タグ別アーカイブ: 子どもたち

Why Have Kids?

At some point in their life, most parents of teenage children would have asked a question very similar to the one Cypher asked in Matrix, “なぜ, oh, why didn’t I take the blue pill?” Did I really have to have these kids? 誤解しないでください, I have no particular beef with my children, they are both very nice kids. ほかに, I am not at all a demanding parent, which makes everything work out quite nicely. But this general question still remains: Why do people feel the need to have children?

続きを読む

タフな愛のもう一つのペンの物語

私の好きな​​叔父は私にペンを与えた後は. このおじさんは、その時点でのインド軍兵士だった. 兵士たちは、毎年かそこら数ヶ月のカップルのための家に帰るために使用, そして大家族でみんなに贈り物をする. 全部約権利意識がありました, そしてそれは、彼らはおそらく同様に背中に何かを与えることができるギフトの受験者もよらなかった. 過去数十年の間に, 物事が変更され. ギフトの受験者は、リッチ周り群がるだろう “メキシコ湾 Malayalees” (中東でのケララ州の住民の出稼ぎ労働者) それによって深刻な貧困兵士の社会的地位を減少.

とにかく, 私は私の叔父から得たこのペンは、クレストと呼ばれるブランドのハンサムなマットゴールドの標本だった, おそらくヒマラヤのふもと中国の国境を越えて密輸し、私の叔父が調達. 私は私のこのとっておきのかなり自慢していた, 私が推測するように私は後年にすべての私の所有物だった. しかし、ペンはそんなに長くは続かなかった — それは私が夏に試験中に机を共有しなければならなかった人と年上の少年が盗まれてしまった 1977.

私は損失によって荒廃していた. それよりももっと, 私は彼女がそれに親切に取るつもりではなかったことを知っていたために私の母が知らせるの恐怖だった. 私はもっ​​と注意すべきだったと思うし、すべての回で私の人物のペンを保っ. 案の定, 私の母は、彼女の兄弟からのこのギフトの損失で怒りに激怒した. タフな愛の支持者, 彼女はペンを探しに行くために私に言った, そしてそれなし戻りません. 今, それは危険な動きだった. どのような私の母は感謝していなかったことは、私は、文字通り、ほとんどのディレクティブを取ったということでした. 私はまだしている. 私は絶望的な誤ったに出たときには、すでに夕方に遅かった, そしてそれは私がすることになっていなかったので、私は全然戻ってきたとは考えにくいた, しないペンなしで.

私の父は数時間後に帰宅, イベントの変わり目にショックを受けた. 彼は確かにタフな愛を信じていなかった, それどころか. それとも、彼は私の文字通りの処分の感覚を持っていた, その被害にあった 前の. とにかく, 彼は私を探して来て、私が私がロックの学校の周りにあてもなく家からいくつかの10キロをさまよって発見.

子育てはバランスをとる行為である. あなたはタフな愛を行使しなければならない, あなたの子供は人生の後半で厳しい世界のために準備されるべきではないないように. あなたの子供が感情的に安心できるように、あなたにも愛と愛情を示さなければならない. あなたは耽溺したことなく、あなたのあなたの子供のために提供しなければならない, またはあなたはそれらを損なう終わるだろう. あなたが成長し、彼らに自由とスペースを与える必要が, しかし、あなたは取り外され、冷淡になってはならない. 非常に多くの寸法上の右ピッチにあなたの行動を調整すると、マスターに難しい芸術子育て作るものです. 何それは本当に怖いなりすれば、それは1つだけのショットを取得するという事実である. あなたはそれが間違って取得する場合, あなたのエラーの波紋は、あなたが想像できるよりもずっと長い続くことが. 私は彼と一緒に怒って得たときに一度, 私の息子 (彼の6年よりもはるかに賢いその後) 私は慎重でなければならなかったと言ってくれました, 彼は彼の子供の道を治療することになるために、私は彼を治療. しかし、その後、, 私たちは既にこれを知っている, 私たちにはありません?

私の母は容赦のない現実の世界のために私を準備しなかった, そして私の父は私の中で十分な優しさを育ん. 組み合わせは、おそらくあまりにも悪いことではありません. しかし、私たちはすべてしたいと思い 私たちの親よりももっと良いもの. 私の場合, 私は私の子供の私に振る舞いや治療を調節するために簡単なトリックを使用. 私は言った、治療の受信端で自分を想像しよう. 私はのためにuncared感じたり不当に扱わなければならない場合には, 動作は、微調整が必​​要である.

それは通常、事実の後に来るので、このトリックは、すべての時間を動作しません. まず、状況に応じて行動する, 私たちは合理的な費用便益分析を行うための時間を持って前に. 右のそれを行うための別の方法がなければならない. それは忍耐と優しさの多くを開発するだけの問題であるかもしれ. あなたが知っている, 場合がございます 私は私の父に尋ねることがしたい.

物理学対. ファイナンス

Despite the richness that mathematics imparts to life, it remains a hated and difficult subject to many. I feel that the difficulty stems from the early and often permanent disconnect between math and reality. It is hard to memorize that the reciprocals of bigger numbers are smaller, while it is fun to figure out that if you had more people sharing a pizza, you get a smaller slice. Figuring out is fun, memorizing — not so much. Mathematics, being a formal representation of the patterns in reality, doesn’t put too much emphasis on the figuring out part, and it is plain lost on many. To repeat that statement with mathematical precision — math is syntactically rich and rigorous, but semantically weak. Syntax can build on itself, and often shake off its semantic riders like an unruly horse. もっと悪い, it can metamorphose into different semantic forms that look vastly different from one another. It takes a student a few years to notice that complex numbers, vector algebra, coordinate geometry, linear algebra and trigonometry are all essentially different syntactical descriptions of Euclidean geometry. Those who excel in mathematics are, I presume, the ones who have developed their own semantic perspectives to rein in the seemingly wild syntactical beast.

Physics also can provide beautiful semantic contexts to the empty formalisms of advanced mathematics. Look at Minkowski space and Riemannian geometry, 例えば, and how Einstein turned them into descriptions of our perceived reality. In addition to providing semantics to mathematical formalism, science also promotes a worldview based on critical thinking and a ferociously scrupulous scientific integrity. It is an attitude of examining one’s conclusions, assumptions and hypotheses mercilessly to convince oneself that nothing has been overlooked. Nowhere is this nitpicking obsession more evident than in experimental physics. Physicists report their measurements with two sets of errors — a statistical error representing the fact that they have made only a finite number of observations, and a systematic error that is supposed to account for the inaccuracies in methodology, assumptions etc.

We may find it interesting to look at the counterpart of this scientific integrity in our neck of the woods — 量的金融, which decorates the syntactical edifice of stochastic calculus with dollar-and-cents semantics, of a kind that ends up in annual reports and generates performance bonuses. One might even say that it has a profound impact on the global economy as a whole. Given this impact, how do we assign errors and confidence levels to our results? To illustrate it with an example, when a trading system reports the P/L of a trade as, 言う, seven million, それは $7,000,000 +/- $5,000,000 or is it $7,000, 000 +/- $5000? The latter, 明らかに, holds more value for the financial institution and should be rewarded more than the former. We are aware of it. We estimate the errors in terms of the volatility and sensitivities of the returns and apply P/L reserves. But how do we handle other systematic errors? How do we measure the impact of our assumptions on market liquidity, information symmetry etc., and assign dollar values to the resulting errors? If we had been scrupulous about error propagations of this, perhaps the financial crisis of 2008 would not have come about.

Although mathematicians are, 一般に, free of such critical self-doubts as physicists — precisely because of a total disconnect between their syntactical wizardry and its semantic contexts, 私の考えでは — there are some who take the validity of their assumptions almost too seriously. I remember this professor of mine who taught us mathematical induction. After proving some minor theorem using it on the blackboard (yes it was before the era of whiteboards), he asked us whether he had proved it. We said, 確認してください, he had done it right front of us. He then said, “Ah, but you should ask yourselves if mathematical induction is right.” If I think of him as a great mathematician, it is perhaps only because of the common romantic fancy of ours that glorifies our past teachers. But I am fairly certain that the recognition of the possible fallacy in my glorification is a direct result of the seeds he planted with his statement.

My professor may have taken this self-doubt business too far; it is perhaps not healthy or practical to question the very backdrop of our rationality and logic. What is more important is to ensure the sanity of the results we arrive at, employing the formidable syntactical machinery at our disposal. The only way to maintain an attitude of healthy self-doubt and the consequent sanity checks is to jealously guard the connection between the patterns of reality and the formalisms in mathematics. And that, 私の考えでは, would be the right way to develop a love for math as well.

数学とパターン

Most kids love patterns. Math is just patterns. So is life. 数学, 従って, is merely a formal way of describing life, or at least the patterns we encounter in life. If the connection between life, patterns and math can be maintained, it follows that kids should love math. And love of math should generate an analytic ability (or what I would call a mathematical ability) to understand and do most things well. 例えば, I wrote of a connection “間に” three things a couple of sentences ago. I know that it has to be bad English because I see three vertices of a triangle and then one connection doesn’t make sense. A good writer would probably put it better instinctively. A mathematical writer like me would realize that the word “間に” is good enough in this context — the subliminal jar on your sense of grammar that it creates can be compensated for or ignored in casual writing. I wouldn’t leave it standing in a book or a published column (except this one because I want to highlight it.)

My point is that it is my love for math that lets me do a large number of things fairly well. 作家として, 例えば, I have done rather well. But I attribute my success to a certain mathematical ability rather than literary talent. I would never start a book with something like, “It was the best of times, it was the worst of times.” As an opening sentence, by all the mathematical rules of writing I have formulated for myself, this one just doesn’t measure up. Yet we all know that Dickens’s opening, following no rules of mine, is perhaps the best in English literature. I will probably cook up something similar someday because I see how it summarizes the book, and highlights the disparity between the haves and the have-nots mirrored in the contrasting lead characters and so on. 言い換えると, I see how it works and may assimilate it into my cookbook of rules (if I can ever figure out how), and the process of assimilation is mathematical in nature, especially when it is a conscious effort. Similar fuzzy rule-based approaches can help you be a reasonably clever artist, employee, manager or anything that you set your sights on, which is why I once bragged to my wife that I could learn Indian classical music despite the fact that I am practically tone-deaf.

So loving math is a probably a good thing, in spite of its apparent disadvantage vis-a-vis cheerleaders. But I am yet to address my central theme — how do we actively encourage and develop a love for math among the next generation? I am not talking about making people good at math; I’m not concerned with teaching techniques per se. I think Singapore already does a good job with that. But to get people to like math the same way they like, 言う, their music or cars or cigarettes or football takes a bit more imagination. I think we can accomplish it by keeping the underlying patterns on the foreground. So instead of telling my children that 1/4 is bigger than 1/6 なぜなら 4 is smaller than 6, I say to them, “You order one pizza for some kids. Do you think each will get more if we had four kids or six kids sharing it?”

From my earlier example on geographic distances and degrees, I fancy my daughter will one day figure out that each degree (or about 100km — corrected by 5% そして 6%) means four minutes of jet lag. She might even wonder why 60 appears in degrees and minutes and seconds, and learn something about number system basis and so on. Mathematics really does lead to a richer perspective on life. All it takes on our part is perhaps only to share the pleasure of enjoying this richness. 少なくとも, that’s my hope.

数学の愛

あなたは数学を愛している, あなたはオタクです — あなたの将来のストック·オプションと, しかし、誰のチアリーダーん. だから数学を愛する子供を得ることは疑わしい贈り物です — 私たちは本当に彼らに好意をやっている? 最近, 私の非常に置か友人はそれに見て私に尋ねた — 単に数学に興味の子供のカップルを取得など, しかし、国の一般的な教育の努力として. それは一般的な現象になると, 数学whizkidsとして社会的受容と人気の同じレベルを楽しむことがあります, 言う, 選手やロックスター. 希望的観測? かもしれ…

私は数学が好きだった人たちの間で常にだった. 私は私の友人の一人は、物理学の実験中に、長い乗算と除算を行うだろう、私の高校時代を思い出す, 私は、対数を検索するために別の友人と提携し、最初の男をビートにしようとするだろうしながら、, 誰がほとんど常に勝った. それは本当に勝った問題ではありませんでした; 私たちはティーンエイジャーとしてそのようなデバイスのゲームは、おそらくチアリーダーレス未来をportendedだろうという単なる事実. それが判明したように, ロング乗算男は中東で非常に置く銀行家であることが育った, 彼の才能にはないチアリーダー恐怖症のは間違いのおかげません, 数学phelic種類.

私はIITに移動した場合には, この数学おたくっぽさは全く新しいレベルに達し. でも、IITの空気に浸透し、一般的なおたくっぽさの中, 私は際立っていた男のカップルを覚えている. がありました “不正な” また私の処女カワセミに私を導入する怪しげな名誉を持っていた人, そして “痛み” 非常に苦しそうに話ぶりだろう “明らかYaar!” とき、私たち, あまりオタク, 容易に数学的なアクロバットの彼の特定の行に従うことができなかった.

私たちのすべては、数学への愛を持っていた. しかし, それがどこから来たの? そして、どのように世界で私はそれの一般的な教育ツールになるだろう? 1子供に愛の数学を付与することはそれほど難しいものではありません; あなたはそれを楽しくする. 私は私の娘の周り運転していた他の日, 彼女はいくつかの形を説明した (祖母の額に、実際のバンプ) ハーフボールなど. 私はそれが実際に半球であったことを彼女に言った. それから私たちは南半球に行っていたことを彼女に強調表示 (ニュージーランド) 私たちの休暇翌日の, ヨーロッパに比べて地球の反対側に, それが夏だった理由だった. そして最後に, 私はシンガポールは、赤道上にあった彼女に言った. 私の娘は人を修正するのが好き, 彼女は言った, ない, そうではありませんでした. 私たちが話したことを彼女に告げた 0.8 赤道の北度 (私は私が正しかった願っています), と私の口を見た. 私は円の円周が何であったか彼女に尋ねた, そして地球の半径は約6000キロだったことを彼女に言った, 私たちは約80キロ、赤道の北にあったことを働いた, その地球の周りを大きな円を36000キロに比べて何もなかった. その後、私たちは作った働いた 5% 円周率の値に近似, そう正しい数は約84キロだった. 私たちは別のものを作ら彼女に言ったかもしれない 6% 半径上の近似, 数は、90キロのようになる. 彼女はこれらのことをうまくするのは楽しかった. 私は数学のための彼女の愛は少し拡張されて空想.

写真: Dylan231

どのように良い親になる

私は私の子供を育てたかを振り返ってみる (または, どのように私はそれをやっている, 彼らはまだ子供であるために), 私は親としてされているどのように良いについての複雑な気持ちをしている. 全体の, 私はまともだった, やや平均を上回る, 私は推測する. しかし、私は確かにそれは良い親であることの意味について強い意見を形成している. 私は、彼らはそれで有用な何かを見つけることを期待して、私の若い読者と私の考えを共有したい.

ほとんどのものでは行っておりませ, フィードバックがあります, 私たちは自分自身を向上させるフィードバックを使用することができます. 例えば, 私たちは仕事で不十分行う場合, 私たちのボーナスや給料が苦しむ, 私たちはすることができます, 私たちがしたい場合は、, 状況を改善するのは難しいか賢く働く. 子供たちとのお取り引きで, フィードバックは非常に微妙な、あるいは存在しない. 私たちはそれをキャッチすることは非常に敏感で観察力でなければならない. 例えば, 私の娘は、古い年未満だったとき, 私が仕事から遅く帰ってきたとき、彼女はアイコンタクトをしないということに気づいたとき、または、彼女の母親が出張から帰ってきた. この日まで, 私はそれが彼女の部分に不満の発現であったことを完全に確認していない, または鉱山での奇抜な想像力.

子どもたちは自分の考えを明確にするのに十分古い場合でも、, 彼らは私たちをどのように判断するかわからないので、そのフィードバックは、多くの場合、存在しないと微妙です, 両親. あなたが参照してください。, 彼らは物差しを持っていない, 私たちの子育ての資質を評価することによって全く規格ません. 私たちは、彼らがこれまでになります唯一の親であり、, すべての私たちの愚行のために, 彼らは私たちを持つ任意の欠陥を見つけることは非常に困難です。. だから私たちは、はるかに高い標準まで測定する必要があります — 私たち自身の.

この無声フィードバックと相まって私たちの小さなunfairnessesが私たちの子供たちの小さな心に与えることを不公平の巨大な感がある. ディケンズは、彼の本の1で述べたように, 小さな不正は、子供の小さな世界で大きな織機. (私は彼が多くの方にそれを置くと確信しています; 私が意訳しています。) 私たちは、苦労と綿密に公正私達の子供を持つことの必要性を感謝しなければなりません. 私は公正であることについて話していないです 間に 子どもたち, しかし、間 米国 子. あなたがによって生きることを望んでいない規則にそれらを保持しないでください. これらのルールを小さくすることができます — 食べながらのようなテレビを見ていません. あなたはあなたの夕食にあなたのテレビのような場合, 子供たちは食卓に固執することを期待しないでください. 彼らは、私たちは何をすべきか, 常にではない私たちが言うこと.

実際には, 私たちの習慣や癖を模倣することは私たちのために彼らの魅力の一部である. 自然と育成することで, 子供たちは、私たちのルックスとアクションをミラー. 私たちは鏡に見て、それについて文句を言う何が気に入らない場合, 私たちはしばしば間違ったツリーを吠えている. 画像を改善するために, 私たちは自分自身を向上させるために持っている. 当社は、整合性と誠実さの高レベルにまで生きていかなければならない. 他に何の作品.

親のための別の本質的な美徳である 忍耐. 今日の多忙な世界では, 思考の何千と心配し、気晴らしにすべての私達の注意を争います, あることを常に取っ組み合いです, 例えば, 良いブロガー, 良き企業プレーヤー, 良い配偶者と, 同時に, 良い親. このうち一つの方法は、私たちの子育てのカルマのための質の一定の時間を捧げることです. これは、この記事で唯一の実用的なアドバイスであってもよいです — 今注意を払います. 半時間を置いておきます (または任意の時間のことができます。) あなたの小さなもののために毎日. この時間の間に, あなたの子供あなたの専念を集中. いいえテレビはありません, 全くインターネットありません, 何の電話はありません — あなたとあなたの子供のみ. あなたは、かなり定期的にそれを行うことができる場合, あなたがなくなっているの後にあなたの子供は、長い時間のためにあなたを覚えているだろう.

子供たちは私たちの遺産であります. 彼らは、私たちが残すものです. そして、彼らは、, いろいろな意味で, 私たち自身の反射 — 私たちの小さな加え, 永遠の白い輝きを染色し、多くの色のガラスのドームで色ガラスの小さな断片. 我々はできる限り完璧として反射を残してみましょう.

私はこの記事で行ったすべてのsermonizingについてもう一度考えます, 私はそれが良い親であることにそれほど特異的ではないことを見つけます. それは良い人であることについてもっとあります. 私は、彼らが言うことを推測します (物事を見ての禅のように) 真であります — あなたは完璧な絵をどのように描くか? 完璧にしてからちょうどペイント. どのように良い親になるために? 良い, した後、親になる! 善は、完成度の静けさと平和さえで発生 “悪い” 物事は良いです. このステートメントは、このポストを巻きするのに十分な、おそらく神秘です.

経済学の質問

To all the MBA and Economics types out there, I have one simple question. For some of us to be wealthy, is it necessary to keep some others poor?

I asked an economists (というより, an economics major) this question. I don’t quite remember her answer. It was a long time ago, and it was a party. 私は酔っていたかもしれ,,en,私は彼女が孤立した島でアイスクリーム工場について何かを言って覚えていますか,,en,私は答えは私たちのすべてが同時に豊かに得ることができるということだったと思います,,en,しかし、私は今、疑問に思います,,en,不平等は、現代の経済の特徴となっています,,en,それは同様に古代の国の特徴だったかもしれ,,en,私たちは、おそらく任意のより良いことがありませんでした,,en,しかし、現代のグローバル化は不平等で私たちの各はるかに加担してきました,,en,私は私の貯金や退職金口座に入れてすべてのドルはどこかにいくつかの巨大な金融取引で終わります,,en,回でさえへの追加,,en,食糧不足,,en,私はガスポンプや光をオンにするたびに,,en,私たちは私たちの周りを参照残酷な不平等にビットを追加します,,en,大企業は、これらの日悪役として浮上しています,,en. I do remember her saying something about an ice cream factory in an isolated island. I guess the answer was that all of us could get richer at the same time. But I wonder now…

Inequality has become a feature of modern economy. May be it was a feature of ancient economies as well, and we probably never had it any better. But modern globalization has made each of us much more complicit in the inequality. Every dollar I put in my savings or retirement account ends up in some huge financial transaction somewhere, at times even adding to the food scarcity. Every time I pump gas or turn on a light, I add a bit to the cruel inequality we see around us.

Somehow, big corporations are emerging as the villains these days. これは、企業のメガマシン内のすべての小さなコグ顧客への利害関係者から不思議です,,en,潔白まともな人々のように見えます,,en,おそらく、魂,,en,企業が自分の命を取られ、彼らが繁栄するように見える厳しい不等式の面で肉の彼らのポンドを要求し始めたし、我々が一緒に暮らすことを余儀なくされてきている顔のないエンティティ,,en,少なくとも、これらは、私は、高エネルギービスケットのわずかな助けるため警棒や石の壁を勇敢に立ち向かう小さな衰弱コンゴ人の子供たちの悲痛なシーンを見ていた私の考えでした,,en,私のエアコンに座っ,,en,その悲劇的な窮状上で、私の正義の怒りを表明,,en,私は彼らの不幸の無邪気なアム,,en,エコノミスト,,en,肉のポンド,,en,悲劇的な窮状,,en,ロジック,,fr,ブログすることが私のフランス語redactionsの最後,,en (あなたと私) seem blameless decent folks. Perhaps the soulless, faceless entities that corporations are have taken a life of their own and started demanding their pound of flesh in terms of the grim inequalities that they seem to thrive on and we are forced to live with.

At least these were my thoughts when I was watching heartrending scenes of tiny emaciated Congolese children braving batons and stone walls for a paltry helping of high energy biscuits. Sitting in my air-conditioned room, voicing my righteous rage over their tragic plight, 私は疑問に思う… Am I innocent of their misfortunes? Are you?