カテゴリーアーカイブ: 引用

このカテゴリには、主に有名な引用に私の黙想が含まれています. 黙想は、Unrealのブログのために特別に沈みながら.

バイバイアインシュタイン

彼の奇跡的な年から開始 1905, アインシュタインは、空間と時間の彼の驚異的な洞察力と物理学を支配してきた, と質量と重力で. 真の, 他の物理学者があった人, 自分自身の輝きと, 形とさえアインシュタインが予見できなかった方向に現代物理学を移動した; と私は彼らの知的成果や物理学と技術における当社の巨大な飛躍もない矮小するわけではありません. しかし、現代物理学のすべて, 量子力学のさえ奇妙な現実, アインシュタイン自身は全くとの用語に来ていない可能性がある, 彼の洞察に基づいて構築されている. それは彼の後に来た人たちが、今一世紀以上にわたって立っていたことを彼の肩の上にある.

アインシュタインが巨匠の無謬性に私達の盲目の信仰を防ぐために私たちに警告した後に来たものの中に明るいものの一つ. その洞察力からの私のヒントを得て, 私は, 1のために, アインシュタインの世紀は、今、私たちの背後にあると思います. 私は知っている, 非練習物理学者から来る, 誰が金融業界に魂を売った, この宣言はクレイジーに聞こえる. 妄想さえ. しかし、私はアインシュタインのアイデアが行く参照するには私の理由がありますか.

[animation]それでは直線に沿って飛行するドットのこの絵を見てみましょう (天井に, いわば). あなたは、一番下のラインの中心に立っている (床に, すなわち). ドットは光より速く移動していた場合, どのようにそれを見ることが? よく, ドットからの光の最初の光線はあなたに到達するまで、あなたはまったく何も見えないだろう. アニメーションが示すように, ドットがあなたの上にほとんど直接どこかにあるときに最初の光線はあなたに到達します. あなたが実際にドットの飛行線に2つの異なる視点から来るのを見るでしょう、次の光線 — 最初のポイントの前に1, と1の後に. このようにして, あなたがそれを見るだろう方法です, それは最初にあなたに見えるかもしれませんように信じられない, 1ドットがどこからともなく現れ、その後分割し、むしろ対称的に離れて、その時点からの移動など. (これは、ドットは時間によって、あなたがそれを見ることを得ることを非常に速く飛んでいるだけのことである, それはすでに過ぎてしまっている, そして背後に先駆け両方からの光線は、その文は、それが明確になりtime.Hopeに同じ瞬間にあなたに達する, のではなく、多くの混乱を招く。).

[animation]なぜ私は、対称オブジェクトの錯覚が起こる可能性がどのようにこのアニメーションで始まりました? よく, 私たちは宇宙でアクティブな対称構造の多くを見る. 例えば, シグナスAのこの絵を見て. がある “コア” そこから発するように見える “フィーチャー” そのフロート離れへ “ローブ。” それは我々が上記のアニメーションをもとに見るものと非常に似ていません? いくつかの特徴点または結び目は、彼らが最初に表示され、コアから離れるように思われる他の例が存在する. 私たちは、superluminalityに基づいて巧妙なモデルを思い付くことができ、それが天に幻想対称のオブジェクトを作成する方法. 我々は出来た, しかし、誰も私たちを信じていないだろう — なぜならアインシュタインの. 私はこれを知っている — 私は、このモデルを検討する私の古い物理学者の友人を取得しようとしました. 応答は常にこのいくつかの変形である, “興味深い, それが動作しないことができる. それはローレンツ不変性に違反, そうではありません?” LVは何も光より速く行くべきではないことをアインシュタインの主張のためのもの物理学の話. 今、ニュートリノがLVに違反する可能性があること, なぜ私に?

もちろん, それは、対称形状と超光速の天体間の唯一の定性的に一致した場合には, 私の物理学の友人が私を無視しての右です. ずっとあり. シグナスAでのローブ, 例えば, 無線周波数範囲の放射を放出. 実際には, 電波望遠鏡から見た空は、我々は光学望遠鏡から見たものと大きく異なって見える. 私はこの超光速物体から放射のスペクトル進化はAGNのと天体物理現象の別のクラスとうまく装着していることを示すことができた, これまで無関係と考えられ, と呼ばれるガンマ線バースト. 実際には, 私はタイトルの下にしばらく前にこのモデルを発行するために管理, “電波源とガンマ線バースト管腔ブームですか?“.

あなたが参照してください。, 私はsuperluminalityが必要です. アインシュタインは間違っている私の幸福権の前提条件である. だから、今までにVS最も尊敬科学者である. 敬具, 非現実的な種類のブロガー. あなたは数学を行う. 🙂

このような長いオッズ, しかしながら, 私をがっかりしたことがない, と私はいつも賢明天使が踏むを恐れるところに突入. だから私は、SRの矛盾のカップルを指摘してみましょう. 理論の導出は時間測定における光の移動時間の影響を指摘でオフを開始し. そして、後に理論的には, 光の移動時間に起因する歪みは、効果は空間と時間の性質の一部になる. (実際には, 光の移動時間の影響は、それが不可能天井に超光速ドットを持っているようになります, 上記の私のアニメーションのように、 — なくても、仮想1, あなたは、レーザーポインターを取り、天井にレーザードットが光より速く移動することを十分に速くそれを回す場所. それはしません。) しかし, 理論は理解され、現在実施されているように, 光の走行時間の影響は、空間と時間の歪みの上に適用される (そもそも光走行時間効果によるそのうち)! 物理学者はSRのでこの明白な心変わりに目をつぶる “工場” — 私はこのシリーズで私の以前の記事で非常に明らかにしたように.

理論のもう一つの哲学的問題は、それがテスト可能ではないということです. 私は知っている, 私は、その支持して証拠の大きな体に言及した, しかし根本的に, 特殊相対性理論は、重力がない場合の参照の一様に移動枠についての予測を行う. 全くそのようなことはありません. があったとしても、, 予測を検証するために (移動クロックは双子のパラドックスのように遅い実行されること, 例えば), どこか検証処理の加速度を持っている必要が. 2つのクロックは時間を比較するために、同じポイントに戻ってくる必要があります. あなたはそれを行う瞬間, クロックの少なくとも一方が加速している, と理論の支持者は言うだろう, “ああ, ここで問題はない, クロック間の対称性があるため、加速度の壊れています。” 人々は全体の世紀前後にそのような思考実験について論じている, ので、私はそれに取得する必要はありません. 私はちょうどそれだけで理論がテスト不能であることを指摘しておきたい, また、unprovableであることを意味するべきである. 今、理論に対する直接の実験的証拠があることを, 人々はこれらの不整合を詳しく見て、それがアインシュタインにバイバイを言う時間であることを決定するかもしれ.

知恵の愛

Philosophy means love wisdom. But it enjoys none of the glamor that its definition would imply. 例えば, in one of the board games that I played with the kids recently, the chance card that would make you bankrupt actually read, “Turn into a philosopher and lose all your money!” This card was particularly troubling for me because I do plan to take up philosophy seriously, hopefully soon.

The lack of correlation between wisdom and worldly rewards is unsettling, especially to those who are foolish enough to consider themselves wise. Why is it that the love of wisdom wouldn’t translate to glory, riches and creature comforts? The reason, 私の知る限り伝えることができるように, is a deep disconnect between philosophy and lifeas a wise (but distinctly unphilosophical) friend of mine put it in one of those hazy late-night stupors of the graduate years, “Philosophy to real life is what masturbation is to sex.” はい, the masses see the love of wisdom as pointless intellectual masturbation. This view is perhaps echoed in what Russell said once:

Philosophy busies itself with things that seem obvious, to come up with something grandiose. This apparent obsession with trivialities is a false impression. Dispelling this impression is the purpose of this post. Let me start by pointing out one fact. Philosophy is at the root of everything that you do. You live a good, moral life? Or even a lousy, greedy one? Your behavior, choices and reasons are studied in Ethics. You are a quant, or do stuff technical or mathematical? Logic. Into physics and worship アインシュタイン? You cannot then ignore the metaphysical aspects of スペース そして 時間. Lawyer? うん, Rhetorics. Knowledge worker? Epistemology defines what knowledge is. Artist? Fashion designer? Work in the movie industry? We got you covered in Aesthetics. あなたが参照してください。, every avenue of human endeavor has a philosophic underpinning to it.

Pointing out this underpinning is, 実際には, not as big a deal as I make it out to be. It is merely a matter of definition. I define philosophy to be whatever it is thatunderpinsall aspects of life, and then point out this underpinning as evidence of its importance. The real value of philosophy is in structuring our thoughts and guiding them, 例えば, in perceiving the speciousness and subtle circularity of my underpinning-therefore-important argument. Philosophy teaches us that nothing stands own its own, and that there are structures and schools of thought that illuminate questions that befuddle us. There are scaffolds to support us, and giants on whose shoulders we can stand to see far and clear. 確かに, some of these giants may be facing the wrong way, but it is again the boldness and independence that come with philosophy that will help us see the errors in their ways. Without it, learning becomes indoctrination, and in our quest to assimilate information into wisdom, we get stuck somewhere in betweenperhaps at the level of knowledge.

All this discussion still doesn’t give us a clue as to the disquieting connection between philosophy and bankruptcy. For when a great man voices his existential anguish as, “私は思います, したがって、私は,” we can always say (as we often do), “Good for you mate, whatever works for you!” and go about our life.

Love of wisdom perhaps facilitates its acquisition, and the purpose of wisdom is only wisdom. It is very much like life, the purpose of which is merely to live a little longer. But without philosophy, how do we see the meaning of life? Or lack thereof?

事実を変更

美しさは真実であり, そして、美しさで真実. 真実と美の間のこのリンクはどこから来るのか? もちろん, 美しさは主観的なものです, そして真実は目的であります — または私たちは言われました. それは絶対的な真理で完璧を見るために私たちは美しいダーウィン原理に基づいて進化してきたことであってもよいです.

私が考えている美しさと完成度は、異なる種類のものです — アイデアやコンセプトのもの. 時には, あなたはそれが真実でなければなら知っているように完璧で美しいアイデアを得ることができます. 美しさから生じる真理のこの信念は、アインシュタインが宣言作ったものであってもよいです:

しかし、その完成度に基づいて、理論の信憑性については、この信念はほとんど十分です. アインシュタインの天才は本当に彼の哲学的な粘り強さであります, 論理的と考えられるものを超えてアイデアをプッシュする彼の意欲.

例を見てみましょう. それでは、あなたが巡航飛行機の中であるとしましょう. あなたは、ウィンドウを閉じて、何とかエンジン騒音を遮断した場合, あなたが移動したりしていないかどうかを判断することは不可能になります. これができないこと, 物理学の専門用語に翻訳されたとき, 述べる原則になります, “物理法則は、実験系の運動状態とは無関係です。”

アインシュタインが見ることを選択した物理法則は、電磁気のマクスウェル方程式でした, それらに現れる光の速度を持っていました. それらはに依存しないようにするために (またはで共変, より正確に) モーション, アインシュタインは、光の速度に関係なく、あなたがそれに向かって行くのか、それから離れたかどうかの定数でなければならなかったと仮定しました.

今, あなたはその仮定が特に美しい見つけた場合、私は知りません. しかし、アインシュタインはなかったです, そして、そのすべての非論理的な帰結を介してそれをプッシュすることを決めました. それは本当であるためには, 空間が収縮しており、時間が拡張しなければなりませんでした, 何も光よりも速く行くことができませんでした. アインシュタインは言いました, よく, それならそれでよいです. それは私が話をしたかった哲学的信念と粘り強さであります — 百約1年前に私たちに特殊相対性理論を与えたようなもの.

ここから一般相対性理論に取得したいです? Simple, ちょうど別の美しい真実を見つけます. ここでは1であります… あなたはマジックマウンテンに行っている場合, あなたは自由落下中に無重力であることを知っているだろう (最高の空腹時に試してみました). 自由落下は、加速度であります 9.8 M / S / sの (または 32 フィート/秒/秒), それは重力を無効. だから、重力加速度と同じです — 出来上がり, 別の美しい原則.

World line of airplanesこの原理を利用するために, アインシュタインは、おそらく写真でそれを考えました. 加速度は何を意味しています? それは何かの速度が変化しているかに高速であります. そして、速度は何ですか? 直線で移動する何かを考えます — 私達の巡航飛行機, 例えば, 飛行X軸線を呼び出します. 私たちは=となるよう時点でX軸と直角に時間T軸を考えることによって、その速度を可視化することができます 0, 飛行機は= xであります 0. 時刻tにおける, それは点のx = v.tであります, それは、速度vで移動している場合. X-T平面におけるだからライン (世界線と呼ばれます) 航空機の動きを表します. 速い飛行機は浅い世界線を持っているでしょう. 加速飛行機, 従って, 湾曲した世界線を持っています, 遅い世界線からの高速1に実行されています.

だから、加速度は時空に曲率であります. それで、重力があります, 加速は何もされていません. (私は物理学者の友人は少しうんざり見ることができます, それは本質的に真であります — ちょうどあなたが測地や属性、それを呼び出す世界線をまっすぐにすることを 時空の曲率 代わりに。)

曲率の​​正確な性質とそれを計算する方法, それ自体で美しいけれども, 単なる詳細です, アインシュタインのように自身がそれを入れているだろう. 結局, 彼は神の考えを知りたいと思いました, ない詳細.

神の失態

Scriptures tell us, in different ways depending on our denomination and affiliation, that God created the world and everything in it, including us. This is creationism in a nutshell.

Standing in the other corner, all gloved up to knock the daylight out of creationism, is science. It tells us that we came out of complete lifelessness through successive mutations goaded by the need to survive. This is Evolution, a view so widely accepted that the use of capital E is almost justified.

All our experience and knowledge point to the rightness the Evolution idea. It doesn’t totally preclude the validity of God, but it does make it more likely that we humans created God. (It must be just us humans for we don’t see a cat saying Lord’s grace before devouring a mouse!) そして, given the inconveniences caused by the God concept (wars, crusades, the dark ages, ethnic cleansing, religious riots, terrorism and so on), it certainly looks like a blunder.

No wonder Nietzsche said,

一方, if God did create man, then all the stupid things that we do — wars, crusades etc. plus this blog — do point to the fact that we are a blunder. We must be such a disappointment to our creator. 申し訳ありませんが卿!

写真: 米国議会図書館

セックスと物理学 — ファインマンによると、

物理学はたまに自己満足の時代を経て. 自己満足は完全感に由来する, 私たちが知っておくべきことすべてを発見した感じ, パスが明確であり、方法はよく理解.

歴史的に, 自己満足のこれらの発作は、物理学が行われている方法に革命をもたらす急速な発展が続いている, 私たちがされているどのように間違って私たちを示して. 歴史のこの屈辱的な教訓は、言ってファインマンを促した何おそらく:

自己満足のような時代は、19世紀の変わり目に存在していた. ケルビンのような有名なペルソナは、やり残したことはすべて、より正確な測定を行うことであったと述べて. マイケルソン, 誰が従うことを革命で重要な役割を果たした, 入力しないように助言した “死んだ” 物理学のような分野.

20世紀にその十年も経たないうちに思っただろう誰が, 私たちは、空間と時間を考える方法を変更完了になる? 彼らの権利を念頭に置いて誰が私たちは再び、空間と時間の私達の考えを変えることになりましたと言うでしょう? 私はありません. その後、再び, 誰もが今まで正気の私を非難していない!

もう一つの革命は、前世紀の過程で行われた — 量子力学, 決定論の私達の概念を廃止しましたし、物理学、システムオブザーバーパラダイムに深刻な打撃を与えている. 同様の回転数が再び起こるのだろう. それでは不変としての概念にしがみつくのはやめよう; そうではありません. それでは絶対確実としての巨匠を考えないようにしましょう, そうでないため. ファインマンのように自身が指摘するだろう, 物理学だけでは、その巨匠の可謬性をより多くの例を保持している. そして、私は思想における完全な革命は今遅れていると感じ.

あなたは、すべてこれは性別に関係しているかを疑問に思うかもしれない. よく, 私はちょうどセックスが良く売れるだろうと思った. 私は正しかった, 私はしませんでした? 私は意味, あなたはまだここにいる!

ファインマンはまた、前記,

写真: 「穴居人チャック」コーカー cc

Einstein on God and Dice

Although Einstein is best known for his theories of relativity, he was also the main driving force behind the advent of quantum mechanics (QM). His early work in photo-voltaic effect paved way for future developments in QM. And he won the Nobel prize, not for the theories of relativity, but for this early work.

It then should come as a surprise to us that Einstein didn’t quite believe in QM. He spent the latter part of his career trying to device thought experiments that would prove that QM is inconsistent with what he believed to be the laws of nature. Why is it that Einstein could not accept QM? We will never know for sure, and my guess is probably as good as anybody else’s.

Einstein’s trouble with QM is summarized in this famous quote.

It is indeed difficult to reconcile the notions (or at least some interpretations) of QM with a word view in which a God has control over everything. QMで, observations are probabilistic in nature. すなわち, if we somehow manage to send two electrons (in the same state) down the same beam and observe them after a while, we may get two different observed properties.

We can interpret this imperfection in observation as our inability to set up identical initial states, or the lack of precision in our measurements. This interpretation gives rise to the so-called hidden variable theoriesconsidered invalid for a variety of reasons. The interpretation currently popular is that uncertainty is an inherent property of nature — the so-called Copenhagen interpretation.

In the Copenhagen picture, particles have positions only when observed. At other times, they should be thought of as kind of spread out in space. In a double-slit interference experiment using electrons, 例えば, we should not ask whether a particular electron takes on slit or the other. As long as there is interference, it kind of takes both.

The troubling thing for Einstein in this interpretation would be that even God would not be able to make the electron take one slit or the other (without disturbing the interference pattern, すなわち). And if God cannot place one tiny electron where He wants, how is he going to control the whole universe?