カテゴリーアーカイブ: ディベート

私は、電子メールを介して、インターネットフォーラムで物理学と哲学の長い議論に従事. そのうちのいくつかは少し厄介です, しかしほとんどは良い味で行われた. ここで彼らは、, 両方のあなたの読書の喜びと私のアーカイブの目的で.

神 — A Personal Story

I want to wrap up this series on atheism with a personal story about the point in time where I started diverging from the concept of God. I was very young then, about five years old. I had lost a pencil. It had just slipped out of my schoolbag, which was nothing more than a plastic basket with open weaves and a handle. When I realized that I had lost the pencil, I was quite upset. I think I was worried that I would get a scolding for my carelessness. あなたが参照してください。, my family wasn’t rich. We were slightly better off than the households in our neighborhood, but quite poor by any global standards. The new pencil was, 私に, a prized possession.

続きを読む

The Origins of Gods

The atheist-theist debate boils down to a simple question — Did humans discover God? または, did we invent Him? The difference between discovering and inventing is the similar to the one between believing and knowing. Theist believe that there was a God to be discovered. Atheists “知っている” that we humans invented the concept of God. Belief and knowledge differ only slightly — knowledge is merely a very very strong belief. A belief is considered knowledge when it fits in nicely with a larger worldview, which is very much like how a hypothesis in physics becomes a theory. While a theory (such as Quantum Mechanics, 例えば) is considered to be knowledge (or the way the physical world really is), it is best not to forget the its lowly origin as a mere hypothesis. My focus in this post is the possible origin of the God hypothesis.

続きを読む

Atheism and Unreal God

The only recourse an atheist can have against this argument based on personal experience is that the believer is either is misrepresenting his experience or is mistaken about it. I am not willing to pursue that line of argument. I know that I am undermining my own stance here, but I would like to give the theist camp some more ammunition for this particular argument, and make it more formal.

続きを読む

Atheism vs. God Experience

I have a reason for delaying this post on the fifth and last argument for God by Dr. William Lane Craig. It holds more potency than immediately obvious. While it is easy to write it off because it is a subjective, experiential argument, the lack of credence we attribute to subjectivity is in itself a result of our similarly subjective acceptance of what we consider objective reason and rationality. I hope that this point will become clearer as you read this post and the next one.

続きを読む

Atheism and the Morality of the Godless

In the previous post, we considered the cosmological argument (that the Big Bang theory is an affirmation of a God) and a teleological argument (that the highly improbable fine-tuning of the universe proves the existence of intelligent creation). We saw that the cosmological argument is nothing more than an admission of our ignorance, although it may be presented in any number of fancy forms (such as the cause of the universe is an uncaused cause, which is God, 例えば). The teleological argument comes from a potentially wilful distortion of the anthropic principle. The next one that Dr. Craig puts forward is the origin of morality, which has no grounding if you assume that atheism is true.

続きを読む

Atheism – Christian God, or Lack Thereof

教授. William Lane Craig is way more than a deist; he is certainly a theist. 実際には, he is more than that; he believes that God is as described in the scriptures of his flavor of Christianity. I am not an expert in that field, so I don’t know exactly what that flavor is. But the arguments he gave do not go much farther than the deism. He gave five arguments to prove that God exists, and he invited Hitchens to refute them. Hitchens did not; 少なくとも, not in an enumerated and sequential fashion I plan to do here.

続きを読む

リスク – ワイリーFINCADウェビナー

この投稿は、私の回答の編集されたバージョンである ウェビナー ワイリー·ファイナンスとFINCAD主催のパネルディスカッション. 自由に利用できるWebキャストは、ポストにリンクされている, 他の参加者からの応答が含まれています — ポール·ウィルモットとエスペンHuag. この記事の拡張版は、後のウィルモットマガジンの記事として表示されることがあります.

リスクとは何ですか?

我々は、通常の会話の中で単語のリスクを使用する場合, それが否定的な意味合いを持つ — 車にはねばかりのリスク, 例えば; しかし宝くじに当たるのではないリスク. ファイナンス, リスクは、正と負の両方です. 時には, あなたは、リスクの特定の種類への曝露は、いくつかの他の露出を相殺したい; 時には, you are looking for the returns associated with a certain risk. リスク, この文脈において, 確率の数学的概念とほぼ同じです.

しかし、たとえ金融の, あなたは常に負であるリスクの種類を持っている — それはオペレーショナル·リスクである. My professional interest right now is in minimizing the operational risk associated with trading and computational platforms.

あなたはリスクを測定するにはどうすればよい?

リスクを測定することは、最終的に何かの関数として損失の確率を推定するに集約 — 典型的には、損失の強度と時間. だから、尋ねるようなものだ — 明日か明後日万ドルまたは200万ドルを失う確率は何ですか?

我々はリスクを測定することができるかどうかの質問は、私たちはこの確率関数を見つけ出すことができるかどうかを尋ねるの別の方法です. 特定の場合に, 私達は私達ができると信じて — 市場リスクで, 例えば, 我々は、この機能のために非常に良いモデルを持っている. 信用リスクは別の話です。 — 私たちはそれを測定できると思ったが、, 私たちはハードな方法を学んだことが、私たちはおそらくできなかった.

質問どのように効果的な尺度である, です, 私の見解で, 自分自身を尋ねるようなもの, “我々は、確率数をどのように行うのですか?” 私は空想の計算を行うと、あなたが持っていることを教えてくれた場合 27.3% 百万明日を失う確率, あなたは、情報のその部分で何をしますか? 確率は統計的な意味合理的な意味を持ってい, 高周波イベントまたは大アンサンブル. リスクイベント, ほとんど定義上, 低周波事象である確率の数が限られた実用的な用途を有し得る. しかし、価格設定ツールとして, 正確な確率は素晴らしいです, 場合は特に、あなたの深い市場の流動性との価格の楽器.

リスクマネジメントの革新.

リスクの革新は2種類があります — 一リスク負担側にある, その価格設定にあり, 倉庫のリスクなど. この面では, 私たちはそれをうまくやる, または少なくとも私たちはそれをうまくやっていると思う, と価格とモデリングにおける技術革新がアクティブである. そのフリップ側である, もちろん, リスクマネジメント. ここに, 私は、技術革新が壊滅的なイベントの背後に実際に遅れると思います. 私たちは、金融危機ができたら, 例えば, 我々は検死を行う, 何が悪かったのかを把握し、安全ガードを実装しよう. しかし、次の失敗, もちろん, 他のいくつかから来ることを行っている, 完全に, 予想外の角度.

銀行におけるリスクマネジメントの役割は何か。?

リスクテイクとリスク管理は、銀行の日々の業務の二つの側面である. これらの2つの側面が相互に矛盾するように見える, しかし競合は偶然ではない. これは、銀行がリスク選好を実装し、この紛争の微調整を介して行われ. それは、必要に応じて調整することができ、動的平衡のようなものです.

ベンダーの役割は何ですか?

私の経験では, ベンダーは、プロセスではなく、リスクマネジメントの方法論に影響を与えているようだ, そして実際にモデリングの. vendedシステム, それはしかし、カスタマイズすることができる, comes with its own assumptions about the workflow, ライフサイクル管理など. The processes built around the system will have to adapt to these assumptions. これは悪いことではありません. せめて, 人気のvendedシステムは、リスク管理実務を標準化するのに役立つ.

ビッグバン理論 – パートII

読んだ後 Ashtekarによる論文 量子重力とそれについて考えて上, 私は、ビッグバン理論と私のトラブルがあったものが実現. それは細部よりも基本的な仮定の詳細です. 私はここに私の考えをまとめるだろうと思った, 誰か他の人のより自分の利益のために、より.

古典理論 (SRとQM含む) 連続無としてスペースを扱う; したがって、長期時空連続. このビューでは、, オブジェクトは、連続空間に存在し、連続時間で互いに相互作用.

時空間連続体のこの概念は、直観的に魅力的であるが、, それは, せいぜい, 不完全な. 検討する, 例えば, 空きスペースにおける紡績本体. これは、遠心力を経験すると予想され. 今体が静止していると想像し、全体空間がその周りに回転している. それはどんな遠心力が発生します?

スペースが空の虚無であればそれはどんな遠心力があるであろう理由を確認することは困難である.

GRそれによって自然の中で、それが動的にする時空間に重力を符号化することによってパラダイムシフトを導入, むしろ空の虚無より. このようにして, 質量は、空間にからませれます (と時間), スペースは、宇宙と同義になる, 紡糸ボディの質問はお答えすることが容易になる. はい, それは身体の回転に相当しますので、それを中心に回転している宇宙であれば、それは遠心力が発生します. そして, ない, それはない, それだけで何もない空間にある場合. しかし “空きスペース” 存在しません. 大量の非存在下で, 何時空間ジオメトリが存在しない.

そう, 自然に, ビッグバンの前に (1があった場合), いずれのスペースがあることができなかった, でも実際には任意である可能性があり “前。” ノート, しかしながら, ビッグバンがあるように持っていた理由をAshtekar紙は明記しないこと. それを取得最も近いBBの必要性でGRの時空間での重力のエンコードから生じるということです. 重力のこのコード化にもかかわらず、それによって、動的な時空間をレンダリング, GRがまだスムーズ連続体としての時空間を扱います — 欠陥, Ashtekarに従って, QGは是正すること.

今, 私たちは、宇宙がビッグバンで始まったことを受け入れた場合 (そして、小領域から), 私たちは、量子効果を考慮しなければならない. 時空を量子化する必要があり、それを行うための唯一の正しい方法は、量子重力によるものであろう. QGを通じ, 私たちは、GRのビッグバン特異点を回避することを期待, QMは、水素原子で有界の基底状態のエネルギー問題を解決し、同じ方法.

私は上記のことは、私は現代の宇宙論の背後にある物理的な引数であると理解してものです. 残りは数学的な建物は、この物理の上に構築されてい (または実際に哲学的) 基礎. あなたは哲学的土台には強力な景色を眺めることができない場合 (またはあなたの意見はそれと一致している場合は、), あなたが無理なくBBを受け入れることができる. 残念ながら, 私は、異なる見解を持っていない.

私の見解は、以下の質問を中心に展開.

これらのポストは役に立たない哲学的な黙想のように聞こえるかもしれ, しかし、私はいくつかの具体的なを持っている (そして私の意見で, 重要な) その結果, 下記の.

この前面に行われるべき多くの仕事があります. しかし、今後数年間のために, 私の新しい本契約と私の定量的なキャリアからの圧力で, 私は、彼らが値する真剣にGRおよび宇宙論を研究するのに十分な時間がありません. 私は自分自身が薄すぎるパスを広げるの現在のフェーズたら彼らに戻って得ることを期待.

スペースとは何ですか?

これは奇妙な質問のように聞こえる. 我々は、すべてのスペースが何であるかを知っている, それが私たちの周りのすべてです. 私たちは私たちの目を開くと、, 我々はそれを参照してください。. シーイングは信じるされている場合は, その後質問 “スペースとは何ですか?” 確かに奇妙なものである.

公平を期すために, 私たちは実際にスペースが表示されない. We see only objects which we assume are in space. むしろ, 我々はそれはそれが保持​​しているか、オブジェクトが含まれている何でものようにスペースを定義する. これは、オブジェクトが自分のことを行うアリーナで, 私たちの経験を背景. 言い換えると, 経験は、空間と時間を前提としている, と科学理論の現在の人気の解釈の背後にある世界観の基礎を提供.

明らかではないが, この定義 (or assumption or understanding) スペースの哲学荷物が付属しています — リアリズムのこと. 現実主義者の見解は、同様にEinstienの理論の現在の理解で支配的である. しかし、アインシュタイン自身は盲目的にリアリズムを受け入れていない可能性があります. なぜ他と彼は言うだろう:

リアリズムのグリップから脱却するためには, 私たちは質問接線方向にアプローチする必要が. それを行う1つの方法は、視力の神経科学と認知の基礎を研究することによってである, そのすべての後にスペースの現実に有力な証拠を提供しています. スペース, 概して, is the experience associated with sight. もう一つの方法は、他の感覚の体験相関を調べることです: 音とは何ですか?

私たちは何かを聞くと, 私たちが聞くことはある, 自然に, 音. 私たちは、音を体験, 強度と私たちに話をしている者について多くのことを教えて時間変化, 何ように破壊され、. しかし、たとえすべての余分な豊かさを剥がした後、私たちの脳が経験に追加, 最も基本的な経験はまだです “聞こえる。” 私たちは皆、それが何であるかを知っている, しかし、我々はそれ以上基本的な用語でそれを説明することはできません.

それでは、ヒアリングの責任の感覚信号を見てみましょう. 私たちは知っているように, これらは、その周りに空気中の圧迫とくぼみを作る振動体によって作成された空気中の圧力波である. 池の波紋のような多くの, これらの圧力波は、ほぼすべての方向に伝播する. これらは私たちの耳によってピックアップされている. 巧妙なメカニズムによって, 耳は、スペクトル分析を行い、電気信号​​を送信する, 概ね波の周波数スペクトルに対応する, 私たちの脳へ. あることに注意してください, これまでのところ, 私たちは、振動体を持っている, バンチングと空気分子の拡散, と空気分子のパターンについての情報を含む電気信号. 私たちは、まだ音を持っていない.

音の経験は、私たちの脳が実行する魔法です. これは、調性の表現と音の豊かさに空気圧力波パターンをコード化する電気信号に変換し. 音は振動体の固有特性または立ち木ではない, それが私たちの脳はや振動を表現することを選択した方法である, より正確に, 圧力波のスペクトルを符号化する電気信号.

それは私たちの聴覚感覚入力の内部認知表現を鳴らす呼び出ししても意味がありません? あなたが同意する場合, その後現実自体が私たちの感覚入力の私たちの内部表現である. この概念は、実際にははるかに深遠それは最初に表示されていることである. 音の表現である場合, とても香りがある. だから、スペースがある.

Figure
フィギュア: 感覚入力の脳の表現の過程のイラスト. 臭気は、化学組成と濃度レベル私たちの鼻の感覚の表現である. 音が振動するオブジェクトによって生成される空気の圧力波のマッピングです. 間近に, 私たちの表現はスペースです, そしておそらく時間. しかしながら, 我々はそれが表現であるかわからない.

我々はそれを検討し、十分に理由の1著しい事実を音理解することができます — 我々はより強力な意味を持っている, すなわち私たちの光景. 光景は聴覚の感覚信号を理解し、私たちの感覚的経験にそれらを比較することを可能に. 実際には, 光景は音が何であるかを記述するモデルを作るために私達を可能に.

なぜそれが私たちが宇宙の背後にある物理的な原因を知らないということです? 結局, 我々は、匂いの経験の背後にある原因を知っている, 音, など. 視覚的な現実を越えて見るために私達ができない理由は、感覚の階層にある, 最良の例を使用して説明. の小さな爆発を考えてみましょう, オフに行く爆竹のような. 我々は、この爆発が発生した場合, 我々は、フラッシュが表示されます, 報告を聞く, 燃え薬品の匂いを嗅ぐと熱を感じる, 私たちは十分に接近している場合は、.

これらの経験のクオリアは、同一の物理的なイベントに起因する — 爆発, よく理解された物理学. 今, 我々は同じ経験を持つに感覚をだますことができるかどうか見てみましょう, 本物の爆発の非存在下での. 熱と香りが再現することが非常に簡単です. 音の経験はまた、使用して作成することができ, 例えば, ハイエンドのホームシアターシステム. 私たちは、爆発の視線経験を再作成するにはどうすればよい? ホームシアター体験は、本物の再生不良です.

少なくとも原理的には, 我々はそのようなスタートレックでholideckように未来的なシナリオを考えることができます, 視力の経験を再作成することができる場所. しかし、視力も再作成された時点で, 爆発の実際の経験とholideckシミュレーションの間に違いがある? 視力経験がシミュレートされた臨場感のボケは視力が私たちの最も強力な感覚であることを示している, 私たちは私たちの視覚的な現実を超えた原因にはアクセスできません.

視覚は、現実の私達の感覚の基礎である. 他のすべての感覚は、視覚的な現実に裏付けまたは補完認識を提供する.

[この投稿は、からかなり借りている 私の本.]