タグ別アーカイブ: pimco

トラブル良心

時々私は問題を抱えた良心に苦しみます,,en,私は、大きな問題の一部ではなく、それを解決しています。この沈没感を得ます,,en,現代の企業帝国のために働きます,,en,ブーツの銀行,,en,この感覚を回避することは困難です,,en,あなたはまったく何も感じている場合,,en,それから私はで把握するわらを見つけました,,en,これは、モハメド・エラリアンによる観察しました,,en,ピムコの最高経営責任者(CEO),,en,ステファン・サッカーとHardtalkに,,en,直接の質問に応答して、,,en,彼は言い​​ました,,en,ウォールストリートを占有,,en,男はポイントを持っていました,,en,旧スティービーはそのようなトリックを欠場するつもりではなかったです,,en,彼が急襲しました,,en,あなたは,,en,あなた兆ドル以上を管理するヘッジファンドのヘッド,,en,現代資本主義の縮図,,en,システムは欠陥があることを認めます,,en,あなたは何をしているか停止しようとしています,,en,私は言い換えています,,en,彼はおそらく良いことを尋ねました。,,en. I get this sinking feeling that I am part of a large problem rather than a solution to it. Working for a modern corporate empire, a bank to boot, it is hard to avoid this feeling — if you feel anything at all.

Then I found a straw to grasp at. It was an observation made by Mohamed El-Erian, CEO of Pimco, on Hardtalk with Stephen Sackur. In response to a direct question, he said that the “Occupy Wall Street” guys had a point. Old Stevie was not going to miss a trick like that. He pounced, “Are you, you the head of a hedge fund managing over a trillion dollars, the epitome of modern capitalism, admitting that the system is flawed? Are you going to stop what you are doing?” (もちろん, I’m paraphrasing. He probably asked it better.)

私は、インテリジェントな応答のことを愛し氏,,en,エラリアンは与えました,,es,あなたは、サブパー・インテリジェンスと企業帝国のトップに得ることはありません,,en,我々技術者としての多くがそうでないと信じたいです,,en,再び言い換え,,en,あなたはどうするかについて私に尋ねました,,en,それがあるべきようシステム,,en,私たちは、起こりそうあるもので動作します,,en,理想的な世界では,,en,二人は収束しなければなりません,,en,私たちの仕事は、起こりそうあるものを利用して、当社のクライアントのために利益を作ることです,,en,何が起こる可能性があることはどうするかに近いことを保証するために、政策立案者の仕事です。,,en,思考のこのラインは、私が探していたわらでした,,en,私は私の問題を抱えた良心を和らげるだろうと感じた何か,,en,何が起こる必要があると何が起こる可能性があるとの間には大きな隔たりがあります,,en. El-Erian gave. あなたが参照してください。, you don’t get to the top of a corporate empire with sub-par intelligence, much as we techies would like to believe otherwise. 彼は言った (paraphrasing again), “You asked me about what should happen, the system as it should be. We work with what is likely to happen. In an ideal world, the two should converge. Our job is to make use of what is likely to happen and make profit for our clients. It is the job of policy makers to ensure that what is likely to happen is close to what should happen.” This line of thought was the straw that I was looking for, something that I felt would assuage my troubled conscience.

今, there is a large gulf between what should happen and what is likely to happen. 何が起こるべきことは、地球上のすべてのための繁栄と平和と幸福です,,en,何が起こる可能性があることは残りの少数精鋭と不幸のためにわいせつ繁栄です,,en,私たちの歪んだ経済指標により、,,en,株価指数とのGDPのような,,en,我々はまだよくやっています,,en,パーティーはオンのままであります,,en,彼らが示しているように見えます,,en,今、私たちが作成しているの混乱を心配する時間ではありません,,en,そして、それをクリーンアップする必要があります低賃金移民労働者について,,en,今、食べる時間があります,,en,飲むと陽気になります,,en,明日のために私たちではありません,,en,それは彼らのものだよ,,en,氏についての興味深いと本当にスマートとは何,,en,エラリアンの観測は、彼は二つの部分に責任を切断された方法をきちんとあります,,en,現状を利用することである彼の仕事,,en,そして誰かの他の人の仕事,,en,それを改善することです,,en,それについてもう少し考えます,,en. What is likely to happen is obscene prosperity for a select few and misery for the rest. まだ, by our skewed economic indicators (like stock indices and GDPs), we are still doing well. The party is still on, they seem to indicate. Now is not the time to worry about the mess we are creating, and about the underpaid migrant workers who will have to clean it up. Now is the time to eat, drink and be merry, for tomorrow is not ours. It’s theirs, うまくいけば.

What is interesting and really smart about Mr. El-Erian’s observation is how neatly he cleaved the responsibility into two parts — his job which is to make use of the status quo, and somebody else’s job, which is to improve it. Thinking a bit more about it, クリシュナは言うそれらマハーバーラタのエピソードの一つ一つのオープニングシーンをリコール,,en,善と悪の間の戦いで,,en,サイドラインに立つ人たちは悪と同じくらい有罪です,,en,私は物事がある「途中でこの観察のだろうか,,en,そのために私は自分自身が責任を数えるべきではありません,,en,私の問題を抱えた良心のために十分に良い治療法です,,en,ブッシュ大統領は、完全かつ恒久的に私のために、このクリシュナ文を台無しに,,en,彼が言ったとき,,en,あなたは私たちまたは当社に対してのどちらかです。,,en,プラス面では,,en,ブッシュを考えると、ある程度は私のこの罪悪感を含んだ良心を落ち着きません,,en,私は悪いことだったかもしれません,,en,たくさんの悪いこと,,en,モハメド・エラリアン,,es,PIMCO,,en,私はどのようにハード私たちが働くことは、我々が享受すべきどのくらいの報酬とはあまり関係がないと主張しました,,en, “In a battle between the good and the evil, those who stand on the side lines are just as guilty as the evil,” I wonder whether this observation on the ‘way things are,’ for which I shouldn’t count myself responsible, is good enough a cure for my troubled conscience. ところで, President Bush totally and permanently ruined this Krishna statement for me, when he said, “You are either with us or against us.” On the plus side, thinking about Bush does soothe this guilt-laden conscience of mine to some degree. 結局, I could have been worse. A lot worse…