周りのスピン. 何が水面に起こる? スペースは、リレーショナルである場合, 宇宙の非存在下での, バケツの外側にスペースがありませんし、それが回転していることを知る方法はありません. 水の表面は平らにしてください. (実際には, それは球状であるべき, 2番目のためにそれを無視します。) そして、空間が容器状である場合, 紡糸バケットは放物面をもたらすはずである.

もちろん, 私たちは宇宙を空にし、バケットを回転する方法がないので、私たちはそれがために起こっているどの方法を知る方法がありません. しかし、それはそれに基づいてスペースと建物の理論の性質を推測するから私たちを防ぐことはできません. ニュートンの空間は、容器状である, 彼らの心にいる間, アインシュタインの理論は宇宙のリレーショナル概念が.

そう, あなたが参照してください。, 哲学は重要ではありません.

アンリアル·ユニバース – Reviewed

ストレーツ·タイムズ

pback-cover (17K)シンガポールの全国紙, ストレーツ·タイムズ, で使用され読みやすく、会話のスタイルを賞賛 アンリアル·ユニバース そして人生について学びたい誰にもそれを推奨しています, 宇宙、すべて.

ウェンディロッホナー

呼び出し アンリアル·ユニバース よく読む, ウェンディ氏は述べています, “これはよく書かれている, 非専門家のために従うことが非常に明確。”

ボビークリスマス

記述 アンリアル·ユニバース ように “そのような洞察力とインテリジェントブック,” ボビー氏は述べています, “素人思考のための本, この読みやすい, 考えさせられる作品が現実の私達の定義に関する新しい視点を提供しています。”

M. S. Chandramouli,,te,Chandramouliはインド工科大学を卒業しました,,en,マドラス,,en,その後、インド経営大学院でMBAを取得しました,,en,アーメダバード,,en,インドとヨーロッパのエグゼクティブキャリアを経て,,en,ベルギーでSurya Internationalを設立し、現在はビジネス開発および産業マーケティングサービスを提供しています,,en,ここに彼が言っていることがあります,,en,この本はとても気に入っているレイアウトです,,en,正しいサイズのフォントと行間と正しいコンテンツ密度で,,en,自己出版の本のための大きな努力,,en,本の影響は万華鏡的である,,en,読者の心の中のパターン,,en,鉱山,,en,シフトして、自分自身を「騒がしい騒音」で再配置する,,en,一回以上。,,en

M. S. Chandramouli graduated from the Indian Institute of Technology, Madras in 1966 and subsequently did his MBA from the Indian Institute of Management, Ahmedabad. After an executive career in India and Europe covering some 28 years he founded Surya International in Belgium through which he now offers business development and industrial marketing services.

Here is what he says about アンリアル·ユニバース:

“The book has a very pleasing layout, with the right size of font and line spacing and correct content density. Great effort for a self-published book!”

“The impact of the book is kaleidoscopic. The patterns in one reader’s mind (mine, すなわち) shifted and re-arranged themselves with a ‘rustling noise’ more than once.””著者の作文スタイルは、哲学や宗教、そして科学哲学に関する西洋の作家のわれわれが知っているすべてのスタイルを書いている、インド人の過激な散文から著しく等距離にある。,,en,ある種の宇宙がある,,en,背景 'ユーレカ,,en,それは本の全体を充満させるようだ,,en,知覚された現実と絶対的な現実の違いについてのその中心的な論文は、百万人の心で開花を待っているアイデアです。,,en,「感情の感情」に関するテスト,,en,著しく先見的だった,,en,それは私のために働いた,,en,私は最初の部分,,en,本質的に記述的で哲学的な,,en,第二の部分と物理的に密接に関係している,,en,著者が議論を勝ち取る途中であるとき,,en,彼は読者の3つの異なるカテゴリーを見たいかもしれません,,en”

“There is a sort of cosmic, background ‘Eureka!’ that seems to suffuse the entire book. Its central thesis about the difference between perceived reality and absolute reality is an idea waiting to bloom in a million minds.”

“The test on the ‘Emotionality of Faith,’ ページ 171, was remarkably prescient; it worked for me!”

“I am not sure that the first part, which is essentially descriptive and philosophical, sits comfortably with the second part with its tightly-argued physics; if and when the author is on his way to winning the argument, he may want to look at three different categories of readers – ある程度の「翻訳」が必要な、けれど知的な人たち,,en,非物理学者の専門家,,en,物理学者の哲学者,,en,市場セグメンテーションは成功の鍵です。,,en,私はこの本が広く読まれる必要があると思う,,en,私はこれを私の親しい友人にコピーすることによってそれを差し込む小さな試みをしています。,,en,スティーブンブライアント,,en,スティーブンはコンサルティングサービス担当バイスプレジデントです。,,en,プリミティブロジック,,en,サンフランシスコにあるプレミアリージョナルシステムインテグレータ,,en,彼は,,en,相対性挑戦,,en,マノイは科学を人生の絵のただ一つの要素とみなしている,,en,科学は人生を定義していない,,en,しかし、私たちが科学を理解する方法は、,,en,彼はすべての読者に彼らの信じるシステムを再考するように挑戦する,,en,彼らが本当だと思ったことを質問する,,en,聞く、質問する,,en,なぜ,,en,彼は私たちに,,en,ローズ色のメガネ,,en,’ the non-physicist specialist, and the physicist philosophers. Market segmentation is the key to success.”

“I think this book needs to be read widely. I am making a small attempt at plugging it by copying this to my close friends.”

Steven Bryant

Steven is a Vice President of Consulting Services for Primitive Logic, a premier Regional Systems Integrator located in San Francisco, California. He is the author of The Relativity Challenge.

“Manoj views science as just one element in the picture of life. Science does not define life. But life colors how we understand science. He challenges all readers to rethink their believe systems, to question what they thought was real, to ask “why”? He asks us to take off our “rose colored glasses” 人生を体験し理解する新しい方法を開拓する,,en,このような思考を促す作業は、新しい科学的旅を始める人には読んでおく必要があります。,,en,マノイの時間の扱いは非常に魅力的なものです,,en,私たちの他の感覚,,en,視力,,en,臭い,,en,味と触れ合い,,en,多次元である,,en,時間は一次元と思われる,,en,他の感覚と時間の相互作用を理解することは非常に面白いパズルです,,en,私たちの知覚範囲を超えた他の現象の存在の可能性にもつながります。,,en,マノジーズは私たちの物理学の相互作用を深く理解しています,,en,人間の信念システム,,en,知覚,,en,経験,,en,さらに私たちの言語,,en,科学的発見へのアプローチについて,,en,彼の仕事は、あなたが思っていると思っていることを真実であると再考するようあなたに挑戦します。,,en. This thought provoking work should be required reading to anyone embarking on a new scientific journey.”

“Manoj’s treatment of time is very thought provoking. While each of our other senses – sight, 音, smell, taste and touch – are multi-dimensional, time appears to be single dimensional. Understanding the interplay of time with our other senses is a very interesting puzzle. It also opens to door to the existence possibilities of other phenomena beyond our know sensory range.”

“Manoj’s conveys a deep understanding of the interaction of our physics, human belief systems, perceptions, experiences, and even our languages, on how we approach scientific discovery. His work will challenge you to rethink what you think you know is true.”

“マノジは科学についてのユニークな視点を提供する,,en,現実と現実,,en,科学は知覚につながるわけではないという認識,,en,知覚は科学につながる,,en,すべての科学的,,en,事実,,en,再調査のために開いている,,en,この本は非常に挑発的なものであり、各読者が自分の信念に疑問を投げかけている。,,en,マノイはホリスティックな視点から物理学にアプローチする,,en,物理は孤立して発生しない,,en,私たちの経験の観点から定義されています,,en,科学と精神の両方,,en,あなたが彼の本を探るとき、あなたは自分の信念に挑戦し、あなたの視野を広げます。,,en,ブログやオンラインで見つけた,,en,ブログから,,en,見た目のガラスを通して,,en,この本は他の著書とは哲学と物理学のアプローチが大きく異なる,,en, 認知, and reality. The realization that science does not lead to perception, but perception leads to science, is key to understanding that all scientific “facts” are open for re-exploration. This book is extremely thought provoking and challenges each reader the question their own beliefs.”

“Manoj approaches physics from a holistic perspective. Physics does not occur in isolation, but is defined in terms of our experiences – both scientific and spiritual. As you explore his book you’ll challenge your own beliefs and expand your horizons.”

Blogs and Found Online

From the Blog Through The Looking Glass

“This book is considerably different from other books in its approach to philosophy and physics. 物理学に関する哲学的視点の深い意味合いに関する数多くの実用的な例を含んでいます,,en,特に天体物理学と粒子物理学,,en,各デモンストレーションには数学的な付録が付いています,,en,より厳密な導出と詳細な説明が含まれています,,en,この本は、さまざまな哲学の枝,,en,例えば、,,bg,東と西の両方から考える,,en,古典期と近代現代哲学の両方,,en,そして、この本で使用されている数学と物理学がすべて理解できることを知ってうれしいです,,en,ありがたいことに大学院レベルではありません,,en,これは、本をもっと簡単に理解できるようにするのに役立ちます。,,en,から,,en,ハブページ,,en,自分自身を呼び出す,,en,正直なレビュー,,en,このレビューは、,,en,私は読者から電子メールやオンラインフォーラムを通していくつかのレビューを受けました,,en, specifically astrophysics and particle physics. Each demonstration comes with a mathematical appendix, which includes a more rigorous derivation and further explanation. The book even reins in diverse branches of philosophy (e.g. thinking from both the East and the West, and both the classical period and modern contemporary philosophy). And it is gratifying to know that all the mathematics and physics used in the book are very understandable, and thankfully not graduate level. That helps to make it much easier to appreciate the book.”

From the Hub Pages

Calling itself “An Honest Review of アンリアル·ユニバース,” this review looks like the one used in ストレーツ·タイムズ.

I got a few reviews from my readers through email and online forums. 私はこの記事の次のページで匿名のレビューとしてそれらを集めた,,en,下のリンクをクリックして2番目のページにアクセスしてください,,en.

Click on the link below to visit the second page.

ビッグバン理論 – パートII

読んだ後 Ashtekarによる論文 量子重力とそれについて考えて上, 私は、ビッグバン理論と私のトラブルがあったものが実現. それは細部よりも基本的な仮定の詳細です. 私はここに私の考えをまとめるだろうと思った, 誰か他の人のより自分の利益のために、より.

古典理論 (SRとQM含む) 連続無としてスペースを扱う; したがって、長期時空連続. このビューでは、, オブジェクトは、連続空間に存在し、連続時間で互いに相互作用.

時空間連続体のこの概念は、直観的に魅力的であるが、, それは, せいぜい, 不完全な. 検討する, 例えば, 空きスペースにおける紡績本体. これは、遠心力を経験すると予想され. 今体が静止していると想像し、全体空間がその周りに回転している. それはどんな遠心力が発生します?

スペースが空の虚無であればそれはどんな遠心力があるであろう理由を確認することは困難である.

GRそれによって自然の中で、それが動的にする時空間に重力を符号化することによってパラダイムシフトを導入, むしろ空の虚無より. このようにして, 質量は、空間にからませれます (と時間), スペースは、宇宙と同義になる, 紡糸ボディの質問はお答えすることが容易になる. はい, それは身体の回転に相当しますので、それを中心に回転している宇宙であれば、それは遠心力が発生します. そして, ない, それはない, それだけで何もない空間にある場合. しかし “空きスペース” 存在しません. 大量の非存在下で, 何時空間ジオメトリが存在しない.

そう, 自然に, ビッグバンの前に (1があった場合), いずれのスペースがあることができなかった, でも実際には任意である可能性があり “前。” ノート, しかしながら, ビッグバンがあるように持っていた理由をAshtekar紙は明記しないこと. それを取得最も近いBBの必要性でGRの時空間での重力のエンコードから生じるということです. 重力のこのコード化にもかかわらず、それによって、動的な時空間をレンダリング, GRがまだスムーズ連続体としての時空間を扱います — 欠陥, Ashtekarに従って, QGは是正すること.

今, 私たちは、宇宙がビッグバンで始まったことを受け入れた場合 (そして、小領域から), 私たちは、量子効果を考慮しなければならない. 時空を量子化する必要があり、それを行うための唯一の正しい方法は、量子重力によるものであろう. QGを通じ, 私たちは、GRのビッグバン特異点を回避することを期待, QMは、水素原子で有界の基底状態のエネルギー問題を解決し、同じ方法.

私は上記のことは、私は現代の宇宙論の背後にある物理的な引数であると理解してものです. 残りは数学的な建物は、この物理の上に構築されてい (または実際に哲学的) 基礎. あなたは哲学的土台には強力な景色を眺めることができない場合 (またはあなたの意見はそれと一致している場合は、), あなたが無理なくBBを受け入れることができる. 残念ながら, 私は、異なる見解を持っていない.

私の見解は、以下の質問を中心に展開.

これらのポストは役に立たない哲学的な黙想のように聞こえるかもしれ, しかし、私はいくつかの具体的なを持っている (そして私の意見で, 重要な) その結果, 下記の.

この前面に行われるべき多くの仕事があります. しかし、今後数年間のために, 私の新しい本契約と私の定量的なキャリアからの圧力で, 私は、彼らが値する真剣にGRおよび宇宙論を研究するのに十分な時間がありません. 私は自分自身が薄すぎるパスを広げるの現在のフェーズたら彼らに戻って得ることを期待.

ライト所要時間効果と宇宙論的機能

この未発表の記事では、私の以前の論文の続編です (また、ここで掲載 “電波源とガンマ線バースト管腔ブームですか?“). このブログのバージョンでは、抽象が含まれています, 導入と結論. 記事の完全版は、PDFファイルとして提供され.

.

抽象的な

光の走行時間の影響 (LTT) 光の有限速度の光学的症状である. 彼らはまた、空間と時間の認知画像に知覚的制約を考慮することができる. LTT効果のこの解釈に基づいて、, 私たちは最近、ガンマ線バーストのスペクトルの時間的·空間的変化のための新しい仮説モデルを発表 (GRB) と電波源. この記事では、, 私たちはさらなる分析を取り、LTT効果が膨張宇宙の赤方偏移観測などの宇宙論的な特徴を記述するのに優れたフレームワークを提供することができることを示して, および宇宙マイクロ波背景放射. 非常に異なる長さと時間スケールにおけるこれらの一見異なった現象の統一, その概念の単純さと一緒に, このフレームワークの好奇心有用性の指標とみなすことができる, そうでない場合、その有効性.

はじめに

光の有限速度は、私たちが、距離と速度を感知する方法に重要な役割を果たしている. 私たちはそれらを見るようなものではないことを知っているので、この事実はほとんど驚きとして来るべきではない. 私たちが見る太陽, 例えば, すでに私たちはそれを見た時点で8分古いです. この遅延は自明である; 私たちは今、太陽で何が起こっているかを知りたい場合は、, 私たちがしなければならないすべては8分間待つことです. 私たちは, それにもかかわらず, しなければならない “正しい” 私たちの知覚のこの歪みのために、光の有限速度まで私たちが見ているものを信頼する前に、.

何驚くべきことである (そしてめったに強調表示しない) それが来るときの動きを感知することである, 私たちは逆算することはできません私たちは太陽を見ての遅れを取ると同じように. 私たちは本当とは思えないほど高速で移動する天体が表示された場合, 私たちはそれがどのように迅速かつどのような方向に把握することはできません “本当に” さらに仮定をせずに移動する. この困難を処理する一つの方法は、物理学のアリーナの基本的な特性のために動きの私たちの知覚の歪みを帰することです — 空間と時間. アクションのもう一つのコースは、私たちの知覚と下層の間の切断を受け入れることです “現実のもの” そして、何らかの形でそれに対処.

第二の選択肢を探る, 私たちは、知覚映像を引き起こす根本的な現実を前提とし. 今後は、古典力学に従うように、この基本的な現実をモデル化する, と知覚の装置を通じて知覚絵をうまく. 言い換えると, 私たちは、基礎となる現実のプロパティに光の有限速度の症状の属性はありません. 代わりに, 私たちは、このモデルが予測する当社の認知絵をうまく、私たちは観察しないプロパティは、この知覚的制約から発信できるかどうかを検証する.

スペース, その中のオブジェクト, そして彼らの動きがある, 概して, 光学知覚の製品. 一つは、誰もそれを知覚するように知覚が現実から生じることを当然のそれを取る傾向にある. この記事では、, 私たちは私たちが知覚することは、基礎となる現実の不完全または歪んだ画像であるという立場を取る. さらなる, 私たちは、基礎となる現実のための古典力学をしようとしています (そのために私たちは絶対のような用語を使用, 実体のか物理的な現実) それが私たちの知覚映像と収まる場合には、私たちの認識が見て与えていない (私たちは、感知されたか、驚異的な現実を指す可能性がある).

私たちは知覚の症状が単なる妄想であることを示唆していないことに注意してください. 彼らはそうではありません; 現実は知覚の最終結果であるため、彼らは確かに私達の感知された現実の一部である. この洞察は、ゲーテの有名な声明の背後にあり, “目の錯覚は、光学真実です。”

私たちは、最近、物理学の問題に思考のこのラインを適用. 私たちは、GRBのスペクトル進化を見て、それはソニックブームのものと著しく類似していることが判明. この事実を使用して, 私たちは私たちの知覚としてGRBのためのモデルを提示 “管腔の” ブーム, ローレンツ不変性とその下の現実のための私達のモデルに従う、それが現実の私たちの知覚写真です理解して (認知絵を引き起こす) 相対論的物理学に違反する可能性が. モデルと観測特徴の間の顕著な合意, しかしながら, 対称電波源へのガンマ線バーストを超えて拡張, また、仮想的な管腔ブームの知覚的効果とみなすことができる.

この記事では、, 私たちはモデルの他の影響を見て. 私たちは、光の移動時間の間の類似で始まる (LTT) 特殊相対性理論での効果と座標変換 (SR). SRはLTTの効果に基づいて、部分的に導出されているため、これらの類似性はほとんど驚くべきものである. 次に、LTT効果の形式化として、SRの解釈を提案し、この解釈に照らして、いくつかの観測された宇宙の現象を研究.

ライト所要時間に及ぼす影響とSRの間の類似点

特殊相対性理論は線形互いに対して運動して座標系間の座標変換を求める. 私たちは、SRに組み込まれた空間と時間の性質に隠された仮定に直線性の起源をトレースすることができます, アインシュタインが述べたように: “最初の場所では、方程式は、我々は、空間と時間に属性均質性の性質のために線形でなければならないことは明らかである。” そのため直線性のこの仮定の, 変換式の元の導出が近づいて後退オブジェクト間の非対称性を無視します. 両方接近後退オブジェクトが常に互いに後退される2つの座標系で記述できる. 例えば, システムの場合 K 別のシステムに対して移動される k 正のX軸に沿って k, 安静時、オブジェクト内 K 正で x 負で別のオブジェクトながら後退さ x の原点に観察者に近づいている k.

アインシュタインの原論文の座標変換が導出される, ある程度, 光移動時間の現れ (LTT) 効果とすべての慣性系における光速度不変を課すの結果. これは、最初の思考実験の中で最も明白である, 棒で動く観測者が自分の時計を見つけるところにより、ロッドの長さに沿って光の進行時間の差に同期していません. しかしながら, SRの現在の解釈に, 座標変換は、空間と時間の基本的な性質と考えられている.

SRのこの解釈から生じる一つの問題は、2つの慣性フレーム間の相対速度の定義が曖昧になることである. 観察者によって測定された可動フレームの速度である場合, その後、コア領域から始まるラジオジェットで観察された超光速運動は、SRの違反となります. そのLT効果を考慮して、我々は推論することがある速度である場合, その後、我々はsuperluminalityが禁止されていること余分なアドホック仮定を採用する必要が. これらの困難は、SRの残りの部分からの光の走行時間の影響を解きほぐすすることが望ましい場合があることを示唆している.

このセクションでは、, 我々は、脳によって作成された認知モデルの一部として、空間と時間を検討します, と特殊相対性理論が認知モデルに適用されると主張している. 絶対的な現実 (SR-のような空間·時間は、私たちの認識となっている) SRの制限が従うことはありません. 特に, オブジェクトはsubluminal速度に制限されていない, 彼らは空間と時間の私たちの知覚のsubluminal速度に制限されているかのように、彼らは私たちに表示される場合があります. 我々は、SRの残りの部分からLTT効果を解きほぐす場合, 我々は、現象の広い配列を理解することができます, 私たちはこの記事で見るように.

SRとは異なり、, LTTの効果に基づいて考察がオブザーバーに近づいたオブジェクトの変換法の本質的に異なるセットになり、それらの彼から後退. より一般的に, 変換は、物体の速度及び監視者の視線との間の角度に依存する. LTTの効果に基づく変換式は、非対称的にオブジェクトに近づくと後退TREATので, 彼らは双子のパラドックスへの自然なソリューションを提供, 例えば.

結論

空間と時間は、私たちの目に光の入力の外に作成された現実の一部であるため, そのプロパティの一部はLTT効果の症状で, 特に動きの私たちの知覚に. 絶対的な, 物理的な現実は、おそらく光入力を生成することは、私たちは私たちの知覚空間と時間に帰するプロパティに従うことはありません.

我々はLTT効果がSRのものと定性的に同一であることを示した, SRは唯一互いに後退参照のフレームを考慮していることに注意. SRの座標変換の一部がLTT効果に基づいて導出されるため、この類似性は驚くべきことではない, そして、部分的に光がすべての慣性フレームに対して同じ速度で移動するという仮定に. LTTの兆候として治療において, 我々は、SRの第一の動機に対応していませんでした, これマクスウェル方程式の共変製剤である. これは、座標変換の電気力学の共分散を解きほぐすことが可能であり得る, それは、この記事で試みていないが、.

SRとは異なり、, LTT効果は非対称である. この非対称性はsuperluminalityに関連した双子のパラドックスへの解像度と想定因果関係違反の解釈を提供します. さらに, superluminalityの知覚はLTT効果によって変調される, と説明して gamma 線バーストと対称ジェット. 私たちは、記事で示したとおり, 超光速運動の認知も、宇宙の膨張と宇宙マイクロ波背景放射のような宇宙論的な現象の説明を保持している. LTT効果は、我々の認識の基本的な制約として考慮されるべきである, その結果、物理学の, むしろ孤立した現象のための便利な説明としてより.

私たちの知覚はLTT効果を介して濾過されていることを考えると, 私たちは絶対の性質を理解するために、私たちの知覚の現実からそれらをデコンボリューションする必要が, 物理的実在性. このデコンボリューション, しかしながら, 複数のソリューションでの結果. このようにして, 絶対的な, 物理的な現実は私たちの理解を超えている, あらゆる 想定 絶対的な現実のプロパティは、どれだけ結果として得られるを通じて検証することができます 知覚 現実は我々の観察と一致している. この記事では、, 私たちは、基礎となる現実は私たちの直感的に明白な古典力学に従うと仮定し、光の進行時間効果を介して濾過したときにそのような現実が認識されるだろうか質問をし. 私たちは、この特定の治療は私たちが観察し、特定の天体物理学と宇宙論的な現象を説明できることを実証した.

SRの座標変換は、空間と時間の再定義と見ることができる (または, より一般的に, 現実のもの) 光による移動時間の効果に対する運動の私たちの知覚の歪みに対応するために. 一つは、SRが適用されると主張するように誘惑される “リアル” 空間と時間, ではない私たちの知覚. 議論のこのラインは質問を頼む, 何本物だ? 現実は私たちの感覚入力から始まる私たちの脳内に作成さだけ認知モデルである, 視覚入力は、最も重要である. スペース自体は、この認知モデルの一部である. 空間の性質は、私たちの知覚の制約のマッピングである.

現実の真のイメージとして私たちの知覚を受け入れ、特殊相対性理論で説明したように、空間と時間を再定義するの選択は確かに哲学的な選択にのぼる. 記事で紹介した代替が現実は私たちの感覚入力に基づいて、脳内の認知モデルであることを現代の神経科学の観点からインスピレーションを得ている. この方法を採用することは、絶対現実の性質を推測し、私たちの本当の知覚にその予測された投影を比較するに私たちを減少させ. それは単純化し、物理学のいくつかの理論を解明し、宇宙にいくつかの不可解な現象を説明することができる. しかしながら, このオプションは、不可知の絶対現実に対するさらに別の哲学的な姿勢である.

電波源とガンマ線バースト管腔ブームですか?

この記事は、現代物理学Dの国際ジャーナルに掲載されました (IJMP–D) で 2007. それはすぐになった トップアクセスさ条 によるジャーナル ヤン 2008.

それは、ハードコア物理学の記事のように思えるかもしれませんが, それは、実際にはこのブログや私の本に浸透哲学的洞察力を応用したものである.

このブログのバージョンでは、抽象が含まれています, 導入と結論. 記事の完全版は、PDFファイルとして提供され.

ジャーナルリファレンス: IJMP-Dフル. 16, しないでください. 6 (2007) 巻. 983–1000.

.

抽象的な

GRB残光の軟化は、ソニックブームの周波数進化に著しい類似点を負担. ソニックブームコーンの先端に, 周波数は無限である, ガンマ線バーストのような多くの (GRB). コー​​ンインサイド, 周波数が急速に超低周波範囲に減少し、音源が同時に2箇所に現れる, ダブルローブ電波源を模倣. しかし “管腔の” ブームはローレンツ不変性に違反するため、禁止されています, それは詳細を詰める、既存のデータとの比較をしたくさ. この誘惑は、さらに電波源といくつかのガンマ線バーストに関連付けられている天体で観測されたsuperluminalityにより増強される. この記事では、, 私たちは架空の管腔ブームから観測周波数の時間的·空間的変動を計算し、私たちの計算と、現在の観測値との間に著しい類似性を示す.

はじめに

音を発する物体が速くその媒体中の音の速度より媒質を通過する際にソニックブームが作成され. オブジェクトには、メディアを横断する, それが発する音は、円錐形の波面を作成する, 図に示すように、 1. この波面の音の周波数があるため、ドップラーシフトの無限大である. 円錐形の波面背後に頻度が劇的に低下し、すぐに超低周波範囲に達する. この周波数発生がガンマ線バーストの進化を残光することが著しく類似している (GRB).

Sonic Boom
フィギュア 1:. 超音速動作中のドップラー効果の結果として、音波の周波数の進化. 超音速物Sは、矢印に沿って移動している. 音波が原因運動に「反転」されている, 従って波が軌道マージ2つの異なるポイントで出射され、観察者に到達すること (Oにおける) 同時に. 波面は、観察者に当たると, 周波数が無限大である. その後, 周波数が急激に低下.

ガンマ線バーストは非常に短いです, しかしの激しい点滅 \gamma 空の光線, 数分、数ミリ秒から持続, 現在は激変星の崩壊から生じると考えられている. 短い点滅 (プロンプト排出量) 次第に柔らかくエネルギーの残光が続いている. このようにして, イニシャル \gamma 光線は、速やかにX線により置換されている, 光さえ無線周波数の波. スペクトルのこの軟化は、かなり以前から知​​られています, 最初極超新星を用いて説明した (火の玉) モデル. このモデルで, 相対論拡大火の玉が生成 \gamma 放出, 火の玉が冷却としてスペクトルが軟化し、. モデルがで放出されるエネルギーを計算 \gamma 領域として 10^ {53}10^ {54} 数秒でエルグ. このエネルギー出力は約に類似している 1000 倍の生涯にわたって太陽から放出された全エネルギー.

最近になって, 時定数を変化させたピークエネルギーの逆数減衰は経験的に崩壊星モデルを使用してピークエネルギーの観察時間発展に合わせて使用​​されている. このモデルによる, ガンマ線バーストは、恒星の崩壊で非常に相対論の流れのエネルギーが消費されているときに生成されている, その結果、放射ジェットは視力の私達の線に対して適切に角度を付けて. エネルギー放出が等方ではないので崩壊星モデルは、より低いエネルギー出力を推定, しかしジェットに沿って集中. しかしながら, 崩壊星イベントの発生率は、放射線ジェットがガンマ線バーストとして表示することができ、その中の立体角の割合を補正しなければならない. ガンマ線バーストは、一日一回の割合で、大きく観測される. このようにして, ガンマ線バーストに電力を供給激変イベントの予想速度の順である 10^410^6 1日につき. そのため速度と推定エネルギー出力間のこの逆の関係の, 観測されたGRBあたり放出された全エネルギーは同じまま.

私たちは超音速モーションでソニックブームと同様の効果として、GRBと考える場合には, 想定激変エネルギー要求は不要になります. 超音速オブジェクトの私たちの知覚のもう一つの特徴は、私たちは、同時に2つの異なる場所での音源を聞くことです, 図に示すように、 2. 超音速物体の軌道に異なる2点で放出された音波が時間的に同じ瞬間に観察者に到達するため、この奇妙な効果が起こる. この効果の最終結果は、音源の対称的に後退一対の知覚で, これ, 管腔世界で, 対称電波源の良い説明です (銀河核やDRAGNに関連ダブル電波源).

superluminality
フィギュア 2:. オブジェクトから飛んでいる A スルー そして B 一定の超音速で. オブジェクトが移動中に音を放射することを想像してみて. 時点で発せられた音 (最接近点に近いこれは B) で観測者に到達した O 音が早い時点で放出される前に、 . インスタントときより早い時点での音 観測者に到達した, ずっと後の時点で放出された音 A また達する O. そう, で発せられた音 A そして 同時に観測者に到達する, オブジェクトが同時にこれら二つの点であるという印象を与える. 言い換えると, 観察者が離れてから移動する2つの物体を聞く 1つではなく実際のオブジェクト.

電波源は、一般的に対称であり、銀河のコアに関連付けられているように見える, 時空間特異点や中性子星の現在考慮症状. 活動銀河核と関連するようなオブジェクトの異なるクラス (AGN) 過去50年間に発見された. フィギュア 3 電波銀河シグナスAを示している, このような無線源及び無線明るいオブジェクトのうちの1つの例. その機能の多くは、ほとんどの銀河系外の電波源に共通する: 対称二重ローブ, コアの表示, ローブとホットスポットを供給するジェットの外観. 一部の研究者は、より詳細な運動学的な特徴を報告している, そのようなローブでのホットスポットの固有運動として.

対称電波源 (銀河や銀河系外) とガンマ線バーストは完全に異なる現象であることが表示される場合があります. しかしながら, 彼らのコアは、ピークエネルギーで同様の時間発展を示している, しかし非常に異なる時定数. ガンマ線バーストのスペクトルは、急速に進化するから \gamma 光あるいはRF残照の地域, 彼らはローブにコアから移動する電波源のホットスポットのスペクトル進化に類似. 他の類似点は、近年注目を集め始めている.

この記事では、仮想の間の類似性を探る “管腔の” ブームとこれら二つの天体物理学の現象, そのような管腔のブームはローレンツ不変で禁じられていたが. これらの二つの現象を統一し、その運動の詳細な予測を行うモデルでの仮定の管腔ブームの結果の現れとして、GRBの治療.

CygA
フィギュア 3:.hyperluminous電波銀河シグナスAにおける無線ジェットとローブ. 2つのローブ内のホットスポット, コア領域とジェットがはっきりと見える. (NRAO / AUIのイメージ礼儀から再生。)

結論

この記事では、, 私たちは、超音速のオブジェクトの時空間発展を見て (その位置及び音響周波数の両方で私たちは聞く). 私たちは光に計算を拡張した場合、それが密接にガンマ線バーストとDRAGNsに似ていることが示された, 管腔ブームは超光速運動を必要とするであろうため、禁止されていますが、.

この困難にもかかわらず, 私たちは、バルク超光速動きに基づいて電波源のようなガンマ線バーストとジェットのための統一モデルを発表. 私たちは、視力の私達の視野を横切って飛んで、単一の超光速オブジェクトが固定されたコアから二つの物体の対称分離など、私たちに見えることを示した. 対称ジェットとガンマ線バーストのモデルとしてこの事実を使用して、, 私たちは、定量的に彼らの運動学的な特徴を説明した. 特に, 私達はホットスポットの分離角度が時間的に放物線であることを示した, 二つのホットスポットの赤方偏移は、互いにほぼ同一であった. ホットスポットのスペクトルが高周波領域にあることさえ事実はhyperluminal運動及び典型的なスターの黒体放射の結果としての赤方偏移を仮定することによって説明される. 超光速物体の黒体放射の時間発展は、ガンマ線バーストと電波源で観察されたスペクトルの軟化と完全に一致している. 加えて, 電波源のコア領域で有意なブルーシフトがあると、なぜ私たちのモデルは説明する, 電波源は、光の銀河に関連すると思われる、なぜガンマ線バーストは、その切迫した外観の無い、事前指示と共にランダムな点に表示された理由.

それはエネルギー論の問題に対応していませんが (superluminalityの起源), 私たちのモデルは、私たちが架空の超光速運動を知覚する方法に基づいて魅力的な選択肢を提示し. 私たちは、予測のセットを発表し、DRAGNsやガンマ線バーストからの既存のデータにそれらを比較した. このようなコアの青さなどの機能, ローブの対称性, トランジェント \gamma およびX線バースト, ジェットに沿ってスペクトルの測定された進化のすべての知覚的な効果として、このモデルにおける自然とシンプルな説明を見つける. この最初の成功に後押し, 私たちは、これらの天体物理現象のワーキングモデルとして腔側ブームに基づいて私たちのモデルを受け入れることができる.

これは、知覚的な効果は、従来の物理学のような明白な違反を装うことが強調されなければならない. このような効果の例は明らかで超光速運動である, それが実際に観測された前であっても、特殊相対性理論の文脈の中で説明し、予想された. 超光速運動の観察は、この記事で紹介した作品の背後にあるの出発点であったが、, それは決して私たちのモデルの妥当性の指標である. 時間的·空間およびスペクトル進化におけるソニックブームと仮想の管腔ブームの間の類似性は好奇心のようにここに提示されている, おそらく不健全にもかかわらず, このモデルの基盤.

一つの缶, しかしながら, 特殊相対性理論と主張している (SR) superluminalityを扱っていないと, 従って, 超光速運動および管腔ブームは、SRと矛盾しない. アインシュタインの原論文のオープニングステートメントによって証明されるように, SRのための主要な動機は、マクスウェル方程式の共変製剤である, 座標変換は、部分的に光移動時間に基づいて導出される必要 (LTT) 効果, そして、部分的に光がすべての慣性フレームに対して同じ速度で移動するという仮定に. LTTでこの依存性にもかかわらず、, LTTの影響は、現在のSRに従う時空間に適用することが想定され. SRは空間と時間の再定義である (または, より一般的に, 現実のもの) その2つの基本的な公理に対応するために. これは、空間 - 時間のより深い構造が存在することであってもよい, そのうちのSRは、唯一の私たちの知覚で, LTTの影響を介して濾過. 目の錯覚のようにそれらを処理することにより、SRに従う時空間に適用される, 私たちは、二重にカウントすることができる. 私たちは、SRの座標変換部からマクスウェル方程式の共分散をほぐしによる二重計算を回避することができる. 別途LTT効果を治療 (空間と時間の基本的な性質のために、それらの結果を帰属させずに), 私たちはsuperluminalityを収容し、この資料に記載天体物理現象の優雅な説明を得ることができます. ガンマ線バーストと対称の電波源のための私たちの統一説明, 従って, 影響は限り空間と時間の自然の私達の基本的な理解として到達しました.


写真: 米航空宇宙局(NASA)ゴダード写真とビデオ