カテゴリーアーカイブ: 生と死

人生を祝う, でも、死 — このカテゴリには、私のより個人的な投稿の一部が含まれています.

タブートピック

死はタブーです. 我々はそれについて話を想定していない, あるいはそれについて考える. それはほとんど私たちが行った場合のようなものです, 死は私達の通告がかかる場合があります, 我々は注目のようなものなしで行うことができます. 私たちはどこでもまったく目立たないようにするには, それは死の前にある.

私が見ている シックス·フィート·アンダー 最近, その死に対するこれらの黙想の後ろにおそらく. でも、私は好奇心 — なぜ死そのようなタブーの話題です, その自然必然性にもかかわらず、? 私はタブーの迷信種類を意味するものではありません (“しないでください, ない, ない, あなたはいつでもすぐに死ぬつもりされていません, タッチウッド!”), しかし、知的種類. あなたがビールの上または夕食のテーブルでそれについての会話を保持しようとした場合について来る寒さのようなもの. なぜ、死はそのようなタブーである?

私たちは死のちょうど怖がっていると言うことは、単純化のビットです. 確かに私たちは死を恐れ, しかし、我々はより多くの人前で話すの恐怖, 我々はまだ後者について話すことができます. 私たちは、他の場所で死の特別tabooness理由を見つける必要があります.

死についての特別なことの一つは、それは素晴らしいイコライザーであるということです — 鑑賞するほとんどあまりにも明白な事実. 誰もが死ぬ — 関係なく、彼らは彼らの生活の中で何でも他の. おそらく、フィールドのこの究極のレベリングが私たちの間で、より競争力に少し苦痛かもしれ. 我々は舞い上がるしかし高い, 我々はシンクまたはが低い, 私たちの日の終わりに, スコアはすべてリセットされ、スレートは、きれいに拭いている.

このスレート拭く事業は、別の理由で面倒で. それはとても気永久的である. その永続性は、我々が通過し、痛みや苦しみ、他の種類の中には決して存在する側面を持ってい (人前で話すなど、). マイナー痛みを処理するために、私の個人的な技術の一つ (そのような根管など, 愛する人の喪失など、またはより深い傷) 永続性のちょうどこの欠如を利用することである. 私はそれが合格しようとしていること自分自身を思い出させる, 時間内に. (いくつかの奇妙な理由, 私はフランス人でこれを行う, “イット·ウォント·ビー·ロング,” しかし, 正確であるために, 私は自分に言い聞かせされるべきだと思う, “それは続かないだろう。”) 彼は彼の腕を折ったと耐え難いほどの痛みにいたとき、私も、私の息子と一緒に、この技術を共有. 私は苦しみがすぐに和らぐだろうと彼に言われた. よく, 私は別の言葉を使ってそれを言った, と私は少し仲間が理解空想, 彼は彼の頭をオフに叫んで保たれているが.

私たちはいずれかを処理することができます “通常の” ただそれを待っていることで痛み, 死のではなく、痛み, 永遠に続くもの. それは続く. それの私たちの恐怖の背後にあるこの永続性はありますか? たぶん. 絶対的な耐久性と絶対的な不浸透性が来る, すべてのスパイダーマンファンは感謝するだろうとして、. どのような死の向こうにあることは知られていない. そして、不可知. 私たちの向こうにあるものについて様々な神秘的なことを言って、世界のすべての宗教にもかかわらず (あなたが知っている, 天国と地獄のような, カルマと生まれ変わりなど), 誰も実際にそれを信じていない. 私は知っている, 私は知っている, いくつかは、正直に、彼らは本当に行うことを主張すること, しかしいざとなると, 本能的に, 良いレベル, 誰もしません. 彼らは天国に終わることが確実されていないもの. なぜ他聖なる男性は、セキュリティの詳細を持っているだろう? 中に 人間の絆, モームは、この奇妙な欠如を似顔絵 (または不可能) Blackstableの牧師の最後の日の彼の描写で向かい合っ死本当の信仰の.

目的のいずれかの感覚と一緒に暮らす, 私たちは死を無視することがあると思う. 存在の有限のスパンは、複数のレベルでちょうど不合理である. これは、すべて私たちの高尚な目標や不条理な理想を作る. それは、善と悪不条理の私たちの理にかなっている. それは、我々は不条理人生の目的として考える何でもできます. それも、DNAベースの進化の説明で提案された人生のささやかな目的を作る (私たちは少し長く住みたいこと) 不条理な, 時間の無限大と比較した場合、私たちの寿命の任意の有限インクリメントのために本質的にゼロである, 私たちの間でオタク系のものが容易に理解するであろうように. 要するに, 人生に一つだけ本当の問題がある, その死である. 我々は税金を瀕死と支払いを回避することができないので, 我々は考え、それについて話して回避することができかもしれ — 死の話題のタブー自然の背後にあるもっともらしい理由.

食糧価格とひどい選択肢

エコノミストは、あまりにも多くの手を持っている. 一方では, 彼らは、何か良いことを宣言することができる. 一方, 彼らは言うかもしれない, “よく, そんなにありません。” それらのいくつかはさらに第三又は第四の手を有していてもよい. 私の元ボス, 経済学者自身, かつて彼はこの手の一部を切り落とすことを希望すると述べて.

週の最後のカップルでは、, 私が急騰食品価格のこの厄介な現象にマイナーの研究を行うために座ったように私は右の経済学者の手の海に墜落.

最初 “手” 指摘食料需要 (そして、一般的にコモディティ) アジアの新興巨人に人口と変化する消費パターンの増加による急増しています. よく知られ需要と供給パラダイムは、価格サージを説明, それが思わ. それはそれと同じくらい簡単です?

一方, より多くの食用作物は、バイオ燃料の生産に転用されている. バイオ燃料需要が根本的な原因である? バイオ燃料が原因天文原油価格の魅力的, すべての価格を押し上げるもの. 最近のOPECの棚ぼたは、価格上昇を推進しています? どのような彼らの好意で市場を歪曲裕福な国の食料補助について?

さらに別の経済学の手は、供給側に真っ向から非難を置く. これは、食料生産国で悪天候で揺るぎない指を指して, サプライチェーンに課さパニック対策, そのような輸出禁止と小規模な買いだめなど, それが価格を押し上げる.

私は経済学者だん, と私は片手を希望, 1意見, 私は数えることができること. 私の訓練を受けていないビューで, 私は、商品市場における投機が価格を押し上げることができることを疑う. 私はよく知られているヘッジファンドマネージャーの最近の米上院の証言を読んだとき、私は私の疑念に正しさを立証感じた, マイケル·マスターズ, 莫大な利益は、商品投機で生成されたそれを通して先物取引と法の抜け穴の金融迷路に光を当てる.

食糧危機の本当の理由は、これらすべての要因の組み合わせである可能性が高い. しかし、危機自体が世界を席巻サイレント津波で, 国連世界食糧計画はそれを置くように.

食料価格の上昇, 不快でも, シンガポール人の大多数のためのそのような大したことではない. 私たちの最初の世界所得, 私たちのほとんどは、約過ごす 20% 食品上の私たちの給料の. それはなくなった場合 30% 結果として 50% 価格の上昇, 我々は確かにそれを好きではないん, しかし、我々はそれほど苦しむことはありません. 私たちは、タクシーの乗車を削減する必要があります, または高級ダイニング, それが私たちの世界の終わりではありません.

我々はトップにある場合 10% 世帯の, 私たちも、増加に気付かないことがあります. 私たちのライフスタイルに高い食料価格への影響は最小限になります — 言う, 代わりに5つ星の1の4つ星の休日.

それは、下の方に別の話である. 我々はより少ないを稼ぐ場合 $1000 月, 私たちは過ごすことを余儀なくされている $750 代わりに $500 食品に, それはMRTに乗って、それをレギンスとの間の選択を意味してもよい. そのレベルで, 私たちの厳しい選択肢が限らになると食料価格の上昇は、私たちを傷つけるん.

しかし、価格は終わりの見えないと撃つとほとんど厳しい現実に直面この世界の人々がいる. 彼らの選択は、多くの場合、ソフィーの選択と同じくらいひどいです. 空腹今夜スリープ状態になり、どの子? 残りの病気の1または食品のための医学?

我々は、すべての食糧危機を作成する市場の力の絶対的な力に対して無力である. 我々は現実的にこのサイレント津波のコースを変更することはできませんが, のは、少なくとも廃棄物を通じて状況を悪化させるしないようにしてみましょう. あなたが使用するものだけを購入する, そしてあなたがするために必要なもののみを使用. 私たちは常に空腹行く人たちを助けることができない場合でも、, 彼らが憧れを死ぬ何離れて投げることによって、それらを侮辱しないのを聞かせて. 空腹はひどいものです. あなたは私を信じていない場合, 日のために断食しようと. よく, あなたが行う場合でも、それを試してみてください — それはどこかで誰かを助けるかもしれないために.

あなたの人生を生きる方法

私は倫理の全体哲学学校は1目的にすぎない役割思う — 伝えるために私たちの生活を生きる方法を使用する. ほとんどの宗教はあまりにもそれを行う, いくつかのレベルで, と道徳とは何かを定義する. これらの処方や教えはいつも私を少し気に. 私は他の誰もが良好であり、何がないものを私のために決定させる必要があるのはなぜ? そして, 同様に, どのように私はあなたにこれらのことを伝えることができます?

そのような予約にもかかわらず, 私はあなたの人生を生きる方法についてのこの記事を書くことにした — 結局, これは 私のブログ, と私は私が欲しいものを投稿することができます. だから、今日, 私は良い人生を導く方法について話します. まず最初に、何を定義することです “良い” です. 我々は良い何かを呼び出すときに我々は何を意味しています? 私たちは、明らかに私たちは別の人や物に適用する場合、同じ単語によって異なる属性を参照してください。, 良い女の子は良い素人とは非常に異なっている理由である. One “良い” 他の中に道徳を指し, ある意味で、パフォーマンスへ. そのような人生としてすでに漠然とした何かに適用された場合, “良い” 実用的に何も意味することができます. その意味で, 人生の文脈で良い言葉を定義することは良い生活をリードする方法を定義すると同じです. それでは良い人生のいくつかの潜在的な定義をしてみましょう.

レースのように人生のみましょう最初のシンクタンク — このビューは、私たちが住んでいるこれらの問題を抱えた時代に、ある通貨を楽しんでいますので、物質的な富を蓄積するためのレース. このビュー, それは言っている必要があり, 唯一の一時的な流行である, どんなにそれが今どのように見えるか定着し. これは、全体のヒッピー世代が前の世代の材料快適さのために別の根強いドライブに反抗していることだけで約50年前だった. 続いかすん年間で, 唯物ビューは復讐に戻ってバウンスし、私たちすべての人質を取った. MadoffsとStanfordsのひわいな言葉でその集大成した後、, と無数の, その種類の少ない有害な寄生虫, 私たちは別の振り子スイングの初期段階で、おそらくです. この投稿は、おそらく、このスイングの反映である.

レースのようなとのトラブル, 人生の競争力や闘争ビューは勝利は常に敗者に勝利への空と苦いようだということです. それは本当にすべてで勝利についてではありません, which is why the Olympian sprinter who busted up his knee halfway through the race hobbled on with his dad’s help (そしてそれはレースを見ている人を動かした理由). The same reason why we read and quote the Charge of the Light Brigade. それは勝つことはなかった. そして、人生のフィッティングパラダイムは、そのレースになることができない理由の背後にある深い理由がある, これは生命が最終的に勝ち取れないレースであるということである. 人生の目的は、少し長く生きることである場合 (進化生物学は私たちを教えている), 私たちが死ぬときに我々は、すべて失敗します. すべての私たちの周りの生活のボレーと雷鳴の試練と苦難を持つ, 我々はまだ上に乗る, なぜ推論なし, 私たちの特定の最後まで上. Faced with such a complete and inevitable defeat, 私たちの人生はただ勝つことはできません.

私たちは、それは我々が栄光のいくつかの種類であるか、後にあるべきと思うかもしれない. 人生は死の間または後に栄光につながる場合, それは多分ある (またはでした) 良い生活. グローリーは、パブリックである必要はありません, 政治家や有名人と人気の栄光; それは小さいかもしれない 個人的な栄光, のように、 良い思い出 私たちは私たちの愛するものに残す.

思い出したことの生活に値する何を行います? 栄光はどこから来るのか? それはどこのために, それは、人生良い人生になるだろうものです. 私は、答えは私たちが生活の中で少し物事を行うもので、品質にあると思います. 大きなもので完璧はその後に続く. あなたは完璧な絵を描くにはどうすればよい? 簡単に, 単に最初完璧で、次に何を描く. そして、あなたは完璧な人生をどのように住んでいますか? 簡単に再び. ただ、すべてにおいて完璧である, 特にささいなこと, あなたが行うことを. 生活のためにあなたが今やるささいなことの一連に他ならない, 今と今.

Image By Richard Caton Woodville, Jr. – Transferred from en.wikipedia to Commons by Melesse using CommonsHelper., Public Domain

Giving What We Can

I found this charity initiative that I believe will make a real difference. It is called “Giving What We Can.” 実際には, it is not a charity website, but a portal with a few recommended organizations listed — those that are efficient and focus on the extremely poor. 確か, it tries to lay a guilt trip on you, but it really does give you hard-to-find information.

While going through it, I suddenly realized what was bothering me about the “通常の” charity activities. Most of these activities operate locally, not globally, and therefore end up helping the slightly worse-off. In a world where the richest 20% command 80% of all the income, local charity only means the top 5% giving to the next 10% — the extremely wealthy helping out the very wealthy. This kind of charity never reaches the really poor, who desperately need help.

Living in this highly skewed world, it is hard to see how rich we really are, because we always benchmark ourselves against our friends and neighbors. 例えば, as a “poor” graduate student in the early nineties, I used to make about $12,000 a year. It turns out that I was still better off than 90% of the world’s population. It is not surprising — my stipend was more than the official salary of the President of India (Rs.10,000 a month) at that time!

Coming from a rather poor place in India, I know what real poverty is. It has always been too close to home. I have seen a primary school classmate of mine drop out to become a child laborer carrying mud. And heard stories of starving cousins. 私には, poverty is not a hypothetical condition allegedly taking place in some dim distant land, しかし a grim reality that I happened to escape thanks to a few lucky breaks.

So the local charity drives bother me a bit. When I see those school children with their tin cans and round stickers, I feel uncomfortable, not because I cannot spare a dollar or two, but because I know it doesn’t really help anything — except perhaps the teacher’s KPIs. And the twenty-year-olds with their laminated name badges and certificates of authenticity also make me uncomfortable because, certifiable bean-counter that I am, I wonder how much it costs to hire and outfit them. And who benefits?

Similar bean-counting questions haunted me the last time I sponsored a table at a local charity dinner at $200 a plate — $100 to the hotel, $50 to the entertainers, 等々. Who is the real beneficiary? Some of us turn to local churches and spiritual organizations to share and help others. But I cannot but suspect that it only helps the middlemen, not the extremely poor we mean to direct our aid to.

These nagging doubts made me limit my charity activities to my own meager personal drives — two dollars to the hawker center cleaning aunties and uncles, gas pump attendants, those old folks selling three tissue packs a dollar, and the Susannah singer. And handsome tips after the rare taxi rides. And generous donations to that old gentleman who prowls CBD and strikes up a conversation with, “Excuse me sir, but do you speak English?” あなたが知っている, the next time he asks me that, I’m going to say, “しないでください, I don’t. But here’s your five bucks anyway!”

しかし、真剣に. Take a look at this website. I think you will find it worth your time.

中年の危機

In one of my recent posts, an astute friend of mine detected a tinge of midlife crisis. He was right, もちろん. ある時点で, typically around midlife, a lot of us find it boring. The whole thing. How could it not be boring? We repeat the same mundane things over and over at all levels. 真の, at times we manage to convince ourselves that the mundane things are not mundane, but important, and overlay a higher purpose over our existence. Faith helps. So do human bondages. しかし, no matter how we look at it, we are all pushing our own personal rocks to a mountaintop, only to to see it roll down at the end of the day — knowing that it invariably will. Our own individual Sisyphuses, cursed with the ultimate futility and absurdity of it all. そして, as if to top it off, our knowledge of it!

Why did Camus say we went through the Sisyphus life? ああ, はい, because we got into the habit of living before acquiring the faculty of thinking. By midlife, たぶん, our thinking catches up with our innate existential urges, and manifests itself as a crisis. Most of us survive it, and as Camus himself pointed out, Sisyphus was probably a happy man, despite having to eternally push the rock up the slope. So let’s exercise our thinking faculty assuming it is not too dangerous.

Most of us have a daily life that is some variation of the terse French description — metro, boulot, dodo. We commute to work, make some money for ourselves (and more for somebody else), eat the same lunch, sit through the same meetings, rush back home, watch TV and hit the sack. Throw in a gym session and an overseas trip once in a while, and that’s about it. This is the boring not merely because it really is, but also because this is what everybody does!

ことを想像して — countless millions of us, born somewhere at some point in time, working hard to acquire some money, or knowledge, or fame, or glory, or love — any one of the thousands of variations of Sisyphus’s rock — only to see it all tumble down to nothingness an another point in time. If this isn’t absurd, 何です?

If I were to leave this post at this point, I can see my readers looking for the “Unsubscribe” button en masse. To do anything useful with this depressing idea of futile rock-pushing rat-race, we need to see beyond it. Or have faith, if we can — that there is a purpose, and a justification for everything, and that we are not meant to know this elusive purpose.

Since you are reading this blog, you probably don’t subscribe to the faith school. Let’s then look for the answer elsewhere. With your permission I will start with something Japanese. Admittedly, my exposure to the Japanese culture comes from Samurai movies and a couple of short trips to Japan, but lack of expertise has never stopped me from expressing my views on a subject. Why do you think the Japanese take such elaborate care and pride in something as silly as pouring tea?

よく, I think they are saying something much deeper. It is not that pouring tea is important. The point is nothing is important. Everything is just another manifestation of the Sisyphus rock. When nothing is important, nothing is unimportant either. 今, that is something profound. Pouring tea is no less (or more) important than writing books on quantitative finance, or listening to that old man attempting the Susannah song on his mouth-organ on Market Street. When you know that all rocks will come tumbling down just as soon as you reach the pinnacle of your existence, it doesn’t matter what rock you carry with you to the top. As long as you carry it well. And happily.

So I try to write this blog post as well as I possibly can.

キャンドルバーンズブライト

IITからの私の同級生は、数日前に亡くなった. 私は衝撃的なニュースを聞いたとき, 私は彼について何かを書きたい. 何頭に浮かんだことはばらばら思い出のカップルだった, と私はここでそれらを共有するだろうと思った. 彼に近いものに、より痛みの原因となるのを恐れ, 私は最小限にすべて特定するの参照を保持します.

私たちは、PJ彼を呼び出すために使用される — 軽度の侮辱的な表現の頭文字, これはおそらく私たちの学問羨望にその起源を持っていた. PJが学問的に素晴らしかった, ほぼ病理学的に競争力のある、明るいIITiansで満たされたクラスのトップに卒業. 彼はあまり超人的に負担するもたらしたこの強度は、私の第一のメモリの一部である.

この強度に悩まさ, 私たちは、かつてPJの良い自然にアピールするために代表団を形成し. 私はそれを開始した人覚えていません, あるいは委任にあった人. しかし、それは確かにルクスやラットはどうしたら何かのように感じている; またはKutty, たぶん, 私たちは彼にまったく何もし得ることができれば. とにかく, 私たちはPJに近づき、彼は簡単にそれを取ることを要求され​​た. “大したことは何ですか, 男? ゆっくり確実にやることが勝利につながる, あなたが知っている。” PJの反応は目を見張るものだった. “確か,” 彼は言った, “しかし、高速かつ安定した方が良い!”

私はPJの輝きのこの猛烈なペースはおそらく最高の品質の面ではなく、量で測定された一生の間に多くの当然の称賛後で彼を連れて来たと確信している, インパクトではなく、長寿. しかし、PJは、すべてのワーク·アンド·ノープレイ仲間ではなかった. MardiGrasの女の子はMandak食堂に来たとき、私は一度覚えている (“混乱”) 食べる. 唯一の仲間IITianを完全に理解することができるという不運な情熱でそれらを学ぶ, 私たちはPJでこの開発を議論. 彼は言った, “はい, 私達はそれらを台無しにしたい!”

IITは友情を簡単来て、鍛造結合が強い滞在歳の時に、私たちに何が起こった. PJはなくなって、接続が少し弱いと, 私が解明を少し感じる. そして、私の心の中の環憂鬱言葉が私に思い出させる — しないための鐘の通行料を要求, それはあなたのために通行料.

PJは素晴らしい男だった. 私は彼の輝きは彼に近いものに強さと勇気の源になります願っています. あなたは、彼らの言うことを知っている, 倍明るい火傷などの燃えるろうそくの半分の長. 私達の最も明るいろうそくの一つが出て燃えると, 私が感じることは、どこか遠く降順一部闇の感覚です.

写真: armin_vogel cc

不穏種類の達人

多分それは私の共産党員のルーツとは何かを持っている, しかし、私は懐疑的だ, それがに来る場合は特に “godmen” インド. 私は、彼らがそのような盲目の信念を鼓舞する方法を理解することはできません. 信者が奇跡を参照してくださいどこに, 私は手品を参照してください. 彼らは知恵の真珠を聞くと, 私はちんぷんかんぷんを聞くことができます. また、新しい時代の巨匠は、深い瞑想にあると主張するとき, 私は助けるが、彼らはちょうど居眠りしていることを疑うことはできない.

私の懐疑は、これらの現代の聖人の暗い側面を見に私が影響を受けやすいレンダリングが、, 私は、私たちの遺産と文化のためのカウンターバランス敬意を持っています, および関連知恵と知識. それは私がスワミ·ヴィヴェーカーナンダの世紀の歴史シカゴの演説に耳を傾け畏敬と誇りのスリルといつも一緒です, 例えば.

現代のヨギーのスピーチ, 他方では, 当惑と面白がっ混乱で私を埋める. そして、私は彼らの十億ドル規模のスタッシュを聞くとき, ロールスロイスRoycesのbevies, と神性の主張, 私はためらう. 私は薄く偽装した慈善団体の名前で抽出されたお金でエキゾチックな休暇の目的地への最初のクラスのヨギーとその側近のジェット設定が表示されたら, 私は少し憤慨を感じる. まだ, 私は、ライブ·アンド·レットのライブのためにすべてをしてい. その生地を手放すとその教祖のライフスタイルを後援するために熱心喜ん吸盤がある場合, それは彼らの目を光らせている. 結局, 私たちが住んで貪欲時代のMadoffsとStanfordsに融資した者がある, 詐欺が発見された場合にのみ、罪である.

今、私はそれが私たちの間で懐疑が出て話して開始した時刻であるかどうか疑問. 私は精神的な詐欺は、特に不穏な種類のものであることを感じて. 私たちはそのように参照するか、しないかどうか, 私たちはすべて私たちのさまざまな追求を通じて、この地球上で私たちの存在に目的と意味を見つけようとしている. 私達は名声でのとらえどころのない目的を見つけることができます, 栄光, マネー, チャリティー, 慈善活動, 知識, 知恵とパスの数百のいずれかに. これらのすべての追求は、過剰のそれらに関連する危険を持っている. あなたが貪欲取得する場合, 例えば, あなたをはぎ取るためにマドフ翼で待っている常にある. あなたも慈善なった場合, あなたのお金からあなたを分離するために熱心他の文字があります, 私のシンガポール人の読者が理解できるであろう.

これらすべての追求の中で, 精神性は、特別な種類のもので; それはショートカットです. それはあなたの所属感への直接パスを提供します, すぐに、より高い目的. 精神性のため慎重に栽培を必要としている血液を嗅ぐ (どんな精神手段), 私たちの時代のヨギーとmaharishisはあなたのスケジュールに合わせてきちんとした3または5日間のコースで、包装、販売インスタント涅槃を開始しました, の巨額を要求しながら、 “非営利の” マネー. でも、この二枚舌は私が大丈夫だと思う. 私は彼らの内面のニーズにお金を投げる人の判断に座って誰だ, そして教祖はそれを拾う? しかし, 後期, 私は私の周り合理性を少し広げてみてくださいと感じ始めています.

私は2つの理由のために私のパッシブモードからの来ることにしました. 一つは、達人が彼らの微妙なマルチレベルマーケティングスキームで彼らの犠牲者を従事することである, より多くの犠牲者をensnaring. 瞳は本日、明日先生です, 利己的な団体の爆発的な成長に拍車をかけ. 第二の理由は、教祖が信者は自分の時間を寄付することを要求することである. 私は、被害者がこの不公平な需要の巨大さを理解していないと思う. あなたが参照してください。, あなたが生きるための唯一の限られた時間を持っている, それはあなたが成就につながると思うことは何でも行う. あなたがプロセスで犠牲にされている何かが常にあるので、間違った追求でそれを費やすことはありません, それはあなたの愛する人とあなたの充実した時間であること, 学ぶ機会または旅行, または人生を楽しむか、どのような. 時間が希少資源である, あなたが賢明にそれを費やす必要が, またはあなたが生活の中で何よりもそれを後悔する.

だから、盲目であることはありません. 救いのために集団力学を間違えないようにしてください. 整合性のためか、カリスマ. 知恵または不分明. もしあなたが, 後者の一日の達人, 彼らがあることを操作の達人, 乗車のために行くことができます. 長い不快1.

写真: jeffreyw cc

夢と思い出の

I recently watched The Diving Bell and the Butterfly (Le scaphandre et le papillon), which describes the tragic plight of the French journalist Jean-Dominique Bauby, who suffered a severe stroke and becamelocked-in.During my research days, I had worked a bit on rehabilitation systems for such locked-in patients, who have normal or near-normal cognitive activities but no motor control. 言い換えると, their fully functional minds are locked in a useless body that affords them no means of communication with the external world. It is the solitary confinement of the highest order.

Locked-in condition is one of my secret fears; not so much for myself, but that someone close to me might have to go through it. My father suffered a stroke and was comatose for a month before he passed away, and I will always wonder whether he was locked-in. Did he feel pain and fear? So I Googled a bit to find out if stroke patients were conscious inside. I couldn’t find anything definitive. Then it occurred to me that perhaps these stroke patients were conscious, but didn’t remember it later on.

That thought brought me to one of my philosophical musings. What does it mean to say that something happened if you cannot remember it? Let’s say you had to go through a lot of pain for whatever reason. But you don’t remember it later. Did you really suffer? It is like a dream that you cannot remember. Did you really dream it?

Memory is an essential ingredient of reality, and of existencewhich is probably why they can sell so many digital cameras and camcorders. When memories of good times fade in our busy minds, perhaps we feel bits of our existence melting away. So we take thousands of pictures and videos that we are too busy to look at later on.

しかし、私は疑問に思う. When I die, my memories will die with me. 確か, those who are close to me will remember me for a while, but the memories that I hold on to right now, the things I have seen and experienced, will all disappearlike an uncertain dream that someone (perhaps a butterfly) dreamt and forgot. So what does it mean to say that I exist? Isn’t it all a dream?

ソール·ベローによるフンボルトの贈り物

私が最初にいくつかの30年前に私の父のコレクションで、この現代の古典を発見した, これは、彼が右のそれが公開された頃にそれを買ったことを意味. 今振り返っそれを見て, 本を読んだ後, いつものように, 何度も, 私は彼が実際にそれを読んでいたことに驚いています. 私は私の巨大かつ不当な傲慢で彼を過小評価していてもよい, しかし、私はちょうど彼が本を続いたかもしれないかを見ることができない. でも、半ダースの年間アメリカに住んでいた後, そして私のために良いよりも多くの哲学を読む, 私は知的紆余曲折を経て、文化の参照とチャーリーシトリンの心のペースについていくことはできません. 私の父は実際にそれを読みました? 私は 私は彼に尋ねることがしたい.

おそらく、それが本書のポイントです, それは最も古典であるように — 不可逆性と死のファイナリティ. それとも、それは私の偏見のビジョン塗装すべてが黄色であることが. しかし、ベローはこの死の最終性に対して怒りを行います (ほとんどの宗教は何と同じように); 彼はコミカルそれが私たちを見守って不滅の魂を隠して私たちの形而上学的な否定であると仮定している. おそらく、彼は正しいです。; それは確かにそれを信じるように慰めている.

すべてのメンター - プロテジェ関係のparternalityの要素が常にある. (私を許して, 私はそれが差別的である知っている — なぜmaternality?) しかし、私はおそらくフォン·フンボルトフライシャーは、この知覚要素の父の思い出でこのポストを始めた – チャーリーシトリン関係, の関連した気持ちで完了 罪悪感や自責の念 作らなければならなかった選択に.

本として, フンボルトの贈り物 真の力作です. それは博学と知恵のまばゆいばかりの電撃で, に立ち向かうのは難しいですペースと強度であなたに来て. これは、塗装ベールを語る, マヤ, 永遠の白い輝きを染色する多くの色のメガネ, 彼らはコーヒーとチーリオスのようなものであるかのようにしてヘーゲルの現象学. 私には, 知的花火のこの見事な表示が不安です. 私が知って残っているものの巨大さを垣間見る, と時間の不足は、それを学ぶために、左, と私は心配. それは究極です キャッチ22 — 時間によってあなたはそれをすべて把握, それは行く時間です, そして知識は無用です. おそらく、知識は常にその意味では役に立たないされている, それは物事を把握することはとても楽しいです。.

本はアメリカの唯物論と私たちの現代では理想主義の無益の解説です。. これは、心臓が履行を見つけた小さなことにも使える. ここで一言で言えば、物語の設定です. チャーリー·シトリン, フォン·フンボルトフライシャーの弟子, 彼の文学のキャリアの中でそれは大きななります. 自分自身をフライシャー, アメリカの文化的な復興のための壮大な計画の完全な, 失敗を死ぬ. チャーリーの成功は、その通常の代償. 醜い離婚で, 彼vulturous前妻, デニス, 彼は価値があるすべてのペニーのために彼を牛乳にしようとします. 彼の傭兵愛人と女半, レナータ, 他の角度からの彼の富をターゲットに. そして、最終的に無害であるにぎやかなカンタービレがあります, とはるかに有害で愛想と上品サクスターは. 物語の残りの部分は、いくつかの予測可能に続く, そして、いくつかの驚くべき紆余曲折. ストーリーは私のレビューでから離れて何かある, 私はスポイラーを掲載することにしたくないために.

私は、年表に関係なく時間的に前後にジャンプナレーションのこのスタイルの名前があ​​ると確信して. 私は最初にそれに気づいた キャッチ22 最近Arundhatiロイの中 小さなものの神. 作家は念頭に置いて全体的な話を持っているのでそれは常に畏敬の念のようなもので私を満たし, そして意志でそれの側面を明らかにしている. それは、複雑なオブジェクトの異なる投影を示すようなものです. このスタイルは、特に適してい フンボルトの贈り物, それは巨大なダイヤモンドのような複雑なオブジェクトであるため、, 異なる突起は洞察の華麗な点滅を示し、. 永遠の白い輝きを染色, もちろん.

と言うこと フンボルトの贈り物 傑作は、砂糖は甘いだと言っているようなものです. 言うまでもなく. 私は、その教育的価値を将来的には、この本を何回読みます (と私は私のオーディオブック版でリーダーを愛しているから). 私は必ずしもそうで他の人に本をお勧めしません. 私はそれが独特の心を取ると思います, だけ非常識なちんぷんかんぷんで正気を見つけた1, と現実のすべての描いたベールで非現実を見ている, この本を鑑賞する.

要するに, あなたはそれを好きにビットカッコウである必要はあり. しかし, 同じ複雑なロジックによる, この負の勧告は、おそらくすべての最も強力な推薦で. だからここに行く… それを読んではいけない. 私はそれを禁じる!

Wサマセット·モームによる剃刀の刃

それはどこにでも哲学を見る唯一の私の傾向があるかもしれ, しかし、私は正直モームの作品は、彼らが、それらの深い哲学的な基盤である古典であると信じて. 彼らの強力なプロットとモームの巧みなストーリーテリングのヘルプ, しかし、どのような彼らは時代を超越させることはモームは私たちの心の落ち着きのなさに声を与えているという事実である, と言葉で私たちの魂の攪拌の不確実性を置く. 私たちの質問はいつも同じだった. 我々はどこから来るのか? 私たちはここで何をしている? そしてどこに向かっている? クォ·ヴァディス?

私が読んでいるこの種のすべての書籍の, と私は多くを読んだ, 剃刀の刃 最も直接的に最後の質問を取る. ときラリーは言う, 突然, “そうひどく死んだ死んだ表情。” 私たちはどのような彼の探求のアイデアを得る, 本の実際のお問い合わせ, になるだろう.

モームが今までにつれてラリーダレルは、人間の無傷に近いです. 彼のシニカルな処分は、常に人間を不備れた鮮やかな文字を制作. 私たちは、エリオットテンプルトンで俗物根性に使用されている, Blackstableの牧師で恐怖と偽善, でも、フィリップ·キャリーのセルフイメージで自己嫌悪, キティGarstinで軽薄, ウォルター·フェインで過度の厳しさ, ディルクStroeveの滑稽おどけ, チャールズ·ストリックランドでひどい残酷さ, ブランシュStroeve究極の裏切り, ソフィーにおける致命的なアルコール依存症, ミルドレッドで不治乱交 — 把持文字の無限のパレード, あなたと私と同じくらい遠くに人間の完成から、それらのすべての人.

しかし、人間完璧が求めているものであるとラリーダレルで発見. 彼は穏やかである, 思いやりのある, ひたすら勤勉, 精神的に悟りを開いた, シンプルかつ真, とさえハンサム (モームは助けるが、それについてのいくつかの予約を持ち込むことができませんでしたが、). 一言で, パーフェクト. だから、誰もがラリーで自分自身を識別することができる虚栄心の無限の量だけでは (私は密かにそうであるように). そして、それは一部の人々が彼で自分自身を見るの彼はまだ十分に人間のような理想主義的​​なキャラクターを作ることができることをモームの習得とスキルを証明するものです.

私はこれらのレビュー記事でログオンとぼとぼと歩くように, 私は彼らに役に立たないビットを見つけることを始めている. 私はすでによくそもそも本に言われたと言うことが何でもするために必要なことを感じる. そして, 本は古典である, 他の人はまた、それらについて多くを述べている. では、なぜわざわざ?

私はこのポストを巻きましょう, そしておそらくこのレビューシリーズ, 個人的な観測のカップルと. 私はそれが喜ばしいラリーがついにケララの私の故国で悟りを見つけたことがわかった. インドの精神的な充足のためのヒッピー脱出の前に書かれた数十年, この本は著しく先見です. そして, 人生はすべてに約あるものに書籍等, 私たちの多忙な時代に、その精神的な満腹にそれを生きる方法, 剃刀の刃 皆のために読まなければならないです.