タグ別アーカイブ: 倫理

ビジネスとリーダーシップで倫理

[This post is the speech given by Prof. Surya Sethi at World Forum for Ethics in Business – 国際リーダーシップシンポジウム月曜日, 4月 2, 2012 シンガポール. 許可を得てここに再現。]

私は、気候変動との関連や世界的なエネルギー危機の中、持続可能性のための信頼回復事業に関連する問題の広いスペクトルをカバーするために求められている. 重要なことには, 私はでそうするように求められている 10 私たちがしている都市国家の効率性を反映した分.

私は道徳的、倫理的価値とを区別することから始めてみましょう. 私は今朝聞いたものに基づいて, 道徳と倫理の間で若干の混乱があるように見える. 前者は個別の文字を定義し、善悪や良い面と悪い面の個人的な判断に基づいています. 後者は、本質的に基準や行動規範である, 特定の文脈で予想, 個人が属するグループから. 倫理は、一般的に社会的包含, 企業の, 国民, 専門家や他の同様の成形体. 個別に, 私たちは、道徳的に間違って殺すことを検討しかし数千人を殺害軍は倫理的とみなされ、多くの場合、共通の利益のために勇気の行為として飾られている.

ビジネス企業, 今日, 道徳的に直立個人が集合的に私たちは残忍と共有する惑星を殺していることにより、主に有人, 戦争のそれと一致する強さと速さ; 前例のない評価額と競争力の覇権を作成するための報わ結婚. 消費のための消費, 成長のための成長, 上記のすべてを維持する方針や政策立案者のための利益と支援のために利益がこれらの企業を導く倫理的価値である.

最後のオーバー地球の生態系への人為的な損傷 60 歳までの彼らの全体の歴史の中で人間がダメージを超える 1950. 物理間の微妙なバランス, 単一の相互依存のシステムとして地球を維持する化学的および生物学的プロセスを妨害されています. 地球は非常に少なくとも、以前の50万年間に展示さ彼女の自然変動の範囲外に移動しただけでなく. 地球のダイナミクスにおける非線形フィードバックによる急激な生態系の変化, 壊滅的な結果につながる, 今日現実の可能性あり. 倫理価格は決定されるべきであり、価格は市場によって決定されていない. アンダープライシング自然資本および付随するリスクを無視することは、消費ブームに拍車をかけている.

重要なことには, 成長, 消費と利点は一握りの特権階級に集中してきた. トップ 20% 世界が消費の 80% ボトムしばらくその出力の 80% バランスに住んでいる 20%. ボトム 20% 未満の消費量よりも悲惨な貧困の中で暮らして $1.25 そのようなこれらのグローバル不幸第三に家であるインドなどの国の名目セント単位でのPPP /日または約50cents /日. 所得貧困だけで行く, この悲惨なしきい値以下の生活を送って数がいくつかによって降りてくる 500 万人 - ほぼ完全なぜなら、中国の減少. しかしながら, そのような健康状態などのパラメータが含まれる広範な多次元貧困指数, 教育, 男女平等, アクセス, エンパワーメントなど. 約これらの極貧の人の割合をプッシュ 25% 世界人口の. 重要なことには, の世界の貧困ライン以下の人の数 $2 PPPの一日あたりの消費量は約で頑固に残る 2.5 億または約 36 % 人類の.

現代のエネルギー消費量は、人間開発指数と完全に相関している (HDI) それはまだ底を見逃さ 2.5 エネルギーに飢えたまま億. 一方 1.5 その中億, オーバーを含む 500 インド人, 電気へのアクセスがない, 2.2 10億, を含むいくつかの 850 インドからの人は、食品を調理するためのエネルギーの彼らの主なまたは唯一のソースとしてのバイオマスのいくつかのフォームを使用します –最も基本的な人間の必要性. より多くは、私たちがエネルギーの価格決定を行うたアクセスが拒否される, 地球最速の枯渇資源の一つ, その真の価値で. その主な理由は、裕福な別の継続不釣り合いな消費である.

OECD諸国, インドは世界最高の生活水準を楽しむよりも、少ない組み合わせ人口. まだ, 期間のOECDの増​​分商業エネルギー消費量 1997-2007 (金融危機の前に); た 3.2 インドの倍. この期間, 世界の商用エネルギー消費のインドのシェアは上昇したから 2.9% へ 3.6% OECDのシェアはから下落した 58% わずかに 50%. それは、世界最大のエネルギー消費国になったので、この低下は、単独で中国のシェアの成長によるものであった.

エネルギーの不均衡な消費は数字が明らかによりはるかに悪化している. グローバル化した世界では、, 大企業は、環境コモンズを含む安価な自然資本を求めてOECDの生産拠点のかなりの部分を移動させた, その貴重でも, 中国や発展途上国ではまだ無料で利用できます.

1は、その境界内に生産を消費ベースでの温室効果ガス排出量を見て、そうでない場合, その後、EU 15 排出量がアップすることである 47% 米国の排出量が上昇している 43% 以来 1990. EU-15の輸入が埋め込まれた排出量は約です 33% 国境内の排出量. これは、約に変換 3 エンベデッドの量で1人当たりCO2排出量のトーン. 埋め込まれた排出量は、米国の輸入です。 20% または約 4 トン/人 - で 2000, 米国とEU15の両方に埋め込まれた排出ガスの輸入のレベルのみであった 3% . 米国とEU-15のための輸入だけでは埋め込まれた排出量は二回あり、 1.6 インドの総一人当たりの温室効果ガス排出量のそれぞれ時刻.

私たちは大企業に言われているし、政策立案者がそれらによってサポートされている最大の嘘は、資源効率、持続可能性への答えであることである. 資源利用効率の大幅な向上にもかかわらず, 世界はこれまで以上に、今日より自然資本を消費していると私たちは、少なくともに自動操縦である 3.5 摂氏温暖化. IPCCは右である場合, これは近い将来に致命的なイベントや世界の貧困層の質量消滅を発揮します.

簡単に言うと, 消費と生産の電流パターン, 紳士淑女, 持続不可能である. そのような効率的なライトで学校や病院や緑の洗濯板の部屋を開くなどCSR活動は、単純に不十分である. また、不適切なその後、最初の影響や、単に単純な費用便益分析に基づく現行の規制を満たしているだけ金銭面で価値を見ているビジネスの考え方である

まず、化石燃料や自然資本の他の形態の私達の使用を制限した後、徐々技術革新に支えられクレードルパラダイムにクレ​​ードルにそれを減少させる政策の枠組みが必要. 当社の成長モデルは、数によって持続不可能な過剰消費が減少し、底にそれを再配布する包括的なものでなければならない 50% この世界の. しないでください, 私は、金持ちが貧しいことで貧困層を豊かにしようとしない - 私は単にボトムの権利を求める 50% 世界の消費によってもたらされる生命の尊厳を持っている 50% OECD内の貧困レベルの. 購買力平価ベースで世界第三位の経済大国となる現在の不平等 (インド) そのHDIの面で134番目に配置され、貧困層の世界最大濃度を有している, 栄養失調大人とアンダーウェイト子どもたちが持続不可能である.

悟りを開いたビジネスリーダーは、世代間の資源資本を保証する観点から持続可能性を定義するだけでなく、現在の世代内の不公平を除去し、それによって底に最小限の適応能力を提供しないという持続不可能を見なければならないだけでなく、 2.5 差し迫った突然の気候現象に直面した仲間の人間の十億.

締めくくりに, 私は言ったマハトマ·ガンジーを引用: "世界はすべての人のニーズを満たすのに十分でさえ一人の男の欲を満たすのに十分ではありませんがあります!"

私はあなたの時間と注意をありがとうございました.

二元論

After being called one of the トップ 50 philosophy bloggers, I feel almost obliged to write another post on philosophy. This might vex Jat who, while appreciating the post on my first car, was somewhat less than enthusiastic about my deeper thoughts. Also looking askance at my philosophical endeavors would be a badminton buddy of mine who complained that my posts on death scared the bejesus out of him. しかし, 私は何を言うことができる, I have been listening to a lot of philosophy. I listened to the lectures by Shelly Kagan on just that dreaded topic of death, and by John Searle (再び) on the philosophy of mind.

Listening to these lectures filled me with another kind of dread. I realized once again how ignorant I am, and how much there is to know, think and figure out, and how little time is left to do all that. Perhaps this recognition of my ignorance is a sign of growing wisdom, if we can believe Socrates. At least I hope it is.

One thing I had some misconceptions about (or an incomplete understanding of) was this concept of dualism. Growing up in India, I heard a lot about our monistic philosophy called アドヴァイタ. The word means not-two, and I understood it as the rejection of the Brahman and Maya distinction. To illustrate it with an example, say you sense something — like you see these words in front of you on your computer screen. Are these words and the computer screen out there really? If I were to somehow generate the neuronal firing patterns that create this sensation in you, you would see these words even if they were not there. This is easy to understand; 結局, this is the main thesis of the movie Matrix. So what you see is merely a construct in your brain; it is Maya or part of the Matrix. What is causing the sensory inputs is presumably Brahman. そう, 私に, Advaita meant trusting only the realness of Brahman while rejecting Maya. 今, after reading a bit more, I’m not sure that was an accurate description at all. Perhaps that is why Ranga criticized me long time ago.

In Western philosophy, there is a different and more obvious kind of dualism. It is the age-old mind-matter distinction. What is mind made of? Most of us think of mind (those who think of it, すなわち) as a computer program running on our brain. 言い換えると, mind is software, brain is hardware. They are two different kinds of things. 結局, we pay separately for hardware (Dell) and software (Microsoft). Since we think of them as two, ours is an inherently dualistic view. Before the time of computers, Descartes thought of this problem and said there was a mental substance and a physical substance. So this view is called Cartesian Dualism. (ところで, Cartesian coordinates in analytic geometry came from Descartes as well — a fact that might enhance our respect for him.) It is a view that has vast ramifications in all branches of philosophy, from metaphysics to theology. It leads to the concepts of spirit and souls, 神, afterlife, reincarnation etc., with their inescapable implications on morality.

There are philosophers who reject this notion of Cartesian dualism. John Searle is one of them. They embrace a view that mind is an emergent property of the brain. An emergent property (more fancily called an epiphenomenon) is something that happens incidentally along with the main phenomenon, but is neither the cause nor the effect of it. An emergent property in physics that we are familiar with is temperature, which is a measure of the average velocity of a bunch of molecules. You cannot define temperature unless you have a statistically significant collection of molecules. Searle uses the wetness of water as his example to illustrate emergence of properties. You cannot have a wet water molecule or a dry one, but when you put a lot of water molecules together you get wetness. 同様に, mind emerges from the physical substance of the brain through physical processes. So all the properties that we ascribe to mind are to be explained away as physical interactions. There is only one kind of substance, which is physical. So this monistic philosophy is called physicalism. Physicalism is part of materialism (not to be confused with its current meaning — what we mean by a material girl, 例えば).

あなたが知っている, インクルード trouble with philosophy is that there are so many isms that you lose track of what is going on in this wild jungle of jargonism. If I coined the word unrealism to go with my blog and promoted it as a branch of philosophy, or better yet, a Singaporean school of thought, I’m sure I can make it stick. Or perhaps it is already an accepted domain?

All kidding aside, the view that everything on the mental side of life, such as consciousness, thoughts, ideals etc., is a manifestation of physical interactions (I’m restating the definition of physicalism here, as you can see) enjoys certain currency among contemporary philosophers. Both Kagan and Searle readily accept this view, 例えば. But this view is in conflict with what the ancient Greek philosophers like Socrates, Plato and Aristotle thought. They all believed in some form of continued existence of a mental substance, be it the soul, spirit or whatever. All major religions have some variant of this dualism embedded in their beliefs. (I think Plato’s dualism is of a different kind — a real, imperfect world where we live on the one hand, and an ideal perfect world of forms on the other where the souls and Gods live. More on that later.) 結局, God has to be made up of a spiritual “substance” other than a pure physical substance. Or how could he not be subject to the physical laws that we, mere mortals, can comprehend?

Nothing in philosophy is totally disconnected from one another. A fundamental stance such as dualism or monism that you take in dealing with the questions on consciousness, cognition and mind has ramifications in what kind of life you lead (Ethics), how you define reality (Metaphysics), and how you know these things (Epistemology). Through its influence on religions, it may even impact our political power struggles of our troubled times. If you think about it long enough, you can connect the dualist/monist distinction even to aesthetics. 結局, Richard Pirsig did just that in his 禅とオートバイのメンテナンスのアート.

As they say, if the only tool you have is a hammer, all problems begin to look like nails. My tool right now is philosophy, so I see little philosophical nails everywhere.

あなたの人生を生きる方法

私は倫理の全体哲学学校は1目的にすぎない役割思う — 伝えるために私たちの生活を生きる方法を使用する. ほとんどの宗教はあまりにもそれを行う, いくつかのレベルで, と道徳とは何かを定義する. これらの処方や教えはいつも私を少し気に. 私は他の誰もが良好であり、何がないものを私のために決定させる必要があるのはなぜ? そして, 同様に, どのように私はあなたにこれらのことを伝えることができます?

そのような予約にもかかわらず, 私はあなたの人生を生きる方法についてのこの記事を書くことにした — 結局, これは 私のブログ, と私は私が欲しいものを投稿することができます. だから、今日, 私は良い人生を導く方法について話します. まず最初に、何を定義することです “良い” です. 我々は良い何かを呼び出すときに我々は何を意味しています? 私たちは、明らかに私たちは別の人や物に適用する場合、同じ単語によって異なる属性を参照してください。, 良い女の子は良い素人とは非常に異なっている理由である. One “良い” 他の中に道徳を指し, ある意味で、パフォーマンスへ. そのような人生としてすでに漠然とした何かに適用された場合, “良い” 実用的に何も意味することができます. その意味で, 人生の文脈で良い言葉を定義することは良い生活をリードする方法を定義すると同じです. それでは良い人生のいくつかの潜在的な定義をしてみましょう.

レースのように人生のみましょう最初のシンクタンク — このビューは、私たちが住んでいるこれらの問題を抱えた時代に、ある通貨を楽しんでいますので、物質的な富を蓄積するためのレース. このビュー, それは言っている必要があり, 唯一の一時的な流行である, どんなにそれが今どのように見えるか定着し. これは、全体のヒッピー世代が前の世代の材料快適さのために別の根強いドライブに反抗していることだけで約50年前だった. 続いかすん年間で, 唯物ビューは復讐に戻ってバウンスし、私たちすべての人質を取った. MadoffsとStanfordsのひわいな言葉でその集大成した後、, と無数の, その種類の少ない有害な寄生虫, 私たちは別の振り子スイングの初期段階で、おそらくです. この投稿は、おそらく、このスイングの反映である.

レースのようなとのトラブル, 人生の競争力や闘争ビューは勝利は常に敗者に勝利への空と苦いようだということです. それは本当にすべてで勝利についてではありません, which is why the Olympian sprinter who busted up his knee halfway through the race hobbled on with his dad’s help (そしてそれはレースを見ている人を動かした理由). The same reason why we read and quote the Charge of the Light Brigade. それは勝つことはなかった. そして、人生のフィッティングパラダイムは、そのレースになることができない理由の背後にある深い理由がある, これは生命が最終的に勝ち取れないレースであるということである. 人生の目的は、少し長く生きることである場合 (進化生物学は私たちを教えている), 私たちが死ぬときに我々は、すべて失敗します. すべての私たちの周りの生活のボレーと雷鳴の試練と苦難を持つ, 我々はまだ上に乗る, なぜ推論なし, 私たちの特定の最後まで上. Faced with such a complete and inevitable defeat, 私たちの人生はただ勝つことはできません.

私たちは、それは我々が栄光のいくつかの種類であるか、後にあるべきと思うかもしれない. 人生は死の間または後に栄光につながる場合, それは多分ある (またはでした) 良い生活. グローリーは、パブリックである必要はありません, 政治家や有名人と人気の栄光; それは小さいかもしれない 個人的な栄光, のように、 良い思い出 私たちは私たちの愛するものに残す.

思い出したことの生活に値する何を行います? 栄光はどこから来るのか? それはどこのために, それは、人生良い人生になるだろうものです. 私は、答えは私たちが生活の中で少し物事を行うもので、品質にあると思います. 大きなもので完璧はその後に続く. あなたは完璧な絵を描くにはどうすればよい? 簡単に, 単に最初完璧で、次に何を描く. そして、あなたは完璧な人生をどのように住んでいますか? 簡単に再び. ただ、すべてにおいて完璧である, 特にささいなこと, あなたが行うことを. 生活のためにあなたが今やるささいなことの一連に他ならない, 今と今.

Image By Richard Caton Woodville, Jr. – Transferred from en.wikipedia to Commons by Melesse using CommonsHelper., Public Domain