タグ別アーカイブ: 死

矛盾,en

Life is full of contradictions.

I am attending a research retreat on mindfulness and contemplative practices at the beautiful Garrison Institute. I am learning a lot of interesting things, and meeting a lot of like-minded and excellent people – the kind of people with whom I could have deep conversation about the unreal nature of reality, unlike most people from other walks of life would politely and tactfully excuse themselves when I get a bit unreal.

続きを読む

Twilight Years

At some point in our life, we come to accept the fact we are closer to death than life. What lies ahead is definitely less significant than what is left behind. These are the twilight years, and I have come to accept them. With darkness descending over the horizons, and the long shadows of misspent years and evaded human conditions slithering all around me, I peer into the void, into an eternity of silence and dreamlessness. それは almost time.

続きを読む

死と悲しみ

最近のいくつかのイベントは、この再検討に私を促した 不快なトピック — 誰かが死ぬとき、なぜ私たちは悲しむん?

ほとんどの宗教は出発していることを教えて, 彼らは生活の中で良いならば, より良い場所に終わる. だから、意味がありません悲嘆. 出発した場合には悪かった, 私たちはどのような方法を悲しまないだろう.

あなたが宗教的でなくても, そして永遠の魂を信じていない, 死は死者のための悪いことはできません, のために、彼らは何も感じない, 彼らが存在しないため、, その死の定義である.

続きを読む

ロビン·ウィリアムス

私はロビン·ウィリアムズの自殺のニュースを聞いたとき、私は他の皆と同じくらいショックを受けました. 私は彼の作品の熱烈なファンですので、私はそれについて何かを書きたい. 実際には, 私は他の人を笑わせることができるすべてのもの人材のファンだ, 乾杯のテッド·ダンソンからデイリーショーのジョン·スチュワートに始まる, その間に、すべてのf.r.i.e.n.d.s.

また、私が考えて取得します. 私たちのほとんどは、金持ちや有名人になりたい. しかし、お金と名声は幸せ誰を維持するのに十分ではないようだ. なぜということです? いつものように, 私はそれについての理論を持っている. 実際には, 私は2つを持っている. 私はあなたとの両方を共有する, しかし、これらは単に非現実ブロガーの理論であることに留意してください, 何よりも. 理論にもかかわらず, 今, 私はちょうど深く悲しい, ロビン·ウィリアムズは、私が知っていた誰かであり、約世話ほとんどかのように. それはばかげている, もちろん, しかし彼の年齢について何か (それが私のものにどれだけ不快に近い), 彼の死の突然, そして事実は、彼が作ったことを私たちは大声で笑う, 個人的な損失の彼の別れの何かを作る.

続きを読む

プライドとPretention

何が私のために強烈な個人的な満足のしていることは私だった “発見” に関する ガンマ線バーストと電波源 先に示唆した. 妙に, それは私が誇りに思っていないんだことも物事の最もの起源である. あなたが参照してください。, あなたはあなたの人生の目的を発見したと感じたとき, それは素晴らしいです. あなたが目的を達成していると感じたとき, それはまだ大きい. しかし、その後の質問に来る — 今何? ある意味での生活は公言目標の知覚達成で終わる. 目標のない人生は明らかに非常にやる気のない人生です. それは、その先の過去の旅です. 私が発見した以前のように多くの, それは私たちを駆動し、未知の目的地に向かって旅です. 旅の終わり, 到着, 面倒です, それは死であるので、. 目標のこの達成の正直な信念を持って、その後の人生が終わったことを不穏な感じが来る. 今すぐ実行するために残された唯一の儀式があります. 根深いとして, 根深い概念, 私のこの信念は、私は後悔性格特性につながっている. これは、剥離が多分保証されないし、日常場面で剥離のレベルにつながっている, より成熟した配慮がおそらく示された選択肢である特定の無謀.

無謀では多くの奇妙なキャリアの選択肢につながった. 実際には, 私は私の時間に多くの異なった生活を住んでいたかのように私は感じる. ほとんどの役割では私がしようとしました, 私は、フィールドの先頭付近に移動するために管理. 大学生として、, 私はインドで最も権威のある大学に入った. 後で科学者として, 私は物理学のメッカで最良と協力, CERN. 作家として, 私は招待され本の手数料および正規の列要求のまれな特権を持っていた. 量的金融への私の短い進出時には, 私は、銀行での私の滞在にはかなり満足している, それについて私の倫理的な不安にもかかわらず、. でも、ブロガーや趣味のプログラマーとして, 私はかなりの成功を収めた. 今, 辞退する時が近づくように, 私はいくつかの成功の役割を着陸の幸運を持っていた俳優だったかのように私は感じる. 成功は文字に属していたかのように, そして私自身の貢献は演技の才能の少量だった. 私は、剥離があまりにも多くのことを試みることの来ることを推測する. それとも、私の魂でちょうどぶつぶつ落ち着きのある?

修業

私はあることが生活の中で私の目標を信じてたいのは知識の追求です, これは, 間違いなく, 高貴な目標は持っている. それだけで私の虚栄心かもしれ, しかし、私は正直にそれが本当に私の目標と目的だったと信じている. しかし、それだけで, 知識の追求は無用の目標です. 一つは、それが有用なものでした, 例えば, それを適用することによって — お金を稼ぐ, 最終的な分析で. か、それを拡散することにより, それを教える, これも崇高な使命である. しかし、どのような最後まで? 他の人はそれを適用することができるように, それを広げ、それを教える? そのシンプルな無限の回帰では生活の中ですべての高貴な追求の無益はある.

それによっては無駄, 無限に多くの高貴なものです, 私の考えでは, 私たちの集団の知識の本体に追加することです. そのカウントに, 私は私の人生の仕事に満足している. 私はどのように特定の天体物理現象を考え出した (ような ガンマ線バーストと無線ジェット) 仕事. そして、私は正直にそれが新たな知識であると信じて, 私はその後死亡した場合、私は感じたときやインスタントは数年前にありました, 私は私の目的を達成したために、私は幸せな男を死ぬだろう. この気持ちがあったように解放, 今私は疑問に思う — それだけでは十分では少し付箋が言って私たちが知っているものへの知識の小さなビットを追加することです, “それを取るか、それを残す”? 私も何でも、私は私が見つけたと思いますが、正式に受け入れられ、されることを確認する必要があります “追加された”? これは確かに難しい質問です. 正式に受け入れられるようにしたいためには、検証と栄光のために呼び出しです. 我々は、のいずれかをしたくない, 我々を行う? その後、再び, 知識はちょうど私と一緒に死亡した場合, ポイントは何ですか? 確かに難しい質問.

生活の中での目標といえばこの賢者の物語と彼の陰気な友人のことを思い出す. 賢い男は尋ね, “どうしてそんなに陰気です? それはあなたが望むことは何ですか?”
友人は言う, “私は100万ドルを持っていた希望. それは私が欲しいものだ。”
“オーケー, なぜあなたは100万ドルをしたいです?”
“よく, その後、私は素敵な家を買うことができる。”
“だから、それはあなたが望む素敵な家である, しない100万ドル. なぜあなたはことをしたいです?”
“それから私は私の友人を招待できた, そして彼らと家族と素敵な時間を持っている。”
“つまり、あなたの友人や家族と素敵な時間を持ちたい. そうでもない素敵な家. なぜということです?”

このような理由の質問はすぐに最終的な答えとしての幸せを得られます, そして究極の目標, 何賢い人が尋ねることができないその時点で, “なぜあなたは幸せになりたいん?”

私はその質問を行う, 時には, 私は幸福の追求と言わざるを得ない (または幸せのちから) 生活の中で究極の目標のための良い候補のように聞こえるん.

要約

彼の人生の終わりに向けて, サマセット·モームは彼を総括 “遠かったを取る” 適切にタイトルの本の中で “サミングアップ。” 私はまた、合計する衝動を感じる, 私が達成したものの株式を取得し、達成しようとしたために. この衝動は、, もちろん, 私の場合は少し愚かな. 一例を挙げると, 私ははっきりモームと比べて何も達成されない; 彼は彼のものを総括し、より多くの時間が物事を達成持っていた場合であっても、彼はたくさんの年上だったことを考えると. 第二に, モームは人生で彼のテイクを表現できる, 宇宙と私が今までのことができるようになりますよりもはるかに良いすべてのもの. これらの欠点はかかわらず, 私は到着の近さを感じ始めているので、私はそれを自分で刺しを取る — 種類のあなたは長距離飛行の最後の時間に感じるもののように. 私は私がやろうと設定している何でもあるかのように感じる, 私はそれを達成しているかどうか, 私の後ろに既にある. 今、おそらく自分自身を依頼するいずれかのような時間に良好である — それは私がやろうと設定することを何?

私は生活の中で私の主な目標は、物事を知ることだったと思う. 初めに, それがラジオやテレビのような物理的なものだった. 私はまだ最初の6巻を見つけることのスリルを覚えている “基本ラジオ” 私の父の本のコレクション内, 私は、彼らがその時点で言ったことを理解するの機会がなかったものの、. それは私の学部年間を通してかかったスリルだった. あとで, 私の焦点は、問題のようなもっと根本的なものに移っ, 原子, 光, 粒子, 物理学など. そして、心と脳に上, 空間と時間, 知覚と現実, 生死 — 最も深遠かつ最も重要な問題, しかし逆説的に, 最下位. 私の人生のこの時点で, 私がやっていることの株式を取っている場合、, 私は自分自身を依頼する必要が, それは価値があった? 私はよくやった, または私は不十分しましたか?

これまでのところすぐに戻って私の人生を振り返ってみる, 私は約幸せになるために多くのものを持っている, と私はとても誇りじゃない他の人かもしれ. 最初の良いニュース — 私は私が始まった場所から長い道のりを歩んでいる. 私はインドで70年代に中産階級の家庭で育った. 70年代のインドの中産階級は、任意の賢明な世界標準によって貧弱になる. そして、貧困はすべて私の周りにいた, 学校を中退クラスメートと一日1平方食事を余裕がなかった泥やいとこを運ぶような卑しい児童労働に従事する. 貧困は遠い国で未知の魂を苦しめる仮定の条件ではありませんでした, それはすべて私の周りに痛みと触知現実だった, 私は盲目の運でエスケープ現実. そこから, 私はシンガポールで上位中流階級の存在に自分の道を爪に管理, ほとんどのグローバルスタンダードによる豊かである. この旅, そのほとんどは、遺伝子の事故の点でブラインド運に帰することができる (学術インテリジェンスなど) または他のラッキーブレイク, それ自体で興味深いものです。. 私はそれでユーモラスなスピンを入れて、いつの日かそれをブログすることができるはずだと思う. それは愚かですが、この種の偶発的な栄光のための信用を取る, 私はそれを誇りに思っていないと言った場合、私は正直より小さくなります.

どのように私は死ぬべき,,en,私はいくつかの死亡例を見てきました年齢に達しています,,en,そして私はまでの時間を持っていました,,en,ビット,,en,私が最も重要なことは、尊厳を持って死ぬことであると感じ,,en,現代医学の進歩,,en,しかし生きている長い私たちを維持するのに効果的,,en,私たちが行ってみたいどのと尊厳の5月奪うたち,,en,焦点は、生きている患者を維持する上で,,en,しかし、問題の事実は、誰もが死んでしまうということです,,en,だから、薬は戦いを失うことになります,,en,そして、それは負けず嫌いです,,en,文が好きな理由です,,en,がんが死因であります,,en,ある程度,,en,意味のありません,,en,私たちは、風邪やその他の感染症による死亡を予防する方法を見つけ出すとき,,en,心臓病は、死亡の比較的大きなシェアを主張し始め,,en,我々は、心臓病を打つとき,,en,がんが死因となっ,,en?

I have reached the age where I have seen a few deaths. And I have had time to それについて考える a bit. I feel the most important thing is to die with dignity. The advances in modern medicine, though effective in keeping us alive longer, may rob us of the dignity with which we would like to go. The focus is on keeping the patient alive. But the fact of the matter is that everybody will die. So medicine will lose the battle, and it is a sore loser. That’s why the statements like “Cancer is the biggest killer” など. です, to some extent, meaningless. When we figure out how to prevent deaths from common colds and other infections, heart disease begins to claim a relatively larger share of deaths. When we beat the heart disease, cancer becomes the biggest killer, それが今より流行や病原性であるため、それほどではありません,,en,しかし、生と死のゼロサムゲームで,,en,それがなければなりませんでした,,en,生活の量の焦点は、社会的、倫理的配慮のホストに、その末尾の近くにその品質を低下させます,,en,医師は、私たちに私たちが求める最良のケアを提供するために彼らの専門的な財務制限条項に拘束され,,en,提供,,en,我々はそれを余裕ができること,,en,最良のケア,,en,通常、最も長い生きている私たちを維持するものを意味し,,en,トリッキーな部分は、それがシステムの定着し一部となっているということです,,en,そして、私たちのために作られるデフォルトの選択,,en,逆にしても、当社の明示した意思にもかかわらず、時には,,en,私たちの高齢者や好き相対末端病気になったときの状況を考えてみましょう,,en,相対は、医療の選択肢の制御ではなくなり,,en,我々は彼らのために選択を行います,,en, but in the zero-sum game of life and death, it had to.

The focus on the quantity of life diminishes its quality near its tail end due to a host of social and ethical considerations. Doctors are bound by their professional covenants to offer us the best care we ask for (provided, もちろん, that we can afford it). ザ· “best care” usually means the one that will keep us alive the longest. The tricky part is that it has become an entrenched part of the system, and the default choice that will be made for us — at times even despite our express wishes to the contrary.

Consider the situation when an aged and fond relative of ours falls terminally sick. The relative is no longer in control of the medical choices; we make the choices for them. 私たちの善意の意図は、私たちは正確に選択させます,,en,かかわらず、患者は異なる終末期の選択をしたかどうかの,,en,状況はさらに、他の要因によって複雑になります,,en,病気のターミナル性質は、冒頭で見かけないかもしれません,,en,どのように私たちも、医師が知らないかもしれないときにエンド・オブ・ライフの選択肢が適用されるかどうかを決めることになっています,,en,これらの暗い時間で,,en,私たちは、当然のことながら怒っていると強調しました,,en,そして私たちの決定は、常に合理的ではなく、よく考えられ,,en,最後に,,en,終末期の選択の妥当性が問われることがあり,,en,私たちは死ぬ相対が彼らの心を変更していないことを確認してくださいどのようにしています,,en,私たちのいずれかが自分の靴に自分自身を置くことは不可能です,,en,私の場合を考えてみましょう,,en “best care” regardless of whether the patient has made different end-of-life choices.

The situation is further complicated by other factors. The terminal nature of the sickness may not be apparent at the outset. How are we supposed to decide whether the end-of-life choices apply when even the doctors may not know? ほかに, in those dark hours, we are understandably upset and stressed, and our decisions are not always rational and well-considered. Lastly, the validity of the end-of-life choices may be called into question. How sure are we that our dying relative hasn’t changed their mind? It is impossible for any of us to put ourselves in their shoes. Consider my case. 私は今、私は私の人生の任意の積極的な延長を望んでいないこと、それが豊富に明らかにしたかもしれません,,en,しかし、私はその決定を下す際に,,en,元気です,,en,終わりに向かって,,en,病院のベッドに横たわって昏睡,,en,私は私の心の中で叫んですることができます,,en,お願いします,,en,プラグを引っ張らないでください,,en,私たちは本当に我々は大幅に異なる状況下で取った意思決定に拘束されるべきであることをどのように知っています,,en,私はここでは簡単な答えを持っていません,,en,私たちは、専門家からいくつかの答えを持っています,,en,医師団,,en,彼らが死ぬことを選択するにはどうすればよいです,,en,医師は死ぬことを選択するにはどうすればよいです,,en,我々は彼らから何かを学ぶことができるかもしれ,,en,いずれかの私は医者に行くことを選択し道を行きたいと思います,,en,我々は、すべてのいくつかを持っています,,en,遺伝ロジック,,en,私たちのDNAについての死にハードコードされ、それに直面する方法,,en,はるかに重要なこと,,en,それを回避する方法,,en,この遺伝的ロジックの一の態様は、私をperplexes,,en, but when I make that decision, I am healthy. Toward the end, lying comatose in a hospital bed, I may be screaming in my mind, “Please, どうぞ, don’t pull the plug!” How do we really know that we should be bound by the decisions we took under drastically different circumstances?

I have no easy answers here. しかしながら, we do have some answers from the experts — the doctors. How do they choose to die? May be we can learn something from them. I for one would like to go the way the doctors choose to go.

死 — 最後の言葉

We all have some genetic logic hard-coded in our DNA regarding death and how to face it — そして, much more importantly, how to avoid it. One aspect of this genetic logic perplexes me. それは私たちが死の見通しに直面しているように見えるこれで柔和です,,en,特に暴力的な死,,en,暴力的な状況では,,en,私たちは、私たちがなるようにする加害者のより良い自然に訴えるに曲がっているように見えます,,en,この参照攻勢を見つけることができたものに謝罪して,,en,私はホロコーストの間、夜に静かに行進した何百万人もの人と思っています,,en,最終結果ことを考えます,,en,多かれ少なかれ、彼らは抵抗したかどうか保証されていました,,en,なぜ彼らはしませんでした,,en,なぜ、このようなモットーなどがあります,,en,悪に抵抗しません,,en,なぜ一体ではありません,,en,私は答えのいくつかを知っています,,en,しかし、私たちの遺伝ロジックのこれらの気まぐれに対して、いくつかの寒さと可能性不適切なロジックを積み重ねてみましょう,,en,ベンガルトラは森の中であなたを攻撃した場合,,en,生存のあなたの最高のチャンスはとの戦いに立ち上がることであろう,,en,可能です,,en, especially violent death. In violent situations, we seem bent on appealing to the assailant’s better nature to let us be. With apologies to those who may find this reference offensive, I’m thinking of the millions of people who marched quietly into the night during the holocaust, 例えば. Given that the end result (死) was more or less guaranteed whether they resisted or not, why didn’t they? Why is there such a motto as “resist no evil”? Why the heck not?

よく, I know some of the answers, but let’s stack some cold and possibly inappropriate logic against these vagaries of our genetic logic. If a Bengal tiger attacks you in a forest, your best chance of survival would be to stand up and fight, 私が思うだろう. It is possible, そうではないが,,en,虎はあなたにあまりにも多くの問題を考慮し、あなたにあきらめるかもしれません,,en,私はそこにtigerologistsが私を笑うだろう知っています,,en,私は言いました,,en,そうではありません。,,en,私は棒でそれをオフにおびえさせることにより、トラから彼の友人を救うために管理インドの農民のこの物語とノイズをたくさん読みました,,en,農民も私の虎があまりにも空腹ではなかったということだけでラッキーでした,,en,Anyhoo,,en,私は、私たちのDNAの遺伝的ロジックは、私たちの生存率を向上させることが闘志のこの種を反映するだろうと思っているだろう,,en,虎のより良い自然にアピールすることはやや少なく有効であろう,,en,同様の柔和は明らかです,,en,みなす,,en,生活の中で多くのことに向けて私たちのフォロー-観衆の態度で,,en,モラルの私達の概念を含みます,,en,幸福など,,en, that the tiger might consider you too much trouble and give up on you. I know the tigerologists out there would laugh at me, but I did say “not likely.” ほかに, I have read this story of an Indian peasant who managed to save his friend from a tiger by scaring it off with a stick and a lot of noise. My be the peasant was just lucky that the tiger wasn’t too hungry, それにもかかわらず… Anyhoo, I would have thought the genetic logic in our DNA would reflect this kind of fighting spirit which may improve our survival rate. Appealing to the tiger’s better nature would be somewhat less effective, 私の考えでは.

A similar meekness is apparent, I reckon, in our follow-the-crowd attitude toward many things in life, including our notion of morality, happiness etc. 私は、これらの概念は、おそらく非常に複雑と私たちは当社の知的怠惰を知るために私たちの願いを追い越してみましょうことを測深する課税されている疑いがあります,,en,私自身の考えは暗いaimlessnessの交響曲や倫理観の欠如につながるように思われます,,en,私は必死でこのシリーズを巻き取ることで幸せなノートを見つけようとしています,,en,トラブル,,en,ほとんどの人が道徳的であるということです,,en,倫理とオールラウンドのまともな人々,,en,死の存在とその知識にもかかわらず、その,,en,柔和としてそれを却下する愚かです,,en,知的努力などの不足,,en,他のいくつかの理由がなければなりません,,en,私はこのシリーズの終了前にこのとらえどころのない理由を見つけることができるでしょうとは思いません,,en,しかし、私はそれを締結する必要があります,,en,あなたの最後として日常生活,,en,間違いなく助けにはなりません,,en. My own thinking seems to lead to a dark symphony of aimlessness and lack of ethical values. I am desperately trying to find a happy note in it to wind up this series with.

ザ· “trouble” is that most people are moral, ethical and all-round decent folks, despite the existence of death and their knowledge thereof. It is silly to dismiss it as meekness, lack of intellectual effort etc. There must be some other reason. I don’t think I will be able to find this elusive reason before the end of this series. But I have to conclude that “living everyday as your last” definitely doesn’t help. どちらかといえば, それは倫理的な清廉もたらす死を無視するように私たちの幸せな容量である必要があります,,en,のおそらく他のモットー,,en,現時点での生活,,en,そういうことです,,en,死は織機の将来を無視するようにアピール,,en,死は私たちの日常の存在は不条理レンダリングの効果を持ちます,,en,岩のシーシュポスの仕事,,en,1がすべてで生きなければならない理由を正当化するために1を強制するように、それは本当に存在の概念は非常に不合理作るん,,en,思考のこの危険なラインは、すべての哲学者を直視しなければならないものです,,en,ある時点で,,en,彼はいくつかの答えを持っていない限り、,,en,彼自身に彼の思考を維持するのが賢明だろう,,en,私はしませんでした,,en,非常に少数のは知恵のバイスの私を非難しています,,en,死への意識の継続中に特定の破裂にもかかわらず,,en,魂の中に以下の特定の破裂,,en. Perhaps the other motto of “living in the present moment” is just that — an appeal to ignore the future where death looms.

Death has the effect of rendering our daily existence absurd, ように Sisyphus’s work on rocks. It really does make the notion of existence so absurd as to force one to justify why one should live at all. This dangerous line of thinking is something that every philosopher will have to face up to, at some point. Unless he has some answers, it would be wise to keep his thoughts to himself. I didn’t. しかし、その後、, very few have accused me of the vice of wisdom.

世界が点灯していますか?

Notwithstanding the certain rupture in the continuity of consciousness due to death, or a less certain rupture in that of a soul, 我々は別の中断のない流れを持っています,,en,生命の世界のこと,,en,この流れは、おそらく一連の突起と私たちのミラーニューロンの作業の最終結果であります,,en,世界は、誰かが死ぬという理由だけで停止しないこと,,en,私たちのほとんどは中年の人々は、愛する人を失いました,,en,すべての悲しみ,,en,私たちは生活が続いたことを知っています,,en,だから我々は簡単に私たちが死ぬときことがわかります,,en,私たちは私たちの愛する人が私たちを通して感じることに成功する可能性のあるすべての悲しみにもかかわらず、,,en,薄手の善行,,en,人生は続いていきます,,en,それはありません,,en,それは巨大な生命保険を買うために私たちを促し、この継続性について、当社の絶対的な確実性であります,,en,やや私たちの道徳的な行動のリスク・リターン分析を変調,,en,私は、この継続性の存在を否定するつもりはありません,,en,私はちょうどそれを行うことになっているものの誘惑,,en — that of life and of the world. This flow is the end result of a series of projections and perhaps the work of our mirror neurons. Let me explain. 私たちは 知っている that the world doesn’t stop just because someone dies. Most of us middle-aged folks have lost a loved one, そして, のために all the grief, we know that life went on. So we can easily see that when we die, despite all the grief we may succeed in making our loved ones feel through our sheer good deeds, life will go on. Won’t it?

It is our absolute certainty about this continuity that prompts us to buy huge life insurances, and somewhat modulates the risk-reward analysis of our moral actions. I am not going to deny the existence of this continuity, tempted though I am to do just that. 私は単にその額面でそれを受け入れることから私たちを妨げる可能性のある特定の事実を指摘したいです,,en,世界が私たちの死の後に行くための証拠は簡単です,,en,単純すぎるかもしれません,,en,私たちは、人が死ぬ見てきました,,en,しかし、私たちは生き,,en,ときに我々は死にます,,en,他の人が生きます,,en,しかし、あなたが見ます,,en,誰か他の人の死との間に深い違いがあります,,en,私たちは、私たちの意識や心の終わりとして死を考えています,,en,I緩くグループあなたの心と私の心などが、,,en,前の文で気に,,en,彼らは完全に別の実体であります,,en,それ以上の不斉システムは、想像するのは難しいです,,en,私の知っているだけで心,,en,これまでを知っているであろう,,en,私自身です,,en,あなたの心は唯一の鉱山での存在を持っています,,en,だから、私の心の終焉は、文字通りあなたの心の終わりです,,en,そして実際に、すべての心,,en. The evidence for the world going on after our death is simple, too simple perhaps: We have seen people die; but we live on. Ergo, when we die, other people will live on. But you see, there is a profound difference between somebody else’s death and あなたの 死. We are thinking of death as the end of our consciousness or mind. Although I loosely group your mind and my mind as “私たちの” mind in the previous sentence, they are completely different entities. 実際には, a more asymmetric system is hard to imagine. The only mind I know of, and will ever know of, is my own. Your mind has an existence only in mine. So the demise of my mind is literally the end of your mind (and indeed all minds) も. 世界は私の死で終わりが来るん,,en,非常に論理的に,,en,論理かかわらず,,en,少しフォーマルなと説得力に欠けます,,en,これは、独我論の萌芽します,,en,のは、別の角度から問題にアプローチしてみましょう,,en,我々は、このエッセイで先に行ったように,,en,さんは夢を見眠りのように死を考えてみましょう,,en,あなたは、このような状態にある場合,,en,世界はあなたのために存在します,,en,私はこの質問への通常の応答を知っています,,en,もちろん、それが存在します,,en,あなたはそれを感じることができないという理由だけで,,en,それが存在しないことを意味するものではありません,,en,それが存在しています,,en,それは十分です,,en,誰,,en,これは,,en,それは知っています,,en,そこに本当の摩擦があります,,en,あなたは意識を持っているのをやめるたら,,en,それは感謝寝たり死亡すること,,en,あなたはすべてを体験する能力を失います,,en,何の存在も含めて,,en, quite logically.

This argument, though logical, is a bit formal and unconvincing. It smacks of solipsism. Let’s approach the issue from a different angle. As we did earlier in this essay, let’s think of death as dreamless slumber. If you are in such a state, does the world exist for you? I know the usual responses to this question: Of course it exists; just because you cannot feel it, doesn’t mean that it doesn’t exist. あなた 知っている it exists, and that is enough. 今, who is this あなた that knows?

Therein lies the real rub. Once you cease to have a consciousness, be it thanks to sleep or death, you lose the ability to experience everything, including the existence of anything (またはその欠如). 今, 我々は、通常のアプローチを取ると物事はあなたがそれを経験する独立した存在があることを主張することができます,,en,それは自然だろう,,en,二元的なビュー,,en,あなたと他のすべて,,en,あなたの経験とその物理的な原因,,en,原因と結果,,en,作用反作用,,en,あなたは二元的な世界観を疑うし始め、疑うたら、あなたの経験はあなたの意識の中にあること,,en,いわゆる物理的な原因は、あなたの認知構造であることを,,en,あなたは別の世界観に向けて滑りやすい斜面上にあります,,en,それは世界があなたの死の後に行くことを主張するために、任意の理にかなっている場合は真剣に疑う1,,en,世界は単なる夢であります,,en,死んだ男の夢は、おそらくどのような意味を作ることができます,,en; that would the natural, dualistic view — you and everything else, your experiences and their physical causes, cause and effect, action and reaction, 等々. Once you begin to doubt the dualistic worldview and suspect that your experiences are within your consciousness, and that the so-called physical causes are also your cognitive constructs, you are on a slippery slope toward another worldview, one that seriously doubts if it makes any sense to assert that the world goes on after your death.

The world is merely a dream. What sense could a dead man’s dream possibly make?