タグ別アーカイブ: 気分

言語

80年代後半にはインドを離れる前に, 私は私の第三の言語としてヒンディー語を少し話すことができ. 英語第二言語だった, そして マラヤーラム語 私の母国語. 私は、想像力をたくましくすることによってヒンディー語に堪能ではありませんでした, 私はそれが十分にドア·ツー·ドアのセールスマンを取り除くために話すことができ, 例えば.

これはまさに私の父 (確認されたヒンディー語、phobe) 私の訪問の家の1時、永続中はどのように頼んだ, ヒンディー語を話すサリーのセールスマンは、私たちの正面玄関の上にマウスを移動した. その頃までには, 私はアメリカで6年間過ごした (そして私の英語は非常に良いと考えられ) フランスで数年 (ことを知っているのに十分 “非常に良い英語” 大したませんでした). だから、サリー·WALAを取り除くために, 私はヒンディー語で彼と話をし始めた, そして奇妙なことが起こった — それがすべてだった フランス語 それが出てきました. ない私の母国語, なく、私の第二または第三の言語, しかしフランス語! 要するに, その日街をローミング非常に混乱サリーのセールスマンがあった.

真の, ヒンディー語とフランスの間にいくつかの類似点があります, 例えば, 疑問詞の言葉の音での, 中立のオブジェクトと愚かな男性的、女性的な性別. しかし、私はそれがFrenchnessのほとばしるを引き起こしていたものだったとは思わない. フランス人は、私の脳内でヒンディー語に置き換えたかのようにそれは感じた. ヒンディー語を話すことを配線された私のどのような脳細胞 (ひどく, 私が追加される場合があり) ラfranciaiseを再配線されていた! いくつかの奇妙な資源配分メカニズムは、私の知識や同意なしに私の脳細胞をリサイクルした. 私は自分の脳内で、このフランスの侵攻は衰えることなく続け思うし、同様に私の英語の細胞の塊を同化. 最終結果は、私の英語は、すべて台無しにしまったということでした, そして、私のフランス語が十分ではやったことがなかった. 私は混乱して脳細胞のためのビット気の毒に感じています. カルマ, 私は推測する — 私はサリーのセールスマンを混同してはいけない.

冗談で話されているが, 私は何を私が言ったことは真実であると思います — あなたが話す言語は、あなたの脳の異なるセクションを占有. 私の友人は大学院時代からフランス系アメリカ人の女の子です. 彼女はアメリカ語では識別可能なアクセントを持っていない. 彼女はフランスで私を訪問した後は, そして私は彼女が英語の単語を使用するたびに、フランス語を話しながら、ことがわかった, 彼女は明確なフランス語のアクセントを持っていた. 英語の単語は彼女の脳のフランスの部分から出てきたかのようだった.

もちろん, 言語はクリエイティブの手の中にツールになります. フランスで私のofficemateは断固としてまったくフランス語を学ぶことを拒否したスマートな英語のやつだった, 積極的にフランスの同化の兆候に抵抗した. 彼がそれを助けることができれば、彼はフランス語の単語を発声したことがない. しかし、その後、, 1夏, 2英語インターンが現れた. 私のofficemateは彼らを指導するように頼まれた. これら二人の女の子が彼を満たすために私たちのオフィスに来たとき, この男は突然バイリンガルになって、のようなものを言って始めた, “私たちはここで何をすべきか.. ああ, ソーリー, 私はあなたがフランス語を話すことはなかったことを忘れてしまった!”

Belle Piece

Here is a French joke that is funny only in French. I present it here as a puzzle to my English-speaking readers.

This colonel in the French army was in the restroom. As he was midway through the business of relieving his bladder, he becomes aware of this tall general standing next to him, and realizes that it is none other than Charles De Gaulle. 今, what do you do when you find yourself a sort of captive audience next to your big boss for a couple of minutes? よく, you have to make smalltalk. So this colonel racks his brain for a suitable subject. Noticing that the restroom is a classy tip-top joint, he ventures:

“Belle piece!” (“Nice room!”)

CDG’s ice-cold tone indicates to him the enormity of the professional error he has just committed:

“Regardez devant vous.” (“Don’t peek!”)

La pauvre famille

[English version 以下に]

Je connaissais une petite fille très riche. Un jour, son professeur lui a demandé de faire une rédaction sur une famille pauvre. La fille était étonnée:

“Une famille pauvre?! Qu’est-ce que c’est ça?”

Elle a demandé à sa mère:

“Maman, Maman, qu’est-ce que c’est une famille pauvre? Je n’arrive pas à faire ma rédaction.”

La mère lui a répondu:

“C’est simple, chérie. Une famille est pauvre quand tout le monde dans la famille est pauvre”

La petite fille a pensé:

“ああ! Ce n’est pas difficile”

et elle a fait sa rédaction. Le lendemain, le professeur lui a dit:

“Bon, lis-moi ta rédaction.”

Voici la réponse:

“Une famille pauvre. Il était une fois une famille pauvre. Le père était pauvre, la mère était pauvre, les enfants étaient pauvres, le jardinier était pauvre, le chauffeur était pauvre, les bonnes étaient pauvres. Voilà, la famille était très pauvre!”

In English

I once knew a rich girl. ある日, her teacher at school asked her to write a piece on a poor family. The girl was shocked. “What in the world is a poor family?”

So she asked her mother, “Mummy, mummy, you’ve got to help me with my composition. What is a poor family?”

Her mother said, “That’s really simple, sweetheart. A family is poor when everybody in the family is poor.”

The rich girl thought, “Aha, that is not too difficult,” and she wrote up a piece.

The next day, her teacher asked her, “よく, let’s hear your composition.”

Here is what the girl said, “A Poor Family. Once upon a time, there was a poor family. The father was poor, the mother was poor, the children were poor, the gardener was poor, the driver was poor, the maids were poor. So the family was very poor!”