タグ別アーカイブ: 物理学

Essays, Journal Articles, Discussion Forum Posts

重力のゴースト

それは私の最後のポスト以来しばらくしている. 私が読んでいた 禅とオートバイのメンテナンスのアート 再びちょうど今, そしてPirsig科学信念や迷信を比較してパートに来た. 私はそれを言い換えし、私の読者と共有するだろうと思った. しかし、それは彼自身の言葉を借りるおそらく最高です: “物理学と論理学の法則 — ナンバーシステム — 代数的置換の原理. これらは、幽霊です. 私達はちょうどそれらでそう徹底的に彼らは本当のようだと考えてい. 例えば, それは重力と万有引力の法則は、アイザック·ニュートンの前に存在したことを推定する完全に自然と思われる. それは、七世紀までは重力が存在しなかったことを考えるとナッツに聞こえるだろう. したがって、この法律の開始がしたとき? それは常に存在してきた? 私がで運転してることは、地球の開始前にという考えである, 太陽と星が形成された前に、, 何のプライマル世代前, 重力の法則が存在していた. そこに座って, それ自身の質量を有していない, 自分自身のエネルギーません, 誰の心の中誰もがありませんでしたではないので、, ていない空間にスペースはどちらがなかったため, ていない任意の場所…重力のこの法律は、まだ存在していた? 重力の法則は存在していた場合, 私は正直なものが存在しないことを行う必要がありますかわからない. それはそこにある重力の法則が存在しないことのすべてのテストに合格したように私には思える. あなたは、重力の法則は持っていなかったことを不存在の単一の属性を考えることはできません. または存在の一つの科学的な属性は、それが持っていた. そして、まだそれはまだ常識です’ それが存在することを信じて.

“よく, 私はあなたがそれについて十分な長思えばあなたが最終的に唯一の可能な到達するまであなた自身が行くラウンドとラウンドとラウンドとラウンドを見つけることを予測, 合理的な, インテリジェントな結論. 重力と重力自体の法則は、アイザック·ニュートンの前に存在していなかった. 他の結論は、意味がありません. そして、何それが意味することは、重力の法則は人の頭を除いてどこにも存在しないということです! それは幽霊だ! 私たちは、私たちのすべては非常に傲慢で、他の人の幽霊を駆け下りて約うぬぼれが、同じように無知で野蛮と私たち自身についての迷信です。”

[この引用のオンライン版からのものである 禅とオートバイのメンテナンスのアート.]

時間の問題

私たちは、同じ息で、空間と時間の話が、,,en,彼らは多くの点でかなり異なっています,,en,スペースはすべて私たちの周りの私たちが感じるものです,,en,我々はそれを参照してください,,en,その中のオブジェクト,,en,我々はそれを私たちの手を動かすことができます,,en,そして私たちは膝をしようとした場合と同じスペースを占有することを知っています,,en,コーヒーテーブル,,en,傷つけるために起こっています,,en,私たちは宇宙の私達の概念に感覚相関を持っています,,en,視力の私たちの最も貴重な感覚から始まります,,en,時間,,en,直接的な感覚バッキングを持っていません,,en,この理由のため,,en,それはそれ以上のグリップを得るためには非常に困難になります,,en,私たちは、変化と運動を介して間接的にそれを感知します,,en,しかし、変化と運動の概念を使用して時間を定義するために愚かなことでしょう,,en,彼らはすでに、時間の概念が含まれているため,,en,定義は、環状だろう,,en,仮定すると、,,en,今のところ,,en,何の定義が必要ではないこと,,en, they are quite different in many ways. Space is something we perceive all around us. We see it (rather, objects in it), we can move our hand through it, and we know that if our knee tries to occupy the same space as, 言う, the coffee table, it is going to hurt. 言い換えると, we have sensory correlates to our notion of space, starting from our most precious sense of sight.

Time, 他方では, has no direct sensory backing. And for this reason, it becomes quite difficult to get a grip over it. 時間とは何ですか? We sense it indirectly through change and motion. But it would be silly to define time using the concepts of change and motion, because they already include the notion of time. The definition would be cyclic.

Assuming, for now, that no definition is necessary, let’s try another perhaps more tractable issue. Where does this strong sense of time come from? I once postulated that it comes from our knowledge of our demisethat questionable gift that we all possess. All the time durations that we are aware of are measured against the yardstick of our lifespan, perhaps not always consciously. I now wonder if this postulate is firm enough, and further ruminations on this issue have convinced me that I am quite ignorant of these things and need more knowledge. Ah.. only if I had more time. 🙂

どんな場合でも, even this more restricted question of the origin of time doesn’t seem to be that tractable, 結局. 物理学では、時間を持つ別の深い問題を抱えています,,en,これは、方向性に関係しています,,en,時間が方向を持っている理由は簡単に説明することはできません,,en,矢印,,en,この矢印は、物理的相互作用を支配する基本法則で自分自身を提示していません,,en,物理学のすべての法律は時間が可逆的です,,en,重力の法則,,en,電磁気や量子力学では、すべての時間反転に対して不変です,,en,彼らは前方または後方に行く時間と同じに見えます,,en,そこで、彼らは、我々は時間の矢を体験する理由として何の手掛かりを与えません,,en,私たちは、その時間を知っています,,en,我々はそれを経験として,,en,方向性であります,,en,私たちは、過去を思い出すことができます,,en,ではなく、将来,,en,私たちが今やっていることは、将来に影響を与えることができます,,en,ではなく、過去,,en,我々は後方ビデオテープを再生した場合,,en,一連のイベント,,en,花瓶のために一緒に来てガラスの破片のような,,en,私たちに面白い見ていきます,,en. It has to do with the directionality. It cannot easily explain why time has a direction — an arrow, 言ってみれば. This arrow does not present itself in the fundamental laws governing physical interactions. All the laws in physics are time reversible. The laws of gravity, electromagnetism or quantum mechanics are all invariant with respect to a time reversal. すなわち, they look the same with time going forward or backward. So they give no clue as to why we experience the arrow of time.

まだ, we know that time, as we experience it, is directional. We can remember the past, but not the future. What we do now can affect the future, but not the past. If we play a video tape backwards, the sequence of events (like broken pieces of glass coming together to for a vase) will look funny to us. しかしながら, 私たちは、太陽系内の惑星の動きをテープで止めた場合,,en,または原子における電子雲,,en,そして、物理学者に後方にそれを果たしました,,en,物理法則は可逆的であるので、彼は、配列中に面白いものを見つけられないでしょう,,en,物理学は、時間の矢統計コレクションの緊急財産とみなし,,en,この時間の熱力学的な説明を説明するために、,,en,我々はいくつかのドライアイスを置く空の容器を考えてみましょう,,en,その後しばらくして,,en,私たちは、コンテナ内の二酸化炭素ガスの均一な分布を見ることを期待します,,en,一度広がります,,en,私たちは、容器内の気体が固体のドライアイスの中に凝固することを期待しないでください,,en,どんなに長い間、我々は待ちます,,en,コンテナ内に均一に拡散CO2の映像は自然なものです,,en,後方プレイ,,en, or the electron cloud in an atom, and played it backward to a physicist, he would not find anything funny in the sequences because the physical laws are reversible.

Physics considers the arrow of time an emergent property of statistical collections. To illustrate this thermodynamic explanation of time, let’s consider an empty container where we place some dry ice. After some time, we expect to see a uniform distribution of carbon dioxide gas in the container. Once spread out, we do not expect the gas in the container to coagulate into solid dry ice, no matter how long we wait. The video of CO2 spreading uniformly in the container is a natural one. Played backward, それは時間の矢の我々の感覚に違反しているため、コーナーで固体のドライアイスに凝結コンテナ内のCO2ガスのシーケンスは、私たちに自然に見えるではないでしょう,,en,容器内のCO2の見かけの均一性は、我々はそこに配置され、ドライアイスの統計的に有意な量のためであります,,en,私たちは、少量を入れて管理している場合,,en,CO2の5つの分子を言います,,en,我々は完全にたまには一箇所での分子の会衆を見ることを期待することができます,,en,時間の矢は、統計的または熱力学的性質として現れ,,en,時間の方向性は、可逆的な物理法則から出てくると思われるが,,en,基本的な法律でその不在は、哲学的に満足のいく未満に見えるん,,en,時間の問題」への思い,,en,ギャビン,,en,あなたの投稿は深いです,,en,Mkhan,,zu.

The apparent uniformity of CO2 in the container is due to the statistically significant quantity of dry ice we placed there. If we manage to put a small quantity, say five molecules of CO2, we can fully expect to see the congregation of the molecules in one location once in a while. このようにして, the arrow of time manifests itself as a statistical or thermodynamic property. Although the directionality of time seems to emerge from reversible physical laws, its absence in the fundamental laws does look less than satisfactory philosophically.

水の半分バケツ

私たちは皆、宇宙を見て、感じて, それは本当に何ですか? スペースが哲学者が考慮してもよいものと基本的なものの一つです “直感。” 哲学者は何を見てみると, 彼らは少し技術的な取得. 宇宙関係はありますか, のように、, オブジェクト間の関係の観点から定義? リレーショナルエンティティは、あなたの家族のようなものです — あなたの親を持つ, 同胞種, 配偶者, 子供など. あなたの家族を考えるものを形成する. しかし、あなたの家族自体が物理的実体ではありません, しかし関係の唯一のコレクション. スペースもそのようなことはありますか? 以上のオブジェクトが存在し、そのことを行う物理的なコンテナのようにそれをである?

あなたはこれらの哲学的hairsplittingsの2ちょうど別の1との間の区別を考慮してもよい, それは本当にありません. 何スペースです, エンティティ空間の一種であっても何, 物理学の巨大な意味を持っている. 例えば, それは本質的にリレーショナルである場合, その後物質の不在下で, スペースはありません. 多くの家族用の非存在下では様, あなたは家族を持っていない. 一方, それは、コンテナのようなエンティティがある場合, スペースは、すべての事項奪う場合であっても存在する, いくつかの問題が表示されるのを待っている.

だから何, あなたが求める? よく, の水の半分バケツてみましょうし、それを周りにスピン. 漁獲内の水を一度, その表面は放物線形状を形成する — あなたが知っている, 遠心力, 重力, 表面張力、すべてのこと. 今, バケツを停止, その代わりに、その周りに宇宙全体を回転. 私は知っている, それはより困難である. しかし、あなたはそれをやっていると想像. 水面は放物線になります? 私はそれがなると思います, バケツの電源を入れるか、その周りに回転して全宇宙の間に大きな違いはありませんので、.

今, それでは私たちは宇宙を空にすると想像してみましょう. このハーフフルバケットが、何もありません. 今では周りのスピン. 何が水面に起こる? スペースは、リレーショナルである場合, 宇宙の非存在下での, バケツの外側にスペースがありませんし、それが回転していることを知る方法はありません. 水の表面は平らにしてください. (実際には, それは球状であるべき, 2番目のためにそれを無視します。) そして、空間が容器状である場合, 紡糸バケットは放物面をもたらすはずである.

もちろん, 私たちは宇宙を空にし、バケットを回転する方法がないので、私たちはそれがために起こっているどの方法を知る方法がありません. しかし、それはそれに基づいてスペースと建物の理論の性質を推測するから私たちを防ぐことはできません. ニュートンの空間は、容器状である, 彼らの心にいる間, アインシュタインの理論は宇宙のリレーショナル概念が.

そう, あなたが参照してください。, 哲学は重要ではありません.

モデルのモデル化

Mathematical finance is built on a couple of assumptions. The most fundamental of them is the one on market efficiency. It states that the market prices every asset fairly, and the prices contain all the information available in the market. 言い換えると, you cannot glean any more information by doing any research or technical analysis, or indeed any modeling. If this assumption doesn’t pan out, then the quant edifice we build on top of it will crumble. Some may even say that it did crumble in 2008.

We know that this assumption is not quite right. If it was, there wouldn’t be any transient arbitrage opportunities. But even at a more fundamental level, the assumption has shaky justification. The reason that the market is efficient is that the practitioners take advantage of every little arbitrage opportunity. 言い換えると, the markets are efficient because they are not so efficient at some transient level.

Mark Joshi, in his well-respected book, “The Concepts and Practice of Mathematical Finance,” points out that Warren Buffet made a bundle of money by refusing to accept the assumption of market efficiency. 実際には, the weak form of market efficiency comes about because there are thousands of Buffet wannabes who keep their eyes glued to the ticker tapes, waiting for that elusive mispricing to show up.

Given that the quant careers, and literally trillions of dollars, are built on the strength of this assumption, we have to ask this fundamental question. Is it wise to trust this assumption? Are there limits to it?

Let’s take an analogy from physics. I have this glass of water on my desk now. Still water, in the absence of any turbulence, has a flat surface. We all know why – gravity and surface tension and all that. But we also know that the molecules in water are in random motion, in accordance with the same Brownian process that we readily adopted in our quant world. One possible random configuration is that half the molecules move, 言う, to the left, and the other half to the right (so that the net momentum is zero).

If that happens, the glass on my desk will break and it will make a terrible mess. But we haven’t heard of such spontaneous messes (from someone other than our kids, that is.)

The question then is, can we accept the assumption on the predictability of the surface of water although we know that the underlying motion is irregular and random? (I am trying to make a rather contrived analogy to the assumption on market efficiency despite the transient irregularities.) The answer is a definite yes. もちろん, we take the flatness of liquid surfaces for granted in everything from the useless lift-pumps and siphons of our grade school physics books all the way to dams and hydro-electric projects.

So what am I quibbling about? Why do I harp on the possibility of uncertain foundations? I have two reasons. One is the question of scale. In our example of surface flatness vs. random motion, we looked at a very large collection, どこ, through the central limit theorem and statistical mechanics, we expect nothing but regular behavior. If I was studying, 例えば, how an individual virus propagates through the blood stream, I shouldn’t make any assumptions on the regularity in the behavior of water molecules. This matter of scale applies to quantitative finance as well. Are we operating at the right scale to ignore the shakiness of the market efficiency assumption?

The second reason for mistrusting the pricing models is a far more insidious one. Let me see if I can present it rather dramatically using my example of the tumbler of water. Suppose we make a model for the flatness of the water surface, and the tiny ripples on it as perturbations or something. Then we proceed to use this model to extract tiny amounts of energy from the ripples.

The fact that we are using the model impacts the flatness or the nature of the ripples, affecting the underlying assumptions of the model. 今, imagine that a large number of people are using the same model to extract as much energy as they can from this glass of water. My hunch is that it will create large scale oscillations, perhaps generating configurations that do indeed break the glass and make a mess. Discounting the fact that this hunch has its root more in the financial mess that spontaneously materialized rather than any solid physics argument, we can still see that large fluctuations do indeed seem to increase the energy that can be extracted. 同様に, large fluctuations (and the black swans) may indeed be a side effect of modeling.

事実を変更

美しさは真実であり, そして、美しさで真実. 真実と美の間のこのリンクはどこから来るのか? もちろん, 美しさは主観的なものです, そして真実は目的であります — または私たちは言われました. それは絶対的な真理で完璧を見るために私たちは美しいダーウィン原理に基づいて進化してきたことであってもよいです.

私が考えている美しさと完成度は、異なる種類のものです — アイデアやコンセプトのもの. 時には, あなたはそれが真実でなければなら知っているように完璧で美しいアイデアを得ることができます. 美しさから生じる真理のこの信念は、アインシュタインが宣言作ったものであってもよいです:

しかし、その完成度に基づいて、理論の信憑性については、この信念はほとんど十分です. アインシュタインの天才は本当に彼の哲学的な粘り強さであります, 論理的と考えられるものを超えてアイデアをプッシュする彼の意欲.

例を見てみましょう. それでは、あなたが巡航飛行機の中であるとしましょう. あなたは、ウィンドウを閉じて、何とかエンジン騒音を遮断した場合, あなたが移動したりしていないかどうかを判断することは不可能になります. これができないこと, 物理学の専門用語に翻訳されたとき, 述べる原則になります, “物理法則は、実験系の運動状態とは無関係です。”

アインシュタインが見ることを選択した物理法則は、電磁気のマクスウェル方程式でした, それらに現れる光の速度を持っていました. それらはに依存しないようにするために (またはで共変, より正確に) モーション, アインシュタインは、光の速度に関係なく、あなたがそれに向かって行くのか、それから離れたかどうかの定数でなければならなかったと仮定しました.

今, あなたはその仮定が特に美しい見つけた場合、私は知りません. しかし、アインシュタインはなかったです, そして、そのすべての非論理的な帰結を介してそれをプッシュすることを決めました. それは本当であるためには, 空間が収縮しており、時間が拡張しなければなりませんでした, 何も光よりも速く行くことができませんでした. アインシュタインは言いました, よく, それならそれでよいです. それは私が話をしたかった哲学的信念と粘り強さであります — 百約1年前に私たちに特殊相対性理論を与えたようなもの.

ここから一般相対性理論に取得したいです? Simple, ちょうど別の美しい真実を見つけます. ここでは1であります… あなたはマジックマウンテンに行っている場合, あなたは自由落下中に無重力であることを知っているだろう (最高の空腹時に試してみました). 自由落下は、加速度であります 9.8 M / S / sの (または 32 フィート/秒/秒), それは重力を無効. だから、重力加速度と同じです — 出来上がり, 別の美しい原則.

World line of airplanesこの原理を利用するために, アインシュタインは、おそらく写真でそれを考えました. 加速度は何を意味しています? それは何かの速度が変化しているかに高速であります. そして、速度は何ですか? 直線で移動する何かを考えます — 私達の巡航飛行機, 例えば, 飛行X軸線を呼び出します. 私たちは=となるよう時点でX軸と直角に時間T軸を考えることによって、その速度を可視化することができます 0, 飛行機は= xであります 0. 時刻tにおける, それは点のx = v.tであります, それは、速度vで移動している場合. X-T平面におけるだからライン (世界線と呼ばれます) 航空機の動きを表します. 速い飛行機は浅い世界線を持っているでしょう. 加速飛行機, 従って, 湾曲した世界線を持っています, 遅い世界線からの高速1に実行されています.

だから、加速度は時空に曲率であります. それで、重力があります, 加速は何もされていません. (私は物理学者の友人は少しうんざり見ることができます, それは本質的に真であります — ちょうどあなたが測地や属性、それを呼び出す世界線をまっすぐにすることを 時空の曲率 代わりに。)

曲率の​​正確な性質とそれを計算する方法, それ自体で美しいけれども, 単なる詳細です, アインシュタインのように自身がそれを入れているだろう. 結局, 彼は神の考えを知りたいと思いました, ない詳細.

アンリアル·ユニバース – Reviewed

ストレーツ·タイムズ

pback-cover (17K)シンガポールの全国紙, ストレーツ·タイムズ, で使用され読みやすく、会話のスタイルを賞賛 アンリアル·ユニバース そして人生について学びたい誰にもそれを推奨しています, 宇宙、すべて.

ウェンディロッホナー

呼び出し アンリアル·ユニバース よく読む, ウェンディ氏は述べています, “これはよく書かれている, 非専門家のために従うことが非常に明確。”

ボビークリスマス

記述 アンリアル·ユニバース ように “そのような洞察力とインテリジェントブック,” ボビー氏は述べています, “素人思考のための本, この読みやすい, 考えさせられる作品が現実の私達の定義に関する新しい視点を提供しています。”

M. S. Chandramouli,,te,Chandramouliはインド工科大学を卒業しました,,en,マドラス,,en,その後、インド経営大学院でMBAを取得しました,,en,アーメダバード,,en,インドとヨーロッパのエグゼクティブキャリアを経て,,en,ベルギーでSurya Internationalを設立し、現在はビジネス開発および産業マーケティングサービスを提供しています,,en,ここに彼が言っていることがあります,,en,この本はとても気に入っているレイアウトです,,en,正しいサイズのフォントと行間と正しいコンテンツ密度で,,en,自己出版の本のための大きな努力,,en,本の影響は万華鏡的である,,en,読者の心の中のパターン,,en,鉱山,,en,シフトして、自分自身を「騒がしい騒音」で再配置する,,en,一回以上。,,en

M. S. Chandramouli graduated from the Indian Institute of Technology, Madras in 1966 and subsequently did his MBA from the Indian Institute of Management, Ahmedabad. After an executive career in India and Europe covering some 28 years he founded Surya International in Belgium through which he now offers business development and industrial marketing services.

Here is what he says about アンリアル·ユニバース:

“The book has a very pleasing layout, with the right size of font and line spacing and correct content density. Great effort for a self-published book!”

“The impact of the book is kaleidoscopic. The patterns in one reader’s mind (mine, すなわち) shifted and re-arranged themselves with a ‘rustling noise’ more than once.””著者の作文スタイルは、哲学や宗教、そして科学哲学に関する西洋の作家のわれわれが知っているすべてのスタイルを書いている、インド人の過激な散文から著しく等距離にある。,,en,ある種の宇宙がある,,en,背景 'ユーレカ,,en,それは本の全体を充満させるようだ,,en,知覚された現実と絶対的な現実の違いについてのその中心的な論文は、百万人の心で開花を待っているアイデアです。,,en,「感情の感情」に関するテスト,,en,著しく先見的だった,,en,それは私のために働いた,,en,私は最初の部分,,en,本質的に記述的で哲学的な,,en,第二の部分と物理的に密接に関係している,,en,著者が議論を勝ち取る途中であるとき,,en,彼は読者の3つの異なるカテゴリーを見たいかもしれません,,en”

“There is a sort of cosmic, background ‘Eureka!’ that seems to suffuse the entire book. Its central thesis about the difference between perceived reality and absolute reality is an idea waiting to bloom in a million minds.”

“The test on the ‘Emotionality of Faith,’ ページ 171, was remarkably prescient; it worked for me!”

“I am not sure that the first part, which is essentially descriptive and philosophical, sits comfortably with the second part with its tightly-argued physics; if and when the author is on his way to winning the argument, he may want to look at three different categories of readers – ある程度の「翻訳」が必要な、けれど知的な人たち,,en,非物理学者の専門家,,en,物理学者の哲学者,,en,市場セグメンテーションは成功の鍵です。,,en,私はこの本が広く読まれる必要があると思う,,en,私はこれを私の親しい友人にコピーすることによってそれを差し込む小さな試みをしています。,,en,スティーブンブライアント,,en,スティーブンはコンサルティングサービス担当バイスプレジデントです。,,en,プリミティブロジック,,en,サンフランシスコにあるプレミアリージョナルシステムインテグレータ,,en,彼は,,en,相対性挑戦,,en,マノイは科学を人生の絵のただ一つの要素とみなしている,,en,科学は人生を定義していない,,en,しかし、私たちが科学を理解する方法は、,,en,彼はすべての読者に彼らの信じるシステムを再考するように挑戦する,,en,彼らが本当だと思ったことを質問する,,en,聞く、質問する,,en,なぜ,,en,彼は私たちに,,en,ローズ色のメガネ,,en,’ the non-physicist specialist, and the physicist philosophers. Market segmentation is the key to success.”

“I think this book needs to be read widely. I am making a small attempt at plugging it by copying this to my close friends.”

Steven Bryant

Steven is a Vice President of Consulting Services for Primitive Logic, a premier Regional Systems Integrator located in San Francisco, California. He is the author of The Relativity Challenge.

“Manoj views science as just one element in the picture of life. Science does not define life. But life colors how we understand science. He challenges all readers to rethink their believe systems, to question what they thought was real, to ask “why”? He asks us to take off our “rose colored glasses” 人生を体験し理解する新しい方法を開拓する,,en,このような思考を促す作業は、新しい科学的旅を始める人には読んでおく必要があります。,,en,マノイの時間の扱いは非常に魅力的なものです,,en,私たちの他の感覚,,en,視力,,en,臭い,,en,味と触れ合い,,en,多次元である,,en,時間は一次元と思われる,,en,他の感覚と時間の相互作用を理解することは非常に面白いパズルです,,en,私たちの知覚範囲を超えた他の現象の存在の可能性にもつながります。,,en,マノジーズは私たちの物理学の相互作用を深く理解しています,,en,人間の信念システム,,en,知覚,,en,経験,,en,さらに私たちの言語,,en,科学的発見へのアプローチについて,,en,彼の仕事は、あなたが思っていると思っていることを真実であると再考するようあなたに挑戦します。,,en. This thought provoking work should be required reading to anyone embarking on a new scientific journey.”

“Manoj’s treatment of time is very thought provoking. While each of our other senses – sight, 音, smell, taste and touch – are multi-dimensional, time appears to be single dimensional. Understanding the interplay of time with our other senses is a very interesting puzzle. It also opens to door to the existence possibilities of other phenomena beyond our know sensory range.”

“Manoj’s conveys a deep understanding of the interaction of our physics, human belief systems, perceptions, experiences, and even our languages, on how we approach scientific discovery. His work will challenge you to rethink what you think you know is true.”

“マノジは科学についてのユニークな視点を提供する,,en,現実と現実,,en,科学は知覚につながるわけではないという認識,,en,知覚は科学につながる,,en,すべての科学的,,en,事実,,en,再調査のために開いている,,en,この本は非常に挑発的なものであり、各読者が自分の信念に疑問を投げかけている。,,en,マノイはホリスティックな視点から物理学にアプローチする,,en,物理は孤立して発生しない,,en,私たちの経験の観点から定義されています,,en,科学と精神の両方,,en,あなたが彼の本を探るとき、あなたは自分の信念に挑戦し、あなたの視野を広げます。,,en,ブログやオンラインで見つけた,,en,ブログから,,en,見た目のガラスを通して,,en,この本は他の著書とは哲学と物理学のアプローチが大きく異なる,,en, 認知, and reality. The realization that science does not lead to perception, but perception leads to science, is key to understanding that all scientific “facts” are open for re-exploration. This book is extremely thought provoking and challenges each reader the question their own beliefs.”

“Manoj approaches physics from a holistic perspective. Physics does not occur in isolation, but is defined in terms of our experiences – both scientific and spiritual. As you explore his book you’ll challenge your own beliefs and expand your horizons.”

Blogs and Found Online

From the Blog Through The Looking Glass

“This book is considerably different from other books in its approach to philosophy and physics. 物理学に関する哲学的視点の深い意味合いに関する数多くの実用的な例を含んでいます,,en,特に天体物理学と粒子物理学,,en,各デモンストレーションには数学的な付録が付いています,,en,より厳密な導出と詳細な説明が含まれています,,en,この本は、さまざまな哲学の枝,,en,例えば、,,bg,東と西の両方から考える,,en,古典期と近代現代哲学の両方,,en,そして、この本で使用されている数学と物理学がすべて理解できることを知ってうれしいです,,en,ありがたいことに大学院レベルではありません,,en,これは、本をもっと簡単に理解できるようにするのに役立ちます。,,en,から,,en,ハブページ,,en,自分自身を呼び出す,,en,正直なレビュー,,en,このレビューは、,,en,私は読者から電子メールやオンラインフォーラムを通していくつかのレビューを受けました,,en, specifically astrophysics and particle physics. Each demonstration comes with a mathematical appendix, which includes a more rigorous derivation and further explanation. The book even reins in diverse branches of philosophy (e.g. thinking from both the East and the West, and both the classical period and modern contemporary philosophy). And it is gratifying to know that all the mathematics and physics used in the book are very understandable, and thankfully not graduate level. That helps to make it much easier to appreciate the book.”

From the Hub Pages

Calling itself “An Honest Review of アンリアル·ユニバース,” this review looks like the one used in ストレーツ·タイムズ.

I got a few reviews from my readers through email and online forums. 私はこの記事の次のページで匿名のレビューとしてそれらを集めた,,en,下のリンクをクリックして2番目のページにアクセスしてください,,en.

Click on the link below to visit the second page.

ビッグバン理論 – パートII

読んだ後 Ashtekarによる論文 量子重力とそれについて考えて上, 私は、ビッグバン理論と私のトラブルがあったものが実現. それは細部よりも基本的な仮定の詳細です. 私はここに私の考えをまとめるだろうと思った, 誰か他の人のより自分の利益のために、より.

古典理論 (SRとQM含む) 連続無としてスペースを扱う; したがって、長期時空連続. このビューでは、, オブジェクトは、連続空間に存在し、連続時間で互いに相互作用.

時空間連続体のこの概念は、直観的に魅力的であるが、, それは, せいぜい, 不完全な. 検討する, 例えば, 空きスペースにおける紡績本体. これは、遠心力を経験すると予想され. 今体が静止していると想像し、全体空間がその周りに回転している. それはどんな遠心力が発生します?

スペースが空の虚無であればそれはどんな遠心力があるであろう理由を確認することは困難である.

GRそれによって自然の中で、それが動的にする時空間に重力を符号化することによってパラダイムシフトを導入, むしろ空の虚無より. このようにして, 質量は、空間にからませれます (と時間), スペースは、宇宙と同義になる, 紡糸ボディの質問はお答えすることが容易になる. はい, それは身体の回転に相当しますので、それを中心に回転している宇宙であれば、それは遠心力が発生します. そして, ない, それはない, それだけで何もない空間にある場合. しかし “空きスペース” 存在しません. 大量の非存在下で, 何時空間ジオメトリが存在しない.

そう, 自然に, ビッグバンの前に (1があった場合), いずれのスペースがあることができなかった, でも実際には任意である可能性があり “前。” ノート, しかしながら, ビッグバンがあるように持っていた理由をAshtekar紙は明記しないこと. それを取得最も近いBBの必要性でGRの時空間での重力のエンコードから生じるということです. 重力のこのコード化にもかかわらず、それによって、動的な時空間をレンダリング, GRがまだスムーズ連続体としての時空間を扱います — 欠陥, Ashtekarに従って, QGは是正すること.

今, 私たちは、宇宙がビッグバンで始まったことを受け入れた場合 (そして、小領域から), 私たちは、量子効果を考慮しなければならない. 時空を量子化する必要があり、それを行うための唯一の正しい方法は、量子重力によるものであろう. QGを通じ, 私たちは、GRのビッグバン特異点を回避することを期待, QMは、水素原子で有界の基底状態のエネルギー問題を解決し、同じ方法.

私は上記のことは、私は現代の宇宙論の背後にある物理的な引数であると理解してものです. 残りは数学的な建物は、この物理の上に構築されてい (または実際に哲学的) 基礎. あなたは哲学的土台には強力な景色を眺めることができない場合 (またはあなたの意見はそれと一致している場合は、), あなたが無理なくBBを受け入れることができる. 残念ながら, 私は、異なる見解を持っていない.

私の見解は、以下の質問を中心に展開.

これらのポストは役に立たない哲学的な黙想のように聞こえるかもしれ, しかし、私はいくつかの具体的なを持っている (そして私の意見で, 重要な) その結果, 下記の.

この前面に行われるべき多くの仕事があります. しかし、今後数年間のために, 私の新しい本契約と私の定量的なキャリアからの圧力で, 私は、彼らが値する真剣にGRおよび宇宙論を研究するのに十分な時間がありません. 私は自分自身が薄すぎるパスを広げるの現在のフェーズたら彼らに戻って得ることを期待.

カオスと不確実性

The last couple of months in finance industry can be summarized in two words — chaos and uncertainty. The aptness of this laconic description is all too evident. The sub-prime crisis where everybody lost, the dizzying commodity price movements, the pink slip syndrome, the spectacular bank busts and the gargantuan bail-outs all vouch for it.

The financial meltdown is such a rich topic with reasons and ramifications so overarching that all self-respecting columnists will be remiss to let it slide. 結局, a columnist who keeps his opinions to himself is a columnist only in his imagination. I too will share my views on causes and effects of this turmoil that is sure to affect our lives more directly than anybody else’s, but perhaps in a future column.

The chaos and uncertainty I want to talk about are of different kind — the physics kind. The terms chaos and uncertainty have a different and specific meanings in physics. How those meanings apply to the world of finance is what this column is about.

Symmetries and Patterns

Physicists are a strange bunch. They seek and find symmetries and patterns where none exists. I remember once when our brilliant professor, Lee Smolin, described to us how the Earth could be considered a living organism. Using insightful arguments and precisely modulated articulation, Lee made a compelling case that the Earth, 実際には, satisfied all the conditions of being an organism. The point in Lee’s view was not so much whether or the Earth was literally alive, but that thinking of it as an organism was a viable intellectual pattern. Once we represent the Earth in that model, we can use the patterns pertaining to organism to draw further predictions or conclusions.

Expanding on this pattern, I recently published a column presenting the global warming as a bout of fever caused by a virus (us humans) on this host organism. Don’t we plunder the raw material of our planet with the same abandon with which a virus usurps the genetic material of its host? In addition to fever, typical viral symptoms include sores and blisters as well. Looking at the cities and other eye sores that have replaced pristine forests and other natural landscapes, it is not hard to imagine that we are indeed inflicting fetid atrocities to our host Earth. Can’t we think of our city sewers and the polluted air as the stinking, oozing ulcers on its body?

While these analogies may sound farfetched, we have imported equally distant ideas from physics to mathematical finance. Why would stock prices behave anything like a random walk, unless we want to take Bush’s words (その “Wall Street got drunk”) literally? しかし、真剣に, Brownian motion has been a wildly successful model that we borrowed from physics. 再び, once we accept that the pattern is similar between molecules getting bumped around and the equity price movements, the formidable mathematical machinery and physical intuitions available in one phenomenon can be brought to bear on the other.

Looking at the chaotic financial landscape now, I wonder if physics has other insights to offer so that we can duck and dodge as needed in the future. Of the many principles from physics, chaos seems such a natural concept to apply to the current situation. Are there lessons to be learned from chaos and nonlinear dynamics that we can make use of? May be it is Heisenberg’s uncertainty principle that holds new insights.

Perhaps I chose these concepts as a linguistic or emotional response to the baffling problems confronting us now, but let’s look at them any way. It is not like the powers that be have anything better to offer, それは?

Chaos Everywhere

物理学の, chaos is generally described as our inability to predict the outcome of experiments with arbitrarily close initial conditions. 例えば, try balancing your pencil on its tip. はっきりと, you won’t be able to, and the pencil will land on your desktop. 今, note this line along which it falls, and repeat the experiment. Regardless of how closely you match the initial conditions (of how you hold and balance the pencil), the outcome (the line along which it falls) is pretty much random. Although this randomness may look natural to us — 結局, we have been trying to balance pencils on their tips ever since we were four, if my son’s endeavours are anything to go by — it is indeed strange that we cannot bring the initial conditions close enough to be confident of the outcome.

Even stranger is the fact that similar randomness shows up in systems that are not quite as physical as pencils or experiments. 取る, 例えば, the socio-economic phenomenon of globalization, which I can describe as follows, admittedly with an incredible amount of over-simplification. 昔, we used to barter agricultural and dairy products with our neighbours — 言う, a few eggs for a litre (or was it pint?) of milk. Our self-interest ensured a certain level of honesty. We didn’t want to get beaten up for adding white paint to milk, 例えば. These days, thanks to globalization, people don’t see their customers. A company buys milk from a farmer, adds god knows what, makes powder and other assorted chemicals in automated factories and ships them to New Zealand and Peru. The absence of a human face in the supply chain and in the flow of money results in increasingly unscrupulous behaviour.

Increasing chaos can be seen in the form of violently fluctuating concentrations of wealth and fortunes, increasing amplitudes and frequency of boom and bust cycles, exponential explosion in technological innovation and adaptation cycles, and the accelerated pace of paradigm shifts across all aspects of our lives.

It is one thing to say that things are getting chaotic, quite another matter to exploit that insight and do anything useful with it. I won’t pretend that I can predict the future even if (rather, especially if) I could. しかしながら, let me show you a possible approach using chaos.

One of the classic examples of chaos is the transition from a regular, laminar flow of a fluid to a chaotic, turbulent flow. 例えば, when you open a faucet slowly, if you do it carefully, you can have a pretty nice continuous column of water, thicker near the top and stretched thinner near the bottom. The stretching force is gravity, and the cohesive forces are surface tension and inter-molecular forces. As you open the faucet still further, ripples begin to appear on the surface of the column which, at higher rates of flow, rip apart the column into complete chaos.

In a laminar flow, macroscopic forces tend to smooth out microscopic irregularities. Like gravity and surface tension in our faucet example, we have analogues of macroscopic forces in finance. The stretching force is probably greed, and the cohesive ones are efficient markets.

There is a rich mathematical framework available to describe chaos. このフレームワークを使用, I suspect one can predict the incidence and intensity of financial turmoils, though not their nature and causes. しかしながら, I am not sure such a prediction is useful. Imagine if I wrote two years ago that in 2008, there would be a financial crisis resulting in about one trillion dollar of losses. Even if people believed me, would it have helped?

Usefulness is one thing, but physicists and mathematicians derive pleasure also from useless titbits of knowledge. What is interesting about the faucet-flow example is this: if you follow the progress two water molecules starting off their careers pretty close to each other, in the laminar case, you will find that they end up pretty much next to each other. But once the flow turns turbulent, there is not telling where the molecules will end up. 同様に, in finance, suppose two banks start off roughly from the same position — say Bear Stearns and Lehman. Under normal, laminar conditions, their stock prices would track similar patterns. But during a financial turbulence, they end up in totally different recycle bins of history, as we have seen.

If whole financial institutions are tossed around into uncertain paths during chaotic times, imagine where two roughly similar employees might end up. 言い換えると, don’t feel bad if you get a pink slip. There are forces well beyond your control at play here.

Uncertainty Principle in Quantitative Finance

The Heisenberg uncertainty principle is perhaps the second most popular theme from physics that has captured the public imagination. (The first one, もちろん, is Einstein’s E = mc2.) それは、一見簡単な何かを言う — you can measure two complementary properties of a system only to a certain precision. 例えば, あなたは電子がどこにある把握しようとした場合 (その位置を測定, すなわち) ますます正確に, その速度は次第に不確実になる (または, 運動量測定が不正確になる).

Quantitative finance has a natural counterpart to the uncertainty principle — risks and rewards. When you try to minimize the risks, the rewards themselves go down. If you hedge out all risks, you get only risk-free returns. Since risk is the same as the uncertainty in rewards, the risk-reward relation is not quite the same as the uncertainty principle (これ, as described in the box, deals with complementary variables), but it is close enough to draw some parallels.

To link the quantum uncertainty principle to quantitative finance, let’s look at its interpretation as observation altering results. Does modelling affect how much money we can make out of a product? This is a trick question. The answer might look obvious at first glance. もちろん, if we can understand and model a product perfectly, we can price it right and expect to reap healthy rewards. そう, 確認してください, modelling affects the risk-reward equation.

しかし, a model is only as good as its assumptions. And the most basic assumption in any model is that the market is efficient and liquid. The validity of this assumption (またはその欠如) is precisely what precipitated the current financial crisis. If our modelling effort actually changes the underlying assumptions (usually in terms of liquidity or market efficiency), we have to pay close attention to the quant equivalent of the uncertainty principle.

Look at it this way — a pyramid scheme is a perfectly valid money making model, but based on one unfortunate assumption on the infinite number of idiots at the bottom of the pyramid. (それを考えるために来る, the underlying assumption in the sub-prime crisis, though more sophisticated, may not have been that different.) Similar pyramid assumptions can be seen in social security schemes, も. We know that pyramid assumptions are incorrect. But at what point do they become incorrect enough for us to change the model?

There is an even more insidious assumption in using models — that we are the only ones who use them. In order to make a killing in a market, we always have to know a bit more than the rest of them. Once everybody starts using the same model, I think the returns will plummet to risk-free levels. Why else do you think we keep inventing more and more complex exotics?

Summing up…

The current financial crisis has been blamed on many things. One favourite theory has been that it was brought about by the greed in Wall Street — the so-called privatization of profits and socialization of losses. Incentive schemes skewed in such a way as to encourage risk taking and limit risk management must take at least part of the blame. A more tempered view regards the turmoil as a result of a risk management failure or a regulatory failure.

This column presents my personal view that the turmoil is the inevitable consequence of the interplay between opposing forces in financial markets — risk and rewards, speculation and regulation, risk taking and risk management and so on. To the extent that the risk appetite of a financial institute is implemented through a conflict between such opposing forces, these crises cannot be avoided. もっと悪い, the intensity and frequency of similar meltdowns are going to increase as the volume of transactions increases. This is the inescapable conclusion from non-linear dynamics. 結局, such turbulence has always existed in the real economy in the form cyclical booms and busts. In free market economies, selfishness and the inherent conflicts between selfish interests provide the stretching and cohesive forces, setting the stage for chaotic turbulence.

Physics has always been a source of talent and ideas for quantitative finance, much like mathematics provides a rich toolkit to physics. In his book, ファイナル理論の夢, Nobel Prize winning physicist Steven Weinberg marvels at the uncanny ability of mathematics to anticipate physics needs. 同様に, quants may marvel at the ability of physics to come up with phenomena and principles that can be directly applied to our field. 私には, it looks like the repertoire of physics holds a few more gems that we can employ and exploit.

ボックス: Heisenberg’s Uncertainty Principle

Where does this famous principle come from? It is considered a question beyond the realms of physics. Before we can ask the question, 我々は、原則として、本当に言うことを検討する必要が. ここではいくつかの可能な解釈があります:

  • 位置、粒子の運動量は、本質的に相互接続されている. 我々はより正確に勢いを対策として, 粒子の種類 “広がる,” ジョージ·ガモフのキャラクターとして, 氏. トンプキンス, それを置く. 言い換えると, それはちょうどそれらのものの一つです; 世界の仕組み.
  • 私たちは、位置を測定する場合, 我々は勢いを乱す. 当社の測定プローブは、 “太りすぎ,” 言ってみれば. 我々は、位置精度を向上させるように (短い波長の輝く光による, 例えば), 私たちは、勢いますますを乱す (短波長の光は、より高いエネルギー/運動量を有しているため).
  • この解釈に密接に関連不確定性原理が、知覚限界であることである.
  • 我々は将来の理論はそのような限界を超える可能性があることを考慮すれば、我々はまた、認知限界と不確実原則と考えることができます.

最初のビューは現在、人気があり、量子力学のいわゆるコペンハーゲン解釈に関連している. それは議論にあまりにも開いていないためだが、それを無視してみましょう.

第二の解釈は、一般に、実験の困難として理解される. しかし、実験の概念は不可避人間の観察者を含むように拡張された場合, 我々は知覚限界の3番目のビューに到着. このビューでは、, それはに実際に可能である “導き出す” 不確定性原理, based on how human perception works.

のは、我々は波長の光のビームを使用していると仮定してみよう lambda 粒子を観察する. 我々は達成していくことができ、位置精度の順である lambda. 言い換えると, Delta x approx lambda. 量子力学では、, 光ビーム内の各光子の運動量は、波長に反比例する. 少なくとも一つの我々はそれを見ることができるように、光子は、粒子によって反射され. そう, 古典的な保存則による, the momentum of the particle has to change by at least this amount(approx constant/lambda) それは、測定の前にあったものから. このようにして, 知覚引数を通して, 私たちは、ハイゼンベルグの不確定性原理に似て何かを得る

Delta x.Delta p approx constant

我々は、この引数は、より厳格なことができます, と定数の値の推定値を得る. 顕微鏡の分解能は、実験式によって与えられる。 0.61lambda/NA, どこ NA 開口数, 一方の最大値を有する. このようにして, 最高の空間分解能がある 0.61lambda. 光ビームの各光子は勢いを有する 2pihbar/lambda, 粒子の運動量の不確実性はある. だから我々は取得 Delta x.Delta p approx 4hbar, 量子力学的限界よりも大きな大きさのおよそ順.

より厳密な統計的な引数を通じ, 空間分解能に関連すると予想される勢いを転送, それは推論のこのラインを通してハイゼンベルグの不確定性原理を導き出すことが可能かもしれない.

我々の現実は私たちの知覚刺激の認知モデルであることを哲学的見解を考えると (その私には理にかなっているだけである), 不確定性原理は、認知限界であることの私の第四の解釈はまた、水のビットを保持している.

執筆者について

The author is a scientist from the European Organization for Nuclear Research (CERN), who currently works as a senior quantitative professional at Standard Chartered in Singapore. More information about the author can be found at his blog: http//www.Thulasidas.com. The views expressed in this column are only his personal views, which have not been influenced by considerations of the firm’s business or client relationships.

スペースとは何ですか?

これは奇妙な質問のように聞こえる. 我々は、すべてのスペースが何であるかを知っている, それが私たちの周りのすべてです. 私たちは私たちの目を開くと、, 我々はそれを参照してください。. シーイングは信じるされている場合は, その後質問 “スペースとは何ですか?” 確かに奇妙なものである.

公平を期すために, 私たちは実際にスペースが表示されない. We see only objects which we assume are in space. むしろ, 我々はそれはそれが保持​​しているか、オブジェクトが含まれている何でものようにスペースを定義する. これは、オブジェクトが自分のことを行うアリーナで, 私たちの経験を背景. 言い換えると, 経験は、空間と時間を前提としている, と科学理論の現在の人気の解釈の背後にある世界観の基礎を提供.

明らかではないが, この定義 (or assumption or understanding) スペースの哲学荷物が付属しています — リアリズムのこと. 現実主義者の見解は、同様にEinstienの理論の現在の理解で支配的である. しかし、アインシュタイン自身は盲目的にリアリズムを受け入れていない可能性があります. なぜ他と彼は言うだろう:

リアリズムのグリップから脱却するためには, 私たちは質問接線方向にアプローチする必要が. それを行う1つの方法は、視力の神経科学と認知の基礎を研究することによってである, そのすべての後にスペースの現実に有力な証拠を提供しています. スペース, 概して, is the experience associated with sight. もう一つの方法は、他の感覚の体験相関を調べることです: 音とは何ですか?

私たちは何かを聞くと, 私たちが聞くことはある, 自然に, 音. 私たちは、音を体験, 強度と私たちに話をしている者について多くのことを教えて時間変化, 何ように破壊され、. しかし、たとえすべての余分な豊かさを剥がした後、私たちの脳が経験に追加, 最も基本的な経験はまだです “聞こえる。” 私たちは皆、それが何であるかを知っている, しかし、我々はそれ以上基本的な用語でそれを説明することはできません.

それでは、ヒアリングの責任の感覚信号を見てみましょう. 私たちは知っているように, これらは、その周りに空気中の圧迫とくぼみを作る振動体によって作成された空気中の圧力波である. 池の波紋のような多くの, これらの圧力波は、ほぼすべての方向に伝播する. これらは私たちの耳によってピックアップされている. 巧妙なメカニズムによって, 耳は、スペクトル分析を行い、電気信号​​を送信する, 概ね波の周波数スペクトルに対応する, 私たちの脳へ. あることに注意してください, これまでのところ, 私たちは、振動体を持っている, バンチングと空気分子の拡散, と空気分子のパターンについての情報を含む電気信号. 私たちは、まだ音を持っていない.

音の経験は、私たちの脳が実行する魔法です. これは、調性の表現と音の豊かさに空気圧力波パターンをコード化する電気信号に変換し. 音は振動体の固有特性または立ち木ではない, それが私たちの脳はや振動を表現することを選択した方法である, より正確に, 圧力波のスペクトルを符号化する電気信号.

それは私たちの聴覚感覚入力の内部認知表現を鳴らす呼び出ししても意味がありません? あなたが同意する場合, その後現実自体が私たちの感覚入力の私たちの内部表現である. この概念は、実際にははるかに深遠それは最初に表示されていることである. 音の表現である場合, とても香りがある. だから、スペースがある.

Figure
フィギュア: 感覚入力の脳の表現の過程のイラスト. 臭気は、化学組成と濃度レベル私たちの鼻の感覚の表現である. 音が振動するオブジェクトによって生成される空気の圧力波のマッピングです. 間近に, 私たちの表現はスペースです, そしておそらく時間. しかしながら, 我々はそれが表現であるかわからない.

我々はそれを検討し、十分に理由の1著しい事実を音理解することができます — 我々はより強力な意味を持っている, すなわち私たちの光景. 光景は聴覚の感覚信号を理解し、私たちの感覚的経験にそれらを比較することを可能に. 実際には, 光景は音が何であるかを記述するモデルを作るために私達を可能に.

なぜそれが私たちが宇宙の背後にある物理的な原因を知らないということです? 結局, 我々は、匂いの経験の背後にある原因を知っている, 音, など. 視覚的な現実を越えて見るために私達ができない理由は、感覚の階層にある, 最良の例を使用して説明. の小さな爆発を考えてみましょう, オフに行く爆竹のような. 我々は、この爆発が発生した場合, 我々は、フラッシュが表示されます, 報告を聞く, 燃え薬品の匂いを嗅ぐと熱を感じる, 私たちは十分に接近している場合は、.

これらの経験のクオリアは、同一の物理的なイベントに起因する — 爆発, よく理解された物理学. 今, 我々は同じ経験を持つに感覚をだますことができるかどうか見てみましょう, 本物の爆発の非存在下での. 熱と香りが再現することが非常に簡単です. 音の経験はまた、使用して作成することができ, 例えば, ハイエンドのホームシアターシステム. 私たちは、爆発の視線経験を再作成するにはどうすればよい? ホームシアター体験は、本物の再生不良です.

少なくとも原理的には, 我々はそのようなスタートレックでholideckように未来的なシナリオを考えることができます, 視力の経験を再作成することができる場所. しかし、視力も再作成された時点で, 爆発の実際の経験とholideckシミュレーションの間に違いがある? 視力経験がシミュレートされた臨場感のボケは視力が私たちの最も強力な感覚であることを示している, 私たちは私たちの視覚的な現実を超えた原因にはアクセスできません.

視覚は、現実の私達の感覚の基礎である. 他のすべての感覚は、視覚的な現実に裏付けまたは補完認識を提供する.

[この投稿は、からかなり借りている 私の本.]

ライト所要時間効果と宇宙論的機能

この未発表の記事では、私の以前の論文の続編です (また、ここで掲載 “電波源とガンマ線バースト管腔ブームですか?“). このブログのバージョンでは、抽象が含まれています, 導入と結論. 記事の完全版は、PDFファイルとして提供され.

.

抽象的な

光の走行時間の影響 (LTT) 光の有限速度の光学的症状である. 彼らはまた、空間と時間の認知画像に知覚的制約を考慮することができる. LTT効果のこの解釈に基づいて、, 私たちは最近、ガンマ線バーストのスペクトルの時間的·空間的変化のための新しい仮説モデルを発表 (GRB) と電波源. この記事では、, 私たちはさらなる分析を取り、LTT効果が膨張宇宙の赤方偏移観測などの宇宙論的な特徴を記述するのに優れたフレームワークを提供することができることを示して, および宇宙マイクロ波背景放射. 非常に異なる長さと時間スケールにおけるこれらの一見異なった現象の統一, その概念の単純さと一緒に, このフレームワークの好奇心有用性の指標とみなすことができる, そうでない場合、その有効性.

はじめに

光の有限速度は、私たちが、距離と速度を感知する方法に重要な役割を果たしている. 私たちはそれらを見るようなものではないことを知っているので、この事実はほとんど驚きとして来るべきではない. 私たちが見る太陽, 例えば, すでに私たちはそれを見た時点で8分古いです. この遅延は自明である; 私たちは今、太陽で何が起こっているかを知りたい場合は、, 私たちがしなければならないすべては8分間待つことです. 私たちは, それにもかかわらず, しなければならない “正しい” 私たちの知覚のこの歪みのために、光の有限速度まで私たちが見ているものを信頼する前に、.

何驚くべきことである (そしてめったに強調表示しない) それが来るときの動きを感知することである, 私たちは逆算することはできません私たちは太陽を見ての遅れを取ると同じように. 私たちは本当とは思えないほど高速で移動する天体が表示された場合, 私たちはそれがどのように迅速かつどのような方向に把握することはできません “本当に” さらに仮定をせずに移動する. この困難を処理する一つの方法は、物理学のアリーナの基本的な特性のために動きの私たちの知覚の歪みを帰することです — 空間と時間. アクションのもう一つのコースは、私たちの知覚と下層の間の切断を受け入れることです “現実のもの” そして、何らかの形でそれに対処.

第二の選択肢を探る, 私たちは、知覚映像を引き起こす根本的な現実を前提とし. 今後は、古典力学に従うように、この基本的な現実をモデル化する, と知覚の装置を通じて知覚絵をうまく. 言い換えると, 私たちは、基礎となる現実のプロパティに光の有限速度の症状の属性はありません. 代わりに, 私たちは、このモデルが予測する当社の認知絵をうまく、私たちは観察しないプロパティは、この知覚的制約から発信できるかどうかを検証する.

スペース, その中のオブジェクト, そして彼らの動きがある, 概して, 光学知覚の製品. 一つは、誰もそれを知覚するように知覚が現実から生じることを当然のそれを取る傾向にある. この記事では、, 私たちは私たちが知覚することは、基礎となる現実の不完全または歪んだ画像であるという立場を取る. さらなる, 私たちは、基礎となる現実のための古典力学をしようとしています (そのために私たちは絶対のような用語を使用, 実体のか物理的な現実) それが私たちの知覚映像と収まる場合には、私たちの認識が見て与えていない (私たちは、感知されたか、驚異的な現実を指す可能性がある).

私たちは知覚の症状が単なる妄想であることを示唆していないことに注意してください. 彼らはそうではありません; 現実は知覚の最終結果であるため、彼らは確かに私達の感知された現実の一部である. この洞察は、ゲーテの有名な声明の背後にあり, “目の錯覚は、光学真実です。”

私たちは、最近、物理学の問題に思考のこのラインを適用. 私たちは、GRBのスペクトル進化を見て、それはソニックブームのものと著しく類似していることが判明. この事実を使用して, 私たちは私たちの知覚としてGRBのためのモデルを提示 “管腔の” ブーム, ローレンツ不変性とその下の現実のための私達のモデルに従う、それが現実の私たちの知覚写真です理解して (認知絵を引き起こす) 相対論的物理学に違反する可能性が. モデルと観測特徴の間の顕著な合意, しかしながら, 対称電波源へのガンマ線バーストを超えて拡張, また、仮想的な管腔ブームの知覚的効果とみなすことができる.

この記事では、, 私たちはモデルの他の影響を見て. 私たちは、光の移動時間の間の類似で始まる (LTT) 特殊相対性理論での効果と座標変換 (SR). SRはLTTの効果に基づいて、部分的に導出されているため、これらの類似性はほとんど驚くべきものである. 次に、LTT効果の形式化として、SRの解釈を提案し、この解釈に照らして、いくつかの観測された宇宙の現象を研究.

ライト所要時間に及ぼす影響とSRの間の類似点

特殊相対性理論は線形互いに対して運動して座標系間の座標変換を求める. 私たちは、SRに組み込まれた空間と時間の性質に隠された仮定に直線性の起源をトレースすることができます, アインシュタインが述べたように: “最初の場所では、方程式は、我々は、空間と時間に属性均質性の性質のために線形でなければならないことは明らかである。” そのため直線性のこの仮定の, 変換式の元の導出が近づいて後退オブジェクト間の非対称性を無視します. 両方接近後退オブジェクトが常に互いに後退される2つの座標系で記述できる. 例えば, システムの場合 K 別のシステムに対して移動される k 正のX軸に沿って k, 安静時、オブジェクト内 K 正で x 負で別のオブジェクトながら後退さ x の原点に観察者に近づいている k.

アインシュタインの原論文の座標変換が導出される, ある程度, 光移動時間の現れ (LTT) 効果とすべての慣性系における光速度不変を課すの結果. これは、最初の思考実験の中で最も明白である, 棒で動く観測者が自分の時計を見つけるところにより、ロッドの長さに沿って光の進行時間の差に同期していません. しかしながら, SRの現在の解釈に, 座標変換は、空間と時間の基本的な性質と考えられている.

SRのこの解釈から生じる一つの問題は、2つの慣性フレーム間の相対速度の定義が曖昧になることである. 観察者によって測定された可動フレームの速度である場合, その後、コア領域から始まるラジオジェットで観察された超光速運動は、SRの違反となります. そのLT効果を考慮して、我々は推論することがある速度である場合, その後、我々はsuperluminalityが禁止されていること余分なアドホック仮定を採用する必要が. これらの困難は、SRの残りの部分からの光の走行時間の影響を解きほぐすすることが望ましい場合があることを示唆している.

このセクションでは、, 我々は、脳によって作成された認知モデルの一部として、空間と時間を検討します, と特殊相対性理論が認知モデルに適用されると主張している. 絶対的な現実 (SR-のような空間·時間は、私たちの認識となっている) SRの制限が従うことはありません. 特に, オブジェクトはsubluminal速度に制限されていない, 彼らは空間と時間の私たちの知覚のsubluminal速度に制限されているかのように、彼らは私たちに表示される場合があります. 我々は、SRの残りの部分からLTT効果を解きほぐす場合, 我々は、現象の広い配列を理解することができます, 私たちはこの記事で見るように.

SRとは異なり、, LTTの効果に基づいて考察がオブザーバーに近づいたオブジェクトの変換法の本質的に異なるセットになり、それらの彼から後退. より一般的に, 変換は、物体の速度及び監視者の視線との間の角度に依存する. LTTの効果に基づく変換式は、非対称的にオブジェクトに近づくと後退TREATので, 彼らは双子のパラドックスへの自然なソリューションを提供, 例えば.

結論

空間と時間は、私たちの目に光の入力の外に作成された現実の一部であるため, そのプロパティの一部はLTT効果の症状で, 特に動きの私たちの知覚に. 絶対的な, 物理的な現実は、おそらく光入力を生成することは、私たちは私たちの知覚空間と時間に帰するプロパティに従うことはありません.

我々はLTT効果がSRのものと定性的に同一であることを示した, SRは唯一互いに後退参照のフレームを考慮していることに注意. SRの座標変換の一部がLTT効果に基づいて導出されるため、この類似性は驚くべきことではない, そして、部分的に光がすべての慣性フレームに対して同じ速度で移動するという仮定に. LTTの兆候として治療において, 我々は、SRの第一の動機に対応していませんでした, これマクスウェル方程式の共変製剤である. これは、座標変換の電気力学の共分散を解きほぐすことが可能であり得る, それは、この記事で試みていないが、.

SRとは異なり、, LTT効果は非対称である. この非対称性はsuperluminalityに関連した双子のパラドックスへの解像度と想定因果関係違反の解釈を提供します. さらに, superluminalityの知覚はLTT効果によって変調される, と説明して gamma 線バーストと対称ジェット. 私たちは、記事で示したとおり, 超光速運動の認知も、宇宙の膨張と宇宙マイクロ波背景放射のような宇宙論的な現象の説明を保持している. LTT効果は、我々の認識の基本的な制約として考慮されるべきである, その結果、物理学の, むしろ孤立した現象のための便利な説明としてより.

私たちの知覚はLTT効果を介して濾過されていることを考えると, 私たちは絶対の性質を理解するために、私たちの知覚の現実からそれらをデコンボリューションする必要が, 物理的実在性. このデコンボリューション, しかしながら, 複数のソリューションでの結果. このようにして, 絶対的な, 物理的な現実は私たちの理解を超えている, あらゆる 想定 絶対的な現実のプロパティは、どれだけ結果として得られるを通じて検証することができます 知覚 現実は我々の観察と一致している. この記事では、, 私たちは、基礎となる現実は私たちの直感的に明白な古典力学に従うと仮定し、光の進行時間効果を介して濾過したときにそのような現実が認識されるだろうか質問をし. 私たちは、この特定の治療は私たちが観察し、特定の天体物理学と宇宙論的な現象を説明できることを実証した.

SRの座標変換は、空間と時間の再定義と見ることができる (または, より一般的に, 現実のもの) 光による移動時間の効果に対する運動の私たちの知覚の歪みに対応するために. 一つは、SRが適用されると主張するように誘惑される “リアル” 空間と時間, ではない私たちの知覚. 議論のこのラインは質問を頼む, 何本物だ? 現実は私たちの感覚入力から始まる私たちの脳内に作成さだけ認知モデルである, 視覚入力は、最も重要である. スペース自体は、この認知モデルの一部である. 空間の性質は、私たちの知覚の制約のマッピングである.

現実の真のイメージとして私たちの知覚を受け入れ、特殊相対性理論で説明したように、空間と時間を再定義するの選択は確かに哲学的な選択にのぼる. 記事で紹介した代替が現実は私たちの感覚入力に基づいて、脳内の認知モデルであることを現代の神経科学の観点からインスピレーションを得ている. この方法を採用することは、絶対現実の性質を推測し、私たちの本当の知覚にその予測された投影を比較するに私たちを減少させ. それは単純化し、物理学のいくつかの理論を解明し、宇宙にいくつかの不可解な現象を説明することができる. しかしながら, このオプションは、不可知の絶対現実に対するさらに別の哲学的な姿勢である.