カテゴリーアーカイブ: 生と死

人生を祝う, でも、死 — このカテゴリには、私のより個人的な投稿の一部が含まれています.

キャッチ22ジョセフ·ヘラーによって

私はそれを認めること恥ずかしい, しかし、私はしませんでした “得る” キャッチ22 私はそれを読んで初めて. それはいくつか20年前, 私は、あまりにも若かったかもしれ. 途中で私の第三は、数週間前に読んで, 私は突然実現 – それは風刺漫画でした!

似顔絵は、視覚的である; またはそう私は思った. キャッチ22, しかしながら, 文学似顔絵です, 私が読んでいるその種の唯一の. 残酷にクレイジーな世界のまばゆいばかりの狂気を揶揄その中にストーリーラインを探しているゲルニカで苦悩のために見ているようです。. それはどこにでもとどこにもあり. 私はどこを開始しなければならない? 私は私の複数の読み取りの上に、私は私が得たランダムな感想をメモしますね.

キャッチ22 自由放任主義上の1つの手厳しい起訴を含み, 企業を愛する, 自由市場, 資本主義的哲学. それは愛想の形態であり、, しかし、最終的には無情な, ミロMinderbinder. 考えられない価格設定の戦術で, ミロの企業は、誰もがシェアを持っている彼のシンジケートのためにお金を作る. どのようなシンジケートに適しています, 従って, 誰にとっても良いことがあります, 私たちはエジプト綿を食べるようなマイナーな不便を被ることをいとわない必要があります. 彼らの購買の旅行中に、, Yossarianとダンバーはひどい労働条件を我慢しなければならない, ミロながら, 無数の町やイランへの副ショーに市長, すべての生き物の快適さと生活の中で細かい事を楽しんでいます. しかし, ではないフレット, 誰もがシェアを占めている!

それは、ミロの間の類似点と現代企業の経営者を欠場するのは難しいです, 彼らのプライベートジェットへ押しながら、公共救済のために物乞い. ミロはみんなの利益のために国際政治や戦争の民営化時にでも、ヘラーの不思議な洞察は本当に厄介な割合を仮定. あなたが読んでいる場合は 経済ヒットマンの告白, あなたはヘラーの反り誇張が現実の領域内に十分残っていることを心配するだろう. 誰かが実際に彼の分け前を要求する際にケーキの上のアイシングが来る — ミロは彼に、紙の価値のない作品を提供します, すべての華やかさと儀式で! あなたのリーマンminibondsを思い出させる? 人生は確かに小説より奇なり.

しかし、ミロの攻撃がありますが、マイナーサイド物語の中で キャッチ22. それの大部分はクレイジーYossarianの狂気についてです, which is about the only thing that makes sense in a world gone mad with war and greed and delusions of futile glory.

Yossarian滑稽な, まだ痛烈なジレンマは、私たちのために耐えられないほどピントの生活の不調和を置く. なぜそれが生き続けるためにしようとするクレイジーです? 死はすべての終わりである場合に何らかの原因で死んでの栄光はどこにあります, 原因と栄光を含む?

Yossarianとともに, ヘラーは、あなたがすぐにあなたの友人や家族の間でそれらを参照してくださいという文字の真の軍隊はとてもリアルなパレード, さらには自分自身にある. 取る, 例えば, チャップリンの形而上学黙想, アップルビーさんの完璧な運動能力, オアーの器用さ, 大佐キャスカートの羽と黒の目, 将軍Peckamの長ったらしい散文, ドクDaneekaの身勝手さ, 聞くAarfyを拒否, 残念の売春婦, ルチアナの愛, ナースダケットの体, インクルード 107 知恵の歳のイタリア人の嫌な言葉, 主な主要の内気, メジャー — デCaverleyのarmyness — それ自体が各傑作!

よく考えてみると, 私は私が検討しようとするために、この本はシェフ·ダ·oervre大きすぎると感じている. 私にできることすべては、あなたがそれを読むことをお勧めします — 少なくとも二回. そして、この下の定格の叙事詩からの私持ち帰りを残す.

人生そのものが究極のキャッチです 22, 想像可能なあらゆる方法で、避けられないと水密. 人生の意味を理解する唯一の方法は、死を理解することです. と死を理解する唯一の方法は、生きて停止することです. あなたは人生のこのキャッチは、このシンプルな美しさでYossarianのような敬意笛を逃がすような気がしないでください? 私はありません!

ムンバイでテロと悲劇

Lo Hwei Yen was gunned down in Mumbai a few days ago. She flew there from Singapore for a one day visit, and walked innocently into a death trap that was set in motion probably months ago. My heart goes out her family members. I can understand their pain because of my own recent personal bereavement, although nobody can probably understand their sense of unfairness of it all. As we bury our loved ones and mourn the fallen heroes, we have to ask ourselves, what is the right response to terrorism?

My ideas, いつものように, are a bit off the beaten track. And on this emotional topic, I may get a bit of flak for them. But if we are to wipe out the scourge of terrorism, we have to defend ourselves, not only with fast guns and superior fire power, but also with knowledge. Why would anybody want to kill us so badly that they are willing to die trying?

Terrorism is one of those strange debacles where all our responses are wrong. A naive response this attack would be one of revenge. If they bring down our skyscrapers, we bomb them back to stone ages; if they kill one of ours, we kill ten of theirs and so on. But that response is exactly what the terrorist wants. One of the strategic objectives of terrorism is to polarize the population so much that they have a steady supply of new recruits. Does that mean that doing nothing would be the right response? I don’t think so. If there is a middle ground here, I just cannot see it.

Another approach to wage an information war, aided by torture and terror from our side. Remember Abu Ghraib and Guantanamo Bay? And extraordinary rendition? Clearly not the right way to go, any decent human being would agree. Every terrorist tortured is a hundred reborn. Every innocent tortured is potentially a thousand new terrorists. But what is the alternative? Ask a few gentlemanly questions and appeal to the terrorist’s better nature? 再び, is there a balanced middle ground here?

Gandhiji would have said, “Let them come, let them kill as many as they want. We won’t resist. When they get tired of killing, we would have beaten them.” The old man is my hero, but is it the right response? It may be. If any and every move I make is only going to make my enemy stronger, I’d better stay put. But if I were to stand still like a sitting duck, my enemy doesn’t have to be strong at all.

When the terrorists seek their own death and reprisals on their kins, when they seek to sabotage peace processes, do we act dumb and play right into their hands by doing exactly what they want us to? Viewed in this light, the reactions to this attack from India and Pakistan disappoint me.

War on terror is not a war on its foot soldiers, who are merely stupid saps who got brainwashed or blackmailed into committing horrific meyhem. It is not even a war on its generals or figureheads, when chopping off one head only engenders another one in some other unknown place. This war is a war of ideologies. And it can be won only with a superior ideology. Do we have one?

フランス語賛辞

[This is going to be my last post of a personal kind, I promise. This French eulogy was an email from my friend Stephane, talking about my father who was quite fond of him.

Stephane, a published writer and a true artist, puts his feelings in beautiful and kind words. Some day I will translate them and append the English version as well. It is hard to do so right now, but the difficulty is not all linguistic.]

Manojさん,

Nous sommes très tristes d’apprendre le départ de ton père. Il était pour nous aussi un père, un modèle de gentillesse, d’intégrité et de générosité. Sa discrétion, sa capacité à s’adapter à toutes les choses bizarres de notre époque, son sens de l’humour et surtout son sens des responsabilités sont des enseignements que nous garderons de lui et que nous espérons transmettre à notre enfant.

Nous avons beaucoup aimé le texte que tu as écrit sur ton blog. La perte de quelqu’un de si proche nous renvoie aux mêmes questions de l’existence. Qu’est-ce que la conscience? Comment évolue-t elle avant la naissance et après la mort? Combien y a t-il de consciences possibles dans l’univers? La multiplicité de la conscience totale, la faculté d’éveil de chaque conscience, la faculté d’incarnation d’une simple conscience dans le vivant, végétal, animal ou humain… Tout ceci est surement une illusion, mais aussi un mystère que les mots de notre langage ne font qu’effleurer et survoler. De cette illusion reste la tristesse, profonde et bien “réelle”. Ce que tu as écrit sur la tristesse me fait penser à un poète (ou un bouddhiste?) qui évoquait l’espoir et le désespoir comme d’une frontière symétrique à dépasser afin d’atteindre le principe créateur des deux oppositions. Ce principe, il l’a nommé l’inespoir, un mot étrange qui n’existe pas car il contient deux opposés à la fois. Ainsi, je pense souvent à ce mot quand je regarde les étoiles la nuit, ou quand je regarde ma fille en train de dormir paisiblement. Je trouve notre univers d’une beauté totale, évidente, inexprimable. Puis je réalise que tout est éphémère, ma fille, ceux que j’aime, moi, et même les galaxies. Pire, je réalise que cet univers, c’est une scène de sacrifice où “tout mange”, puis “est mangé”, des plus petits atomes aux plus grandes galaxies. À ce moment, je trouve l’univers très cruel. À la fin, il me manque un mot, un mot qui pourrait exprimer à la fois la beauté et la cruauté de l’univers. Ce mot n’existe pas mais en Inde, j’ai appris qu’on définissait ce qui est divin par ceci : “là où les contraires coexistent”. Encore une fois, l’Inde, terre divine, me guide dans mes pensées. Est-ce que c’est vraiment un début de réponse? Je pense que ton père y répond par son sourire bienveillant.

Nous pensons beaucoup à vous. Nous vous embrassons tous très fort.

Stéphane (Vassanty et Suhasini)

PS: It was difficult for me to reply in English. ソーリー… If this letter is too complex to read or to translate in English, just tell me. I’ll do my best to translate it!

Manoj Thulasidas a écrit :
Bonjour, mon cher ami!

How are you? Hope we can meet again some time soon.

I have bad news. My father passed away a week ago. I am in India taking care of the last rites of passage. Will be heading back to Singapore soon.

During these sad days, I had occasion to think and talk about you many times. Do you remember my father’s photo that you took about ten years ago during Anita’s rice feeding ceremony? It was that photo that we used for newspaper announcements and other places (like my sad blog entry). You captured the quiet dignity we so admired and respected in him. He himself had chosen that photo for these purposes. Merci, mon ami.

– grosses bises,
– Kavita, me and the little ones.

親の死

Dad
My father passed away early this morning. For the past three months, he was fighting a heart failure. But he really had little chance because many systems in his body had started failing. 彼がいた 76.

I seek comfort in the fact that his memories live on. His love and care, and his patience with my silly, childhood questions will all live on, not merely in my memories, hopefully in my actions as well.

Perhaps even the expressions on his face will live on for longer than I think.

Dad and NeilDeath is as much a part of life as birth. Anything that has a beginning has an end. So why do we grieve?

We do because death stands a bit outside our worldly knowledge, beyond where our logic and rationality apply. So the philosophical knowledge of the naturalness of death does not always erase the pain.

しかし、痛みはどこから来るのでしょうか。,,en,確かな答えはありませんが、これらの質問のうちの1つです,,en,そして私は私が提供する私の推測だけを持っています,,en,私たちが小さな赤ちゃんだったとき,,en,私たちの両親,,en,または両親を演じた人,,en,役割,,en,私たちと私たちの確かな死との間に立った,,en,私たちの幼児の心はおそらく同化した,,en,論理と合理性の前に,,en,私たちの両親は常に私たち自身の目的と向き合う,,en,おそらく遠い,,en,しかし確かに死んだ,,en,この防護力場を取り除くと,,en,私たちの幼児はおそらく死ぬ,,en,親の死は、おそらく私たちの無実の最後の終わりです,,en,痛みの起源を知ることはそれを緩和するのにほとんど役に立ちません,,en,それを扱う私のトリックは、パターンと対称性が存在しないところを探すことです。,,en,本当の物理学者のように,,en,死は逆に生まれたばかりの誕生です,,en,一つは悲しいです,,en,もう一人は幸せです,,en,完全な対称性,,en? It is one of those questions with no certain answers, and I have only my guesses to offer. When we were little babies, our parents (or those who played the parents’ role) stood between us and our certain death. Our infant mind perhaps assimilated, before logic and and rationality, that our parents will always stand face-to-face with our own end — distant perhaps, but dead certain. With the removal of this protective force field, the infant in us probably dies. A parent’s death is perhaps the final end of our innocence.

Dad and NeilKnowing the origin of pain is little help in easing it. My trick to handle it is to look for patterns and symmetries where none exists — like any true physicist. Death is just birth played backwards. One is sad, the other is happy. Perfect symmetry. 誕生と人生はただの星のほこりと意識的な存在との合体です,,en,そして必要な崩壊によって星の塵に戻る,,en,ほこりからほこりまで,,en,無数の死と比較して,,en,と出生,,en,それはこの世で私たちの周りで毎秒起こります,,en,一人の死は本当に何もない,,en,多対一のパターン、そして無数の多パターン,,en,私たちはみな意識の小さな小滴です,,en,とても小さいので私たちは何もしない,,en,私たちがすべてであるほど大きなものの一部,,en,これが私が見つけようとしていたパターンです。,,en,宇宙が構成されているものと実質的に同じもので構成されている,,en,私達は私達がいる塵に戻る,,en,あまりにも霊的にも,,en,単なる水滴は未知の海と融合する,,en,さらにいっそう進む,,en,すべての意識,,en,スターダストとすべてのもの,,en,これらはすべて私の心に残る単なる幻想的な構成要素です,,en,私の脳,,en; and death the necessary disintegration back into star dust. From dust to dust… Compared to the innumerable deaths (and births) that happen all around us in this world every single second, one death is really nothing. Patterns of many to one and back to countless many.

We are all little droplets of consciousness, so small that we are nothing. まだ, part of something so big that we are everything. Here is a pattern I was trying to find — materially made up of the same stuff that the universe is made of, we return to the dust we are. So too spiritually, mere droplets merge with an unknowable ocean.

Going still further, all consciousness, spirituality, star dust and everything — these are all mere illusory constructs that my mind, my brain (これもまた幻想に他ならない,,en,私のために作成します,,en,だからこの悲しみと痛みです,,en,幻想はいつの日か止まる,,en,この小さな液滴の知識がすべての匿名の海と融合すると、宇宙と星は存在しなくなるでしょう。,,en,痛みと悲しみもやむ,,en,やがて,,en,意識的な存在,,en) creates for me. So is this grief and pain. The illusions will cease one day. Perhaps the universe and stars will cease to exist when this little droplet of knowledge merges with the anonymous ocean of everything. The pain and grief also will cease. In time.

ソニー·ワールドバンドラジオ

私は最近、ソニー·ワールドバンドラジオ受信機を買った. これは、いくつかの20の周波数帯域を持つ美しいマシンで、ロックやトリックのすべての種類は、遠くのラジオ局へラッチする. 私は父のためにそれを買った, 誰が夜遅くに彼のラジオを聴いてのが好きです.

私はラジオを買って2日後, 私の父は重症心不全を被っ. 鬱血性心不全 (CHF) 心臓発作と混同されるべきではない. CHFの症状は、喘息発作に一見似ている, その問題を抱えた心が無視される可能性がありながら、早期のケアは、肺に向け始める可能性があるため、患者はすでに呼吸の悩みを持っている場合、二重に危険なことができます. だから私は、私はそれがそうでない可能性CHFを誤認も誰が高齢化家族とのそれらを助けることを期待してここに症状を議論するだろうと思った. 多くの情報は、インターネット上で利用可能です; グーグルでみてください “うっ血性心不全。”

喘息患者のための, 心不全の危険性の兆候は、吸入投薬にもかかわらず、持続性の呼吸困難である. 彼らは横になるとき増加トラブルを呼吸に気をつけろ, 彼らが座ったときにおさまる. 彼らは、その結果としての不眠を持っていること. それらは、保水の症状を示す場合 (下リンプや首の腫れ, 予期しない突然の体重増加など), それらは他の危険因子を有する場合 (高血圧, 不規則な心拍), 待機しないでください, 病院に殺到.

CHFの予後は良好ではない. それは、慢性的条件である, プログレッシブと端末. 言い換えると, それは我々がインフルエンザのようにキャッチし、すぐに良くなるものではありません. 段階に応じて患者である, 私たちは生活の質を心配する必要はあり, 緩和ケアやライフケアのさえ終わり. 心臓が失敗起動したら, それは猛攻撃の進行を逆転させることは困難である. 簡単な解決策はありません, ない銀の弾丸ん. 私たちは、に集中することができる, 本当に, 彼らの生活の質がある. 彼らはそれを残しているとし、優雅さと気品. それらのほとんどのために, それは彼らの最後の行為である. のは、それは良いものにしてみましょう.

今、私の父の枕元, ソニーを聞いて, 私の頭の中ですべてのこれらの悲しい思いを持つ, 私は秋に本当の冬の私の最初の味を覚えている 1987 シラキュース. 私は地元のラジオ局の天気予報を聞いていた (それはWSYRた?). 南下温度を嘆いている間, 彼が認められ, むしろ哲学的に, “おいおい, 我々はすべての温度は行くことができる唯一の​​方法があると知っている。” はい, 我々は物事がここから行くことができる唯一の​​方法があることを知っている. しかし、我々はまだ太陽と青い空の完全な夏の通過を悼む.

ソニーのラジオはで再生, これらの憂いに沈んだ黙想を通さない, 若い幸せな声が世界を征服するためにおいしさと熱意に満ちヤッピー通勤の新世代の利益のために歌やジョークをディッシングと. リトル彼らは知っていますか — それはすべて同じ楽しげと情熱を持って昨日の年の夏の間に何度も征服された. 古いアバンギャルドは喜んで身を引くと新しい夏の子供たちのための部屋を作る.

新世代はさまざまな味を持ってい. 彼らはiPodで別のiTunesに口ずさん. この美しいラジオ受信機, 17奇数短波帯今やそのほとんど無音で, おそらくその種の最後です. 次世代の音楽やジョークが変更されました. 彼らの髪型やスタイルが変更されました. しかし、新たな活動家は彼らの前のものと栄光の同じ夢で充電. 彼らは同じ嬉々としてです. 同じ情熱.

おそらく、何も、誰も実際に渡していない. 我々は、すべて自分自身を少し残す, 私たちの征服の小さなエコー, 私たちに親愛なるもので思い出, 上の生き続ける神話へと非常に小さいの追加. 雨の中の涙のような.

選択肢と反省

後悔は選択肢のフリップサイドである, いかなる移転の必然的な結果を懐かし. 私が知っている必要があります; 私は私の人生の中であまりにも何度も移転してきた — 何も無料で付属していません.

毎朝目を接触を回避しようとニコリともしない顔の海で, 私は優しい顔の予想外の喜びを欠場. 匿名価格は喜んで犠牲を強要さと親しみやすさ.

これらの大都市の明白なライトで自分の検索, 私は、天の川とスカイラインの人工的な明るさの後ろに隠れて星を欠場. クリーチャーは、心の平安を犠牲にして慰め.

プーケットへビンタン島へカシスのはがきのビーチで透き通った海で, 私は途切れ途切れアラビア海の怒涛と沸騰鉄赤のビーチを欠場. 失われた楽園のコストで約束の地のための探求.

私の強力なスポーツセダンは、近い軽蔑簡単にパックから離れて素晴らしい仕上がりとして, 私は私の古いローリーの自転車を欠場. シンプルなプライドオーバーリッチ所持.

不可解な珍味の信じられないほど非常に小さいお代わりに合わせた完璧なワインを飲みながら, 私はTaramsにおける半紅茶とインドのコーヒーハウスでのマトンオムレツを欠場, そしてその周りに友情. 小さな喜びオーバー高度化.

そのすべてのHD栄光の大画面でナショナルジオグラフィックウォッチング, 私は私の父の古いアグファクリックIIIからの黒と白の接触プリントを欠場. 感情的な内容以上の技術的完成度.

そして、私が覚えているようにエイリアン文法のような多くの規則に従って、このブログを書いている間, 私は、母国語の忘れられた言葉を弔う. コミュニケーションスキルは、かつて所有している言語のコストで獲得.

それは私がすべての上に再びそれを行う機会が​​あった場合、私は異なって選択しているということではない. それは残酷である選択肢の必需品です. 私はすべてのものを選ぶことがしたい, 私はすべての可能な人生を生きることができること, そして、すべての苦しみとすべての恍惚を体験. 私はそれが愚かである知っている, が、私は選択をすることがなかった希望.