時間の問題

私たちは、同じ息で、空間と時間の話が、,,en,彼らは多くの点でかなり異なっています,,en,スペースはすべて私たちの周りの私たちが感じるものです,,en,我々はそれを参照してください,,en,その中のオブジェクト,,en,我々はそれを私たちの手を動かすことができます,,en,そして私たちは膝をしようとした場合と同じスペースを占有することを知っています,,en,コーヒーテーブル,,en,傷つけるために起こっています,,en,私たちは宇宙の私達の概念に感覚相関を持っています,,en,視力の私たちの最も貴重な感覚から始まります,,en,時間,,en,直接的な感覚バッキングを持っていません,,en,この理由のため,,en,それはそれ以上のグリップを得るためには非常に困難になります,,en,私たちは、変化と運動を介して間接的にそれを感知します,,en,しかし、変化と運動の概念を使用して時間を定義するために愚かなことでしょう,,en,彼らはすでに、時間の概念が含まれているため,,en,定義は、環状だろう,,en,仮定すると、,,en,今のところ,,en,何の定義が必要ではないこと,,en, they are quite different in many ways. Space is something we perceive all around us. We see it (rather, objects in it), we can move our hand through it, and we know that if our knee tries to occupy the same space as, 言う, the coffee table, it is going to hurt. 言い換えると, we have sensory correlates to our notion of space, starting from our most precious sense of sight.

Time, 他方では, has no direct sensory backing. And for this reason, it becomes quite difficult to get a grip over it. 時間とは何ですか? We sense it indirectly through change and motion. But it would be silly to define time using the concepts of change and motion, because they already include the notion of time. The definition would be cyclic.

Assuming, for now, that no definition is necessary, let’s try another perhaps more tractable issue. Where does this strong sense of time come from? I once postulated that it comes from our knowledge of our demisethat questionable gift that we all possess. All the time durations that we are aware of are measured against the yardstick of our lifespan, perhaps not always consciously. I now wonder if this postulate is firm enough, and further ruminations on this issue have convinced me that I am quite ignorant of these things and need more knowledge. Ah.. only if I had more time. 🙂

どんな場合でも, even this more restricted question of the origin of time doesn’t seem to be that tractable, 結局. 物理学では、時間を持つ別の深い問題を抱えています,,en,これは、方向性に関係しています,,en,時間が方向を持っている理由は簡単に説明することはできません,,en,矢印,,en,この矢印は、物理的相互作用を支配する基本法則で自分自身を提示していません,,en,物理学のすべての法律は時間が可逆的です,,en,重力の法則,,en,電磁気や量子力学では、すべての時間反転に対して不変です,,en,彼らは前方または後方に行く時間と同じに見えます,,en,そこで、彼らは、我々は時間の矢を体験する理由として何の手掛かりを与えません,,en,私たちは、その時間を知っています,,en,我々はそれを経験として,,en,方向性であります,,en,私たちは、過去を思い出すことができます,,en,ではなく、将来,,en,私たちが今やっていることは、将来に影響を与えることができます,,en,ではなく、過去,,en,我々は後方ビデオテープを再生した場合,,en,一連のイベント,,en,花瓶のために一緒に来てガラスの破片のような,,en,私たちに面白い見ていきます,,en. It has to do with the directionality. It cannot easily explain why time has a direction — an arrow, 言ってみれば. This arrow does not present itself in the fundamental laws governing physical interactions. All the laws in physics are time reversible. The laws of gravity, electromagnetism or quantum mechanics are all invariant with respect to a time reversal. すなわち, they look the same with time going forward or backward. So they give no clue as to why we experience the arrow of time.

まだ, we know that time, as we experience it, is directional. We can remember the past, but not the future. What we do now can affect the future, but not the past. If we play a video tape backwards, the sequence of events (like broken pieces of glass coming together to for a vase) will look funny to us. しかしながら, 私たちは、太陽系内の惑星の動きをテープで止めた場合,,en,または原子における電子雲,,en,そして、物理学者に後方にそれを果たしました,,en,物理法則は可逆的であるので、彼は、配列中に面白いものを見つけられないでしょう,,en,物理学は、時間の矢統計コレクションの緊急財産とみなし,,en,この時間の熱力学的な説明を説明するために、,,en,我々はいくつかのドライアイスを置く空の容器を考えてみましょう,,en,その後しばらくして,,en,私たちは、コンテナ内の二酸化炭素ガスの均一な分布を見ることを期待します,,en,一度広がります,,en,私たちは、容器内の気体が固体のドライアイスの中に凝固することを期待しないでください,,en,どんなに長い間、我々は待ちます,,en,コンテナ内に均一に拡散CO2の映像は自然なものです,,en,後方プレイ,,en, or the electron cloud in an atom, and played it backward to a physicist, he would not find anything funny in the sequences because the physical laws are reversible.

Physics considers the arrow of time an emergent property of statistical collections. To illustrate this thermodynamic explanation of time, let’s consider an empty container where we place some dry ice. After some time, we expect to see a uniform distribution of carbon dioxide gas in the container. Once spread out, we do not expect the gas in the container to coagulate into solid dry ice, no matter how long we wait. The video of CO2 spreading uniformly in the container is a natural one. Played backward, それは時間の矢の我々の感覚に違反しているため、コーナーで固体のドライアイスに凝結コンテナ内のCO2ガスのシーケンスは、私たちに自然に見えるではないでしょう,,en,容器内のCO2の見かけの均一性は、我々はそこに配置され、ドライアイスの統計的に有意な量のためであります,,en,私たちは、少量を入れて管理している場合,,en,CO2の5つの分子を言います,,en,我々は完全にたまには一箇所での分子の会衆を見ることを期待することができます,,en,時間の矢は、統計的または熱力学的性質として現れ,,en,時間の方向性は、可逆的な物理法則から出てくると思われるが,,en,基本的な法律でその不在は、哲学的に満足のいく未満に見えるん,,en,時間の問題」への思い,,en,ギャビン,,en,あなたの投稿は深いです,,en,Mkhan,,zu.

The apparent uniformity of CO2 in the container is due to the statistically significant quantity of dry ice we placed there. If we manage to put a small quantity, say five molecules of CO2, we can fully expect to see the congregation of the molecules in one location once in a while. このようにして, the arrow of time manifests itself as a statistical or thermodynamic property. Although the directionality of time seems to emerge from reversible physical laws, its absence in the fundamental laws does look less than satisfactory philosophically.

コメント

4 thoughts on “Only a Matter of Time”

  1. 時間は、運動と力の存在だけかもしれ,,en,時間は宇宙の膨張による可能性があり,,en,スペースの拡大が周りに大きな塊のような遅いです時間が遅いです,,en,直線運動は、時間の遅延としてpercievedさ遅い、そのオブジェクト内の内部運動も力を増加するように塊内全体動きおよび力はその後一定の場合,,en,私たちはお互いの周りの軌道に二つの物体を考えると減速時間を想像するならば、我々としても力が弱くなるにつれて遅くなるの動きを観察する必要があります,,en,軍は、時間の一部であります,,en,軍は、時間の矢を決定します,,en,力がなければ、時間は完全に対称的であることと、任意の方向に欠けます,,en,AMER,,en,あなたの投稿は面白いですが、私の見解では非常にヒューリスティックので、時間の性質の客観的な説明ではないかもしれません,,en. Time could be due to expansion of space. Time is slow where expansion of space is slow like around large masses. If total motion and forces within a mass is a constant then as the linear motion is increased the internal motion as well forces within that object slow which is then percieved as slowing of time. If we think of two objects in orbit around each other and imagine time slowing down then we should observe motion slow down as well as forces get weaker. Forces are part of time. Forces determine the arrow of time. Without forces time will be perfectly symetrical and lack any direction.

  2. Your post is interesting but in my view very heuristic and thus may not be an objective description of the nature of time. 物理学の, ダイナミクスの処方,,en,古典や量子どうか,,en,それは正規の共役ペア例えば呼ばれる特定の基本的な関係を確立するようにエネルギーハミルトニアンの点で非常にillluminatingあります,,en,エネルギー、時間と運動量空間,,en,第1コンジュゲート対に集中,,en,我々は時間に興味があるので、,,en,エネルギーと時間が本質的に接続されていることを示しています,,en,言い換えると,,en,エネルギーが存在するためのエネルギーの存在が存在している必要があり、時間と時間を作成します,,en,また、これは時間が唯一の物理的な宇宙の意味を持つ物理量であることがない不確かな用語で教えてくれる,,en,なぜならエネルギーとの接続の,,en,時間は、形而上学的または哲学的な量ではありません,,en (whether classical or quantum) in terms of the energy Hamiltonian is very illluminating as it establishes certain fundamental relationships called canonical conjugate pairs e.g. Energy-time and Momentum-space.

    Concentrating on the first conjugate pair (because we are interested in time) shows that Energy and time are intrinsically connected. In otherwords, the existence of energy creates time and time must exist for energy to exist. This also tells us in no uncertain terms that time is a physical quantity which has a meaning only in a physical universe (because of its connection with energy).

    Time is not a metaphysical or philosophical quantity. これは、エネルギーが存在する物理的な宇宙に生成されたエネルギーは、時間と呼ばれる別の物理的性質を介して変更を介してシステムを駆動します,en.

コメントは受け付けていません.