タグ別アーカイブ: 貪欲

ラッダイト思考

そのすべての気取りの場合, フランス料理はかなり素晴らしいです. 確か, 私は賞味目利きよん, しかしフランス人は本当によく食べる方法を知っている. それは、世界でも最高級のレストランはほとんどフランス人であることを少し不思議では. フランス料理のほとんどの極めて重要な側面は、通常、その繊細なソースです, 選択肢カットと一緒に, そして, もちろん, インスピレーションを発表 (AKA巨大なプレートと非常に小さい人前). シェフ, 彼らの背の高い白い帽子のもののアーティスト, 醤油の機微に主に彼らの才能を披露, 知識豊富な常連客は喜んでそれらの施設で多額の資金を引き渡すいる, の半分が呼び出されます “カフェ·ド·パリ” または単語を持っている “少し” 名前に.

真剣に, 醤油は王である (ボリウッド専門用語を使用する) フランス料理で, 私はより多くのフランス人シェフが工場出荷時に製造されたソースに頼られたことをBBCでこれを見たときに私はそれは衝撃的な発見. 彼らの高値サラダをツマゆで卵のさえスライスは、プラスチックに包まれた円筒形で来る. これはどのように可能性が? 彼らはどのように大量生産されたごみを使用し、最高級の美食の体験を提供するふりをできた?

確か, 私たちは、コーナーをカットするためのポリシーを駆動し、企業や個人の欲を参照し、食材の最も安いを使用することができます. しかし、ここで小さな技術のサクセスストーリーがあります. 数年前に, 私は、彼らはいくつかの中国のスーパーで偽の鶏卵を見つけたこと新聞で読む. 彼らはあった “新鮮な” 卵, 殻付き, 黄身, 白人とすべてのもの. あなたも、彼らとオムレツを作ることができる. ことを想像して — 実際の鶏卵は、おそらく生産する唯一の数セントの費用. しかし、誰かがそれよりも安い偽の卵を稼ぎ出すことができ、製造プロセスを設定できます. あなたが関与して創意工夫に感心する必要が — ない限り、, もちろん, あなたはそれらの卵を食べている.

私たちの時代の問題は、この口に合わない工夫がすべての普及しているということです. それは当たり前です, しない例外. 私たちは、おもちゃに汚染された塗料でそれを参照してください。, ファストフードに加工し、有害ごみ (あるいは高級レストラン, どうやら), ベビーフードで毒, 財務書類上で想像力豊かな微プリントと “エンドユーザー使用許諾条件”, 標準以下のコンポーネントおよび重要な機械で見掛け倒しの技量 — 私たちの現代生活のあらゆる面に. そのような背景を考えると, 我々はその方法を知っていますか “オーガニック” 作る, 我々はそれのための多くの4倍を支払うのに, いずれかが正常な生産とは異なります? 顔のない企業の貪欲にすべてを置くために、, 私たちのほとんどは何をする傾向があるように, 少し単純化され. 企業行動に私たち自身の集合的な欲を見てさらに一歩行く (私は誇らしげに何度か行ったように) また、おそらく自明である. 法人は、これらの日は何ですか, そうでない場合、あなたと私のような人々の集まり?

より深く、より厄介なものは、すべてこの中にあります. 私はいくつかのまとまりのない考えを持っている, そして進行中のシリーズでそれを書くしようとします. 私は、わたしのこれらの考えは悪名高いユナボマーにより、未普及ラッダイトものと同様の音にしようとしている疑いがある. 彼のアイデアは、狩猟採集種類の私たちの通常の動物的本能は、我々がに開発した現代社会によって窒息されているということでした. そして, 彼の見解では, この歓迎されない形質転換及びその結果としての緊張とストレスが唯一の私たちの、いわゆる開発のプロパゲータの無秩序破壊によって対抗できる — すなわち, 大学や他の技術ジェネレータ. したがって、無実の教授の爆撃など.

はっきりと, 私はこのラッダイトのイデオロギーに同意しない, 私が行った場合のために, 私が最初に自分自身を爆撃しなければならない! 私は思考のはるかに少ない破壊的なラインを看護してい. 私たちの技術の進歩とその意図しないバックラッシュ, 増え続ける周波数と振幅を持つ, 私のオタクの心を魅了し、何かを思い出させる — 構造間の相転移 (層流の) 混沌とした (乱) 物理システム内の状態 (流量が一定のしきい値を超えるとき, 例えば). 私たちは私たちの社会システムや社会構造に相転移のようなしきい値に近づいている? 私のムーディーラッダイトの瞬間に, 私たちはあると確信感じる.

Systems and People

One of my friends found my post on Bill Gates and his philanthropic efforts less than persuasive. He said Bill just couldn’t be a good guy. It may be true, I just have no way of knowing it. I am in a benevolent and optimistic mood in the last few years, so I tend to see the rosy side of things. My friend’s objection was that Gates would squeeze blood out of a stone, if he could, while what he probably meant was that Microsoft was as ruthless a corporation as they came. Therein lies the crux of the problem with our modern era of greed and excess. We see the figureheads standing in front of the soulless corporate entities and attribute the evils of the latter to them. 真の, the figureheads may not all be innocent of greed and excesses, but the true evil lies in the social structure that came with the mega corporates, which is what I wanted to talk about in this note. What is this “システム”?

It is a complex and uneasy topic. And this little analysis of mine is likely to draw flak because it is going to point right back at us. Because we are all part of the system. So let me spell it out right away. It is our greed (はい, yours and mine) that fuels the paychecks of those fat cats at the helm of large companies because they can and do exploit our unreasonable dreams of riches and creature comforts. It is our little unkindnesses and indifferences that snowball into the unstoppable soullessness of giant corporations. We all had our little roles to play, and nobody is innocent. そこ, I have said it.

Before I accuse you and me of being part of the system (a possibly evil one), I have to clarify what I mean by “the system.” Let’s start with an example. We buy a coffee from Starbucks, のために, say five bucks. We know that only a couple of cents of the money we pay will actually go to the farmer in Africa who produced the most important ingredient — the coffee. 今, Starbucks would tell you that it is not just the coffee that they are selling, it is the experience, the location, and of course, high-quality coffee. All true. But where does the rest of the money go? A large part of it will end up in the top executives’ compensation. And why do we find it normal and tolerate it? Of the many reasons, the primary one is simple — we do it because we can afford to. And because we want to feel and show that we can pay five bucks for a cup of coffee. A bit of vanity, a bit of extravagance — some of the vices we don’t like to see in ourselves, but the soulless giants cynically manipulate.

The trouble with the system, 生活の中でほとんどのものと同様に、, is that it is not all white or black. Look at Starbucks again. Its top brass is likely to be enjoying obscene levels of rewards from our foibles and the remote coffee farmers’ helplessness. But they also employ local kids, pay rent to local landlords, and generally contribute to the local economy. Local benefits at the expense of remote pains and personal failings that we’d rather not see. But the remote pains that we distance ourselves from are real, and we unwittingly add to them.

The system that brings about such inequities is much more pervasive that you can imagine. If you are a banking professional, you might see that at least part of the blame for the coffee farmers’ unhappiness lies with the commodities trading system. But it is not something that stands on its own, with no relation to anything else. When you get your salary through a bank, the money in the account may be used for proprietary trading, resulting in huge profits and price volatilities (in food prices in the third world, 例えば). But you prefer to leave it in the bank because of the conveniences of credit/debit cards, automatic bill payments etc., and perhaps for the half a percent interest you get. You certainly don’t want to harm the poor farmers. But does the purity of your intentions absolve you of the hardships caused on your behalf?

The thing is, even you see this involvement of yours, decide to pull all your money out of the bank, and keep it under your mattress, it doesn’t make a goddamn difference. The system is so big that your participation or lack thereof makes no difference at all, which is why it is called a system. I feel that the only way you can make a difference is to use the system to your advantage, and then share the benefits later on. This is why I appreciated Bill Gates’s efforts. Nobody took more advantage of the system than he did, but nobody has more to share either.