カテゴリーアーカイブ: フランス語

私はマルセイユでフランス語を学んでいたときに, I had to write what they callredactions.” 私が知っていたいくつかのジョークを翻訳することを決めた. これらの小さなredactionsは、教室で大ヒットした. 私はあなたもそれをお楽しみください.

アンチ人種差別のビデオ

私はFacebook上でこの短いビデオを見つけました.

最近, 私は、予想外の方面からのイスラム嫌悪に直面した. 抗イスラム教徒の感情を表現する人は私が同じ感情を共有することが期待される. 私はしませんでした, 私が怒らたくなかったので、私は主に発言しませんでした. 私が持っているべきではありません, と私は償い私が作るしようとして、より多くの人でビデオを共有するだろうと思った.

私はマルセイユにいくつかの20年前の同様の事件の受信端にあった. 私は大通りMazarguesのATM 1日の午後に歩いていた, 時少女, おそらく約五、六歳, 私の袖に引っ張らと彼女が失われたことを私に言って、彼女を探していた “ママ。” 私はやっとその時にフランス語を話すことができる, 確かな方法で子供が理解することができません; “英語を話せますか?” それをカットするつもりではなかった. 私はちょうどどちら迷子から離れて歩くことができませんでした.

だから、私がいた, 子供の手を保持し、必死に助けを探しまわって, ほとんどパニック, 彼女のお母さんはどこからともなく現れたとき, 彼女をひったくら, 私に汚れた外観を与え、私には言葉もなく歩いた, と私は小さな女の子を叱る疑う. 私はその時に怒ら以上に安心しました. 私は今でも思います, 私はそのような状況から、より良い方法を考えることはできません. よく, A “ありがとう, 先生” 素敵だっただろう, 誰が気に?

写真: ティム·ピアース cc

言語

80年代後半にはインドを離れる前に, 私は私の第三の言語としてヒンディー語を少し話すことができ. 英語第二言語だった, そして マラヤーラム語 私の母国語. 私は、想像力をたくましくすることによってヒンディー語に堪能ではありませんでした, 私はそれが十分にドア·ツー·ドアのセールスマンを取り除くために話すことができ, 例えば.

これはまさに私の父 (確認されたヒンディー語、phobe) 私の訪問の家の1時、永続中はどのように頼んだ, ヒンディー語を話すサリーのセールスマンは、私たちの正面玄関の上にマウスを移動した. その頃までには, 私はアメリカで6年間過ごした (そして私の英語は非常に良いと考えられ) フランスで数年 (ことを知っているのに十分 “非常に良い英語” 大したませんでした). だから、サリー·WALAを取り除くために, 私はヒンディー語で彼と話をし始めた, そして奇妙なことが起こった — それがすべてだった フランス語 それが出てきました. ない私の母国語, なく、私の第二または第三の言語, しかしフランス語! 要するに, その日街をローミング非常に混乱サリーのセールスマンがあった.

真の, ヒンディー語とフランスの間にいくつかの類似点があります, 例えば, 疑問詞の言葉の音での, 中立のオブジェクトと愚かな男性的、女性的な性別. しかし、私はそれがFrenchnessのほとばしるを引き起こしていたものだったとは思わない. フランス人は、私の脳内でヒンディー語に置き換えたかのようにそれは感じた. ヒンディー語を話すことを配線された私のどのような脳細胞 (ひどく, 私が追加される場合があり) ラfranciaiseを再配線されていた! いくつかの奇妙な資源配分メカニズムは、私の知識や同意なしに私の脳細胞をリサイクルした. 私は自分の脳内で、このフランスの侵攻は衰えることなく続け思うし、同様に私の英語の細胞の塊を同化. 最終結果は、私の英語は、すべて台無しにしまったということでした, そして、私のフランス語が十分ではやったことがなかった. 私は混乱して脳細胞のためのビット気の毒に感じています. カルマ, 私は推測する — 私はサリーのセールスマンを混同してはいけない.

冗談で話されているが, 私は何を私が言ったことは真実であると思います — あなたが話す言語は、あなたの脳の異なるセクションを占有. 私の友人は大学院時代からフランス系アメリカ人の女の子です. 彼女はアメリカ語では識別可能なアクセントを持っていない. 彼女はフランスで私を訪問した後は, そして私は彼女が英語の単語を使用するたびに、フランス語を話しながら、ことがわかった, 彼女は明確なフランス語のアクセントを持っていた. 英語の単語は彼女の脳のフランスの部分から出てきたかのようだった.

もちろん, 言語はクリエイティブの手の中にツールになります. フランスで私のofficemateは断固としてまったくフランス語を学ぶことを拒否したスマートな英語のやつだった, 積極的にフランスの同化の兆候に抵抗した. 彼がそれを助けることができれば、彼はフランス語の単語を発声したことがない. しかし、その後、, 1夏, 2英語インターンが現れた. 私のofficemateは彼らを指導するように頼まれた. これら二人の女の子が彼を満たすために私たちのオフィスに来たとき, この男は突然バイリンガルになって、のようなものを言って始めた, “私たちはここで何をすべきか.. ああ, ソーリー, 私はあなたがフランス語を話すことはなかったことを忘れてしまった!”

アム私は思い上がっ?

私は旧友とおしゃべりした, そして彼は私が書いたものを読むように傾斜して感じたことはないと言ってくれました. 自然に, 私は少し少し怒っていた. 私は意味, 私は私の本に私の心と魂を注ぐ, カラムと、ここでこれらの投稿, そして人々もそれを読むために傾斜感じることはありません? それはなぜだろう? 私の友人, いつものように役立つ, 私は大げさに聞こえので、それがあったことを説明した. 私の最初の反応, もちろん, 気分を害し取得し、彼についての嫌なことのすべての種類を言っていた. しかし、一つは、批判を利用することを学ぶ必要があります. 結局, 私の場合 誰かに思い上がっ, 私はないということを指摘し無駄がありません 本当に 思い上がった私はのように聞こえるとのように見えるとのように感じるのは、私はその誰かに私本当にあるので、. つまり、の根本的なテーマの一つである 私の最初の本. よく, なく、かなり, しかし十分に近い.

私は大げさに聞こえるのはなぜ? それがあっても何を意味している? これらは、私は今日、分析しなければならない問題である. あなたが参照してください。, 私は非常に真剣にこれらの事を取る.

数年前に, シンガポールでここに私の研究年間, 私は、米国がこの教授に会った. 彼は、中国出身であり、大学院生としての状態に行っていた. 一般的に, そのような第一世代の中国の移民は非常に良い英語を話すことはありません. しかし、この男は非常によく話を聞いた. 私の未熟な耳へ, 彼はいつも同じアメリカ人に聞こえたし、私は感銘を受けました. あとで, 私は私の中国の同僚と私の賞賛を共有した. 彼は全く感動はなかった, と言った, “この男は偽物です, 彼はアメリカ人のような音にしようとしないでください, 彼は英語を学んだ中国人のように話してしなければならない。” 私は困惑して、彼に尋ねた, “私は中国語を勉強した場合, 私はあなたのような音にしてみてください, または私の自然なアクセントにハングアップしよう?” 彼は、それが全く違うと言った — 1は大げさであることについてです, もう一つは、外国語の優秀な生徒であることについてです.

あなたはうぬぼれ誰かを呼び出すと, 何を言っていることはこれです, “私はあなたが何であるかを知っている. 私の知識に基づいて、, あなたが特定の物事を言ってやるべきこと, 特定の方法で. しかし、あなたは言ったり、私や他の人を感動させる何か他のものをやっている, 誰かが良いかそれ以上のふり 洗練された あなたが実際より。”

この告発の背後にある暗黙の仮定は、あなたが人を知っているということです. しかし、それは人を知ることは非常に困難である. あなたに非常に接近している人であっても、これらの. でも、自分自身. あるだけ今のところ、あなたもあなた自身の知識を常に不完全であることを行っていることを自分の中見ることができます. それはカジュアルな友達になると, あなたが知っているし、本当にケース何ずらすことができたと思うものの間に隔たり.

私の場合, 私は、私の友人は、おそらく私の文体は少し尊大見つけたと思う. 例えば, 私は通常の書き込み “たぶん” 代わりに “かもしれない。” 私が話すとき, 私は言う “かもしれ” 他のみんなのように. ほかに, それは話すことになると, 私は吃音よ, 私の命を救うために無音声突起や変調に混乱をどもり. しかし、私の文章力は私に本の手数料および列要求を着陸させる十分です. そう, 私の友人は私がよく書いてはならないことを仮定した, 彼は私が話したかについて知っていたものに基づいて? たぶん. 私は意味, かもしれ.

しかしながら, (私は実際に言って開始する必要があります “しかし” 代わりに “しかしながら”) その仮定が間違っているものがいくつかあります. 私たちの誰もが喜んで1人体に同居複数のペルソナの複雑なコラージュである. 優しさと残酷, 貴族や狭量, 謙虚さと尊大さ, 寛大なアクションとベース欲望は、すべて一人で共存し、適切な状況下で透けて見えることができます. だから私の弱い関節缶と印象 (少し大げさではあるが) 散文.

さらに重要なことには, 人は時間とともに変化. 約15年前, 私は流暢なフランス語を話した. だから私は彼の舌のフランスの友人と会話好ましければ, 私は五年当時の前にそれを行うことができなかったことを考えると大げさなされていた? [OK]を, その場合、私は本当にいた, しかしその前に、数年, 私はどちらか、英語を話すことはなかった. 人は変わるものさ. スキルの変更. 彼らの能力は変化する. それらの親和性や興味の変化. あなたは時間の任意の一点でサイズアップ人にはできないし、メジャーからのずれは、気取りの兆候であると仮定.

要するに, 私の友人は私が大げさと呼ばれているためにお尻でした. そこ, 私はそれを言った. 私は認めざるを得ない — それは良いと感じた.

Speak Your Language

The French are famous for their fierce attachment to their language. I got a taste of this attachment long time ago when I was in France. I had been there for a couple of years, and my French skills were passable. I was working as a research engineer for CNRS, a covetedfonctionnaireposition, and was assigned to this lab called CPPM next to the insanely beautiful callanques on the Mediterranean. Then this new colleague of ours joined CPPM, from Imperial College. He was Greek, そして, being new to France, had very little French in him. I took this as a god-given opportunity to show off my French connection and decided to take him under my wing.

One of the first things he wanted to do was to buy a car. I suggested a used Peugeot 307, which I thought was a swanky car. But this guy, being a EU scholar, was a lot richer than I had imagined. He decided to buy a brand-new Renault Megane. So I took him to one of the dealers in Marseille (on Blvd Michelet, メモリが機能している場合). The salesman, a natty little French dude with ingratiating manners, welcomed us eagerly. The Greek friend of mine spoke to me in English, and I did my best to convey the gist to the French dude. The whole transaction probably took about 15 minutes or so, and the Greek friend decided buy the car. After the deal was all done, and as we were about to leave, the Frenchman says, “そう, where are you guys from, and how come you speak in English?” in flawless English. よく, if not flawless, much more serviceable than my French was at that point. We chatted for a few minutes in English, and I asked him why he didn’t let it on that he spoke English. It could’ve save me a world of bother. He said it was best to do business in French. For him, certainly, I thought to myself.

Thinking about it a bit more, I realized that it is always best to do business in whatever language that you are most comfortable in, especially if the nature of the transaction is confrontational. そうでなければ, you are yielding an undue advantage to your adversary. そう, next time you are in Paris, and that cabbie wants 45 euros for a trip when the meter reads 25, switch to English and berrate him before settling the issue. It softens the target, at the very least.

アクセント

Indians pronounce the wordpoemas poyem. Today, my daughter wrote one for her friend’s birthday and she told me about herpoyem”. So I corrected her and asked her to say it as po-em, despite the fact that I also say it the Indian way during my unguarded moments. That got me thinkingwhy do we say it that way? I guess it is because certain diphthongs are unnatural in Indian languages. “OEis not a natural thing to say, so we invent a consonant in between.

The French also do this. I had this funny conversation with a French colleague of mine at Geneva airport long time ago during my CERN days. Waiting at the airport lounge, we were making small talk. The conversation turned to food, as French conversations often do (although we were speaking in English at that time). My colleague made a strange statement, “I hate chicken.I expressed my surprise told her that I was rather fond of white meat. 彼女は言った, “Non, non, I hate chicken for lunch.I found it even stranger. Was it okay for dinner then? Poultry improved its appeal after sunset? She clarified further, “Non, non, non. I hate chicken for lunch today.

私は自分自身に言った, “リラックス, you can solve this mystery. You are a smart fellow, CERN scientist and whatnot,” and set to work. 案の定, a couple of minutes of deep thinking revealed the truth behind the French conundrum. She had chicken for lunch that day. ザ· “IA” のように、 “I ateis not a natural diphthong for the French, and they insert an H in between, which is totally strange because the French never say H (or the last fourteen letters of any given word, そのことについては。) H is a particularly shunned soundthey refuse to say it even when they are asked to. The best they can do is to aspirate it as in the textbook example ofles haricots”. But when they shouldn’t say it, they do it with surprising alacrity. I guess alacrity is something we all readily find when it comes to things that we shouldn’t be doing.

Belle Piece

Here is a French joke that is funny only in French. I present it here as a puzzle to my English-speaking readers.

This colonel in the French army was in the restroom. As he was midway through the business of relieving his bladder, he becomes aware of this tall general standing next to him, and realizes that it is none other than Charles De Gaulle. 今, what do you do when you find yourself a sort of captive audience next to your big boss for a couple of minutes? よく, you have to make smalltalk. So this colonel rakes his brain for a suitable subject. Noticing that the restroom is a classy tip-top joint, he ventures:

Belle piece!” (“Nice room!”)

CDG’s ice-cold tone indicates to him the enormity of the professional error he has just committed:

Regardez devant vous.” (“Don’t peek!”)

ラッダイト思考

そのすべての気取りの場合, フランス料理はかなり素晴らしいです. 確か, 私は賞味目利きよん, しかしフランス人は本当によく食べる方法を知っている. それは、世界でも最高級のレストランはほとんどフランス人であることを少し不思議では. フランス料理のほとんどの極めて重要な側面は、通常、その繊細なソースです, 選択肢カットと一緒に, そして, もちろん, インスピレーションを発表 (AKA巨大なプレートと非常に小さい人前). シェフ, 彼らの背の高い白い帽子のもののアーティスト, 醤油の機微に主に彼らの才能を披露, 知識豊富な常連客は喜んでそれらの施設で多額の資金を引き渡すいる, の半分が呼び出されます “カフェ·ド·パリ” または単語を持っている “少し” 名前に.

真剣に, 醤油は王である (ボリウッド専門用語を使用する) フランス料理で, 私はより多くのフランス人シェフが工場出荷時に製造されたソースに頼られたことをBBCでこれを見たときに私はそれは衝撃的な発見. 彼らの高値サラダをツマゆで卵のさえスライスは、プラスチックに包まれた円筒形で来る. これはどのように可能性が? 彼らはどのように大量生産されたごみを使用し、最高級の美食の体験を提供するふりをできた?

確か, 私たちは、コーナーをカットするためのポリシーを駆動し、企業や個人の欲を参照し、食材の最も安いを使用することができます. しかし、ここで小さな技術のサクセスストーリーがあります. 数年前に, 私は、彼らはいくつかの中国のスーパーで偽の鶏卵を見つけたこと新聞で読む. 彼らはあった “新鮮な” 卵, 殻付き, 黄身, 白人とすべてのもの. あなたも、彼らとオムレツを作ることができる. ことを想像して — 実際の鶏卵は、おそらく生産する唯一の数セントの費用. しかし、誰かがそれよりも安い偽の卵を稼ぎ出すことができ、製造プロセスを設定できます. あなたが関与して創意工夫に感心する必要が — ない限り、, もちろん, あなたはそれらの卵を食べている.

私たちの時代の問題は、この口に合わない工夫がすべての普及しているということです. それは当たり前です, しない例外. 私たちは、おもちゃに汚染された塗料でそれを参照してください。, ファストフードに加工し、有害ごみ (あるいは高級レストラン, どうやら), ベビーフードで毒, 財務書類上で想像力豊かな微プリントと “エンドユーザー使用許諾条件”, 標準以下のコンポーネントおよび重要な機械で見掛け倒しの技量 — 私たちの現代生活のあらゆる面に. そのような背景を考えると, 我々はその方法を知っていますか “オーガニック” 作る, 我々はそれのための多くの4倍を支払うのに, いずれかが正常な生産とは異なります? 顔のない企業の貪欲にすべてを置くために、, 私たちのほとんどは何をする傾向があるように, 少し単純化され. 企業行動に私たち自身の集合的な欲を見てさらに一歩行く (私は誇らしげに何度か行ったように) また、おそらく自明である. 法人は、これらの日は何ですか, そうでない場合、あなたと私のような人々の集まり?

より深く、より厄介なものは、すべてこの中にあります. 私はいくつかのまとまりのない考えを持っている, そして進行中のシリーズでそれを書くしようとします. 私は、わたしのこれらの考えは悪名高いユナボマーにより、未普及ラッダイトものと同様の音にしようとしている疑いがある. 彼のアイデアは、狩猟採集種類の私たちの通常の動物的本能は、我々がに開発した現代社会によって窒息されているということでした. そして, 彼の見解では, この歓迎されない形質転換及びその結果としての緊張とストレスが唯一の私たちの、いわゆる開発のプロパゲータの無秩序破壊によって対抗できる — すなわち, 大学や他の技術ジェネレータ. したがって、無実の教授の爆撃など.

はっきりと, 私はこのラッダイトのイデオロギーに同意しない, 私が行った場合のために, 私が最初に自分自身を爆撃しなければならない! 私は思考のはるかに少ない破壊的なラインを看護してい. 私たちの技術の進歩とその意図しないバックラッシュ, 増え続ける周波数と振幅を持つ, 私のオタクの心を魅了し、何かを思い出させる — 構造間の相転移 (層流の) 混沌とした (乱) 物理システム内の状態 (流量が一定のしきい値を超えるとき, 例えば). 私たちは私たちの社会システムや社会構造に相転移のようなしきい値に近づいている? 私のムーディーラッダイトの瞬間に, 私たちはあると確信感じる.

洗練

高度化は、フランスの発明であって、. それが育成に来るとき、フランス語はマスターである, そしてさらに重要なこと, 洗練を販売. いくつかの高価なと考えて (したがって、上品) ブランド. もっと心に春のものの半数以上がフランス人であろうとチャンスです. そして、他の半分ははっきりとフランスの響きの志望になる. 洗練された中で、この世界征服は、タイの大きさと人口の小さな国のために印象的です.

あなたはインドネシア製のハンドバッグを取るにはどうすればよい, そのバイヤーのほんの一握りが発音できる名前に平手打ち, との利益率のためにそれを販売 1000%? あなたは洗練さを擁護することによってそれを行う; 他の人が唯一であることを熱望することができ、アイコンであることによって, 決して今までに達成. あなたが知っている, のような完成度の種類. も不思議でデカルトは怪しいように聞こえたものを言わなかった, “私は、フランス語で考える, したがって、私は!” (それともそれがあった, “私は思います, したがって、私はフランス人だ”?)

私は、フランスが世界の残りの部分は、匂いや足のような味のものを食べているために管理する方法に驚いています. そして、私は世界が熱心に彼らの苦労して稼いだ生地と部品が肥育アヒルの肝臓のような怪物を飲み込んするとき、フランス語の畏敬の念を抱いて立つ, 発酵乳製品, 豚の腸の血でいっぱい, カタツムリ, 子牛の内臓やその他もろもろ.

フランス人はこの偉業を管理, ていないこれらの利点とセールスポイントを説明することで, エヘン…, 製品, しかしによってその価値を知らない人で不信この上なく洗練されたディスプレイを完成. 言い換えると, ていない製品を宣伝することにより, しかし、あなたは恥ずかしいことで. フランス人は彼らの物理的な身長のために知られていないが, 必要なときに彼らはあなたを見下ろすの立派な仕事をする.

私は最近、この洗練された味を持って. 私はキャビアのための味を開発することができなかったことが私の友人に告白 — フランスの洗練されたその真髄アイコン. 私の友人は私を横目に見て、私はそれが間違って食べている必要があることを教えてくれました. 彼女はその後、私にそれを食べるの正しい方法を説明し. それは私のせいだったに違いない; どのように誰もが魚卵が好きではなかった? そして彼女は知っているだろう; 彼女は上品なSIAの女の子です.

この事件は、私は別の友人に言った別の時間のことを思い出した (このSIAの女の子としてはっきりとして上品ではない) 私はかなりピンク·フロイドる前気にしなかったことを. 彼は息を呑んだと誰にもそのようなことを言わないことが私に言った; 1はいつもピンク·フロイドを愛し.

私は、洗練された発作と私の誘いがあったことを認めなければならない. 私は何とか私の会話やライティングにフランス語の単語や表現を仕事に管理されたときに洗練された私の最も満足な瞬間が来た. 最近のコラムで, 私が中にスリップし管理する “テテ··テテ,” 単純なプリンタがアクセントを捨てたが、. 彼らは読者から一体を混乱させるためにアクセントが洗練されたレベルに繁栄を追加.

私はスコット·アダムス何かを読んだときにフランス人が私たちに速いものを引っ張ってきたことがこそこそ疑いは私に忍び寄っ (ディルバートの名声) 書いた. 彼は疑問に思いましたものを、このISO 9000 流行は、すべてについてでした. ISO認証を確保する人たちは誇らしげにそれを誇示, 他の皆はそれをむさぼっているようだしながら、. しかし、誰もが一体それが何であるか知っている? アダムスはそれはおそらくバーで考案され酔っ若者の束悪ふざけだったと推測. “ISO” 非常に多くのように聞こえた “ザットIZミリアンペアビール?” 一部の東ヨーロッパの言語で, 彼は言う.

この洗練された流行も悪ふざけだろうか? フランス語陰謀? それがある場合, フランス語に脱帽!

誤解しないでください, 私はフランス恐怖のよん. 私の最高の友人の中には、フランス人である. 他の人がそれらを真似したい場合には、彼らのせいではない, 彼らの美食習慣や試みに従ってください (通常無駄に) 自分の舌を話す. 私もそれを行う — 私はバドミントンで簡単にショットを逃すたびに私は、フランス語で誓う. 結局, なぜ洗練された音の機会を無駄に, そうではありません?

フランス語賛辞

[This is going to be my last post of a personal kind, I promise. This French eulogy was an email from my friend Stephane, talking about my father who was quite fond of him.

Stephane, a published writer and a true artist, puts his feelings in beautiful and kind words. Some day I will translate them and append the English version as well. It is hard to do so right now, but the difficulty is not all linguistic.]

Manojさん,

Nous sommes très tristes d’apprendre le départ de ton père. Il était pour nous aussi un père, un modèle de gentillesse, d’intégrité et de générosité. Sa discrétion, sa capacité à s’adapter à toutes les choses bizarres de notre époque, son sens de l’humour et surtout son sens des responsabilités sont des enseignements que nous garderons de lui et que nous espérons transmettre à notre enfant.

Nous avons beaucoup aimé le texte que tu as écrit sur ton blog. La perte de quelqu’un de si proche nous renvoie aux mêmes questions de l’existence. Qu’est-ce que la conscience? Comment évolue-t elle avant la naissance et après la mort? Combien y a t-il de consciences possibles dans l’univers? La multiplicité de la conscience totale, la faculté d’éveil de chaque conscience, la faculté d’incarnation d’une simple conscience dans le vivant, végétal, animal ou humain… Tout ceci est surement une illusion, mais aussi un mystère que les mots de notre langage ne font qu’effleurer et survoler. De cette illusion reste la tristesse, profonde et bien “réelle”. Ce que tu as écrit sur la tristesse me fait penser à un poète (ou un bouddhiste?) qui évoquait l’espoir et le désespoir comme d’une frontière symétrique à dépasser afin d’atteindre le principe créateur des deux oppositions. Ce principe, il l’a nommé l’inespoir, un mot étrange qui n’existe pas car il contient deux opposés à la fois. Ainsi, je pense souvent à ce mot quand je regarde les étoiles la nuit, ou quand je regarde ma fille en train de dormir paisiblement. Je trouve notre univers d’une beauté totale, évidente, inexprimable. Puis je réalise que tout est éphémère, ma fille, ceux que j’aime, moi, et même les galaxies. Pire, je réalise que cet univers, c’est une scène de sacrifice où “tout mange”, puis “est mangé”, des plus petits atomes aux plus grandes galaxies. À ce moment, je trouve l’univers très cruel. À la fin, il me manque un mot, un mot qui pourrait exprimer à la fois la beauté et la cruauté de l’univers. Ce mot n’existe pas mais en Inde, j’ai appris qu’on définissait ce qui est divin par ceci : “là où les contraires coexistent”. Encore une fois, l’Inde, terre divine, me guide dans mes pensées. Est-ce que c’est vraiment un début de réponse? Je pense que ton père y répond par son sourire bienveillant.

Nous pensons beaucoup à vous. Nous vous embrassons tous très fort.

Stéphane (Vassanty et Suhasini)

PS: It was difficult for me to reply in English. ソーリー… If this letter is too complex to read or to translate in English, just tell me. I’ll do my best to translate it!

Manoj Thulasidas a écrit :
Bonjour, mon cher ami!

How are you? Hope we can meet again some time soon.

I have bad news. My father passed away a week ago. I am in India taking care of the last rites of passage. Will be heading back to Singapore soon.

During these sad days, I had occasion to think and talk about you many times. Do you remember my father’s photo that you took about ten years ago during Anita’s rice feeding ceremony? It was that photo that we used for newspaper announcements and other places (like my sad blog entry). You captured the quiet dignity we so admired and respected in him. He himself had chosen that photo for these purposes. Merci, mon ami.

– grosses bises,
– Kavita, me and the little ones.

La logique

[The last of my French redactions to be blogged, これは、クラスで、このようなヒットしませんでした,,en,彼らは冗談を期待しました,,en,しかし、彼らが得たことでした,,en,私はフランス人が誇らしげに彼らの戦闘機の技術を展示したテレビの航空ショーを見た後、それは、一日に書かれました。,,en,英語での最初の,,en,科学は論理に基づいています,,en,そして、ロジックは、私たちの経験に基づいています,,en,私たちは私たちの生活の中に学びます,,en,私たちの経験が不完全であるため、,,en,私たちの論理が間違っている可能性があります,,en,そして、我々の科学は私たちの終焉に私たちを導くことができます,,en,私はテレビで戦闘機を見たとき,,en,私たちは自分自身を殺そうとに費やすエネルギーと努力について考え始め,,en,ここは私たちのロジックが間違っていたように私には思えます,,en,私は短編小説を読みます,,en,O.Vによって,,ru,実際のところ,,en,ケージの中に自分自身を発見した鶏について,,en,毎日,,en,昼まで,,en,ケージの小さなウィンドウが開きます,,en. They expected a joke, but what they got was, よく, この. It was written the day after I watched an air show on TV where the French were proudly showcasing their fighter technology.]

[In English first]

Science is based on logic. And logic is based on our experiences — what we learn during our life. しかし, because our experiences are incomplete, our logic can be wrong. And our science can lead us to our demise. When I watched the fighter planes on TV, I started thinking about the energy and effort we spend on trying to kill ourselves. It seems to me that our logic here had to be wrong.

数カ月前, I read a short story (by O.V. のVijayan, as a matter of fact) about a chicken who found itself in a cage. Everyday, by noon, the little window of the cage would open, 男の手が現れ、鶏肉を食べるために何かを与えるだろう,,en,それはのために行ってきました,,en,そして鶏が締結します,,en,正午,,en,フード,,en,百日に,,en,手が再び登場しました,,en,チキン,,en,すべての幸せと感謝の気持ちでいっぱい,,en,何か食べるものを待っていました,,en,しかし、この時間,,en,手が首にそれをキャッチし、それを絞め,,en,理由は、その経験を超えた現実の,,en,鶏肉は、その日の夕食になりました,,en,私たち人間は、このような事態を避けることができることを望みます,,en,科学は論理に基づいています,,fr,そして、ロジックは、経験に基づいています,,fr,私たちは私たちの生活の中で学びます,,fr,もっと,,pt,私たちの経験は必ずしも包括的ではないとして、,,fr,私たちの論理が間違っている可能性があります,,fr,そして、我々の科学は私たちの破壊に私たちを導くことができます,,fr,私はテレビで戦闘機を見たとき,,fr. It went on for 99 日. And the chicken concluded:

“Noon, 手, food — 良い!”

On the hundredth day, by noon, the hand appeared again. The chicken, all happy and full of gratitude, waited for something to eat. But this time, the hand caught it by the neck and strangled it. Because of realities beyond its experience, the chicken became dinner on that day. I hope we human beings can avoid such eventualities.

Les sciences sont basées sur la logique. Et la logique se base sur les expériences – ce que nous apprenons dans notre vie. Mais, comme nos expériences ne sont pas toujours completes, notre logique peut avoir tort. Et nos sciences peuvent nous diriger vers notre destruction. Lorsque je regardais les avions de combat à la télé, 彼らは私たちが私たちを殺そうと無駄なエネルギーと労力を考え作られました,,fr,それは私には思われます,,fr,ここでの論理は間違っていなければなりません,,fr,私は前に鶏の数ヶ月の物語を読みます,,fr,彼女はケージの中に自分自身を発見しました,,fr,一人の男がそこに入れていました,,fr,毎日,,fr,正午のまわり,,fr,小さなケージウィンドウが開かれました,,fr,鶏の餌に手を示しました。,,fr,それは九〇から九日間、次のように起こりました,,fr,そして鶏は思いました,,fr,相槌,,en,ミディ,,en,メイン,,en,桶,,en,良く,,fr,百日が到着しました,,fr,正午,,fr,手が示されています,,fr,編,,fr,すべての幸せと感謝,,fr,食べるのを待っています,,fr,今回,,fr,手が首によって彼女を取り、絞め,,fr. Il me paraît que la
logique ici doit avoir tort.

J’ai lu une petite histoire d’une poule il y a quelques mois. Elle s’est trouvée dans une cage, un homme l’y avait mise. Chaque jour, vers midi, la petite fenêtre de la cage s’ouvrait, une main se montrait avec de quoi manger pour la poule. Ça s’est passé comme ça pendant quatre-vingt-dix-neuf jours. Et la poule a pensé:

“Aha, midi, main, manger – bien!”

Le centième jour est arrivé. Le midi, la main s’est montrée. La poule, toute heureuse et pleine de gratitude, attendait de quoi manger. Mais, cette fois, la main l’a prise par le cou et l’a étranglée. そのため、彼の経験を超えた現実の,,fr,鶏肉は、その日の夕食になりました,,fr,私たちは事態のこの種のを避けることができることを望みます,,fr,現実,,en,環境アーカイブ,,en, la poule est devenue le diner ce jour-là. J’espère que nous pourrons éviter les éventualités de cette sorte.