カテゴリーアーカイブ: 環境

環境問題に関する私の黙想 — 地球温暖化などの, 炭素放出, だけでなく、所得格差と貧困.

マザー·テレサやその他の精神的指導のフィランソロピー

慈善活動は、2つの種類があります. あなたはそれがあなたが行うことは何でもやってたくさんのお金を作る場所の一つです, した後、直接、他の人を助けることでそれの大部分を過ごす. ビル·ゲイツは、この種の慈善家である. 第二種では、多くの人からお金を集めて、うまく利用してそれを置く場所です. 組織の慈善団体は、この種の慈善活動を行う. だから精神的な指導者を行う, ような インドの神の男性.

続きを読む

トラブル良心

時々私は問題を抱えた良心に苦しみます,,en,私は、大きな問題の一部ではなく、それを解決しています。この沈没感を得ます,,en,現代の企業帝国のために働きます,,en,ブーツの銀行,,en,この感覚を回避することは困難です,,en,あなたはまったく何も感じている場合,,en,それから私はで把握するわらを見つけました,,en,これは、モハメド・エラリアンによる観察しました,,en,ピムコの最高経営責任者(CEO),,en,ステファン・サッカーとHardtalkに,,en,直接の質問に応答して、,,en,彼は言い​​ました,,en,ウォールストリートを占有,,en,男はポイントを持っていました,,en,旧スティービーはそのようなトリックを欠場するつもりではなかったです,,en,彼が急襲しました,,en,あなたは,,en,あなた兆ドル以上を管理するヘッジファンドのヘッド,,en,現代資本主義の縮図,,en,システムは欠陥があることを認めます,,en,あなたは何をしているか停止しようとしています,,en,私は言い換えています,,en,彼はおそらく良いことを尋ねました。,,en. I get this sinking feeling that I am part of a large problem rather than a solution to it. Working for a modern corporate empire, a bank to boot, it is hard to avoid this feeling — if you feel anything at all.

Then I found a straw to grasp at. It was an observation made by Mohamed El-Erian, CEO of Pimco, on Hardtalk with Stephen Sackur. In response to a direct question, he said that the “Occupy Wall Street” guys had a point. Old Stevie was not going to miss a trick like that. He pounced, “Are you, you the head of a hedge fund managing over a trillion dollars, the epitome of modern capitalism, admitting that the system is flawed? Are you going to stop what you are doing?” (もちろん, I’m paraphrasing. He probably asked it better.)

私は、インテリジェントな応答のことを愛し氏,,en,エラリアンは与えました,,es,あなたは、サブパー・インテリジェンスと企業帝国のトップに得ることはありません,,en,我々技術者としての多くがそうでないと信じたいです,,en,再び言い換え,,en,あなたはどうするかについて私に尋ねました,,en,それがあるべきようシステム,,en,私たちは、起こりそうあるもので動作します,,en,理想的な世界では,,en,二人は収束しなければなりません,,en,私たちの仕事は、起こりそうあるものを利用して、当社のクライアントのために利益を作ることです,,en,何が起こる可能性があることはどうするかに近いことを保証するために、政策立案者の仕事です。,,en,思考のこのラインは、私が探していたわらでした,,en,私は私の問題を抱えた良心を和らげるだろうと感じた何か,,en,何が起こる必要があると何が起こる可能性があるとの間には大きな隔たりがあります,,en. El-Erian gave. あなたが参照してください。, you don’t get to the top of a corporate empire with sub-par intelligence, much as we techies would like to believe otherwise. 彼は言った (paraphrasing again), “You asked me about what should happen, the system as it should be. We work with what is likely to happen. In an ideal world, the two should converge. Our job is to make use of what is likely to happen and make profit for our clients. It is the job of policy makers to ensure that what is likely to happen is close to what should happen.” This line of thought was the straw that I was looking for, something that I felt would assuage my troubled conscience.

今, there is a large gulf between what should happen and what is likely to happen. 何が起こるべきことは、地球上のすべてのための繁栄と平和と幸福です,,en,何が起こる可能性があることは残りの少数精鋭と不幸のためにわいせつ繁栄です,,en,私たちの歪んだ経済指標により、,,en,株価指数とのGDPのような,,en,我々はまだよくやっています,,en,パーティーはオンのままであります,,en,彼らが示しているように見えます,,en,今、私たちが作成しているの混乱を心配する時間ではありません,,en,そして、それをクリーンアップする必要があります低賃金移民労働者について,,en,今、食べる時間があります,,en,飲むと陽気になります,,en,明日のために私たちではありません,,en,それは彼らのものだよ,,en,氏についての興味深いと本当にスマートとは何,,en,エラリアンの観測は、彼は二つの部分に責任を切断された方法をきちんとあります,,en,現状を利用することである彼の仕事,,en,そして誰かの他の人の仕事,,en,それを改善することです,,en,それについてもう少し考えます,,en. What is likely to happen is obscene prosperity for a select few and misery for the rest. まだ, by our skewed economic indicators (like stock indices and GDPs), we are still doing well. The party is still on, they seem to indicate. Now is not the time to worry about the mess we are creating, and about the underpaid migrant workers who will have to clean it up. Now is the time to eat, drink and be merry, for tomorrow is not ours. It’s theirs, うまくいけば.

What is interesting and really smart about Mr. El-Erian’s observation is how neatly he cleaved the responsibility into two parts — his job which is to make use of the status quo, and somebody else’s job, which is to improve it. Thinking a bit more about it, クリシュナは言うそれらマハーバーラタのエピソードの一つ一つのオープニングシーンをリコール,,en,善と悪の間の戦いで,,en,サイドラインに立つ人たちは悪と同じくらい有罪です,,en,私は物事がある「途中でこの観察のだろうか,,en,そのために私は自分自身が責任を数えるべきではありません,,en,私の問題を抱えた良心のために十分に良い治療法です,,en,ブッシュ大統領は、完全かつ恒久的に私のために、このクリシュナ文を台無しに,,en,彼が言ったとき,,en,あなたは私たちまたは当社に対してのどちらかです。,,en,プラス面では,,en,ブッシュを考えると、ある程度は私のこの罪悪感を含んだ良心を落ち着きません,,en,私は悪いことだったかもしれません,,en,たくさんの悪いこと,,en,モハメド・エラリアン,,es,PIMCO,,en,私はどのようにハード私たちが働くことは、我々が享受すべきどのくらいの報酬とはあまり関係がないと主張しました,,en, “In a battle between the good and the evil, those who stand on the side lines are just as guilty as the evil,” I wonder whether this observation on the ‘way things are,’ for which I shouldn’t count myself responsible, is good enough a cure for my troubled conscience. ところで, President Bush totally and permanently ruined this Krishna statement for me, when he said, “You are either with us or against us.” On the plus side, thinking about Bush does soothe this guilt-laden conscience of mine to some degree. 結局, I could have been worse. A lot worse…

ビジネスとリーダーシップで倫理

[This post is the speech given by Prof. Surya Sethi at World Forum for Ethics in Business – 国際リーダーシップシンポジウム月曜日, 4月 2, 2012 シンガポール. 許可を得てここに再現。]

私は、気候変動との関連や世界的なエネルギー危機の中、持続可能性のための信頼回復事業に関連する問題の広いスペクトルをカバーするために求められている. 重要なことには, 私はでそうするように求められている 10 私たちがしている都市国家の効率性を反映した分.

私は道徳的、倫理的価値とを区別することから始めてみましょう. 私は今朝聞いたものに基づいて, 道徳と倫理の間で若干の混乱があるように見える. 前者は個別の文字を定義し、善悪や良い面と悪い面の個人的な判断に基づいています. 後者は、本質的に基準や行動規範である, 特定の文脈で予想, 個人が属するグループから. 倫理は、一般的に社会的包含, 企業の, 国民, 専門家や他の同様の成形体. 個別に, 私たちは、道徳的に間違って殺すことを検討しかし数千人を殺害軍は倫理的とみなされ、多くの場合、共通の利益のために勇気の行為として飾られている.

ビジネス企業, 今日, 道徳的に直立個人が集合的に私たちは残忍と共有する惑星を殺していることにより、主に有人, 戦争のそれと一致する強さと速さ; 前例のない評価額と競争力の覇権を作成するための報わ結婚. 消費のための消費, 成長のための成長, 上記のすべてを維持する方針や政策立案者のための利益と支援のために利益がこれらの企業を導く倫理的価値である.

最後のオーバー地球の生態系への人為的な損傷 60 歳までの彼らの全体の歴史の中で人間がダメージを超える 1950. 物理間の微妙なバランス, 単一の相互依存のシステムとして地球を維持する化学的および生物学的プロセスを妨害されています. 地球は非常に少なくとも、以前の50万年間に展示さ彼女の自然変動の範囲外に移動しただけでなく. 地球のダイナミクスにおける非線形フィードバックによる急激な生態系の変化, 壊滅的な結果につながる, 今日現実の可能性あり. 倫理価格は決定されるべきであり、価格は市場によって決定されていない. アンダープライシング自然資本および付随するリスクを無視することは、消費ブームに拍車をかけている.

重要なことには, 成長, 消費と利点は一握りの特権階級に集中してきた. トップ 20% 世界が消費の 80% ボトムしばらくその出力の 80% バランスに住んでいる 20%. ボトム 20% 未満の消費量よりも悲惨な貧困の中で暮らして $1.25 そのようなこれらのグローバル不幸第三に家であるインドなどの国の名目セント単位でのPPP /日または約50cents /日. 所得貧困だけで行く, この悲惨なしきい値以下の生活を送って数がいくつかによって降りてくる 500 万人 - ほぼ完全なぜなら、中国の減少. しかしながら, そのような健康状態などのパラメータが含まれる広範な多次元貧困指数, 教育, 男女平等, アクセス, エンパワーメントなど. 約これらの極貧の人の割合をプッシュ 25% 世界人口の. 重要なことには, の世界の貧困ライン以下の人の数 $2 PPPの一日あたりの消費量は約で頑固に残る 2.5 億または約 36 % 人類の.

現代のエネルギー消費量は、人間開発指数と完全に相関している (HDI) それはまだ底を見逃さ 2.5 エネルギーに飢えたまま億. 一方 1.5 その中億, オーバーを含む 500 インド人, 電気へのアクセスがない, 2.2 10億, を含むいくつかの 850 インドからの人は、食品を調理するためのエネルギーの彼らの主なまたは唯一のソースとしてのバイオマスのいくつかのフォームを使用します –最も基本的な人間の必要性. より多くは、私たちがエネルギーの価格決定を行うたアクセスが拒否される, 地球最速の枯渇資源の一つ, その真の価値で. その主な理由は、裕福な別の継続不釣り合いな消費である.

OECD諸国, インドは世界最高の生活水準を楽しむよりも、少ない組み合わせ人口. まだ, 期間のOECDの増​​分商業エネルギー消費量 1997-2007 (金融危機の前に); た 3.2 インドの倍. この期間, 世界の商用エネルギー消費のインドのシェアは上昇したから 2.9% へ 3.6% OECDのシェアはから下落した 58% わずかに 50%. それは、世界最大のエネルギー消費国になったので、この低下は、単独で中国のシェアの成長によるものであった.

エネルギーの不均衡な消費は数字が明らかによりはるかに悪化している. グローバル化した世界では、, 大企業は、環境コモンズを含む安価な自然資本を求めてOECDの生産拠点のかなりの部分を移動させた, その貴重でも, 中国や発展途上国ではまだ無料で利用できます.

1は、その境界内に生産を消費ベースでの温室効果ガス排出量を見て、そうでない場合, その後、EU 15 排出量がアップすることである 47% 米国の排出量が上昇している 43% 以来 1990. EU-15の輸入が埋め込まれた排出量は約です 33% 国境内の排出量. これは、約に変換 3 エンベデッドの量で1人当たりCO2排出量のトーン. 埋め込まれた排出量は、米国の輸入です。 20% または約 4 トン/人 - で 2000, 米国とEU15の両方に埋め込まれた排出ガスの輸入のレベルのみであった 3% . 米国とEU-15のための輸入だけでは埋め込まれた排出量は二回あり、 1.6 インドの総一人当たりの温室効果ガス排出量のそれぞれ時刻.

私たちは大企業に言われているし、政策立案者がそれらによってサポートされている最大の嘘は、資源効率、持続可能性への答えであることである. 資源利用効率の大幅な向上にもかかわらず, 世界はこれまで以上に、今日より自然資本を消費していると私たちは、少なくともに自動操縦である 3.5 摂氏温暖化. IPCCは右である場合, これは近い将来に致命的なイベントや世界の貧困層の質量消滅を発揮します.

簡単に言うと, 消費と生産の電流パターン, 紳士淑女, 持続不可能である. そのような効率的なライトで学校や病院や緑の洗濯板の部屋を開くなどCSR活動は、単純に不十分である. また、不適切なその後、最初の影響や、単に単純な費用便益分析に基づく現行の規制を満たしているだけ金銭面で価値を見ているビジネスの考え方である

まず、化石燃料や自然資本の他の形態の私達の使用を制限した後、徐々技術革新に支えられクレードルパラダイムにクレ​​ードルにそれを減少させる政策の枠組みが必要. 当社の成長モデルは、数によって持続不可能な過剰消費が減少し、底にそれを再配布する包括的なものでなければならない 50% この世界の. しないでください, 私は、金持ちが貧しいことで貧困層を豊かにしようとしない - 私は単にボトムの権利を求める 50% 世界の消費によってもたらされる生命の尊厳を持っている 50% OECD内の貧困レベルの. 購買力平価ベースで世界第三位の経済大国となる現在の不平等 (インド) そのHDIの面で134番目に配置され、貧困層の世界最大濃度を有している, 栄養失調大人とアンダーウェイト子どもたちが持続不可能である.

悟りを開いたビジネスリーダーは、世代間の資源資本を保証する観点から持続可能性を定義するだけでなく、現在の世代内の不公平を除去し、それによって底に最小限の適応能力を提供しないという持続不可能を見なければならないだけでなく、 2.5 差し迫った突然の気候現象に直面した仲間の人間の十億.

締めくくりに, 私は言ったマハトマ·ガンジーを引用: "世界はすべての人のニーズを満たすのに十分でさえ一人の男の欲を満たすのに十分ではありませんがあります!"

私はあなたの時間と注意をありがとうございました.

ヒトウイルス

シラキュースの1痛烈美しい秋の日に, 私たちのグループは、物理学の大学院生は、質素な台所のテーブルの周りに集まりました. 私達は私達の華麗な教授を持っていました, Lee Smolin, 私たちに話して. 我々は非常に高い点で私たちの有望な指導者を開催しました. そして、我々はリーのための大きな期待を持っていました.

その日の会話の話題は少し哲学的でした, 私たちは熱心リーから発せられる知恵の言葉を吸収しました。. 彼は、地球が生きている生物と見なすことができるか、私たちに記述しました. 洞察力の引数と正確に変調glibのアーティキュレーションを使用しました (間違いなく, 世界最高の大学で知的決闘の年によって偽造), Lee made a compelling case that the Earth, 実際には, satisfied all the conditions of being an organism.

Lee Smolin, ところで, 後年に私たちの大きな期待に住んでいました, 評判の高い本を出版し、一般的に、現代物理学の世界で輝かしい痕跡を残します. 彼は今、このようなBBC Hardtalkなどの名門プログラムを通じて世界中の視聴者に話します, 私たちの誇りと喜びをはるかに.

The point in Lee’s view was not so much whether or the Earth was literally alive, しかし、生物としてのそれの思考は地球を表現するための実行可能な知的モデルでした. このような知的アクロバットは、私たちの物理学の学生の間では珍しくありませんでした.

ここ数年で, リーは実際に彼の本の一つでずっと遠く思考のこのモードをとっています, 進化の光で宇宙を描きます. 再び, 引数は文字通りに解釈されるべきではなく、, 生存のために争うのパラレルユニバースの束を想像. アイデアは、思考のモードが前方たちを運び、私たちの思考を導くようにすることです, 私たちは思考の運動から引き出すことができるどのような結論を参照してください。.

思考の同様のモードは、映画マトリックスで導入されました. 実際には, いくつかの深刻なモデルは、その映画の中で紹介されました, これはおそらく、その野生興行成功を煽っ. コンピュータのエージェント・スミスが提案されている一つの厭世モデルは、人間が地球上のウイルスであるということです.

映画の中の悪い男はそれを示唆するのは大丈夫です, しかし、新聞のコラムニストのための全く別の問題は、そうします. 私は地球のリーの概念が生物であると私たちのエージェントスミスの提案は、その上にウイルスである組み合わせとしてではなく、私と一緒にクマ. それが私たちを取る場所を見てみましょう.

それは生物に侵入する際、ウイルスが最初に行うことは、ホスト本体の遺伝物質を使用して繁栄することです. ウイルスは、宿主の幸福のための少しに関してそれをしません. 私たちの一部に, 私たち人間は、類似度が欠場するのは難しいであることを放棄ようにして私たちのホスト惑星から原料を略奪します.

しかし、類似点はそれだけではありません. ホスト上のウイルス感染の典型的な症状は何ですか? 一つの症状は、発熱の試合です. 同様に, 私たちのホスト地球上の私たちの活動に起因します, 私たちは地球温暖化の試合を通過しています. 不気味なほど似て, 私の見解で.

ウイルスの症状は、同様にただれや水疱に拡張することができ. 私たちは誇らしげに手付かずの森林や自然景観に作成都市や他の眼の傷を比較, it is not hard to imagine that we are indeed inflicting fetid atrocities to our host Earth. 我々は悪臭として、市内の下水道や汚染された空気を見ることができません, oozing ulcers on its body?

さらに一歩行きます, 我々はまた、カトリーナやアジアの津波などの自然災害が高いギヤに蹴っ地球の自然免疫系であることを想像できます?

私はこれらの極限にこの比較をプッシュする最高に冷笑的であることを知っています. あなたの愛する人の無邪気な顔を見てみます, あなたは、この比較で合法的に怒りを感じることができます. 私は邪悪なウイルスそれらを呼び出す方法をあえて? その後、再び, ウイルスは考えることができれば, それは悪のような宿主の体にその活動を考えるだろう?

それは怒りの感覚を和らげるしない場合, このウイルスのアナロジーは、文字通りの起訴ではなく、思考のモードがあることを覚えておいてください. それはいくつかの結論を得ることができるならば思考のようなモードのみ有用です. この人間のウイルスの比較から結論は何ですか?

ウイルス感染の最終的な結果は常に暗いあります. いずれかのホストが屈するか、ウイルスが宿主の免疫システムによって殴られます. 我々はウイルスであれば, 両方のこれらの事態が発生した場合、まずいです. 私たちは地球を殺すためにしたくありません. そして、我々は確かに地球によって絶滅させたくありません. しかし、それらは、ここで私たちのウイルス様活性の唯一の可能な結果です. 私たちが絶滅してしまいますことはほとんどありません; 我々はそのためにあまりにも洗練されています. 十中八九, 私たちは、私たちの惑星が住めないようになります. 私たちかもしれません, その時までに, 他の惑星系への移行の私たちの技術的手段を持っています. 言い換えると, 我々は幸運であれば, 我々は伝染することができます! これは、この知的運動の避けられない結論であります.

可能性が低いシナリオがあります — ホスト本体内共生ウイルスの存在. それはアル・ゴアと他の人が私たちのためにお勧め良性ライフスタイルの一種であります. しかし, 地球上で私たちの活動の株式を取ります, 私の最悪のビューは、それが平和的な共生のために遅すぎるということです. あなたはどう思いますか?

才能と知能

In the last post, I argued that how hard we work has nothing much to do with how much reward we should reap. 結局, 長くそして懸命に働くタクシー運転手があります,,en,インドのスラム街や他の貧困国であり、さらに不幸な魂,,en,私は比較本当の薄い氷の上スレッディングいます,,en,しかし、斜め,,en,cabbiesとスラムドッグに幹部,,en,幹部,,en,明らかに、より多くの才能,,en,これはボーナスで有名な才能引数に私をもたらします,,en,この才能の事は何ですか,,en,それは知性と関節であります,,en,私はかつて、英語やアラビア語などの異種としてダース以上の言語に堪能だったバンガロールのタクシー運転手に会いました,,en,彼は私の父は私に言った何かでアップ割れたとき、私は偶然彼の隠された才能を発見しました,,en,私たちの方言でプライベートジョーク,,en,これは私はめったに非ネイティブスピーカーの試みは認められません,,en,私は、考えて助けることができませんでした,,en,別の場所や別の時間を与えられました,,en, and even more unfortunate souls in the slums of India and other poor countries.

しかし, I am threading on real thin ice when I compare, however obliquely, senior executives to cabbies and slum dogs. They are (the executives, すなわち) clearly a lot more talented, which brings me to the famous talent argument for bonuses. What is this talent thing? Is it intelligence and articulation? I once met a taxi driver in Bangalore who was fluent in more than a dozen languages as disparate as English and Arabic. I discovered his hidden talent by accident when he cracked up at something my father said to me — a private joke in our vernacular, which I have seldom found a non-native speaker attempt. I couldn’t help thinking then — given another place and another time, このタクシー運転手は、言語学の教授か何かだっただろう,,en,タレントは、成功のために必要な条件かもしれ,,en,ボーナス,,en,それは確かに十分なものではありません,,en,でもスラム犬の中で,,en,我々は十分な才能を見つけるかもしれません,,en,オスカーを受賞した映画はで行くために何かあれば,,en,映画の主人公は、彼の百万ドルのボーナスを作るん,,en,それが唯一のフィクションでした,,en,状況の幸運事故が所得格差の右側に私たちを置くには才能よりも重要な役割を果たしています,,en,才能や知性のいずれかの認識に基づいて報酬を受ける権利を主張するために愚かなようです,,en,知性そのもの,,en,しかし、我々はそれを定義します,,en,幸せな遺伝事故以外の何ものでもありません,,en,他の夜,,en,私はヘッドハンターから電話を持っていました,,en,私がハングアップしたよう,,en,私の6歳の息子はで歩きました,,en. Talent may be a necessary condition for success (and bonus), but it certainly is not a sufficient one. Even among slum dogs, we might find ample talent, if the Oscar-winning movie is anything to go by. しかし, the protagonist in the movie does make his million dollar bonus, but it was only fiction.

実生活では, しかしながら, lucky accidents of circumstances play a more critical role than talent in putting us on the right side of the income divide. 私には, it seems silly to claim a right to the rewards based on any perception of talent or intelligence. ヘック, intelligence itself, however we define it, is nothing but a happy genetic accident.

セクション

少し唯物

The other evening, I had a call from a headhunter. As I hung up, my six-year-old son walked in. だから私は、私は別の仕事を取るべきかどうか冗談めかして彼に尋ねました,,en,それはあなたが早く帰ってくるようになるだろう意味しています,,en,私は、彼は自宅で私の周りを持っているのが好きという強大な喜んでいました,,en,私は言いました,,en,少し仲間,,en,私ははるかに長い時間を仕事する必要があります,,en,でも、私はより多くのお金を儲けることになります,,en,あなたは、私はそれを取るべきだと思いますか,,en,私は彼が言うことを確信しました,,en,お金を忘れます,,en,自宅で時間を過ごします,,en,彼は私に非常に近いです,,en,そして彼ができる限り私と一緒にたむろしよう,,en,この選択に直面,,en,彼はしばらく静かでした,,en,だから私は彼を押しました,,en,どう思いますか,,en,彼は尋ねた,,en,どのように後半,,en,私は一緒に演奏することを決めたと言いました,,en,私はおそらくあなたがベッドに行くだけの後に家になるだろう。,,en,彼はまだ躊躇するように見えました,,en,私は持続しました,,en,私の6歳は言いました,,en,あなたはより多くのお金を持っている場合,,en,あなたは私に多くのものを購入することができます,,en. 彼は尋ねた,

“Does it mean you will get to come home earlier?”

I was mighty pleased that he liked to have me around at home, but I said,

“しないでください, little fellow, I may have to work much longer hours. I will make a lot more money though. Do you think I should take it?”

I was certain that he would say, ない, forget money, spend time at home. 結局, he is quite close to me, and tries to hang out with me as much as he can. しかし, faced with this choice, he was quiet for a while. So I pressed him,

“よく, what do you think?”

私の狼狽へ, he asked,

“How late?”

I decided to play along and said,

“I would probably get home only after you go to bed.”

He still seemed to hesitate. I persisted,

“よく, what do you think?”

My six-year-old said,

“If you have more money, you can buy me more stuff!”

私は思考のこのあきらか唯物ラインであったようにCrestfallen,,en,私の親のエゴに打撃については何も言っていません,,en,私はこの時点で哲学的な取得しなければなりませんでした,,en,なぜだろう現代の子供値,,en,スタッフ,,en,彼の親との彼の時間以上,,en,私は、私が対応してきただろうか想像する私の若い頃について背面考え,,en,私はおそらく同じように感じているだろう,,en,この比較は非常に公平ではありません,,en,私たちは、その後、多くの貧しいました,,en,そして私の父は、より多くのお金を持って来ます,,en,しかし、資金不足は非常に彼らのようなものを求めた後、私は私の子供を取得しない理由はありませんでした,,en,私は彼らに、彼らはおそらくしたいことは何も取得し、いくつかの可能性,,en,それは私がそれらを下車しようとしているだけのことです,,en,環境の引数を持ちます,,en,ウォーリーの助けを借りて、,,en (not to say anything about the blow to my parental ego), I had to get philosophical at this point. Why would a modern child value “stuff” more than his time with his parent?

I thought back about my younger days to imagine how I would have responded. I would have probably felt the same way. しかし、その後、, this comparison is not quite fair. We were a lot poorer then, and my dad bringing in more money (そして “stuff”) 素敵だっただろう. But lack of money has never been a reason for my not getting my kids the much sought after stuff of theirs. I could get them anything they could possibly want and then some. It is just that I have been trying to get them off “stuff” with environmental arguments. あなたが知っている, with the help of Wall-E, 彼らはゴミの完全な世界に生きてしまいますし、私の脅威,,en,それは効かなかった,,en,我々は右のそれをやっていないかもしれ,,en,私たちが言うように私たちは、子供たちが何を期待することはできません,,en,そして私たちはいないよう,,en,値にそれらを伝えるの使用は何ですか,,en,以下、私たちは大きな家や愛好家の車の夢を見て止めることができないとき,,en,第七DVDプレーヤーで再生し、二大画面テレビで見たときに多分ウォール-Eのメッセージは、その信憑性のビットを失います,,en,それは私たちの子供たちにも反映され、当社の唯物論であります,,en,優先順位,,en,唯物論,,en,そこにすべてのMBAと経済学の種類に,,en,私は1つの簡単な質問があります,,en,私たちの一部は、裕福であるためには,,en,それは、貧しいいくつかの他を保つ必要があります,,en,私は経済学者を尋ねました,,en,経済学の主要な,,en,この質問,,en,私はかなり彼女の答えを覚えていません,,en,それはパーティーでした,,en. はっきりと, it did not work.

May be we are not doing it right. We cannot expect our kids to do as we say, and not as we do. What is the use of telling them to value “stuff” less when we cannot stop dreaming of bigger houses and fancier cars? Perhaps the message of Wall-E loses a bit of its authenticity when played on the seventh DVD player and watched on the second big screen TV.

It is our materialism that is reflected in our kids’ priorities.

経済学の質問

To all the MBA and Economics types out there, I have one simple question. For some of us to be wealthy, is it necessary to keep some others poor?

I asked an economists (というより, an economics major) this question. I don’t quite remember her answer. It was a long time ago, and it was a party. 私は酔っていたかもしれ,,en,私は彼女が孤立した島でアイスクリーム工場について何かを言って覚えていますか,,en,私は答えは私たちのすべてが同時に豊かに得ることができるということだったと思います,,en,しかし、私は今、疑問に思います,,en,不平等は、現代の経済の特徴となっています,,en,それは同様に古代の国の特徴だったかもしれ,,en,私たちは、おそらく任意のより良いことがありませんでした,,en,しかし、現代のグローバル化は不平等で私たちの各はるかに加担してきました,,en,私は私の貯金や退職金口座に入れてすべてのドルはどこかにいくつかの巨大な金融取引で終わります,,en,回でさえへの追加,,en,食糧不足,,en,私はガスポンプや光をオンにするたびに,,en,私たちは私たちの周りを参照残酷な不平等にビットを追加します,,en,大企業は、これらの日悪役として浮上しています,,en. I do remember her saying something about an ice cream factory in an isolated island. I guess the answer was that all of us could get richer at the same time. But I wonder now…

Inequality has become a feature of modern economy. May be it was a feature of ancient economies as well, and we probably never had it any better. But modern globalization has made each of us much more complicit in the inequality. Every dollar I put in my savings or retirement account ends up in some huge financial transaction somewhere, at times even adding to the food scarcity. Every time I pump gas or turn on a light, I add a bit to the cruel inequality we see around us.

Somehow, big corporations are emerging as the villains these days. これは、企業のメガマシン内のすべての小さなコグ顧客への利害関係者から不思議です,,en,潔白まともな人々のように見えます,,en,おそらく、魂,,en,企業が自分の命を取られ、彼らが繁栄するように見える厳しい不等式の面で肉の彼らのポンドを要求し始めたし、我々が一緒に暮らすことを余儀なくされてきている顔のないエンティティ,,en,少なくとも、これらは、私は、高エネルギービスケットのわずかな助けるため警棒や石の壁を勇敢に立ち向かう小さな衰弱コンゴ人の子供たちの悲痛なシーンを見ていた私の考えでした,,en,私のエアコンに座っ,,en,その悲劇的な窮状上で、私の正義の怒りを表明,,en,私は彼らの不幸の無邪気なアム,,en,エコノミスト,,en,肉のポンド,,en,悲劇的な窮状,,en,ロジック,,fr,ブログすることが私のフランス語redactionsの最後,,en (あなたと私) seem blameless decent folks. Perhaps the soulless, faceless entities that corporations are have taken a life of their own and started demanding their pound of flesh in terms of the grim inequalities that they seem to thrive on and we are forced to live with.

At least these were my thoughts when I was watching heartrending scenes of tiny emaciated Congolese children braving batons and stone walls for a paltry helping of high energy biscuits. Sitting in my air-conditioned room, voicing my righteous rage over their tragic plight, 私は疑問に思う… Am I innocent of their misfortunes? Are you?

La logique

[The last of my French redactions to be blogged, これは、クラスで、このようなヒットしませんでした,,en,彼らは冗談を期待しました,,en,しかし、彼らが得たことでした,,en,私はフランス人が誇らしげに彼らの戦闘機の技術を展示したテレビの航空ショーを見た後、それは、一日に書かれました。,,en,英語での最初の,,en,科学は論理に基づいています,,en,そして、ロジックは、私たちの経験に基づいています,,en,私たちは私たちの生活の中に学びます,,en,私たちの経験が不完全であるため、,,en,私たちの論理が間違っている可能性があります,,en,そして、我々の科学は私たちの終焉に私たちを導くことができます,,en,私はテレビで戦闘機を見たとき,,en,私たちは自分自身を殺そうとに費やすエネルギーと努力について考え始め,,en,ここは私たちのロジックが間違っていたように私には思えます,,en,私は短編小説を読みます,,en,O.Vによって,,ru,実際のところ,,en,ケージの中に自分自身を発見した鶏について,,en,毎日,,en,昼まで,,en,ケージの小さなウィンドウが開きます,,en. They expected a joke, but what they got was, よく, この. It was written the day after I watched an air show on TV where the French were proudly showcasing their fighter technology.]

[In English first]

Science is based on logic. And logic is based on our experiences — what we learn during our life. しかし, because our experiences are incomplete, our logic can be wrong. And our science can lead us to our demise. When I watched the fighter planes on TV, I started thinking about the energy and effort we spend on trying to kill ourselves. It seems to me that our logic here had to be wrong.

数カ月前, I read a short story (by O.V. のVijayan, as a matter of fact) about a chicken who found itself in a cage. Everyday, by noon, the little window of the cage would open, 男の手が現れ、鶏肉を食べるために何かを与えるだろう,,en,それはのために行ってきました,,en,そして鶏が締結します,,en,正午,,en,フード,,en,百日に,,en,手が再び登場しました,,en,チキン,,en,すべての幸せと感謝の気持ちでいっぱい,,en,何か食べるものを待っていました,,en,しかし、この時間,,en,手が首にそれをキャッチし、それを絞め,,en,理由は、その経験を超えた現実の,,en,鶏肉は、その日の夕食になりました,,en,私たち人間は、このような事態を避けることができることを望みます,,en,科学は論理に基づいています,,fr,そして、ロジックは、経験に基づいています,,fr,私たちは私たちの生活の中で学びます,,fr,もっと,,pt,私たちの経験は必ずしも包括的ではないとして、,,fr,私たちの論理が間違っている可能性があります,,fr,そして、我々の科学は私たちの破壊に私たちを導くことができます,,fr,私はテレビで戦闘機を見たとき,,fr. It went on for 99 日. And the chicken concluded:

“Noon, 手, food — 良い!”

On the hundredth day, by noon, the hand appeared again. The chicken, all happy and full of gratitude, waited for something to eat. But this time, the hand caught it by the neck and strangled it. Because of realities beyond its experience, the chicken became dinner on that day. I hope we human beings can avoid such eventualities.

Les sciences sont basées sur la logique. Et la logique se base sur les expériences – ce que nous apprenons dans notre vie. Mais, comme nos expériences ne sont pas toujours completes, notre logique peut avoir tort. Et nos sciences peuvent nous diriger vers notre destruction. Lorsque je regardais les avions de combat à la télé, 彼らは私たちが私たちを殺そうと無駄なエネルギーと労力を考え作られました,,fr,それは私には思われます,,fr,ここでの論理は間違っていなければなりません,,fr,私は前に鶏の数ヶ月の物語を読みます,,fr,彼女はケージの中に自分自身を発見しました,,fr,一人の男がそこに入れていました,,fr,毎日,,fr,正午のまわり,,fr,小さなケージウィンドウが開かれました,,fr,鶏の餌に手を示しました。,,fr,それは九〇から九日間、次のように起こりました,,fr,そして鶏は思いました,,fr,相槌,,en,ミディ,,en,メイン,,en,桶,,en,良く,,fr,百日が到着しました,,fr,正午,,fr,手が示されています,,fr,編,,fr,すべての幸せと感謝,,fr,食べるのを待っています,,fr,今回,,fr,手が首によって彼女を取り、絞め,,fr. Il me paraît que la
logique ici doit avoir tort.

J’ai lu une petite histoire d’une poule il y a quelques mois. Elle s’est trouvée dans une cage, un homme l’y avait mise. Chaque jour, vers midi, la petite fenêtre de la cage s’ouvrait, une main se montrait avec de quoi manger pour la poule. Ça s’est passé comme ça pendant quatre-vingt-dix-neuf jours. Et la poule a pensé:

“Aha, midi, main, manger – bien!”

Le centième jour est arrivé. Le midi, la main s’est montrée. La poule, toute heureuse et pleine de gratitude, attendait de quoi manger. Mais, cette fois, la main l’a prise par le cou et l’a étranglée. そのため、彼の経験を超えた現実の,,fr,鶏肉は、その日の夕食になりました,,fr,私たちは事態のこの種のを避けることができることを望みます,,fr,現実,,en,環境アーカイブ,,en, la poule est devenue le diner ce jour-là. J’espère que nous pourrons éviter les éventualités de cette sorte.