世界が点灯していますか?

Notwithstanding the certain rupture in the continuity of consciousness due to death, or a less certain rupture in that of a soul, 我々は別の中断のない流れを持っています,,en,生命の世界のこと,,en,この流れは、おそらく一連の突起と私たちのミラーニューロンの作業の最終結果であります,,en,世界は、誰かが死ぬという理由だけで停止しないこと,,en,私たちのほとんどは中年の人々は、愛する人を失いました,,en,すべての悲しみ,,en,私たちは生活が続いたことを知っています,,en,だから我々は簡単に私たちが死ぬときことがわかります,,en,私たちは私たちの愛する人が私たちを通して感じることに成功する可能性のあるすべての悲しみにもかかわらず、,,en,薄手の善行,,en,人生は続いていきます,,en,それはありません,,en,それは巨大な生命保険を買うために私たちを促し、この継続性について、当社の絶対的な確実性であります,,en,やや私たちの道徳的な行動のリスク・リターン分析を変調,,en,私は、この継続性の存在を否定するつもりはありません,,en,私はちょうどそれを行うことになっているものの誘惑,,en — that of life and of the world. This flow is the end result of a series of projections and perhaps the work of our mirror neurons. Let me explain. 私たちは 知っている that the world doesn’t stop just because someone dies. Most of us middle-aged folks have lost a loved one, そして, のために all the grief, we know that life went on. So we can easily see that when we die, despite all the grief we may succeed in making our loved ones feel through our sheer good deeds, life will go on. Won’t it?

It is our absolute certainty about this continuity that prompts us to buy huge life insurances, and somewhat modulates the risk-reward analysis of our moral actions. I am not going to deny the existence of this continuity, tempted though I am to do just that. 私は単にその額面でそれを受け入れることから私たちを妨げる可能性のある特定の事実を指摘したいです,,en,世界が私たちの死の後に行くための証拠は簡単です,,en,単純すぎるかもしれません,,en,私たちは、人が死ぬ見てきました,,en,しかし、私たちは生き,,en,ときに我々は死にます,,en,他の人が生きます,,en,しかし、あなたが見ます,,en,誰か他の人の死との間に深い違いがあります,,en,私たちは、私たちの意識や心の終わりとして死を考えています,,en,I緩くグループあなたの心と私の心などが、,,en,前の文で気に,,en,彼らは完全に別の実体であります,,en,それ以上の不斉システムは、想像するのは難しいです,,en,私の知っているだけで心,,en,これまでを知っているであろう,,en,私自身です,,en,あなたの心は唯一の鉱山での存在を持っています,,en,だから、私の心の終焉は、文字通りあなたの心の終わりです,,en,そして実際に、すべての心,,en. The evidence for the world going on after our death is simple, too simple perhaps: We have seen people die; but we live on. Ergo, when we die, other people will live on. But you see, there is a profound difference between somebody else’s death and あなたの 死. We are thinking of death as the end of our consciousness or mind. Although I loosely group your mind and my mind as “私たちの” mind in the previous sentence, they are completely different entities. 実際には, a more asymmetric system is hard to imagine. The only mind I know of, and will ever know of, is my own. Your mind has an existence only in mine. So the demise of my mind is literally the end of your mind (and indeed all minds) も. 世界は私の死で終わりが来るん,,en,非常に論理的に,,en,論理かかわらず,,en,少しフォーマルなと説得力に欠けます,,en,これは、独我論の萌芽します,,en,のは、別の角度から問題にアプローチしてみましょう,,en,我々は、このエッセイで先に行ったように,,en,さんは夢を見眠りのように死を考えてみましょう,,en,あなたは、このような状態にある場合,,en,世界はあなたのために存在します,,en,私はこの質問への通常の応答を知っています,,en,もちろん、それが存在します,,en,あなたはそれを感じることができないという理由だけで,,en,それが存在しないことを意味するものではありません,,en,それが存在しています,,en,それは十分です,,en,誰,,en,これは,,en,それは知っています,,en,そこに本当の摩擦があります,,en,あなたは意識を持っているのをやめるたら,,en,それは感謝寝たり死亡すること,,en,あなたはすべてを体験する能力を失います,,en,何の存在も含めて,,en, quite logically.

This argument, though logical, is a bit formal and unconvincing. It smacks of solipsism. Let’s approach the issue from a different angle. As we did earlier in this essay, let’s think of death as dreamless slumber. If you are in such a state, does the world exist for you? I know the usual responses to this question: Of course it exists; just because you cannot feel it, doesn’t mean that it doesn’t exist. あなた 知っている it exists, and that is enough. 今, who is this あなた that knows?

Therein lies the real rub. Once you cease to have a consciousness, be it thanks to sleep or death, you lose the ability to experience everything, including the existence of anything (またはその欠如). 今, 我々は、通常のアプローチを取ると物事はあなたがそれを経験する独立した存在があることを主張することができます,,en,それは自然だろう,,en,二元的なビュー,,en,あなたと他のすべて,,en,あなたの経験とその物理的な原因,,en,原因と結果,,en,作用反作用,,en,あなたは二元的な世界観を疑うし始め、疑うたら、あなたの経験はあなたの意識の中にあること,,en,いわゆる物理的な原因は、あなたの認知構造であることを,,en,あなたは別の世界観に向けて滑りやすい斜面上にあります,,en,それは世界があなたの死の後に行くことを主張するために、任意の理にかなっている場合は真剣に疑う1,,en,世界は単なる夢であります,,en,死んだ男の夢は、おそらくどのような意味を作ることができます,,en; that would the natural, dualistic view — you and everything else, your experiences and their physical causes, cause and effect, action and reaction, 等々. Once you begin to doubt the dualistic worldview and suspect that your experiences are within your consciousness, and that the so-called physical causes are also your cognitive constructs, you are on a slippery slope toward another worldview, one that seriously doubts if it makes any sense to assert that the world goes on after your death.

The world is merely a dream. What sense could a dead man’s dream possibly make?

コメント