カテゴリーアーカイブ: メールディベート

電子メールを介して、または自分のフォーラムでディベート

アンリアル·ユニバース — ジブラーンとのディスカッション

こんにちは再び,あなたは興味深い多くの疑問を提起. 私はそれらを一つ一つ答えてみましょう.

あなたは私たちから離れて移動物体の我々の観察は、SRまたはガリレオコンテキストのいずれかで同じに見えるだろうと言っている, したがって、これは、SRのために良いテストではありません.

私が言っていることは多少異なります. SRの座標変換である 派生 オブジェクトのみを後退し、レーダーのような往復光移動時間を使ってそれを検知することを検討. その後で 想定 したがって、派生変換法は、すべてのオブジェクトに適用されることを. 往復光移動が使用されるため、, 変換は、同様に接近する物体のために働く, ではなく他の方向に移動するもののために. But SR assumes that the transformation is a property of space and time and asserts that it applies to all moving (慣性の) 方向に関係なく、基準のフレーム.

私たちは少し深く行くと何その文手段自問する必要が, それは宇宙の性質について話をすることの意味. 私たちは、私たちの知覚のスペースから独立を考えることはできません. 物理学者は、一般的に私のこの出発点に満足していない. 彼らは私たちがそれを感知するとは独立に存在するものとしてスペースを考える. そして、彼らはSRは、この独立して存在する空間に適用されることを主張する. 失礼ですが同意できません. 私は、私たちの知覚入力に基づいて認知構築物としてのスペースを考える. スペースの私たちの知覚の原因である根本的現実があります. それは、宇宙のような何もないかもしれません, but let’s assume, 引数のために, 基本的な現実はガリレイ時空のようであること. どのようにそれを知覚することになる, 我々は、光を用いてそれを知覚することを考えると (光の片道, not two-way as SR assumes)? それは私たちの知覚空間は時間の遅れと長さの収縮とSRによって予測他のすべての効果を有することが判明した. だから私の論文は、基礎となる現実がガリレイ時空に従うことで、私たちの知覚空間は、SRのようなものに従う. (It is possible that if I assume that our perception uses two-way light travel, 私は、SR-のような変換を得ることができます. それは私たちがスターを知覚ように私には明らかなようですので、私は€™tのそれを行っhavenâ, 例えば, それからの光を感知するのではなく、少なくとも光を点滅させることにより。)

この論文は、T物理学者とよく座って€™をdoesnâ, 実際、ほとんどの人々と. 彼らは間違い “知覚的効果”Â錯視のようなものであると. 私のポイントは、より多くのスペース自体のように錯覚されている. あなたが夜空を見ると, あなたが見る星ではないことを知っている “リアル”あなたがそれらを見ているとき、彼らは存在しないという意味で、Â. これは、単に情報担体からである, すなわち光, 有限の速度を有する. 観察下で星が動いている場合には, その運動の私たちの知覚は同じ理由で歪んでいる. SRは動きの私達の認識を定式化する試みである. モーションと速度は空間と時間を混ぜ概念であるため, SRはオン動作しなければならない “時空連続。”SRので、Aは知覚的影響に基づいています, それは観測者を必要とし、彼がそれを感知するように運動を記述する.

しかし、あなたは実際にはない、単一の実験は遠くよりも、他の方向に移動するオブジェクトを用いて行われてきたと言っている? そして、何宇宙飛行士が宇宙に行くと地面にとどまったものよりも少ないの経過時間を示すクロックと返す時間の遅れの実験について? SRのアイデアが内在するこのサポートトンDoesn’?

実験は、常に理論に照らして解釈される. それは 常に モデルベースの​​解釈. 私はこれがあなたのための説得力のある議論ではないことを知っている, そう私はあなたに例を挙げてみましょう. 科学者たちは、特定の天体に超光速運動を観察している. 彼らは、天体の角速度を測定する, そして彼らは私たちからの距離のいくつかの見積もりを持っている, ので、速度を推定することができる. 我々はdid notの縮約形場合は€™tの死別SR, superluminalityのこの観察についての注目すべきものは何もないであろう. 我々は、SRを持っているので, 1は、見つけることがあります “説明”このためÂ. 説明はこれです: オブジェクトは、浅い角度で私たちに近づいたとき, それはその実際の速度よりも速くかなりで来るように見えることができます. こうして “リアル”ながらÂ速度はsubluminalです “見かけ上”Â速度が超光速かもしれ. 観察のこの解釈, 私の見解で, それは観察者に表示されるように、それが運動の記述であるSRの哲学的基礎を壊す.

今, ほとんど対称噴出物が対称天体でジェットに反対で見ているの他の観察があります. 被写体の距離が十分に大きい場合角速度はジェットの両方でsuperluminalityを示すことができる. Since the jets are assumed to be back-to-back, 1ジェットは、私たちに近づいている場合は、 (それによって私たちにsuperluminalityの錯覚を与える), 他のジェットはベット後退を持ち、超光速を表示されることはありません, ない限り、, もちろん, 基本的な動きが超光速である. この観察結果の解釈は、物体の距離がによって制限されるということである “事実” その本当の動きが超光速にすることはできません. これは私が解釈に基づく理論やモデルに開放されている実験によって何を意味するかである.

遅いというクロックを移動させる場合において, あなたが重力のない宇宙を見つけることができないので、それは決して純粋なSR実験です. ほかに, つのクロックを加速または減速する必要があり、GRが適用. そうでなければ, 昔から双子のパラドックスが適用される.

私が知っているEinstein’sの理論をサポートするために行われ、いくつかの実験が行われている, 重力による光の屈曲のような, しかし、あなたはそれらのすべてが一貫してあなたの理論によれば、再解釈することができると言っている? これがそうであれば, サオ€™sのダム驚くべき! 私は意味, あなたに悪気ない – youâの€™再明らかに非常に明るい個々, そしてあなたは私よりもこのようなものについて多くを知っている, しかしイア€™は、このようなものが右の物理学者をすり抜け方法に疑問を持っているdは’ のための指 100 年.

これらは、重力関連の質問であり、GRに該当. 私の “理論”€™をdoesnâÂtはGRまたは重力を全く再解釈しよう. 私は、逆引用符のために理論を置く, 私に, それは我々が見るものの区別と私たちの知覚の根本的な原因があることをむしろ明らか観察である. 関係する代数は物理学の水準では非常に簡単です.

あなたがその空間と時間の右だと仮定すると、実際にガリレオです, とSRの効果は、私たちの知覚の成果物であることを. どのようにしてマイケルソン - モーリーの実験の結果を説明する? 私はあなたの本の中でそれを説明しなかった場合ごめんなさい, それは私の頭の上に右の飛行しておく必要があります. それとも謎としてこれを残している, 今後の理論家が把握するための異常?

私は完全にMMXを説明していない, 多かれ少なかれ謎としてそれを残す. 私は説明が可動ミラーで反射されるか光にかかっていると思います, 私は本の中で指摘している. ミラーは、参照の私たちのフレームにVの速度で光源から離れて移動しているとします. 光は、c-vの速度でそれを打つ. 反射光の速度は何ですか? 反射の法則が成立しなければならない場合 (それは彼らが必要があることをすぐに明らかではありません), 反射光は、同様に品種の速度を有していなければならない. MMXがnullの結果が得られる理由を説明すること. でも、私は全体のことを働いていない. 私は意志, 私は私の一日の仕事を辞め、フルタイムの考え方に私の人生を捧げた後. :-)

私の考えは、アインシュタインの理論のすべての代替理論ではない. それは単にSRの一部の再解釈だ. アインシュタインの建物の残りの部分では、この座標変換部分の上に構築されているので, 私も自分の考えに基づいて、SRとGRの残りの一部再解釈があるだろうと確信している. 再び, これは後のためのプロジェクトです. 私の再解釈は、アインシュタインの理論が間違っていることを証明しようとする試みではない; 我々はそれを知覚するように私は単に彼らが現実のものに適用されることを指摘しておきたい.

全体の, それは価値があった $5 私はpayedする. よく読むいただきありがとうございます. Don’t take my questions as an assault on your proposal – 私はこれらの事について暗闇の中で正直だと私は絶対に光を切望 (彼彼). あなたが親切にあなたの空き時間にそれらに答えることができれば, 私はあなたとより多くのアイデアを共有してみたい. それは、このオフのようにクールなアイデアをバウンスする仲間の思想家を見つけることが良いことだ. 私は、PMあなた私は完全に本を終わりだよもう一度. 再び, それは非常に満足のいく読み取りでした.

感謝! 私は、あなたが私のアイデアや私の文章が好きなことをうれしい. 私はすべての批判を気にしない. 私はあなたの質問のほとんどの答えと思っている. そうでない場合, またはあなたが私の答えに反対する場合, ライトバック気軽に. 私たちはお互いに同意しない場合でも、これらの事についてチャットすることは常に喜び.

– 宜しくお願いします,
– Manojさん

What is Real? Discussions with Ranga.

This post is a long email discussion I had with my friend Ranga. The topic was the unreality of reality of things and how this notion can be applied in physics.

Going through the debate again, I feel that Ranga considers himself better-versed in the matters of philosophy than I am. I do too, I consider him better read than me. But I feel that his assumption (that I didn’t know so much that I should be talking about such things) may have biased his opinion and blinded him to some of the genuinely new things (私の考えでは, もちろん) I had to say. Nonetheless, I think there are quite a few interesting points that came out during the debate that may be of general interest. I have edited and formatted the debate for readability.

It is true that many bright people have pondered over the things I talk about in this blog and in my book. And they have articulated their thoughts in their works, probably better than I have in mine. Although it is always a good idea to go through the existing writings to “clear my head” (as one of my reviewers suggested while recommending David Humes), such wide reading creates an inherent risk. It is not so much the time it will take to read and understand the writings and the associated opportunity cost in thinking; it is also the fact that everything you read gets assimilated in you and your opinions become influenced by these brilliant thinkers. While that may be a good thing, I look at it as though it may actually be detrimental to original thought. Taken to the extreme, such blind assimilation may result in your opinions becoming mere regurgitation of these classical schools of thought.

ほかに, as Hermann Hesse implies in Siddhartha, wisdom cannot be taught. It has to be generated from within.

Ranga’s words are colored Green (または Blue when quoted for the second time).

Mine are in White (または Purple when quoted for the second time).

Mon, 5月 21, 2007 に 8:07 PM.

I’m, to different extents, familiar with the distinction philosophers and scientists make in terms of phenomenal and physical realities – from the works of Upanishads, to the Advaitas/Dvaitas, to the Noumenon/Phenomenon of Schopenhauer, and the block Universe of Special Relativity, and even the recent theories in physics (Kaluza and Klein). The insight that what we perceive is not necessarily what “です”, existed in a variety of ways from a long time. しかしながら, such insights were not readily embraced and incorporated in all sciences. There is a enormous literature on this in neuroscience and social sciences. そう, it is indeed very good that you have attempted to bring this in to physics – by recollecting our previous discussion on this, by reading through your introduction to the book in the website and understanding the tilt of your paper (could not find it in the journal – has it been accepted?). To suggest that there could be superluminal motion and to explain known phenomena such as GRBs through a quirk (?) in our perception (even in the physical instruments) is bold and needs careful attention by others in the field. One should always ask questions to cross “知覚” boundaries – in this case of course the speed of light.

しかしながら, it is quite inaccurate and superficial (私の考えでは) to think that there is some “絶対的な” reality beyond the “現実のもの” we encounter. While it is important to know that there are multiple realities for different individuals in us, and even different organisms, depending on senses and intellect, it is equally important to ask what reality is after all when there is no perception. If it cannot be accessed by any means, what is it anyway? Is there such a thing at all? Is Absolute Reality in the movement of planets, stars and galaxies without organisms in them? Who perceives them as such when there is nobody to perceive? What form do they take? Is there form? In applying philosophy (which I read just as deeper and bolder questions) to science (which I read as a serious attempt to answer those questions), you cannot be half-way in your methods, drawing imaginary boundaries that some questions are too philosophical or too theological for now.

While your book (the summary at least) seems to bring home an important point (at least to those who have not thought in this direction) that the reality we perceive is dependent on the medium/mode (light in some cases) and the instrument (sense organ and brain) we use for perceiving, it seems to leave behind a superficial idea that there is Absolute Reality when you remove these perceptual errors. Are they perceptual errors – aren’t perceptual instruments and perceptions themselves part of reality itself? To suggest that there is some other reality beyond the sum of all our perceptions is philosophically equally erroneous as suggesting that what we perceive is the only reality.

All the same, the question about reality or the lack of it has not been well incorporated into the physical sciences and I wish you the best in this regard.

Cheers
Ranga