タグ別アーカイブ: 生活

地上より永遠に

The temporal aspect of punishment extends beyond the span between the crime and its punishment. The severity of the punishment is also measured in terms of its duration. And death puts a definitive end to all man-made durations. This interference of death in our temporal horizons messes up what we mean by proportional punishment, which is the reason behind the general lack of gratification on Madoff’s long sentence. If a heinous crime like a senseless murder brings about only a life-sentence, and if you know that “生活” means only a couple of months or so, then the punishment in and of itself is incapable of deterring the crime. And when the crime is not as senseless, but prompted by careful material considerations, it is a deliberate risk-reward analysis that determines its commission. A comprehensive risk-reward analysis would involve, I imagine, a consideration of the probability of detection, the intensity and duration of the potential punishment, and the time one has to enjoy the spoils and/or suffer the punishment. There may be other factors to consider, もちろん. I wouldn’t know because I haven’t actually done such analyses. Not yet.

The smallpox story I mentioned earlier brings these considerations to the foreground, along with how the relatively high probability of death from the disease affects them. Knowing that there isn’t much time to enjoy life (or face the music), two older gentlemen of the story decide to go and feast themselves on a local prostitute of the village whom they have been eying for a while. It is not that the consequences (spousal anger, bad diseases etc.) of their action have changed. Just that their potential duration has decreased drastically because of the outbreak of smallpox. Knowledge of our death has a dramatic effect on our moral inhibitions born out of risk-reward analyses.

It is in this light that we have to examine clichéd statements like, “Live in the present moment,” または “Live everyday as though it is your last.” What do these statements really mean? The second one is especially interesting because it makes a direct reference to death. Is it asking us to shed our inhibitions vis-à-vis all our actions? もしそうなら, it may not be such a positive invitation (これ, もちろん, is a statement of value-judgment emanating form a sense of a morality of unknown origins). Or it could be a simple exhortation not to procrastinate — a positive thing by the same uncertain morality.

“Living in the present” is even more puzzling. I guess it comes from the Zen notion of “ここに” そして “now.” I can kind of understand the Zen notion in terms of cognitive neuroscience, although that is the sort of thing that Zen would ask us not to do — understanding one thing in terms of something else. According to the Zen school, an experience has to be assimilated before the intellect has a chance to color it in terms of preconceived notions and filters. In the absolute stillness of a mind, presumably brought about by years of introspection and intense mediation, experiences take on perceptually accurate and intellectually uncolored forms, which they say is a good thing. If the statement “Live in the present moment” refers to this mode of experiencing life, fine, I can go with that, even though I cannot fully understand it because I am not a Zen master. And if I was, I probably wouldn’t worry too much about logically understanding stuff. Understanding is merely a misguided intellectual exercise in futility.

As a moral statement, しかしながら, this invitation to live in the present moment leaves much to be desired. Is it an invitation to ignore the consequences of your actions? You compartmentalize your timeline into a large past, a large future and tiny present. You ignore the past and the future, and live in the present. No regrets. No anxieties. What else could this slogan “Live in the present moment” 意味する?

なぜ私は良いことがあります?

Knowledge of death is a sad thing. Not as a general piece of information, but in as applied to a particular individual. I remember only too vividly my own sense of helplessness and sadness towards the end of my father’s life, when it became clear to me that he had only a few weeks left. それまで, I could never really understand the grief associated with death of a loved one, given the absolute certainty and naturalness of death. 実際には, I couldn’t understand my own grief and often wondered if I was romanticizing it, or feeling it because it was expected of me.

It is very difficult to know people, even ourselves. There are multiple obscuring levels of consciousness and existence in our inner selves. And we can penetrate only a limited number of them to see within ourselves. Therefore I find myself doubting my grief, despite its directly perceived realness and existence. Perhaps the grief arising from the loss of a loved one is so primal that we do not need to doubt it; but I cannot help doubting even the most obvious of feelings and sensations. 結局, I am the dude who goes around insisting that reality is unreal!

ザ· “lossof a hated one, by virtue of its mathematical symmetry, should generate something like the opposite of grief. The opposite of grief is perhaps glee, although one is too civilized to let oneself feel it. しかし、真剣に, I once heard a stress reduction expert mention it. 彼は言った, “What if your boss stresses you out? Imagine, end of the day, he also will be dead!”

はい, the fact that we will all die is a serious social and moral problem. How much of a problem it is is not fully appreciated due to the taboo nature of the subject. I once read a novel in Malayalam describing a village in the sixties ravaged by smallpox. Some parts of this novel illustrated the connection between death and morality. あなたが参照してください。, morality is such a holy cow that we cannot examine it, much less question it, without being called all sorts of bad names. Being “良い” is considered a “良い” thing, and is taken to be beyond rationalization. 私は意味, we may ask questions like, “What is good?”, “What makes something good, something else bad?” など. But we cannot realistically ask the question, “Why should I be good?” Being good is just good, and we are expected to ignore the circularity in this statement.

For a minute, let’s not assume that being good is good. I think the knowledge of imminent death would make us shed this assumption, しかし、我々は、後でそれを取得します. 今のところ, let’s think of morality as a logical risk-reward calculation, rather than a god-given axiom. If somebody proposes to you, “Why don’t you shoot to be a drug dealer? [Pun attempted] Good money there…,” your natural reaction would be, “Drugs kill people, killing people is bad, no way I am getting into it.” 今, that is a moral stance. If you were amoral, you may think, “Drug dealing involves violence. There is a good chance that I will get shot or caught. Thirty to life in a federal penitentiary is no walk in the park. No way I am getting into it.This is a risk-reward analysis, but with the same end result.

I put it to you that the origin of most of our morality is this risk-reward analysis. If it wasn’t, why would we need the police and the criminal justice system? It is this risk-reward analysis that can get skewed because of an impending death, if we let ourselves notice it. あなたが参照してください。, the concept of crime and punishment (or action and consequence, to be value-neutral) is not so simple, like most things in real life. To be a deterrent, the severity of punishment has to be proportional, not only to the foulness of the crime, but also to the probability of its detection. 例えば, if you know that you will get caught every single time you speed, speeding tickets need not cost you thousands of dollarsa couple of dollars will do the trick of discouraging you from speeding. Such minuscule punishments do exist for littlecrimes.In public toilets, leaving the shower or sink faucet running would be a small crime because it wastes water, and the landlord’s funds. To fight this crime came spring-loaded faucets that shut themselves down after ten or 15 seconds. So you getcaughtevery time you try to leave the water running, but the “punishmentis merely that you have to push the release button again. Now we have faucets with electronic sensors with even shorter temporal horizons for crime and punishment.

The severity of a pain is not merely its intensity, but its duration as well. Given that death puts a definitive end to our worldly durations, how does it affect our notion of punishment commensurate with crime? My third post on the philosophy of death will examine that aspect.

タブートピック

死はタブーです. 我々はそれについて話を想定していない, あるいはそれについて考える. それはほとんど私たちが行った場合のようなものです, 死は私達の通告がかかる場合があります, 我々は注目のようなものなしで行うことができます. 私たちはどこでもまったく目立たないようにするには, それは死の前にある.

私が見ている シックス·フィート·アンダー 最近, その死に対するこれらの黙想の後ろにおそらく. でも、私は好奇心 — なぜ死そのようなタブーの話題です, その自然必然性にもかかわらず、? 私はタブーの迷信種類を意味するものではありません (“しないでください, ない, ない, あなたはいつでもすぐに死ぬつもりされていません, タッチウッド!”), しかし、知的種類. あなたがビールの上または夕食のテーブルでそれについての会話を保持しようとした場合について来る寒さのようなもの. なぜ、死はそのようなタブーである?

私たちは死のちょうど怖がっていると言うことは、単純化のビットです. 確かに私たちは死を恐れ, しかし、我々はより多くの人前で話すの恐怖, 我々はまだ後者について話すことができます. 私たちは、他の場所で死の特別tabooness理由を見つける必要があります.

死についての特別なことの一つは、それは素晴らしいイコライザーであるということです — 鑑賞するほとんどあまりにも明白な事実. 誰もが死ぬ — 関係なく、彼らは彼らの生活の中で何でも他の. おそらく、フィールドのこの究極のレベリングが私たちの間で、より競争力に少し苦痛かもしれ. 我々は舞い上がるしかし高い, 我々はシンクまたはが低い, 私たちの日の終わりに, スコアはすべてリセットされ、スレートは、きれいに拭いている.

このスレート拭く事業は、別の理由で面倒で. それはとても気永久的である. その永続性は、我々が通過し、痛みや苦しみ、他の種類の中には決して存在する側面を持ってい (人前で話すなど、). マイナー痛みを処理するために、私の個人的な技術の一つ (そのような根管など, 愛する人の喪失など、またはより深い傷) 永続性のちょうどこの欠如を利用することである. 私はそれが合格しようとしていること自分自身を思い出させる, 時間内に. (いくつかの奇妙な理由, 私はフランス人でこれを行う, “イット·ウォント·ビー·ロング,” しかし, 正確であるために, 私は自分に言い聞かせされるべきだと思う, “それは続かないだろう。”) 彼は彼の腕を折ったと耐え難いほどの痛みにいたとき、私も、私の息子と一緒に、この技術を共有. 私は苦しみがすぐに和らぐだろうと彼に言われた. よく, 私は別の言葉を使ってそれを言った, と私は少し仲間が理解空想, 彼は彼の頭をオフに叫んで保たれているが.

私たちはいずれかを処理することができます “通常の” ただそれを待っていることで痛み, 死のではなく、痛み, 永遠に続くもの. それは続く. それの私たちの恐怖の背後にあるこの永続性はありますか? たぶん. 絶対的な耐久性と絶対的な不浸透性が来る, すべてのスパイダーマンファンは感謝するだろうとして、. どのような死の向こうにあることは知られていない. そして、不可知. 私たちの向こうにあるものについて様々な神秘的なことを言って、世界のすべての宗教にもかかわらず (あなたが知っている, 天国と地獄のような, カルマと生まれ変わりなど), 誰も実際にそれを信じていない. 私は知っている, 私は知っている, いくつかは、正直に、彼らは本当に行うことを主張すること, しかしいざとなると, 本能的に, 良いレベル, 誰もしません. 彼らは天国に終わることが確実されていないもの. なぜ他聖なる男性は、セキュリティの詳細を持っているだろう? 中に 人間の絆, モームは、この奇妙な欠如を似顔絵 (または不可能) Blackstableの牧師の最後の日の彼の描写で向かい合っ死本当の信仰の.

目的のいずれかの感覚と一緒に暮らす, 私たちは死を無視することがあると思う. 存在の有限のスパンは、複数のレベルでちょうど不合理である. これは、すべて私たちの高尚な目標や不条理な理想を作る. それは、善と悪不条理の私たちの理にかなっている. それは、我々は不条理人生の目的として考える何でもできます. それも、DNAベースの進化の説明で提案された人生のささやかな目的を作る (私たちは少し長く住みたいこと) 不条理な, 時間の無限大と比較した場合、私たちの寿命の任意の有限インクリメントのために本質的にゼロである, 私たちの間でオタク系のものが容易に理解するであろうように. 要するに, 人生に一つだけ本当の問題がある, その死である. 我々は税金を瀕死と支払いを回避することができないので, 我々は考え、それについて話して回避することができかもしれ — 死の話題のタブー自然の背後にあるもっともらしい理由.

お金を稼ぐ方法

After my musings on God and atheism, which some may have found useless, let’s look at a supremely practical problem — how to make money. それをロードします. 明らかに, それは、Googleの中で最も頻繁に検索フレーズの一つです, その結果は通常、あなたの現金からあなたを分離しようとするのではなく、あなたがそれの多くをお手伝い.

公平を期すために, this post won’t give you any get-rich-quick, 確実なスキームや戦略. 何がなぜ、​​どのように一部の人がお金を稼ぐあなたは教えてくれます, うまくいけば、いくつかの新しい洞察を発見. あなたは、仕事と自分自身を豊かにするために、これらの洞察のいくつかを置くことができるかもしれ — あなたはあなたの幸せの嘘を考える場所ですいる場合.

そろそろ, それは彼らが他の誰かのために働くことによって不潔な金持ちになることができないこと、ほとんどの人には明らかである. 実際には, that statement is not quite true. それらを採用する企業の株主のためのCEOや幹部は、すべての作業, しかし豊富な汚いです. 少なくとも, それらのいくつかはある. しかし, 一般に, それはあなたが会社で働いて深刻なお金を稼ぐことができないことは事実である, 統計的に言えば.

あなた自身のために働く — あなたは非常に幸運と非常に才能があれば — あなたは、バンドルを行うことができる. 私たちは言葉を聞くと “金持ち,” 頭に浮かぶの人がなる傾向があり (A) 起業家/実業/ソフトウェアモーグル — ビル·ゲイツのような, リチャード·ブランソンなど, (B) 有名人 — 俳優, ライターなど, (C言語) 投資専門家 — ウォーレン·バフェット, 例えば, そして (D) マドフ学校の詐欺師.

金持ちのすべてのこれらのカテゴリに横切る共通のテーマがある, 彼ら彼らのお金作る努力. それは、拡張性の概念である. それをよく理解するために, 例えば、あなたがプロとして作ることができるどのくらいのお金には限界がある理由を見てみましょう. 例えば、あなたが、非常に成功しているとしましょう, 高度に熟練したプロ — 脳外科医を言う. あなたは$ 10kの手術を充電, and perform one a day. だから、あなたが作る約 $2.5 百万円. 大金, 間違いなく. あなたはしかし、それをスケールアップするにはどうすればよい? 2倍の長作業などを充電することにより、, あなたが作るこ​​とができるかもしれ $5 百万 $10 100万. しかし、あなたが越えて行くことができなくなりますには限界がある.

制限は、基本的な経済取引があなたの時間を売る伴うため約来る. あなたの時間は、高度なスキルと高価であるかもしれないが, あなたしかいない 24 hours in a day to sell. それはあなたの限界です.

今の例を取る, 言う, ジョン·グリシャム. 彼はベストセラーの本を研究し、書いて自分の時間を費やしている. その意味で, 彼は同様に彼の時間を販売している. But the big difference is that he sells it to many people.

私たちは、Windows XPのようなソフトウェア製品に同様のパターンを見ることができます, アーティストによる公演, スポーツイベント, のように映画や. 一つのパフォーマンスや成果は何度も販売されている. 想像力のわずかな伸びで, 私たちは、起業家でも自分の時間を売っていると言うことができます (彼らは彼らのビジネスをセットアップに費やすこと) 複数回 (顧客への, クライアント, 乗客など) これは、時間の不足に約来るスケーラビリティの問題に対処する唯一の方法です.

投資専門家 (銀行家) あまりにもそれを行う. 彼らは大衆に販売することができ、新製品やアイデアを開発. 加えて, they make use of a different angle that we discussed in the お金の哲学. They focus on the investment value of money to make oodles of it. 彼らは預金としてあなたのお金を取ることをこれほどではない, ローンとしてそれを貸し出す, と普及を稼ぐ. これらの単純な時間は永久になくなっている. 銀行は投資家が、可能な限り低いリスクに可能な限り最高の返還を請求するという事実を利用する. このリスク·リターン封筒をプッシュするあらゆる機会が潜在的利益である. 彼らはあなたのためにお金を作るとき , 彼らは彼らの補償を要求し、あなたはそれを支払うために満足している.

そのようにそれを置く, 投資はプラスのコンセプトのように聞こえる, それは, 思考の私達の現在のモードでの. 私たちは、簡単に貪欲としてお金の投資価値のための需要を描いたことで、それを否定的なものを作ることができます. その後、私たちのすべてが貪欲であるということになる, それは、その燃料のトップレベルの幹部の非常識な報酬パッケージを私たちの貪欲であること. グリード、また、燃料詐欺 – ポンジーとピラミッドスキーム.

There is a thin blurry line between the schemes that thrive on other people’s greed and confidence jobs. あなたが他人のために収入を得ているスキームを考え出すことができれば, と法的に滞在 (道徳的でない場合), then you will make money. You can see that even education, 伝統的に高いと考え追求, 将来の収益に対する投資は確かにある. その光の中でページビュー, さまざまな学校で授業料および給与卒業生コマンドとの間の相関関係を理解するだろう.