タグ別アーカイブ: 環境

Environmental issues like the planet, poverty etc.

ビジネスとリーダーシップで倫理

[This post is the speech given by Prof. Surya Sethi at World Forum for Ethics in Business – 国際リーダーシップシンポジウム月曜日, 4月 2, 2012 シンガポール. 許可を得てここに再現。]

私は、気候変動との関連や世界的なエネルギー危機の中、持続可能性のための信頼回復事業に関連する問題の広いスペクトルをカバーするために求められている. 重要なことには, 私はでそうするように求められている 10 私たちがしている都市国家の効率性を反映した分.

私は道徳的、倫理的価値とを区別することから始めてみましょう. 私は今朝聞いたものに基づいて, 道徳と倫理の間で若干の混乱があるように見える. 前者は個別の文字を定義し、善悪や良い面と悪い面の個人的な判断に基づいています. 後者は、本質的に基準や行動規範である, 特定の文脈で予想, 個人が属するグループから. 倫理は、一般的に社会的包含, 企業の, 国民, 専門家や他の同様の成形体. 個別に, 私たちは、道徳的に間違って殺すことを検討しかし数千人を殺害軍は倫理的とみなされ、多くの場合、共通の利益のために勇気の行為として飾られている.

ビジネス企業, 今日, 道徳的に直立個人が集合的に私たちは残忍と共有する惑星を殺していることにより、主に有人, 戦争のそれと一致する強さと速さ; 前例のない評価額と競争力の覇権を作成するための報わ結婚. 消費のための消費, 成長のための成長, 上記のすべてを維持する方針や政策立案者のための利益と支援のために利益がこれらの企業を導く倫理的価値である.

最後のオーバー地球の生態系への人為的な損傷 60 歳までの彼らの全体の歴史の中で人間がダメージを超える 1950. 物理間の微妙なバランス, 単一の相互依存のシステムとして地球を維持する化学的および生物学的プロセスを妨害されています. 地球は非常に少なくとも、以前の50万年間に展示さ彼女の自然変動の範囲外に移動しただけでなく. 地球のダイナミクスにおける非線形フィードバックによる急激な生態系の変化, 壊滅的な結果につながる, 今日現実の可能性あり. 倫理価格は決定されるべきであり、価格は市場によって決定されていない. アンダープライシング自然資本および付随するリスクを無視することは、消費ブームに拍車をかけている.

重要なことには, 成長, 消費と利点は一握りの特権階級に集中してきた. トップ 20% 世界が消費の 80% ボトムしばらくその出力の 80% バランスに住んでいる 20%. ボトム 20% 未満の消費量よりも悲惨な貧困の中で暮らして $1.25 そのようなこれらのグローバル不幸第三に家であるインドなどの国の名目セント単位でのPPP /日または約50cents /日. 所得貧困だけで行く, この悲惨なしきい値以下の生活を送って数がいくつかによって降りてくる 500 万人 - ほぼ完全なぜなら、中国の減少. しかしながら, そのような健康状態などのパラメータが含まれる広範な多次元貧困指数, 教育, 男女平等, アクセス, エンパワーメントなど. 約これらの極貧の人の割合をプッシュ 25% 世界人口の. 重要なことには, の世界の貧困ライン以下の人の数 $2 PPPの一日あたりの消費量は約で頑固に残る 2.5 億または約 36 % 人類の.

現代のエネルギー消費量は、人間開発指数と完全に相関している (HDI) それはまだ底を見逃さ 2.5 エネルギーに飢えたまま億. 一方 1.5 その中億, オーバーを含む 500 インド人, 電気へのアクセスがない, 2.2 10億, を含むいくつかの 850 インドからの人は、食品を調理するためのエネルギーの彼らの主なまたは唯一のソースとしてのバイオマスのいくつかのフォームを使用します –最も基本的な人間の必要性. より多くは、私たちがエネルギーの価格決定を行うたアクセスが拒否される, 地球最速の枯渇資源の一つ, その真の価値で. その主な理由は、裕福な別の継続不釣り合いな消費である.

OECD諸国, インドは世界最高の生活水準を楽しむよりも、少ない組み合わせ人口. まだ, 期間のOECDの増​​分商業エネルギー消費量 1997-2007 (金融危機の前に); た 3.2 インドの倍. この期間, 世界の商用エネルギー消費のインドのシェアは上昇したから 2.9% へ 3.6% OECDのシェアはから下落した 58% わずかに 50%. それは、世界最大のエネルギー消費国になったので、この低下は、単独で中国のシェアの成長によるものであった.

エネルギーの不均衡な消費は数字が明らかによりはるかに悪化している. グローバル化した世界では、, 大企業は、環境コモンズを含む安価な自然資本を求めてOECDの生産拠点のかなりの部分を移動させた, その貴重でも, 中国や発展途上国ではまだ無料で利用できます.

1は、その境界内に生産を消費ベースでの温室効果ガス排出量を見て、そうでない場合, その後、EU 15 排出量がアップすることである 47% 米国の排出量が上昇している 43% 以来 1990. EU-15の輸入が埋め込まれた排出量は約です 33% 国境内の排出量. これは、約に変換 3 エンベデッドの量で1人当たりCO2排出量のトーン. 埋め込まれた排出量は、米国の輸入です。 20% または約 4 トン/人 - で 2000, 米国とEU15の両方に埋め込まれた排出ガスの輸入のレベルのみであった 3% . 米国とEU-15のための輸入だけでは埋め込まれた排出量は二回あり、 1.6 インドの総一人当たりの温室効果ガス排出量のそれぞれ時刻.

私たちは大企業に言われているし、政策立案者がそれらによってサポートされている最大の嘘は、資源効率、持続可能性への答えであることである. 資源利用効率の大幅な向上にもかかわらず, 世界はこれまで以上に、今日より自然資本を消費していると私たちは、少なくともに自動操縦である 3.5 摂氏温暖化. IPCCは右である場合, これは近い将来に致命的なイベントや世界の貧困層の質量消滅を発揮します.

簡単に言うと, 消費と生産の電流パターン, 紳士淑女, 持続不可能である. そのような効率的なライトで学校や病院や緑の洗濯板の部屋を開くなどCSR活動は、単純に不十分である. また、不適切なその後、最初の影響や、単に単純な費用便益分析に基づく現行の規制を満たしているだけ金銭面で価値を見ているビジネスの考え方である

まず、化石燃料や自然資本の他の形態の私達の使用を制限した後、徐々技術革新に支えられクレードルパラダイムにクレ​​ードルにそれを減少させる政策の枠組みが必要. 当社の成長モデルは、数によって持続不可能な過剰消費が減少し、底にそれを再配布する包括的なものでなければならない 50% この世界の. しないでください, 私は、金持ちが貧しいことで貧困層を豊かにしようとしない - 私は単にボトムの権利を求める 50% 世界の消費によってもたらされる生命の尊厳を持っている 50% OECD内の貧困レベルの. 購買力平価ベースで世界第三位の経済大国となる現在の不平等 (インド) そのHDIの面で134番目に配置され、貧困層の世界最大濃度を有している, 栄養失調大人とアンダーウェイト子どもたちが持続不可能である.

悟りを開いたビジネスリーダーは、世代間の資源資本を保証する観点から持続可能性を定義するだけでなく、現在の世代内の不公平を除去し、それによって底に最小限の適応能力を提供しないという持続不可能を見なければならないだけでなく、 2.5 差し迫った突然の気候現象に直面した仲間の人間の十億.

締めくくりに, 私は言ったマハトマ·ガンジーを引用: "世界はすべての人のニーズを満たすのに十分でさえ一人の男の欲を満たすのに十分ではありませんがあります!"

私はあなたの時間と注意をありがとうございました.

ヒトウイルス

シラキュースの1痛烈美しい秋の日に, 私たちのグループは、物理学の大学院生は、質素な台所のテーブルの周りに集まりました. 私達は私達の華麗な教授を持っていました, Lee Smolin, 私たちに話して. 我々は非常に高い点で私たちの有望な指導者を開催しました. そして、我々はリーのための大きな期待を持っていました.

その日の会話の話題は少し哲学的でした, 私たちは熱心リーから発せられる知恵の言葉を吸収しました。. 彼は、地球が生きている生物と見なすことができるか、私たちに記述しました. 洞察力の引数と正確に変調glibのアーティキュレーションを使用しました (間違いなく, 世界最高の大学で知的決闘の年によって偽造), Lee made a compelling case that the Earth, 実際には, satisfied all the conditions of being an organism.

Lee Smolin, ところで, 後年に私たちの大きな期待に住んでいました, 評判の高い本を出版し、一般的に、現代物理学の世界で輝かしい痕跡を残します. 彼は今、このようなBBC Hardtalkなどの名門プログラムを通じて世界中の視聴者に話します, 私たちの誇りと喜びをはるかに.

The point in Lee’s view was not so much whether or the Earth was literally alive, しかし、生物としてのそれの思考は地球を表現するための実行可能な知的モデルでした. このような知的アクロバットは、私たちの物理学の学生の間では珍しくありませんでした.

ここ数年で, リーは実際に彼の本の一つでずっと遠く思考のこのモードをとっています, 進化の光で宇宙を描きます. 再び, 引数は文字通りに解釈されるべきではなく、, 生存のために争うのパラレルユニバースの束を想像. アイデアは、思考のモードが前方たちを運び、私たちの思考を導くようにすることです, 私たちは思考の運動から引き出すことができるどのような結論を参照してください。.

思考の同様のモードは、映画マトリックスで導入されました. 実際には, いくつかの深刻なモデルは、その映画の中で紹介されました, これはおそらく、その野生興行成功を煽っ. コンピュータのエージェント・スミスが提案されている一つの厭世モデルは、人間が地球上のウイルスであるということです.

映画の中の悪い男はそれを示唆するのは大丈夫です, しかし、新聞のコラムニストのための全く別の問題は、そうします. 私は地球のリーの概念が生物であると私たちのエージェントスミスの提案は、その上にウイルスである組み合わせとしてではなく、私と一緒にクマ. それが私たちを取る場所を見てみましょう.

それは生物に侵入する際、ウイルスが最初に行うことは、ホスト本体の遺伝物質を使用して繁栄することです. ウイルスは、宿主の幸福のための少しに関してそれをしません. 私たちの一部に, 私たち人間は、類似度が欠場するのは難しいであることを放棄ようにして私たちのホスト惑星から原料を略奪します.

しかし、類似点はそれだけではありません. ホスト上のウイルス感染の典型的な症状は何ですか? 一つの症状は、発熱の試合です. 同様に, 私たちのホスト地球上の私たちの活動に起因します, 私たちは地球温暖化の試合を通過しています. 不気味なほど似て, 私の見解で.

ウイルスの症状は、同様にただれや水疱に拡張することができ. 私たちは誇らしげに手付かずの森林や自然景観に作成都市や他の眼の傷を比較, it is not hard to imagine that we are indeed inflicting fetid atrocities to our host Earth. 我々は悪臭として、市内の下水道や汚染された空気を見ることができません, oozing ulcers on its body?

さらに一歩行きます, 我々はまた、カトリーナやアジアの津波などの自然災害が高いギヤに蹴っ地球の自然免疫系であることを想像できます?

私はこれらの極限にこの比較をプッシュする最高に冷笑的であることを知っています. あなたの愛する人の無邪気な顔を見てみます, あなたは、この比較で合法的に怒りを感じることができます. 私は邪悪なウイルスそれらを呼び出す方法をあえて? その後、再び, ウイルスは考えることができれば, それは悪のような宿主の体にその活動を考えるだろう?

それは怒りの感覚を和らげるしない場合, このウイルスのアナロジーは、文字通りの起訴ではなく、思考のモードがあることを覚えておいてください. それはいくつかの結論を得ることができるならば思考のようなモードのみ有用です. この人間のウイルスの比較から結論は何ですか?

ウイルス感染の最終的な結果は常に暗いあります. いずれかのホストが屈するか、ウイルスが宿主の免疫システムによって殴られます. 我々はウイルスであれば, 両方のこれらの事態が発生した場合、まずいです. 私たちは地球を殺すためにしたくありません. そして、我々は確かに地球によって絶滅させたくありません. しかし、それらは、ここで私たちのウイルス様活性の唯一の可能な結果です. 私たちが絶滅してしまいますことはほとんどありません; 我々はそのためにあまりにも洗練されています. 十中八九, 私たちは、私たちの惑星が住めないようになります. 私たちかもしれません, その時までに, 他の惑星系への移行の私たちの技術的手段を持っています. 言い換えると, 我々は幸運であれば, 我々は伝染することができます! これは、この知的運動の避けられない結論であります.

可能性が低いシナリオがあります — ホスト本体内共生ウイルスの存在. それはアル・ゴアと他の人が私たちのためにお勧め良性ライフスタイルの一種であります. しかし, 地球上で私たちの活動の株式を取ります, 私の最悪のビューは、それが平和的な共生のために遅すぎるということです. あなたはどう思いますか?

Happy New Year!

Here’s wishing you a Happy 2010… May your resolutions hold up longer than those of the years past. And may you find peace, happiness, good health and prosperity.

I started this new year with Avatar. And its no-so-subtle anti-neo-con messages fill me with a bit of optimism despite all the carnage all around us. May be there will be a bit more patience and understanding this year. A bit more sharing and caring. A bit less avarice and grabbing. May be all is not lost yet. Or is it just that this frog is getting used to the world slowly boiling me alive?

My resolution this year is to do a lot more light writing. Blogging and column-writing, すなわち. And to spend more time with the kids. Having just finished my second book, I feel I will have more time, and won’t have to shoo them away. May be I can now patiently listen to all their silliness. Like my dad used to listen to mine.

進化–反転論理

Evolution is usually described as “the survival of the fittest,” or as species evolving to adapt to the environment. To survive, to evolve, to adapt—these are action verbs, implying some kind of intention or general plan. But there is a curious inversion of logic, or reversal of causality in the theory of evolution. This is almost the opposite of intention or plan.

It is easiest to illustrate this inverted logic using examples. Suppose you are on a tropical island, enjoying the nice weather and the beautiful beach. You say to yourself, “This is perfect. This is paradise!” もちろん, there is some specific gene containing the blue print of your brain process that leads you to feel this way. It stands to reason that there may have been genetic mutations at some point, which made some people hate this kind of paradise. They may have preferred Alaska in winter. Evidently, such genes had a slightly lower chance of survival because Alaskan winters are not as healthy as tropical paradises. Over millions of years, these genes got all but wiped out.

What this means is that the tropical paradise does not have an intrinsic beauty. It is not even that you happen to find it beautiful. Beauty does not necessarily lie in the eyes of the beholder. It is more like the eyes exist because we are the kind of people who would find such hospitable environments beautiful.

Another example of the inversion of logic in evolution is the reason we find cute babies cute. Our genes survived, and we are here because we are the kind of people who would find healthy babies cute. This reversal of causality has implications in every facet of our existence, all the way up to our notion of free will.

参照: This post is an excerpt from my book, アンリアル·ユニバース.

津波

アジアの津波は、2年半前にインド洋沿岸地域に膨大な量のエネルギーを解き放つ. 地震からそれを離れて運ぶためには水がなかった場合は、このエネルギーに起こったただろうあなたは何を思いますか? 私は意味, 地震の場合 (同じ種類と大きさの) それがなかったとして代わりに海底の土地で行われた, おそらくこのエネルギーが存在していただろう. どのようにそれが現れただろう? より激しい地震など? 以上1?

私は地震ピクチャ (断面において) 片持ちばねは、ダウンして開催され、その後解放されているものとして. バネは次いで、潜在的なエネルギーの形で津波にエネルギーを伝達する, 水位の上昇など. 津波は放射状に広がるとして, それが転送される唯一の潜在的なエネルギーである; 水が横方向に移動しない, 垂直方向にのみ. それは海岸をヒットとして, ポテンシャルエネルギーは、海岸を打つ波の運動エネルギーに転送され、 (水は、横方向に移動する).

震源地から転送されたエネルギーの大きさを考えると, 私は転送する仕組みがなかった場合に起こったでしょう何推測しています. 任意の考え?