不作法シンガポール

我々シンガポール人は問題を抱えている. 私たちは不作法です, 彼らは言う. だから我々は適切なタイミングで適切な魔法の言葉を言うために自分自身を訓練し、ランダムな間隔で笑顔に. 我々はまだ時には不作法なビットとして出くわす.

私たちは弾丸をかむと音楽に直面している; 我々は失礼側のビットとすることができる — メディアによって普及pasticky恵みの西部規範により判断した場合. アジア文化の私たち自身の混合袋で判断したときしかし、私たちはあまりにもひどくしない, そのうちのいくつかのフレーズを考え “ありがとう” それはほとんどそれを口への侮辱であるように、正式な.

物事のアジアの方法の一つは、ミニ掃除機のような麺を食べることです. 私のこのシンガポールの友人は私やフランス語の同僚とボーッとしながら、ちょうどことをやっていた. 私はほとんど小さなノイズに気づいていない; 結局, 私は食事の最後に大声でburpsがホストへの賛辞と考えられている文化から来たんだ. しかし、私たちのフランス人の友人は非常に失礼とうんざり吸引作用を発見した, とその旨のフランス語のコメントをした (無視, もちろん, それは民間の言語で話すことによって人々を除外することは失礼であるという事実). 私はそれは失礼ではなかったことを彼に説明しようとした, それがここで行われていただけの方法, しかし無駄に.

本当の問題はこれです — 我々はラ·ハリウッドの恵みを発散できるように、私たちは物事の私たちの自然な方法の上に礼儀正しさの薄いベニヤを描くん? 恵みのこの種の薄さは、典型的なアメリカのスーパーでレジの店員の標準グリーティングではっきりとエコー: “方法’ yaは今日やって?” 予想される応答は、: “グッド, お元気ですか?” これに店員が言うことである, “グッド, 良い!” 最初 “グッド” おそらく彼の幸福の後にあなたの優雅な問い合わせに, 至福のあなたの完璧な状態での第二表現の満足度. 私は一度ばかを再生することを決定し、ユビキタスに応え “方法’ yaは「doinの?” バイ: “お粗末な男, 私の犬はただ死んだ。” 避けられないとはきはき応答だった, “グッド, 良い!” 我々は浅い恵みのこの種を必要がありますか?

グレースは、暗黙の社会的な言語の文法のようなものです. その発話の対応とは異なり, 社会的な道徳観の言語は、多言語主義を排除するようだ, 人生の他の規範のほとんど外国人嫌い拒否につながる. 我々は、すべての物事の我々の方法と私たちの世界観が唯一正しいものであると考えている. 当然すぎる, そうでなければ、私たちは私たちの信念を保持しないだろう, 我々はだろう? しかし, ますますフラット化とグローバル化する世界における, 私たちの価値観や美神は、多くの場合、外国人の基準で等級分けされているので、我々は少しエイリアン感じていますか.

すぐに, 我々はすべての世界的なメディアやエンターテイメントネットワークによって我々に定める基準に適合する日が来る. 私たちのアモルファス “方法’ yaは「doinの?”sと “グッド, 良い”sはその後処方箋と区別できないとなります.

私はその必然的な一日を考えるとき, 私は懐かしの痛みに苦しむ. 私はあまりの基準で判断した社会的な恵みのメモリを保持することを願って — 臆病な笑顔で表現感謝の, つかの間の視線で描か愛情, そして人生を定義している結合は無言のジェスチャーで伝え.

最終的に, 社会の集合的な恵みが判断される, ではない洗練された細かな点によって, それがどのように扱うかによって、その非常に古いと非常に若い. そして私は、私たち自身がそれらの前線に欠けて見つける始めている怖い. 私たちは、ストレスの膨大な量を通して私たちの幼児を置く, さらにストレスの多い生活のためにそれらを準備する, と無意識のうちに自分の子供の頃の彼らを奪う.

そして, 私は家を食べに私たちの後の洗浄ものおばさんとおじさんを見たとき, 私は恵みの私たちの欠如以上のものを参照してください。. 私は私の晩年に自分自身を参照してください。, 私に奇妙なくなって世界で疎外. それでは、笑顔を惜しまてみましょう, 我々は彼らを見るときとうなずきaはあなたに感謝 — 我々は自分自身にラインの下の数十年を恵みを示すこともできる.

コメント

2 thoughts on “Graceless Singaporean

  1. “すぐに, a day will come …”
    It is true that most of these courtesies are shallow, and not emerging from anywhere close to the heart, as you said, but aren’t there times when a real ‘thank youor a word of encouragement / gratitude wins hands down over a gesture to that effect (or the absence of one). There are people who cannot spare a smile for those who serve them, but a ‘Thank youcomes automatically, and the utterance at least dissolves the feeling that the services are taken for granted.
    そうは言っても, I agree to every line you’ve written here. Interesting blog, thought-provoking post.

コメントは受け付けていません.